ジャンル:東方Project お題:黒い同性愛 必須要素:うへへ 制限時間:30分 読者:81 人 文字数:757字 お気に入り:0人
[削除]

ピンクの薬の真っ黒な話 ※未完

「すっずちゃ~ん♪いやわりぃね待たせちゃってさ!」
「あはは、大丈夫、私も今来たところだから。」
東龍学院高等部からほど近い喫茶店。私本居小鈴は、この子、河城にとりちゃんに呼ばれてこの喫茶店にやってきた。
「それにしてもどうしたの?こんな時間に呼び出して。」
時刻は午後7時過ぎ。こんな時間に彼女に呼び出されたのは初めてだ。
「んっふふ~ん。実は今日ラルバっちに手伝ってもらってやあっと完成した新薬があるんだよ~。」
「新薬って・・・にとちゃん魔具装具士でしょ?薬なんて作れるの?」
「大丈夫大丈夫、魔法薬も魔力を持った道具、即ち魔具の一種なの。十分アタシの専門職っつーわけよ。」
自慢げにスパナをくるくる回すにとちゃん。正直飛んできそうですっごい不安なんだけど。
「それにしても、ラルバさん?って、確か蓮様のクラスメートだよね。一体どういう経緯で仲良くなったの?」
「ん~?ああ、蓮の名前挙げたらホイホイついてきたよ。これだから恋する乙女はちょろいもんよ。」
「人の恋路を軽く見ないの。怒るよ?」
「あっははは、ごめんごめん。」
「もぉ・・・ちゃんと反省してるの?」
けらけらと笑うにとちゃんを嗜めながら、私は本題に入った。
「それで?その新薬ってのはなんなの?」
「よぉくぞ訊いてくれました!その薬ってのは、こいつさ。」
小さな小瓶を取り出すと、中身―濃いピンク色の液体―をちゃぷんと揺らす。
「これ・・・すっごい、いやらしいものな気がする・・・。」
「いやらしい?それはちぃっと違うさね。んま、使い方によりけり、だけどな。」
「使い方・・・。」
「そう。こいつは・・・即効性の、惚れ薬だ。」
「・・・!!」
惚れ薬。にと
「んま、こいつは試作品。飲んでどれだけの効果が得られるかは、未知数ではあるけどね。」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ばかのひ ジャンル:東方Project お題:汚い味 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:2285字 お気に入り:0人
さて、今日は第一回チキチキ紅魔館料理選手権大会の日です。 誰もが優勝特典の「レミリアお嬢様から受ける最高級セレブ肩たたき」の権利を受けるために必死に料理を研究 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こだい ジャンル:東方Project お題:遅い外側 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:1727字 お気に入り:0人
多々良小傘の末端は鈍い。よく、手足をぶつけ、お茶をこぼす。相関の有無は不明だが、頭もぶつける。 どうしてこうも鈍いのか。疑問に思うことはあれど、深く考えたこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こだい ジャンル:東方Project お題:8月の運命 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:1367字 お気に入り:0人
視界の端に蝉が映る。ただの蝉じゃない。死んだ蝉だ。 わちきはこいつがどうも嫌いで、とても気になった。見つけるが早いか、注視する。歩み寄る。 試してみたいことが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
家路 ※未完
作者:こだい ジャンル:東方Project お題:せつない衝撃 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:862字 お気に入り:0人
木っ端妖怪には、なにもない。精々、代わり映えのない交友が、日々を滑らすのみである。 赤蛮奇は笑顔で歩く。穏やかな笑顔、落ち着いた歩調だ。柳のなかを歩けば、じき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こだい ジャンル:東方Project お題:許されざる想い 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1051字 お気に入り:0人
村紗水蜜は眠れない。丑三つ。眠る姿勢がみつからない。 眠るのを諦めてしまえたなら、どれほど楽になることだろうか。戒律が在った。酒も在った。 広い、畳張りの空間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ITetsuYK ジャンル:東方Project お題:希望の正義 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:1002字 お気に入り:0人
「失礼するわよ。」そう言って、私は落ち着くような部屋に入る。「あら、こんにちは。今日は何の用?」向こうには紅白の巫女さんが私を歓迎する。「大したようはないわよ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ku-ri ジャンル:東方Project お題:愛の経験 必須要素:繊細な心理描写 制限時間:30分 読者:111 人 文字数:1049字 お気に入り:0人
人間という生き物は、その命の灯火が灯ってから、やがてその寿命が尽きるまでの短い時間の中で――彼らからすればとても長い長い期間なのだけど、寿命の長い妖怪からすれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あどそ ジャンル:東方Project お題:昨日の内側 制限時間:30分 読者:138 人 文字数:2249字 お気に入り:0人
