ジャンル:東方Project お題:地獄発言 必須要素:ゴルゴンゾーラ 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:769字 お気に入り:0人
[削除]

地獄フォンデュ

ここは旧地獄。その旧地獄の奥。そこには地霊殿と呼ばれる館が立っていた。

「はぁ、今日の晩御飯どうしようかしら」

地霊殿の主、古明地さとりは呟いた。

「昨日の残り物でいいのでは?」
「お空が全部食べちゃったわよ」
「なんて食い意地だ・・・」

さとりに話しかけた赤髪に猫耳が付いた少女、火焔猫燐が肩を落とす。
昨日の残り物はカレーだったのだが、地霊殿に住まう八咫烏、霊烏路空、皆にはお空と呼ばれている少女が全て食べてしまったのだ。

「あっ、お姉ちゃんにお燐。どうしたの?」
「あら、こいし。いいところに来たわね。今日の晩御飯、何がいい?」

こいしはさとりの妹である。自由奔放で能力でほとんど認識されないという困った体質だ。
こいしは顎に手を当て、考えるような素振りを見せる。そして何か思いついたように手を叩く。

「こっち来て!」
「えっ?あっ、ちょっと!」
「待ってくださいこいし様ぁ!」

こいしは急に台所に向かって走り出す。そこにはお空の姿もあり、こいしが冷蔵庫を漁っていた。

「今日はこれを使おう!」

こいしの手には、白い円形のものに青い斑点のようなものが入った物体があった。

「こいし?何それ?」
「ゴルゴンゾーラ!」
「地獄の炎でチーズフォンデュやろう!」
「やめろぉ!地獄の炎をそんなことに使うんじゃないよ!」

さとりは困った様子で手で顔を覆い隠す。いくらなんでも自由すぎる。
こいしとお空が揃ってしまったら止める術がない。どうにかやめさせなければいけない。でも無理だ。この二人はやると言ったらやる。強行突破してくる。どう考えても無理だ。私とお燐では絶対止められない。

