ジャンル:Voltron お題:おいでよ声 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1018字 お気に入り:1人

前世から呼ぶ声(シロキス)

シロキス / シーズン6ネタバレ


「ーーー。」

呼ばれている。


「ーーー。」

体を、思考を引っ張られるように呼ばれている。


「ーーー。」

あらがえない引力に、キースも答えようと口を開く。

声が出ない。

「ーーー。」

はやく答えないと、

「ーーー。」

呼んでいる声に応えないと、二度と会えない気がした。



「キース!」
「ーーーっ!」

胸に置かれた大きな手の感触に目を開く。
一瞬、自分がどこにいるのかわからなくなる。
視界がぼやけていて、瞬きをすると、ぬるい感触が目尻から耳に流れていった。

「キース、大丈夫か」

温かい手が頬に触れて、キースは条件反射で体の力が抜けるのを感じる。

「シロー…」
「もう大丈夫だ…ずいぶん酷い夢だったんだな」

うなされていたぞと言われて、初めて寝ていたのだと思い出す。
酷い夢。

終わりのない星空に、大事な人が閉じ込められている夢だった。
キースしか、その人を救うことができないのに、成さないままに目を覚ましてしまった。
夢の詳細はどんどんぼやけていくのに対して、感情だけが際立ってキースを苛む。

助けないと、と口走るキースを、目の前の男は心配そうに見下ろしている。

「キース。夢だ。大丈夫」
「でも、」
「大丈夫だ。何も心配ない」

でも、とまだあらがう青年を両腕に抱え込むと、シローは彼を自分の体の上にのせるように抱き込んだ。
首元をくすぐる黒髪を撫でてやると、小柄な恋人から細く息が漏れる。

そのうち、シローの心臓の音を聞きながら、キースはまた眠りに落ちていった。
今度は夢も見ないくらいに深く、眠りに落ちていく恋人を見守ってから、その体に毛布を掛けてやる。

時折、キースは夜中に酷い夢にうなされることがある。
寝ているくせに、はっきりとした寝言を発することもある。
そういうときは決まって泣きながら混乱を抱えたまま目を覚ます。

何か悩んでいることがあるのかもしれない。心配性の男は、ため息をつきながら腕に抱えた青年を見下ろした。
胸の上で寝息を立てているキースは、今は落ち着いているようだ。

頭上をさぐって携帯を引っ張り出すと、アラームの時間を確認する。
確かキースは2限からのはずだ。
起こしてやれるように、自分のアラームの設定をしなおしてから、シローも恋人の髪に鼻を押しつけながら目を閉じた。



(前世→ヴォルトロン時代のシロキス)

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

しろはVLD関連で今かなりうるさいの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:しろはVLD関連で今かなりうるさい ジャンル:Voltron お題:気持ちいいボーイズ 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:847字 お気に入り:1人
嗅いだことがあるような匂いが鼻をくすぐって、一瞬何かのイメージが脳裏に浮かんですぐに消える。なんだっけ、この匂い。あれに似てる。なんだっけ?声に出しかけたところ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろはVLD関連で今かなりうるさい ジャンル:Voltron お題:ちっちゃな悪魔 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:803字 お気に入り:1人
7時起床。歯を磨く、顔を洗う。天気予報を見ながら猫に餌をやる。数年前ならラジオ体操に行かされていたであろう晴天を見上げてから夜のうちにタイマーセットしておいた洗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろはVLD関連で今かなりうるさい ジャンル:Voltron お題:オレだよオレ、暗殺者 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:612字 お気に入り:1人
ランス、キース、ピッジ、ハンク、コランシーズン6後ザクザクと草や小石を踏みながら歩いていると、前方で枝を踏む音がした。キースは腰の後ろにゆっくりと手を伸ばす。腰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろはVLD関連で今かなりうるさい ジャンル:Voltron お題:勇敢な儀式 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:1406字 お気に入り:1人
大学生シロキス 虫に弱いバカップルと飼い猫赤、青、緑、橙、わざわざ買ってきた画用紙をめくって、目当ての色を冊子からぺりぺりと剥がす。ハサミをシャッキリと入れて、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろはVLD関連で今かなりうるさい ジャンル:Voltron お題:激しい演技 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:640字 お気に入り:1人
ランス視点 大学生シロ←キス本当に、好きなんだなぁと思う。送る目線とか、見つめる眼の色とか、何か言いたげに開く唇とか。大概、しばらくしてから下唇を噛むようにして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろはVLD関連で今かなりうるさい ジャンル:Voltron お題:おいでよ声 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1018字 お気に入り:1人
シロキス / シーズン6ネタバレ「ーーー。」呼ばれている。「ーーー。」体を、思考を引っ張られるように呼ばれている。「ーーー。」あらがえない引力に、キースも答えよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろはVLD関連で今かなりうるさい ジャンル:Voltron お題:犯人は小説合宿 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:576字 お気に入り:0人
シローは手のひらの機械を眺めながら少し困った顔をしていた。赤い塗装がされたスマートフォンは、シローのものではない。自分のものは、おそらくさきほど電話をかけてきた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろはVLD関連で今かなりうるさい ジャンル:Voltron お題:宿命の第三極 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:1428字 お気に入り:0人
チームヴォルトロン・現パロ「海!」「山!」「ロボコン!」みんなで遊びにいきたい。誰が言ったかもはやわからないが、平和な発言から数十分。冷め始めたポテトとハンバー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろはVLD関連で今かなりうるさい ジャンル:Voltron お題:情熱的なお天気雨 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:704字 お気に入り:1人
飼い猫のおやつと人間用の牛乳が無くなったので、買いに行ってくると声をかけると宿題をしていた少年は鉛筆を放り出して俺も行く!と飛びついてきた。「ただの買い出しだぞ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろはVLD関連で今かなりうるさい ジャンル:Voltron お題:小さな幻想 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:924字 お気に入り:1人
「最近夢の中で、グリーンが出てくるんだよね」夜の食卓で、緑のゼリーに触発されたのか、ピッジが誰に言うでもなくつぶやいた。「仲がいいことだなぁ。オレは女の子の夢を 〈続きを読む〉