昨日内側外側なんの内と外なんだ?三途の川・・・とか?境界があるもの。内訳。外側の人から見て。なんの?昨日の話になってくる。伝聞?語り口調か?「昨日は”内側”はど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あどそ ジャンル:東方Project お題:栄光のクリスマス 必須要素:爆弾 制限時間:30分 読者:143 人 文字数:1901字 お気に入り:0人
クリスマスくらい帰ってきてほしい、と思っていたところである。ペットの動物の手によって、やたらに飾られた地霊殿の一室、その椅子にひとり座って、古明地さとりはなん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:疲れた宴 制限時間:30分 読者:282 人 文字数:1025字 お気に入り:0人
「はあ…なんであいつら好き放題やって片付けやら何やらは全部私一人にやらせるのかしら」私、博麗霊夢は辟易していた月に一回、何故か博麗神社で人妖問わずの大宴会が行わ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:穢された水 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:607字 お気に入り:0人
「日向クン」名前を呼んでも返事がない名前を呼べば振り向いて眩しい笑顔で返事をしてくれる日向クンはいない絶望的だ。この世の中も、なにもかもキミがいないならどうでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:青い血液 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:371字 お気に入り:0人
それは、突然訪れた。前置きも、脈絡もなく、本当に唐突に。 風の噂で聞いたことがある。なんらかの影響で普通ではない特徴を持って顕現してしまう刀がいるらしい。例え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:穏やかな笑顔 制限時間:2時間 読者:4 人 文字数:1262字 お気に入り:0人
「ねぇ、予備学科」学校帰りの途中で待ち伏せされていたこいつは人の顔を見ては予備学科、無能、凡人なんて言葉で罵倒してくる。「なんだよ」わざとっぽくうざそうにしてみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:最後の夜風 制限時間:4時間 読者:8 人 文字数:861字 お気に入り:0人
『お前が欲しい。』いつかその言葉を、心を、自分に向けて欲しいと。そう願ってしまったのはいつ頃からだろうか。=========================柄に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:マイナーな理由 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:341字 お気に入り:0人
財前光は見つめ続ける。白石蔵ノ介と遠山金太郎の人生を一人の登場人物として見守り続ける。なぜならば、わかっているからだ。彼だけは唯一、双方の人生をそれなり適当に、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:真・三國無双 お題:初めての人 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:211字 お気に入り:0人
「満寵殿は防衛に精通しているとお聞きしておりまが…」「え?防衛に興味があるのかい?防衛とは…で、罠が…さらに…」またやっている、と鍛錬を終えて料理屋に向かってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 お題:恋の職業 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:619字 お気に入り:0人
「いーちまーい、にーまい、さーんまいよーんまい、ごーまい、ふぅん、これだけか」広いベッドの上で金札をパラパラとばら蒔く「なーんか、ツマラナイなぁあ、同級生でも襲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:夜のピアノ 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1002字 お気に入り:0人
暗い真夜中の夜忘れ物を取りに、と本校に足を運んだ時だった予備校の方から美しい音色が聞こえてきたのだ「予備校から、なんて。行きたくも無いけど」と自分に言い訳をして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゴールデンカムイ 金カム お題:女同士の春 必須要素:復讐劇 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:291字 お気に入り:0人
女は恐ろしい。それは人間も獣も同じ。殊に子を産まない雌のヒグマは質が悪い。暦の上ではとっくに春が来ているというのに、二瓶鉄造は深い雪に隠れるようにして獲物を狙っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ヒプノシスマイク お題:壊れかけの姉妹 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:267字 お気に入り:0人
歪だと感じた。全く統一性がなくて、対のものだと言われなければ気づかない。並べたところでバランスもとれない。そんな双子の人形をもらった。「どっぽちん何それ」「…押 〈続きを読む〉