ジャンル:カルジュナ お題:今日の妹 制限時間:30分 読者:144 人 文字数:1683字 お気に入り:0人

【カルジュナ】小説家x婚約者3

アルジュナは頭の良い子供だった。カルナが見知ってきた、どんな子供よりも。しかし、アルジュナは子供だからこそ、その言葉の重大さに気付いていなかったともいえる。例えば、自分が分からなかったなら大人に聞くこともできただろう。だが、アルジュナは周囲から賢い賢いと言われて育ってしまったため、大人に訊ねることはとても恥ずかしいことだと認識するようになってしまっていたのだ。

だからこそ、その日、アルジュナがどうして臍を曲げているのか、カルナにはとんと分からなかった。

「機嫌を直せ」
「いいえ、きげんがわるくなんてありません」

つん、と瑞々しい唇を尖らせ、アルジュナは分かりやすく拗ねていた。カルナの仕事机の横にある、アルジュナ専用のチェアに腰掛け、お気に入りのヒポぐるみを抱えながら、ずっとこの調子だった。カルナは当初こそあれこれと気を回していたが、そもそも相手の空気を読むということに関しては、自他共に「向かない」「似合わない」「出来たためしがない」の三拍子だったのだ。
アルジュナが居てくれるのは嬉しいのだが、こうも刺々しい空気では、膝に乗せることもままならない。原稿が上がった後、アルジュナを膝に乗せながら読み聞かせをしてやるのがカルナのいっとうの楽しみだというのに、だ。

その時、不意にインターフォンが鳴る。カルナがデスクの前から動こうとするより先に、ぴょいとアルジュナが椅子から飛び降り、玄関へと走っていく。いつのまにか用意してあった踏み台を使って、チェーンまですぐに外してしまった。

「おいアルジュナ!」

アルジュナをひょいと抱えて持ち上げたのも一瞬遅く、ガチャリとドアが開いた向こうからは見慣れた銀髪が見えた。

「ジークフリート…?」
「すまない、もしや彼から聞いてはいないだろうか」

ジークフリートが見下ろしているのはアルジュナで、カルナはその旋毛を見下ろしながらゆっくりと首を振った。アルジュナからは、ジークフリートが来るなどとは聞いていない。
ジークフリートはカルナとは高校からの付き合いで、大学は袂を別ったものの交流は潰えていない。アルジュナとも何度か会ったことがあり、実直で真面目な正確はアルジュナとも馬が合うようだった。
そのアルジュナはというと、腕をぶんぶんと振り、もがくようにしてカルナの腕からすり抜ける。すとん、と床に降り立ったアルジュナは、玄関横にかけてあった麦わら帽子を取って頭にかぶる。

「カルナ!わたしはこれからジークフリートさんととうひこうをしてきます!」
「は?」
「すまないが、その射殺しそうな目をやめてくれ」
「お前がそのような男であったとは。そうか、そうか。槍を持て」
「誤解だ!俺はアルジュナに頼まれて、カルナのアイディア探しを手伝うということを了承したんだ!」
「アイディア探し?」

現役時代の槍をどこに仕舞っただろうかと考えながら、オウム返しに聞き返したカルナに、アルジュナが胸をはって答える。

「そうです!カルナ、さいきん、ずぅっとパソコンのまえでうなってますから!このアルジュナ、カルナがおどろくようなぼうけんをしてきます!」

ねっ!と同意を求められたジークフリートは「…ということらしい」と眉を下げながらカルナに説明した。

「ならばアルジュナ、オレも共に行こう」
「だめです。しめきりがあるって、たまもおねえさんがいってました」

ぐぬ、とカルナが喉の奥で唸る。
ではいってきます!と飛び出していくアルジュナを苦々しい気持ちで見送るカルナに、ジークフリートが耳打ちをした。

「彼、早く君が原稿を終えて、遊んでくれるのを待っているんだ。健気だろう」

は、とカルナが目を見開くと同時、ジークフリートもさっさと玄関から飛び出していってしまう。カルナも追いかけようとしたところで、狙いすましたかのように携帯が鳴る。着信元は、編集者の玉藻、その人だった。

「……是非も無し」

こうしてカルナは締め切りを守るどころか前倒しにしてやろう、と心に決め、急ぎ作業を再開させるはめになったのだった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:高い扉 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:1868字 お気に入り:0人
「というわけで家出してきました」「お帰りやがってください」「なんでです!?」キャリーケースを引き連れてアパートメントの階段を上ってきたアルジュナを認め、開口一番 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:冬のジジィ 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:1819字 お気に入り:0人
この上なくスムーズに着陸し、おざなりな見送りを受けた後、空港近くのホテルへと向かう。ホテルのドアを潜るまではあくまで職務中のため、手を繋ぎたくても繋げないのが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:情熱的な小説 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:1333字 お気に入り:0人
自動操縦へと切り替わり、あとは互い違いに確認を行いながら適宜微細な修正を行っていくだけだ。アルジュナはシートベルトを外し、コーヒーを淹れるために席を立った。空の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ラストは想い 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:1584字 お気に入り:0人
微弱な振動を感じる。この離陸直前の振動を、カルナはもっとも好ましく思っていた。旋回し、水平を保つ頃には既に町など眼下のミニチュアだ。左翼がしなり、繋ぎとなってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:これはペンですか?違うわ、それは人体 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:1265字 お気に入り:0人
わたくし、子狐を一匹、飼っておりました。それはたいそう賢く、また人づきあいもよく愛嬌もあり、私がふいと目を離したと思えば、やれ羊の毛を刈う手伝いをしてきただの、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:生きている黒板 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:1534字 お気に入り:0人
「何してるんです?」「…………何も」アルジュナが俺の部屋にやってきた。ガッタンゴットンと荒々しくひっくり返して掃除をしたばかりの俺の部屋にやってきた。両隣が空き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:謝罪探偵すまないさん お題:オチは風 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1286字 お気に入り:0人
「探偵さんはさがしものもとくいですか?」アルジュナがそう言いながら探偵事務所を訪ねてきたのがついさっき。探偵さんはアルジュナにあたたかいココアを出して飲むように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:小説の会話 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:1434字 お気に入り:0人
「いや、」俺が言いよどんでいると、アルジュナは少し俯き、眉を下げた。こんな時にどういう反応をすればいいのかと迷っているようでもあったし、裁きを待つ罪人のようでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:有名な喜び 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:1238字 お気に入り:0人
俺がアルジュナと出会ったのは、ある意味で偶然を重ねた上での必然だった。サーヴァント時代の記憶を有していると気付いたのは、物心も着く前だった。むしろ生まれ落ちた瞬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:FGO お題:鈍い奈落 制限時間:15分 読者:96 人 文字数:793字 お気に入り:0人
あぁ痛いなちくしょう。なんだってほんと、オレなんかが世界を背負っちまったんだろうな。平凡が服着て歩いてるような現代日本の中流家庭の次男でさ、こんな血とか煙とか剣 〈続きを読む〉