ジャンル:黒子のバスケ お題:臆病な液体 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:897字 お気に入り:0人
[削除]

雰囲気で読んでほしい【赤→桃】


 知っていた。
 気づいていた。
 僕たちが、いや、俺たちがバラバラになっていくのを、ずっと傍で見ていた存在に。支えてくれていたその瞳に、決して零さないように堪えられた涙があったことを。
 立つ場所は違っていたけれど、一緒に戦ってくれていた仲間。選手である自分たちとは別の才を、最大限に振るって尽力してくれていた優しく強い女の子。
 僕は、俺は、知っていた。気づいていた。
 <キセキの世代>を諦めなかったのは、六人目だけではなかったこと。僕を倒し、俺を倒し、最後に<キセキの世代>を繋ぎなおしたのはまさしく彼とその光を中心とした彼ら誠凛高校だけれど、<キセキの世代>(中学時代のチームメイト)が再び共に在れる日を夢見て、諦めきれず願っていたのは、ずっと、別れの日から祈っていたのは自分たちのマネージャーであること。
 六人目は――黒子は言っていた。自分は一度諦めたのだと。
 そして、火神に『殴ればよかったのだ』と言われたと笑っていた。火神が背中を押してくれたと。
 彼女は――桃井は言った。黒子のおかげだと。
 自分は何もできなかった。黒子が諦めないでいてくれたからだと。
 
 俺は、桃井にも感謝しているのだと、告げることが出来なかった。
 堪えられた涙も、願っていたことも、祈っていたことも、何故か誰にも教えたくないと思ったから。
 多分、黒子は知っているだろう。ありがとう、と彼女がお礼を言っているのを聞いた。そんな彼女に、優しく笑いかけているのを見た。そして、続けて、青峰君は幸せ者ですね、と。
 どろり、胸中を重たいものが渦巻いた。
 桃井の気持ちは知っていた。その想いが結び難いことも察していた。
 ――その傍にある、もう一つの危険性には目をそらしていた。
 結果が分かっていて手を伸ばせない。そのうちに俺は僕になって。俺は、心の底で外を眺めて、彼女が自分たちを想ってくれることに何処かで安堵して。その涙を見ないふりして。そして、今。


