ジャンル:東方Project お題:走る人々 必須要素:大道具さん 制限時間:15分 読者:96 人 文字数:792字 お気に入り:0人
[削除]

いつもの香霖堂

「今日はいい天気だねぇ」
「お前、いつもそればっかだな」

魔法の森の入り口近く。そこには謎の古道具屋があった。
店主の名は森近霖之助。彼は一人で店を開き、生活している。
と言っても、客の姿はない。いや、正確にはいるのだが、客と言えるような人物ではない。

「天気良くても引きこもってんだろ?」

辛辣な言葉を掛けたのは綺麗な金髪で黒い衣装を身にまとった魔法使い、霧雨魔理沙だった。

「まあね。でも、近いうちにまたあそこに行かないとなぁ。新しい物を仕入れたい」
「んなもん拾って来たって売る気ねぇんだろ?」

そう、この古道具屋は販売店なのだが、霖之助自身はその物を売るつもりは全くないのだ。つまり彼はコレクションとして店に物を出し、それを非売品としている。故に、道具の仕入れというのは全くの無意味なのだ。

「非売品なのに店に出すなよな。盗まれるぜ?」
「君以外に盗む人はいないのさ」
「店にばかり籠ってないで、たまには運動したらどうなんだ?」
「その内ね」

霖之助はいつもそうやっていなす。魔理沙の言葉はあまり真剣に聞いていない。霖之助は道具以外には無関心なのだ。

「そういや、最近人里では何やらにとりが作った機械が人気らしいぜ?」
「河童の?いったいどんな?」
「見に行ってみたらどうだ?」
「めんどくさいから今話してくれ」

食いつきはしたが、本にばかり目が行っている。興味はあまりないようだ。

「何でも、ランニングマシンって言うらしい。機械が動いて、その上を走るんだとさ」
「面白そうじゃないか。その走る人々は何処に行くつもりなんだろうね」
「さあな。お前もやってみればいいんじゃね?私はもう失礼するぜ」

