ジャンル:東方Project お題:愛の経験 必須要素:繊細な心理描写 制限時間:30分 読者:112 人 文字数:1049字 お気に入り:0人

恋愛経験のない蓬莱人 ※未完






 人間という生き物は、その命の灯火が灯ってから、やがてその寿命が尽きるまでの短い時間の中で――彼らからすればとても長い長い期間なのだけど、寿命の長い妖怪からすれば瞬きするのと同義だ――非常に数多くのことを経験する。生まれて初めての世界を見たり、知らない常識を学んだり、時には楽しいことや悲しいことも、全てが彼らの記憶に刻み込まれる。
 そうした人生を経て、人間たちは成長してきたのだ。僅か百年にも満たないその人生経験の記憶と経験だけで、彼らは自らよりも遥かに強い身体を持つ妖怪たちと渡り合ってきたのだ。

 だから、きっと。
 百年どころではなく、二百年三百年――。ともすれば、それよりも更なる時間の流れを乗り越えた人間がいるとしたら。


 その人物は、数多の人間や妖怪もビックリの経験豊富な者、ということに、なるのかもしれない。






 

 藤原妹紅は、どれだけ時が移ろうとも体が朽ち果てようとも、その命が燃え尽きることはない。――否、燃え尽きさせてはくれない『不老不死』の肉体を持つ、蓬莱人である。一体なぜ、そんな体になってしまったのかと。そう問われることは今まで多々あったけれど、妹紅がそれに事細かく答えたことは無い。ただの一度も、無い。妹紅当人としては思い出したくもないし、考えたくもないからだ。
 そもそも、あまりにくだらない自己満足と、その場しのぎの優越感。加えてその後のことを考えないあまりに稚拙で幼稚な自分のことなど、一体どうして思い起こしたくもなろうか。
 ああ、ぶん殴ってやりたい。

「......ふーー」

 どうにもむしゃくしゃしてきた頭の中を、吐息にして全部吐き出す。
 少し楽になった気がしてきた。これなら集中できるなと考えつつ、手元の本を手に取った。

 この前永遠亭まで案内をした人里の青年が、お礼にと寄越してくれた一冊である。妖怪の少女と人間の青年が出会い、親しくなり、そして多くの弊害を乗り越えながら恋仲となるまでを描く――、というものらしい。読む前にネタバレというのは如何なものかと考えていた、そんな妹紅だけれど。驚くことに、この小説、話と文章、そしてそれらで紡がれる世界観にグイグイと引き込まれていくのだ。
 正直、めちゃくちゃ面白い。

 ページを閉じ、
 吐息、

「......はあ、恋、してみたいなあ」

 
 これまで、何年何百年と生きてきた妹紅だけれど、恋というものは全く持って経験したことが無いのだ
 





 
 

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ばかのひ ジャンル:東方Project お題:汚い味 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:2285字 お気に入り:0人
さて、今日は第一回チキチキ紅魔館料理選手権大会の日です。 誰もが優勝特典の「レミリアお嬢様から受ける最高級セレブ肩たたき」の権利を受けるために必死に料理を研究 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こだい ジャンル:東方Project お題:遅い外側 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:1727字 お気に入り:0人
多々良小傘の末端は鈍い。よく、手足をぶつけ、お茶をこぼす。相関の有無は不明だが、頭もぶつける。 どうしてこうも鈍いのか。疑問に思うことはあれど、深く考えたこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こだい ジャンル:東方Project お題:8月の運命 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:1367字 お気に入り:0人
視界の端に蝉が映る。ただの蝉じゃない。死んだ蝉だ。 わちきはこいつがどうも嫌いで、とても気になった。見つけるが早いか、注視する。歩み寄る。 試してみたいことが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
家路 ※未完
作者:こだい ジャンル:東方Project お題:せつない衝撃 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:862字 お気に入り:0人
木っ端妖怪には、なにもない。精々、代わり映えのない交友が、日々を滑らすのみである。 赤蛮奇は笑顔で歩く。穏やかな笑顔、落ち着いた歩調だ。柳のなかを歩けば、じき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こだい ジャンル:東方Project お題:許されざる想い 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1051字 お気に入り:0人
村紗水蜜は眠れない。丑三つ。眠る姿勢がみつからない。 眠るのを諦めてしまえたなら、どれほど楽になることだろうか。戒律が在った。酒も在った。 広い、畳張りの空間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ITetsuYK ジャンル:東方Project お題:希望の正義 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:1002字 お気に入り:0人
「失礼するわよ。」そう言って、私は落ち着くような部屋に入る。「あら、こんにちは。今日は何の用?」向こうには紅白の巫女さんが私を歓迎する。「大したようはないわよ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かは貯金 必須要素:「なんでやねん」 制限時間:30分 読者:59 人 文字数:846字 お気に入り:0人
「咲夜、給料よ!」 お嬢様の明るい声が廊下に響く。本当はうるさいのでやめてほしいのだが、なんていったってやめない。 でも今日は何かが違う。そうだ、声の調子が違う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:やわらかい動機 必須要素:街灯 制限時間:30分 読者:134 人 文字数:395字 お気に入り:0人
私は魔理沙を殺してしまった。……動機はとてもやわらかい。……なんだ?やわらかいって。まぁ、それはおいといて。魔理沙を殺した動機は「嫉妬」だ。霊夢ばかりかまって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:経験のない薔薇 必須要素:ドア 制限時間:30分 読者:107 人 文字数:816字 お気に入り:0人
紅魔館の庭の一角。そこには門番の紅美鈴が育てている花壇がある。 今日も美鈴は休憩時間に水やりをしていた。「おや?」その花壇に見たこともない綺麗な深紅の薔薇が、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:黒い同性愛 必須要素:うへへ 制限時間:30分 読者:81 人 文字数:757字 お気に入り:0人
「すっずちゃ~ん♪いやわりぃね待たせちゃってさ!」「あはは、大丈夫、私も今来たところだから。」東龍学院高等部からほど近い喫茶店。私本居小鈴は、この子、河城にとり 〈続きを読む〉

ku-riの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ku-ri ジャンル:東方Project お題:愛の経験 必須要素:繊細な心理描写 制限時間:30分 読者:112 人 文字数:1049字 お気に入り:0人
人間という生き物は、その命の灯火が灯ってから、やがてその寿命が尽きるまでの短い時間の中で――彼らからすればとても長い長い期間なのだけど、寿命の長い妖怪からすれ 〈続きを読む〉