ジャンル:黒子のバスケ お題:臆病な液体 制限時間:30分 読者:112 人 文字数:897字 お気に入り:0人
[削除]

雰囲気で読んでほしい【赤→桃】


 知っていた。
 気づいていた。
 僕たちが、いや、俺たちがバラバラになっていくのを、ずっと傍で見ていた存在に。支えてくれていたその瞳に、決して零さないように堪えられた涙があったことを。
 立つ場所は違っていたけれど、一緒に戦ってくれていた仲間。選手である自分たちとは別の才を、最大限に振るって尽力してくれていた優しく強い女の子。
 僕は、俺は、知っていた。気づいていた。
 <キセキの世代>を諦めなかったのは、六人目だけではなかったこと。僕を倒し、俺を倒し、最後に<キセキの世代>を繋ぎなおしたのはまさしく彼とその光を中心とした彼ら誠凛高校だけれど、<キセキの世代>(中学時代のチームメイト)が再び共に在れる日を夢見て、諦めきれず願っていたのは、ずっと、別れの日から祈っていたのは自分たちのマネージャーであること。
 六人目は――黒子は言っていた。自分は一度諦めたのだと。
 そして、火神に『殴ればよかったのだ』と言われたと笑っていた。火神が背中を押してくれたと。
 彼女は――桃井は言った。黒子のおかげだと。
 自分は何もできなかった。黒子が諦めないでいてくれたからだと。
 
 俺は、桃井にも感謝しているのだと、告げることが出来なかった。
 堪えられた涙も、願っていたことも、祈っていたことも、何故か誰にも教えたくないと思ったから。
 多分、黒子は知っているだろう。ありがとう、と彼女がお礼を言っているのを聞いた。そんな彼女に、優しく笑いかけているのを見た。そして、続けて、青峰君は幸せ者ですね、と。
 どろり、胸中を重たいものが渦巻いた。
 桃井の気持ちは知っていた。その想いが結び難いことも察していた。
 ――その傍にある、もう一つの危険性には目をそらしていた。
 結果が分かっていて手を伸ばせない。そのうちに俺は僕になって。俺は、心の底で外を眺めて、彼女が自分たちを想ってくれることに何処かで安堵して。その涙を見ないふりして。そして、今。