魔理沙は箒を肩に担いで店を出ようとする。

「お客さん」

霖之助が魔理沙を引き留める。

「物を持っていくならお金を払ってくれ」
「ちぇー。ケチな野郎だぜ」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:黒味缶 ジャンル:東方Project お題:優秀な怒り 必須要素:大道具さん 制限時間:2時間 読者:948 人 文字数:5496字 お気に入り:1人
人里に伝わる昔話に、半分の妖怪にまつわる物があった。妖怪の領分に迷い込んだ女が妖怪の妻となり、人里に連れ戻された時には子を孕み無残な状態であったという。妖怪の呪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
縁の下の蚤 ※未完
作者:縞馬のきぐるみ ジャンル:東方Project お題:優秀なピアノ 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:535字 お気に入り:0人
幻想郷のどこかしらで開かれる妖怪たちの演奏会には、わたしたちプリズムリバー三姉妹はほとんど必ず参加していた。 もともと騒ぐしかないポルターガイストとして生きて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
虫意 ※未完
作者:縞馬のきぐるみ ジャンル:東方Project お題:箱の中の戦争 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:546字 お気に入り:0人
浅い木箱に虫を入れて闘わせる遊びが、妖精たちのなかで流行っていた。「いいなぁ……あんたら三匹は」 拗ねるような口吻でチルノは言った。あんたらと呼ばれたサニーミ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
新聞と風 ※未完
作者:縞馬のきぐるみ ジャンル:東方Project お題:彼が愛した夜風 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:558字 お気に入り:0人
外の世界が辛気くさい世の中になるにつれ、となり合わせの幻想郷は娯楽に満ちていく。反対に外の世界が長閑さをとり戻したときは、代わりに幻想郷が物騒な空気につつまれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
膿脂 ※未完
作者:縞馬のきぐるみ ジャンル:東方Project お題:黄金の目 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:612字 お気に入り:0人
みんなが言うから――あの子はこころを閉ざしたんだとか、意識の外に住みはじめたとか、そういう風に言うから、戻りにくくなった。もとの覚妖怪としての生活に戻りにくく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
羽根突き ※未完
作者:縞馬のきぐるみ ジャンル:東方Project お題:免れた顔 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:624字 お気に入り:0人
正月になるとしみったれた旧地獄の妖怪たちもすこしは明るくなり、溺れ死ぬように酒に酔いながら夜通し遊んだり語り明かしたり――もっとも旧地獄に陽は出ないが――しな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:月橋夜乃 ジャンル:東方Project お題:去年の宿命 制限時間:15分 読者:242 人 文字数:573字 お気に入り:0人
去年、やり残したことがあった。宿命の相手に勝つことができなかった。私は十六夜咲夜。普通の高校生だ。普通の、のはずである。ある日彼女とあってから私の人生は大きく変 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:月橋夜乃 ジャンル:東方Project お題:小説家の青春 制限時間:15分 読者:148 人 文字数:697字 お気に入り:0人
魔理沙はよく本を読む。それは魔法書に限ったことではない。小説も読む。これは魔理沙がまだ実家を出る前の話だ。「魔理沙ちゃん!一緒に帰らない?」寺子屋の友達だ。あま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:月橋夜乃 ジャンル:東方Project お題:オチは儀式 必須要素:フランス 制限時間:15分 読者:127 人 文字数:639字 お気に入り:0人
「フランス?何?フランのこと?」そう魔理沙は聞く。「いや、外の世界の国のことです。」咲夜がいう。へえ…とその場にいた全員が頷くが、誰1人わかっていない。「で、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りこきなこ ジャンル:東方Project お題:知らぬ間のお茶 制限時間:15分 読者:209 人 文字数:911字 お気に入り:0人
「んー、少しお手洗いに行ってくるわねー」「おう!じゃ待ってるわ」今日は白玉楼に魔理沙が来ている。さっきまで、お茶と和菓子で一服しているところだった。そこで私はト 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:穢された水 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:607字 お気に入り:0人
「日向クン」名前を呼んでも返事がない名前を呼べば振り向いて眩しい笑顔で返事をしてくれる日向クンはいない絶望的だ。この世の中も、なにもかもキミがいないならどうでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:青い血液 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:371字 お気に入り:0人
それは、突然訪れた。前置きも、脈絡もなく、本当に唐突に。 風の噂で聞いたことがある。なんらかの影響で普通ではない特徴を持って顕現してしまう刀がいるらしい。例え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:穏やかな笑顔 制限時間:2時間 読者:4 人 文字数:1262字 お気に入り:0人
「ねぇ、予備学科」学校帰りの途中で待ち伏せされていたこいつは人の顔を見ては予備学科、無能、凡人なんて言葉で罵倒してくる。「なんだよ」わざとっぽくうざそうにしてみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:最後の夜風 制限時間:4時間 読者:8 人 文字数:861字 お気に入り:0人
『お前が欲しい。』いつかその言葉を、心を、自分に向けて欲しいと。そう願ってしまったのはいつ頃からだろうか。=========================柄に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:マイナーな理由 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:341字 お気に入り:0人
財前光は見つめ続ける。白石蔵ノ介と遠山金太郎の人生を一人の登場人物として見守り続ける。なぜならば、わかっているからだ。彼だけは唯一、双方の人生をそれなり適当に、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:真・三國無双 お題:初めての人 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:211字 お気に入り:0人
「満寵殿は防衛に精通しているとお聞きしておりまが…」「え?防衛に興味があるのかい?防衛とは…で、罠が…さらに…」またやっている、と鍛錬を終えて料理屋に向かってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 お題:恋の職業 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:619字 お気に入り:0人
「いーちまーい、にーまい、さーんまいよーんまい、ごーまい、ふぅん、これだけか」広いベッドの上で金札をパラパラとばら蒔く「なーんか、ツマラナイなぁあ、同級生でも襲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:夜のピアノ 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1002字 お気に入り:0人
暗い真夜中の夜忘れ物を取りに、と本校に足を運んだ時だった予備校の方から美しい音色が聞こえてきたのだ「予備校から、なんて。行きたくも無いけど」と自分に言い訳をして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゴールデンカムイ 金カム お題:女同士の春 必須要素:復讐劇 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:291字 お気に入り:0人
女は恐ろしい。それは人間も獣も同じ。殊に子を産まない雌のヒグマは質が悪い。暦の上ではとっくに春が来ているというのに、二瓶鉄造は深い雪に隠れるようにして獲物を狙っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ヒプノシスマイク お題:壊れかけの姉妹 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:267字 お気に入り:0人
歪だと感じた。全く統一性がなくて、対のものだと言われなければ気づかない。並べたところでバランスもとれない。そんな双子の人形をもらった。「どっぽちん何それ」「…押 〈続きを読む〉