ジャンル:東方Project お題:走る人々 必須要素:大道具さん 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:792字 お気に入り:0人
[削除]

いつもの香霖堂

「今日はいい天気だねぇ」
「お前、いつもそればっかだな」

魔法の森の入り口近く。そこには謎の古道具屋があった。
店主の名は森近霖之助。彼は一人で店を開き、生活している。
と言っても、客の姿はない。いや、正確にはいるのだが、客と言えるような人物ではない。

「天気良くても引きこもってんだろ?」

辛辣な言葉を掛けたのは綺麗な金髪で黒い衣装を身にまとった魔法使い、霧雨魔理沙だった。

「まあね。でも、近いうちにまたあそこに行かないとなぁ。新しい物を仕入れたい」
「んなもん拾って来たって売る気ねぇんだろ?」

そう、この古道具屋は販売店なのだが、霖之助自身はその物を売るつもりは全くないのだ。つまり彼はコレクションとして店に物を出し、それを非売品としている。故に、道具の仕入れというのは全くの無意味なのだ。

「非売品なのに店に出すなよな。盗まれるぜ?」
「君以外に盗む人はいないのさ」
「店にばかり籠ってないで、たまには運動したらどうなんだ?」
「その内ね」

霖之助はいつもそうやっていなす。魔理沙の言葉はあまり真剣に聞いていない。霖之助は道具以外には無関心なのだ。

「そういや、最近人里では何やらにとりが作った機械が人気らしいぜ?」
「河童の?いったいどんな?」
「見に行ってみたらどうだ?」
「めんどくさいから今話してくれ」

食いつきはしたが、本にばかり目が行っている。興味はあまりないようだ。

「何でも、ランニングマシンって言うらしい。機械が動いて、その上を走るんだとさ」
「面白そうじゃないか。その走る人々は何処に行くつもりなんだろうね」
「さあな。お前もやってみればいいんじゃね?私はもう失礼するぜ」