 僕は桃井をマネージャーとしてみていた。けれど、俺は、彼女のことが。
 そして、また、俺の臆病は彼女の目に滲むものに手を伸ばせない。
 

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:城屋えり ジャンル:黒子のバスケ お題:男同士の失踪 制限時間:30分 読者:86 人 文字数:983字 お気に入り:0人
黒子テツヤが消えた。それは昔からよくある些細なニュースの筈だった。非常に影が薄い彼はミスディレクションを身につけてから、より存在の希薄さが増した。そのせいで、ひ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:記録にない紳士 制限時間:30分 読者:118 人 文字数:897字 お気に入り:0人
三月三日か、と緑間が呟いたので、赤司はふと、昔を思い出した。お前はあのタイミングでいつも年月日を聞いてきたなあのタイミング?俺に想いを漏らしそうになるタイミング 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:九龍@人には譲れないことがある ジャンル:黒子のバスケ お題:12月のボーイズ 制限時間:30分 読者:119 人 文字数:962字 お気に入り:0人
雪がちらつき始めた12月、何時もより早い雪だと思いながら首に巻いていたマフラーに顔を埋めて隣を見た。そこには自分よりがたいが良く、寒くないのか制服の前こそ閉め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:城屋えり ジャンル:黒子のバスケ お題:純白の裏切り 制限時間:30分 読者:237 人 文字数:761字 お気に入り:0人
はたり、と目が覚めて黒子は少し身動ぎをした。目を開けているのにも関わらず薄暗い視界と、充分に広い筈の狭苦しいベッド。癪に障る程長い手足が黒子の身体に無遠慮に絡み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:城屋えり ジャンル:黒子のバスケ お題:思い出の孤独 制限時間:30分 読者:532 人 文字数:883字 お気に入り:0人
「貴方はいつも僕を見つけますね」見失ったりしないんですか、そう黒子が目の前の男に尋ねた。行き慣れた静かな喫茶店、店員に驚かれながら案内された窓際のボックス席。待 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:城屋えり ジャンル:黒子のバスケ お題:鈍い道のり 制限時間:30分 読者:555 人 文字数:893字 お気に入り:0人
びぃ、と試合終了の合図が聞こえてはっと目が覚めた。それで、夢を見ていたのだという事に気がついてのろのろと黒子は顔をあげた。「起きたのか」ふわりと珈琲の香りを携え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かな汰 ジャンル:黒子のバスケ お題:帝王のフォロワー 制限時間:30分 読者:486 人 文字数:1137字 お気に入り:0人
人間誰しも得手不得手が存在する。それは生まれながらにして勝者の道を歩み、何事も完璧にこなすことを求められる男であっても例外ではなかった。天才であるが故に常人とは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:金欠の壱ヶ谷@17年が殺しに来てる ジャンル:黒子のバスケ お題:今年の黒板 制限時間:30分 読者:447 人 文字数:959字 お気に入り:0人
――唐突に、高尾は、中学生の最後の日を思い出した。 バスケで散々に負け倒して、これでもかというほど精々しく負けて、それでも諦めきれずに、高校でのリベンジを誓っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:バンリは主観でものをいう ジャンル:黒子のバスケ お題:最後の土 制限時間:30分 読者:457 人 文字数:1620字 お気に入り:0人
終わったのだという実感などまるでないのに、ブザーは鳴って歓声はわきあがった。相手チームは誰にともなく飛びつき抱き合い、あるいはガッツポーズをとり、つかみとった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:エムカルゴは既に調理済みだったのだ ジャンル:黒子のバスケ お題:穏やかな学校 制限時間:30分 読者:431 人 文字数:1206字 お気に入り:0人
誠凛高校はいい所。校舎は新しいしスレた輩もいない落ち着いた雰囲気の学校だと自負している。群れて強がるヘタレがいないのは非常に過ごしやすい…実際そうなのだけれど俺 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スタンドマイヒーローズ お題:誰かと奈落 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1126字 お気に入り:0人
誰かと奈落に落ちるなら。そんな例え話を聞いたのは先日の外務省関連の飲み会だったろうか。奈落といえば仏教における地獄だ。地獄ということは大いなる罪悪を犯した者が、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:グランブルーファンタジー お題:今度のお天気雨 必須要素:ゴルゴンゾーラ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:535字 お気に入り:0人
「あらー」上空から降ってきた雨を見もしないで、仲間と逸れた特異点は、地面と水滴が響かせる雨音を聞きながら、葉が零してしとどになった髪を後ろに流して、しまったなと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スタンドマイヒーローズ お題:帝王の誤解 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1192字 お気に入り:0人
「ほ~ん。それで?マトリちゃんは何をご所望なの?」ぐいっと近寄られると、端正な顔立ちと射抜くような瞳にがんじがらめにされているように動けなくなる。「えっと、です 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:12月の勝利 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:784字 お気に入り:0人
昔ある脱出系バラエティ番組でこのような暗号を見たことがある。色のついたコードが何本かあり、暗号を解いて正解のコードを切れば外に出れるというものだった。『12月 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:地獄のにおい 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:610字 お気に入り:0人
あなたはドリアンという果物を知っていますか。ドリアンとは30cmほどの周りがとげとげした薄い緑色の果物です。面白いことにドリアンを飛行機には持ち込むことができ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:美しい軽犯罪 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:462字 お気に入り:0人
最近、学校帰りの道にある喫茶ポアロにイケメン店員がいると友達が耳元で騒いでうるさい。「ホントのホントにかっこいいの」と友達は鼻息を荒くして妄想モードに入る。まぁ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ギャグマンガ日和 お題:安全な妻 制限時間:4時間 読者:13 人 文字数:1068字 お気に入り:0人
この時代に生まれた事、心底呪っている。子供を増やせ増やせと。徳川の貴重な跡継ぎがどうとかこうとかと。腹が立つ。何なんだ。何も知らぬ癖して。別に私は好きでこの立場 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スタンドマイヒーローズ お題:愛と憎しみの螺旋 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1242字 お気に入り:0人
「私を内偵に行かせてください」関のデスクの前で、声を荒げた玲に捜査企画課の全員が振り返る。また無茶を、という視線。よくやるな、という視線。そういうものがあっても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
flight ※未完
作者:匿名さん ジャンル:スタンドマイヒーローズ お題:かたい笑顔 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:996字 お気に入り:0人
もう何度目かのデートがお預けになって、さらには出張のおまけ付きと言えば、さすがに書類をぶん投げたくもなる。文句の言い過ぎでミサキちゃんにも呆れられた。「出張、で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:恋の行動 制限時間:4時間 読者:15 人 文字数:286字 お気に入り:0人
恋、とは。今まで興味もなく、まさか自分がするとは思っていなかった。それは数日前。本当に、ちょっとしたきっかけだった。幼馴染の千佳に、恋をする日が来ようとは。でも 〈続きを読む〉