 僕は桃井をマネージャーとしてみていた。けれど、俺は、彼女のことが。
 そして、また、俺の臆病は彼女の目に滲むものに手を伸ばせない。
 

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:城屋えり ジャンル:黒子のバスケ お題:男同士の失踪 制限時間:30分 読者:152 人 文字数:983字 お気に入り:0人
黒子テツヤが消えた。それは昔からよくある些細なニュースの筈だった。非常に影が薄い彼はミスディレクションを身につけてから、より存在の希薄さが増した。そのせいで、ひ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ お題:記録にない紳士 制限時間:30分 読者:166 人 文字数:897字 お気に入り:0人
三月三日か、と緑間が呟いたので、赤司はふと、昔を思い出した。お前はあのタイミングでいつも年月日を聞いてきたなあのタイミング?俺に想いを漏らしそうになるタイミング 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:九龍@人には譲れないことがある ジャンル:黒子のバスケ お題:12月のボーイズ 制限時間:30分 読者:184 人 文字数:962字 お気に入り:0人
雪がちらつき始めた12月、何時もより早い雪だと思いながら首に巻いていたマフラーに顔を埋めて隣を見た。そこには自分よりがたいが良く、寒くないのか制服の前こそ閉め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:城屋えり ジャンル:黒子のバスケ お題:純白の裏切り 制限時間:30分 読者:306 人 文字数:761字 お気に入り:0人
はたり、と目が覚めて黒子は少し身動ぎをした。目を開けているのにも関わらず薄暗い視界と、充分に広い筈の狭苦しいベッド。癪に障る程長い手足が黒子の身体に無遠慮に絡み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:城屋えり ジャンル:黒子のバスケ お題:思い出の孤独 制限時間:30分 読者:588 人 文字数:883字 お気に入り:0人
「貴方はいつも僕を見つけますね」見失ったりしないんですか、そう黒子が目の前の男に尋ねた。行き慣れた静かな喫茶店、店員に驚かれながら案内された窓際のボックス席。待 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:城屋えり ジャンル:黒子のバスケ お題:鈍い道のり 制限時間:30分 読者:610 人 文字数:893字 お気に入り:0人
びぃ、と試合終了の合図が聞こえてはっと目が覚めた。それで、夢を見ていたのだという事に気がついてのろのろと黒子は顔をあげた。「起きたのか」ふわりと珈琲の香りを携え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かな汰 ジャンル:黒子のバスケ お題:帝王のフォロワー 制限時間:30分 読者:547 人 文字数:1137字 お気に入り:0人
人間誰しも得手不得手が存在する。それは生まれながらにして勝者の道を歩み、何事も完璧にこなすことを求められる男であっても例外ではなかった。天才であるが故に常人とは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:金欠の壱ヶ谷@17年が殺しに来てる ジャンル:黒子のバスケ お題:今年の黒板 制限時間:30分 読者:489 人 文字数:959字 お気に入り:0人
――唐突に、高尾は、中学生の最後の日を思い出した。 バスケで散々に負け倒して、これでもかというほど精々しく負けて、それでも諦めきれずに、高校でのリベンジを誓っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:バンリは主観でものをいう ジャンル:黒子のバスケ お題:最後の土 制限時間:30分 読者:502 人 文字数:1620字 お気に入り:0人
終わったのだという実感などまるでないのに、ブザーは鳴って歓声はわきあがった。相手チームは誰にともなく飛びつき抱き合い、あるいはガッツポーズをとり、つかみとった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:エムカルゴは既に調理済みだったのだ ジャンル:黒子のバスケ お題:穏やかな学校 制限時間:30分 読者:455 人 文字数:1206字 お気に入り:0人
誠凛高校はいい所。校舎は新しいしスレた輩もいない落ち着いた雰囲気の学校だと自負している。群れて強がるヘタレがいないのは非常に過ごしやすい…実際そうなのだけれど俺 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:穢された水 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:607字 お気に入り:0人
「日向クン」名前を呼んでも返事がない名前を呼べば振り向いて眩しい笑顔で返事をしてくれる日向クンはいない絶望的だ。この世の中も、なにもかもキミがいないならどうでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:青い血液 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:371字 お気に入り:0人
それは、突然訪れた。前置きも、脈絡もなく、本当に唐突に。 風の噂で聞いたことがある。なんらかの影響で普通ではない特徴を持って顕現してしまう刀がいるらしい。例え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:穏やかな笑顔 制限時間:2時間 読者:4 人 文字数:1262字 お気に入り:0人
「ねぇ、予備学科」学校帰りの途中で待ち伏せされていたこいつは人の顔を見ては予備学科、無能、凡人なんて言葉で罵倒してくる。「なんだよ」わざとっぽくうざそうにしてみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:最後の夜風 制限時間:4時間 読者:8 人 文字数:861字 お気に入り:0人
『お前が欲しい。』いつかその言葉を、心を、自分に向けて欲しいと。そう願ってしまったのはいつ頃からだろうか。=========================柄に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:マイナーな理由 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:341字 お気に入り:0人
財前光は見つめ続ける。白石蔵ノ介と遠山金太郎の人生を一人の登場人物として見守り続ける。なぜならば、わかっているからだ。彼だけは唯一、双方の人生をそれなり適当に、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:真・三國無双 お題:初めての人 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:211字 お気に入り:0人
「満寵殿は防衛に精通しているとお聞きしておりまが…」「え?防衛に興味があるのかい?防衛とは…で、罠が…さらに…」またやっている、と鍛錬を終えて料理屋に向かってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 お題:恋の職業 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:619字 お気に入り:0人
「いーちまーい、にーまい、さーんまいよーんまい、ごーまい、ふぅん、これだけか」広いベッドの上で金札をパラパラとばら蒔く「なーんか、ツマラナイなぁあ、同級生でも襲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:夜のピアノ 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1002字 お気に入り:0人
暗い真夜中の夜忘れ物を取りに、と本校に足を運んだ時だった予備校の方から美しい音色が聞こえてきたのだ「予備校から、なんて。行きたくも無いけど」と自分に言い訳をして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゴールデンカムイ 金カム お題:女同士の春 必須要素:復讐劇 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:291字 お気に入り:0人
女は恐ろしい。それは人間も獣も同じ。殊に子を産まない雌のヒグマは質が悪い。暦の上ではとっくに春が来ているというのに、二瓶鉄造は深い雪に隠れるようにして獲物を狙っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ヒプノシスマイク お題:壊れかけの姉妹 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:267字 お気に入り:0人
歪だと感じた。全く統一性がなくて、対のものだと言われなければ気づかない。並べたところでバランスもとれない。そんな双子の人形をもらった。「どっぽちん何それ」「…押 〈続きを読む〉