「はぁ、分かったわ。じゃあ、お空が火を起こしてちょうだい」
「はぁい!」

何を言っても無駄だろう。それなら、思いっきり楽しまなきゃね♪

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:月橋夜乃 ジャンル:東方Project お題:去年の宿命 制限時間:15分 読者:115 人 文字数:573字 お気に入り:0人
去年、やり残したことがあった。宿命の相手に勝つことができなかった。私は十六夜咲夜。普通の高校生だ。普通の、のはずである。ある日彼女とあってから私の人生は大きく変 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:月橋夜乃 ジャンル:東方Project お題:小説家の青春 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:697字 お気に入り:0人
魔理沙はよく本を読む。それは魔法書に限ったことではない。小説も読む。これは魔理沙がまだ実家を出る前の話だ。「魔理沙ちゃん!一緒に帰らない?」寺子屋の友達だ。あま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:月橋夜乃 ジャンル:東方Project お題:オチは儀式 必須要素:フランス 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:639字 お気に入り:0人
「フランス?何?フランのこと?」そう魔理沙は聞く。「いや、外の世界の国のことです。」咲夜がいう。へえ…とその場にいた全員が頷くが、誰1人わかっていない。「で、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りこきなこ ジャンル:東方Project お題:知らぬ間のお茶 制限時間:15分 読者:123 人 文字数:911字 お気に入り:0人
「んー、少しお手洗いに行ってくるわねー」「おう!じゃ待ってるわ」今日は白玉楼に魔理沙が来ている。さっきまで、お茶と和菓子で一服しているところだった。そこで私はト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:今の人体 制限時間:15分 読者:151 人 文字数:578字 お気に入り:0人
「ふうん…こんな感じになっているのね、外の世界の人間の身体は」首の中、脊髄の辺りに埋め込まれていたであろう小さなチップを取り出しながら、永琳が呟く「なにかしらね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:彼と墓 制限時間:15分 読者:167 人 文字数:555字 お気に入り:0人
「ふう…君がいなくなってもう3年、か。時が経つのは早いものだね」彼女の墓に水をかけてやりながら話しかける「ほら、このお酒好きだったろう?…君が幻想郷に与えていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:影乃心 愛︰日恋 ジャンル:東方Project お題:マイナーな天国 必須要素:書類 制限時間:15分 読者:143 人 文字数:778字 お気に入り:0人
「マイナーな……天国?」今日もいつものように竹林の中を散歩していた私は、とある一つの紙束を拾った。表紙にそうデカデカと記されたその一冊の資料は、随分とボロボロだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:卑人 ジャンル:東方Project お題:わたしの好きな天国 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:568字 お気に入り:0人
世界が変わったあの日の事さえ忘れたのだから、私は、何一つとして物を憶えることなんて出来ないのだろう。あるのはぼんやりとした記憶。変わる前の世界。今とは明確に異 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りこきなこ ジャンル:東方Project お題:軽い殺し屋 制限時間:15分 読者:175 人 文字数:868字 お気に入り:0人
「っは、はぁあ、はぁっ…!!」やけに大きく聞こえ、いつもと違う場所から出てくるような呼吸は、いつまでたっても止まらないのではと思ってしまうほど長く続いていた。当 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りこきなこ ジャンル:東方Project お題:賢い昼下がり 制限時間:15分 読者:166 人 文字数:865字 お気に入り:0人
「幽々子、貴女は、死というものをどうとらえるかしら?」唐突とも言えるタイミングで私は幽々子に問いかけた。幽々子はお団子を食べていた手を止め、数秒視線を上に向けて 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:求めていたのは嵐 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1035字 お気に入り:0人
(不健全のような……そんなことはないような)乱れる息に思考を散らされながら、ふと思った。これは、さながら荒天に漕ぎ出す小舟のようだと。遮光のカーテンを掻い潜る月 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:血界戦線 お題:楽しかった草 必須要素:映画 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:2794字 お気に入り:0人
水曜日の寝床はルーシー。赤茶けた髪とそばかすの散った頬、大ぶりの眼鏡ばかりがよく目立つ。出会った当初はこんな混沌の街に不似合いの田舎娘だった。仕事さぼって腹減っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:プリパラ お題:限りなく透明に近いうどん 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:608字 お気に入り:0人
「ねえねえ、みれぃ!今日、このコーデでおそろライブしよ!」「良いっぷりよ~☆」コーデの数だけマイチケをスキャンしてね。お友達のトモチケもスキャンできるよ。きらき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさん腐るスターズ! お題:彼と夕方 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:786字 お気に入り:0人
行きと違って帰りは足取りが重い。学校に向かう時は、あの子に会える喜びでいっぱいだ。家に帰る時には、あの子と一旦お別れをしなければならない。また明日ね、彼はそう言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:勇敢な体 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1122字 お気に入り:0人
槍弓「ヘマすんじゃねーぞ」「君に言われたくはないな。あの魔獣と違わないその猪突猛進ぶりには驚かされる。…ああ、君は猪ではなくフリスビーに飛びつく犬だったかね?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル: お題:意外!それは沈黙 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1474字 お気に入り:0人
意外!それは沈黙雲雀×夢ヒロインテーブルの上には今朝郵便受けに入れられていた手紙が並べられている。私はその中で、一際可愛らしい装飾がなされたハガキを手にとって、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:小説の魔法使い 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1117字 お気に入り:0人
青ざめた指先の向こう。あまりにも頼りなく薄い刃物。今にも折れそうな不銹鋼だが、僅かに引くだけで的確に肉を削ぐ。寸分の狂いもない腕前。苦痛に喘いでいた大男から鉛玉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バンドリ!ガールズバンドパーティ!ー お題:鳥の雨 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1424字 お気に入り:0人
雨がちな日に生まれたんだなあって思ってた。私は、子供の頃から、あの《キラキラドキドキ》を見つけた日から、星空を見るのが大好きで。大好きなお友達。お父さん。お母さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:呪術廻戦 お題:ちっちゃな大地 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:428字 お気に入り:0人
眼下の光景は、何もかもがミニチュアで出来たおもちゃの街のようで、ビルや人に埋め尽くされて地面なんて米粒くらいの大きさだ。そんな巨人の視点は、地面を這う人間たち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:許されざる猫 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:2537字 お気に入り:0人
もしも私が本当の人間だったら、貴方の歯止めとなるのだろうか。私は私であって、私でない。存在しているというのは間違いなく、姿かたちがいわゆる人間であることも間違い 〈続きを読む〉