ジャンル:カルジュナ お題:今日の妹 制限時間:30分 読者:112 人 文字数:1683字 お気に入り:0人

【カルジュナ】小説家x婚約者3

アルジュナは頭の良い子供だった。カルナが見知ってきた、どんな子供よりも。しかし、アルジュナは子供だからこそ、その言葉の重大さに気付いていなかったともいえる。例えば、自分が分からなかったなら大人に聞くこともできただろう。だが、アルジュナは周囲から賢い賢いと言われて育ってしまったため、大人に訊ねることはとても恥ずかしいことだと認識するようになってしまっていたのだ。

だからこそ、その日、アルジュナがどうして臍を曲げているのか、カルナにはとんと分からなかった。

「機嫌を直せ」
「いいえ、きげんがわるくなんてありません」

つん、と瑞々しい唇を尖らせ、アルジュナは分かりやすく拗ねていた。カルナの仕事机の横にある、アルジュナ専用のチェアに腰掛け、お気に入りのヒポぐるみを抱えながら、ずっとこの調子だった。カルナは当初こそあれこれと気を回していたが、そもそも相手の空気を読むということに関しては、自他共に「向かない」「似合わない」「出来たためしがない」の三拍子だったのだ。
アルジュナが居てくれるのは嬉しいのだが、こうも刺々しい空気では、膝に乗せることもままならない。原稿が上がった後、アルジュナを膝に乗せながら読み聞かせをしてやるのがカルナのいっとうの楽しみだというのに、だ。

その時、不意にインターフォンが鳴る。カルナがデスクの前から動こうとするより先に、ぴょいとアルジュナが椅子から飛び降り、玄関へと走っていく。いつのまにか用意してあった踏み台を使って、チェーンまですぐに外してしまった。

「おいアルジュナ!」

アルジュナをひょいと抱えて持ち上げたのも一瞬遅く、ガチャリとドアが開いた向こうからは見慣れた銀髪が見えた。

「ジークフリート…?」
「すまない、もしや彼から聞いてはいないだろうか」

ジークフリートが見下ろしているのはアルジュナで、カルナはその旋毛を見下ろしながらゆっくりと首を振った。アルジュナからは、ジークフリートが来るなどとは聞いていない。
ジークフリートはカルナとは高校からの付き合いで、大学は袂を別ったものの交流は潰えていない。アルジュナとも何度か会ったことがあり、実直で真面目な正確はアルジュナとも馬が合うようだった。
そのアルジュナはというと、腕をぶんぶんと振り、もがくようにしてカルナの腕からすり抜ける。すとん、と床に降り立ったアルジュナは、玄関横にかけてあった麦わら帽子を取って頭にかぶる。

「カルナ!わたしはこれからジークフリートさんととうひこうをしてきます!」
「は?」
「すまないが、その射殺しそうな目をやめてくれ」
「お前がそのような男であったとは。そうか、そうか。槍を持て」
「誤解だ!俺はアルジュナに頼まれて、カルナのアイディア探しを手伝うということを了承したんだ!」
「アイディア探し?」

現役時代の槍をどこに仕舞っただろうかと考えながら、オウム返しに聞き返したカルナに、アルジュナが胸をはって答える。

「そうです!カルナ、さいきん、ずぅっとパソコンのまえでうなってますから!このアルジュナ、カルナがおどろくようなぼうけんをしてきます!」

ねっ!と同意を求められたジークフリートは「…ということらしい」と眉を下げながらカルナに説明した。

「ならばアルジュナ、オレも共に行こう」
「だめです。しめきりがあるって、たまもおねえさんがいってました」

ぐぬ、とカルナが喉の奥で唸る。
ではいってきます!と飛び出していくアルジュナを苦々しい気持ちで見送るカルナに、ジークフリートが耳打ちをした。

「彼、早く君が原稿を終えて、遊んでくれるのを待っているんだ。健気だろう」

は、とカルナが目を見開くと同時、ジークフリートもさっさと玄関から飛び出していってしまう。カルナも追いかけようとしたところで、狙いすましたかのように携帯が鳴る。着信元は、編集者の玉藻、その人だった。

「……是非も無し」

こうしてカルナは締め切りを守るどころか前倒しにしてやろう、と心に決め、急ぎ作業を再開させるはめになったのだった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:FGO お題:鈍い奈落 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:793字 お気に入り:0人
あぁ痛いなちくしょう。なんだってほんと、オレなんかが世界を背負っちまったんだろうな。平凡が服着て歩いてるような現代日本の中流家庭の次男でさ、こんな血とか煙とか剣 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:FGO お題:群馬の極刑 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:810字 お気に入り:0人
拝啓、お元気でしょうか。この手紙を読む頃、貴方はどうしているでしょうか。この手紙を受け取ってしまったということは、つまり、私はもう生きてはいないということでしょ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:光の仕事 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:1527字 お気に入り:0人
後に残されたカルナではあったが、はっと正気に戻った後に慌てて車に舞い戻り、あのタクシーを追え!と声を荒げたのだった。「もう見えないよぉ~ムリムリ~!」「アルジュ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:団地妻のオチ 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:1370字 お気に入り:0人
さて、カルナは今日も今日とてアルジュナと共に登校する。アルジュナとカルナは文系理系クラスで正反対に位置しているとはいえ、同様の特別進学コースに在籍しており、なお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:素晴らしい外側 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:1611字 お気に入り:0人
申し上げましょう、申し上げましょう。この僕の言葉で事足りるのであれば。えぇ、時間は大丈夫です。今はちょうど休憩時間ですから。刑事さんたちも、つい先日までこちらに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:神の夕飯 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:1435字 お気に入り:0人
「何故あやつに執着する」信長は特盛の豚骨ラーメンを今まさにすすろうとしながらカルナに問いかけた。カルナはというと、こちらも特盛の、味噌バターラーメンの麺をすすれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:殺されたガール 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:1601字 お気に入り:0人
「付き合ってもらえませんか」俺の言葉に、アルジュナは目を丸くして、え、と一つの音を呟いた。俺とアルジュナは同じ大学で違う専攻を持つ学生だった。それが、バイト先が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:阿修羅極刑 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:1426字 お気に入り:0人
申し上げます、申し上げます。私はひどいやつです。そうとはこれっぽっちも思ってなんかいませんが、私はひどいやつだと言っておきます。何故なら、きみがそう望むから。さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:見憶えのある解散 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:1408字 お気に入り:0人
【或る依頼者の証言】申し上げます、申し上げます……っていうフレーズがあったじゃない?あれは告発をする人間の言葉だったけど。いや、うん、そういうものだと思って欲し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:空前絶後のボーイ 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:1356字 お気に入り:0人
大学の掲示板に貼られていたのは、短期バイトのお知らせ。昼休みに一時間、指定された部屋できちんと機械が動いているかを監視するだけのお仕事。その時給の良さと、飲食し 〈続きを読む〉