ジャンル:曇天に笑う お題:ドイツ式のロボット 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:373字 お気に入り:0人
[削除]

新規キャラクタ ※未完

犲宿舎に不思議な荷物が届いた。表書きは見慣れぬ外国の文字で、木箱の蓋には頑丈に釘が打たれている。出入りする大工から工具を借りてきて俺と犬飼さんで開封してみると、中に入っていたのは隊長くらいの歳の男だった。
男は初めのうちこそ何も分からない赤子のようだったが、しばらくすると言葉を覚え、驚異的な早さで武器も仕事も捌けるようになった。これでは俺の立場が危うい。飛び道具と刀では戦い方が違うので戦闘中の棲み分けはできるものの、仕事の能力で抜かされていては先輩として立つ瀬がない。俺にだって犲で3年間働いてきた意地がある。
そんなこんなで男を目の敵にしていたら、本人から「分からない事があったら何でも聞いてよ。僕も書類仕事は得意じゃないけど、伊達に10年犲やってないしね」という言葉が飛び出した。いつの間にそういう設定になっていたのだ。あんたを箱の中から

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:きなこ ジャンル:曇天に笑う お題:狡猾なプロポーズ 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:739字 お気に入り:0人
ぐるぐると、永四郎は部屋の中で歩き回っていた。里の婚姻の儀を終えていくつかの月を越えたけれど妻である六花との距離は埋まっていない。それもそうだ。なんせ全て突然の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きなこ ジャンル:曇天に笑う お題:地獄の豪雨 制限時間:30分 読者:47 人 文字数:1346字 お気に入り:0人
桶をひっくり返したような大雨とはこの事か。そう武田はぼんやりと思った。怪しい雲行きだったがすぐに帰るから傘はいらないだろう、そう思って外に出たのだがやはりこうい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きなこ ジャンル:曇天に笑う お題:幼い音楽 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1563字 お気に入り:1人
雲が厚いその空に似たように腕の中にいる男児はぐずぐずと顔を歪めた。「ぅ〜…」口を尖らせどこか涙目なそれは眠いのだろうか目をごしごしと擦ったせいで目尻が赤くなって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きなこ ジャンル:曇天に笑う お題:たった一つの罪 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:1291字 お気に入り:0人
「あなたがここに来るなんて珍しいですねぇ」目線を向けずそう睦月が言えばぴたりと蒼世は足を止めた。「邪魔をしたか」すまない、そう続ける蒼世にいえいえと睦月はやはり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
大人の映画 ※未完
作者:きなこ ジャンル:曇天に笑う お題:大人の映画 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:1507字 お気に入り:1人
手に汗握りながらその場にいる全員がテレビを見つめた。暗い画面と徐々に小さくなる音はその先にあるそれに大きく恐怖を与えるための演出だということは分かっている。けれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きなこ ジャンル:曇天に笑う お題:かっこ悪い決別 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1000字 お気に入り:0人
『二度と顔を見せるな』隣にいるはずだった彼は冷たい言葉で突き放した。周りにいたはずの『仲間』と呼べる彼らの背をただ見つめ、遠のく彼らのそれを自らの戒めとして歯を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きなこ ジャンル:曇天に笑う お題:捨てられた流刑地 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1079字 お気に入り:0人
ザリ、ザリと砂利のようなそれは足を踏み出す度に擦れるように響いていく。「…本当に何にもないな」「これで罪人でも出てきたら困るだろ」そっと上を見上げる短髪の彼の横 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きなこ ジャンル:曇天に笑う お題:純粋な愉快犯 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1249字 お気に入り:1人
夜も遅いそんな時間に物音がした。それは風が吹いた音だろうと未だ眠い頭でそう思い込んでまた寝に入ろうとした。カタンまた同じ音が聞こえて慌てて身体を起こした。その時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きなこ ジャンル:曇天に笑う お題:混沌のぺろぺろ 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1106字 お気に入り:0人
「壱助」そう呼んできた弟の目はこれ以上無いほど輝いていた。「どうした?」そう呼びかけ壱雨の手を見てみれば祭りで金魚を入れるようなビニールの巾着を持っていた。金魚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:メモ帳 ジャンル:曇天に笑う お題:何かの儀式 制限時間:4時間 読者:27 人 文字数:1503字 お気に入り:0人
お題:何かの儀式夏も半ばに7月も中旬を迎えた夕暮れこれから飯を食おうという時に男が一人飛び込んできた「永四郎、六花が色忍の儀式に選ばれたぞ…!!!」この男は悪い 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バトルスピリッツ烈火魂 お題:真紅の怒りをまといしギャグ 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1563字 お気に入り:0人
ウチの名前〇〇 〇〇。ある日を境にS級バトラーになったものだ。だけど、まだウチはどこかのスクールアイドルでもある似非関西弁の三年生に似てて外見が青くー、そのまん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:限りなく透明に近い命日 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:299字 お気に入り:0人
あれ、いつの間にか体が透明になっている。私って死ぬのかな。あそこに薬研がいるのになんで気付いてくれないの!?「薬研!」必死に薬研のことを呼んだ。そうしたらこっち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:不幸な道のり 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:1279字 お気に入り:0人
おれは常々、後悔をしないように生きている。 後悔先に立たずと言うが、つまり後悔するかしないかは未来のおれが決めることであって、今のおれではない。ならばせめて『 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:すごい悪人 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1136字 お気に入り:0人
※流血表現ありこの世にある悪人という定義は何であろうか?人殺し? 窃盗? 密売? それとも__返り血でスーツが染まる。真っ白なスーツに対し、鉄分が入っている真っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:同性愛の作品 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:413字 お気に入り:0人
※同性愛否定発言あり __マフィア___。 俺達は世間からそう云われる存在だった。 今日の獲物は冴えない画家。 借金は凡そ500万ちょい。 いい加減、臓器でも売 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:練習Kiss お題:ぐちゃぐちゃの嘘 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:1206字 お気に入り:0人
朝起きるとガバッ「なぁにこれぇ」謎の空間にいた僕は楠木秋飛(くすのきあきと)最近成人式を終えたばかり「えー、、ここどこ、、」自分で言うのもアレだがさみしがりやな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン 降風 お題:臆病な悪魔 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:582字 お気に入り:0人
上司が悪魔と呼ばれていることは知っていた。彼への畏怖だとか、嫉妬だとか、羨望だとか、そういった周囲の評価を示している二つ名だと思う。風見もまた、自らの上司を、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:やば、ガール 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:1058字 お気に入り:0人
部屋からは遠く、海沿いの工業高校地帯が見えている。川底に散った砂金のように夜ごと光を放って、街の高台に部屋を借りて正解だった、と永四郎は微笑んで煙草に口を付け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:遅いガール 必須要素:囚人 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:775字 お気に入り:0人
俺の主は、何をやるにも遅い。「ねー主ー、まだなのー?」「ん、んー、も、もうちょっと…メイクが終わらなくって」「もう、ファンでだけでどれだけかかってるのさ!ほら、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:NEW GAME! お題:馬鹿な人間 必須要素:京都 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1005字 お気に入り:0人
いつもと変わらない通勤時ガタンゴトンっと電車が揺れて甲高いブレーキ音を出して止まり、バシャアと扉が開く。そこの空いた入り口にドッと客が入る。その入ってくる人を凝 〈続きを読む〉