魔理沙は箒を肩に担いで店を出ようとする。

「お客さん」

霖之助が魔理沙を引き留める。

「物を持っていくならお金を払ってくれ」
「ちぇー。ケチな野郎だぜ」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:黒味缶 ジャンル:東方Project お題:優秀な怒り 必須要素:大道具さん 制限時間:2時間 読者:905 人 文字数:5496字 お気に入り:1人
人里に伝わる昔話に、半分の妖怪にまつわる物があった。妖怪の領分に迷い込んだ女が妖怪の妻となり、人里に連れ戻された時には子を孕み無残な状態であったという。妖怪の呪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:月橋夜乃 ジャンル:東方Project お題:去年の宿命 制限時間:15分 読者:134 人 文字数:573字 お気に入り:0人
去年、やり残したことがあった。宿命の相手に勝つことができなかった。私は十六夜咲夜。普通の高校生だ。普通の、のはずである。ある日彼女とあってから私の人生は大きく変 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:月橋夜乃 ジャンル:東方Project お題:小説家の青春 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:697字 お気に入り:0人
魔理沙はよく本を読む。それは魔法書に限ったことではない。小説も読む。これは魔理沙がまだ実家を出る前の話だ。「魔理沙ちゃん!一緒に帰らない?」寺子屋の友達だ。あま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:月橋夜乃 ジャンル:東方Project お題:オチは儀式 必須要素:フランス 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:639字 お気に入り:0人
「フランス?何?フランのこと?」そう魔理沙は聞く。「いや、外の世界の国のことです。」咲夜がいう。へえ…とその場にいた全員が頷くが、誰1人わかっていない。「で、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りこきなこ ジャンル:東方Project お題:知らぬ間のお茶 制限時間:15分 読者:137 人 文字数:911字 お気に入り:0人
「んー、少しお手洗いに行ってくるわねー」「おう!じゃ待ってるわ」今日は白玉楼に魔理沙が来ている。さっきまで、お茶と和菓子で一服しているところだった。そこで私はト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:今の人体 制限時間:15分 読者:165 人 文字数:578字 お気に入り:0人
「ふうん…こんな感じになっているのね、外の世界の人間の身体は」首の中、脊髄の辺りに埋め込まれていたであろう小さなチップを取り出しながら、永琳が呟く「なにかしらね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:彼と墓 制限時間:15分 読者:185 人 文字数:555字 お気に入り:0人
「ふう…君がいなくなってもう3年、か。時が経つのは早いものだね」彼女の墓に水をかけてやりながら話しかける「ほら、このお酒好きだったろう?…君が幻想郷に与えていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:影乃心 愛︰日恋 ジャンル:東方Project お題:マイナーな天国 必須要素:書類 制限時間:15分 読者:152 人 文字数:778字 お気に入り:0人
「マイナーな……天国?」今日もいつものように竹林の中を散歩していた私は、とある一つの紙束を拾った。表紙にそうデカデカと記されたその一冊の資料は、随分とボロボロだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:卑人 ジャンル:東方Project お題:わたしの好きな天国 制限時間:15分 読者:106 人 文字数:568字 お気に入り:0人
世界が変わったあの日の事さえ忘れたのだから、私は、何一つとして物を憶えることなんて出来ないのだろう。あるのはぼんやりとした記憶。変わる前の世界。今とは明確に異 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りこきなこ ジャンル:東方Project お題:軽い殺し屋 制限時間:15分 読者:189 人 文字数:868字 お気に入り:0人
「っは、はぁあ、はぁっ…!!」やけに大きく聞こえ、いつもと違う場所から出てくるような呼吸は、いつまでたっても止まらないのではと思ってしまうほど長く続いていた。当 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:やば、ガール 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1058字 お気に入り:0人
部屋からは遠く、海沿いの工業高校地帯が見えている。川底に散った砂金のように夜ごと光を放って、街の高台に部屋を借りて正解だった、と永四郎は微笑んで煙草に口を付け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:遅いガール 必須要素:囚人 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:775字 お気に入り:0人
俺の主は、何をやるにも遅い。「ねー主ー、まだなのー?」「ん、んー、も、もうちょっと…メイクが終わらなくって」「もう、ファンでだけでどれだけかかってるのさ!ほら、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:NEW GAME! お題:馬鹿な人間 必須要素:京都 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1005字 お気に入り:0人
いつもと変わらない通勤時ガタンゴトンっと電車が揺れて甲高いブレーキ音を出して止まり、バシャアと扉が開く。そこの空いた入り口にドッと客が入る。その入ってくる人を凝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
妖狐×僕SS ※未完
作者:匿名さん ジャンル:妖狐×僕SS お題:ナウい音 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:542字 お気に入り:0人
うるさいほど騒がしいラウンジも今日だけは違う。平日いつもより早く帰った凜々蝶は学友と共に宿題と向かい合う。「ちよちゃん、お腹空いた。」「今サンドイッチ食べろ!」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:艦隊これくしょん~艦これ~ お題:誰かは道のり 必須要素:残尿感 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:283字 お気に入り:0人
不安で心細くて、どこを歩いているのかもわからなくなったとき、顔を上げるといつでも君の背中が目に映る。 君は僕のしるべだ。「……時雨ー、聞こえてないっぽいー?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:昼間の演技 必須要素:ところてん 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:763字 お気に入り:0人
※見方によっては腐向けっぽいです※マフィア松…らしきもの「あーぁ、死んじゃったよ」 そう云い、目の前のdead bodyを踏みつけるmy brother。実にc 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:血界戦線 お題:急な窓 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:1290字 お気に入り:0人
レオナルド・ウォッチは衝撃とがれきの煙の中で目覚めた。「おはようございます」彼は常識的な礼儀正しい人間だったので、自宅の壁であったところをぶち破り、窓を作成した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:魔法少女育成計画 お題:最弱の夕日 必須要素:暗黒の瞳 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1524字 お気に入り:0人
コートを一度撫で、ベルトの色を差し替えた。魔法で作る衣装は、美々の気分に合わせて細部を変更することができる。些細な変化ではあったが多少気が紛れた。しかし――服 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方プロジェクト お題:恥ずかしい視力 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:930字 お気に入り:0人
えーりん次の方ーえーりんはよぶえーりんは幻想鏡一の医者だ今日は視力検査の日で俺はえーりんに呼ばれたので診察室に入る頑張らないとなぜなら前の患者が視力9,9だから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:潔白な夜 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:907字 お気に入り:0人
*****「この前のロケの合間に、俺が撮った写真が出来上がったって、スタッフさんが届けてくれたんだけど。みる??」Procellarumのリビングに、最後に仕事 〈続きを読む〉