ジャンル:黒子のバスケ お題:臆病な液体 制限時間:30分 読者:73 人 文字数:897字 お気に入り:0人
[削除]

雰囲気で読んでほしい【赤→桃】


 知っていた。
 気づいていた。
 僕たちが、いや、俺たちがバラバラになっていくのを、ずっと傍で見ていた存在に。支えてくれていたその瞳に、決して零さないように堪えられた涙があったことを。
 立つ場所は違っていたけれど、一緒に戦ってくれていた仲間。選手である自分たちとは別の才を、最大限に振るって尽力してくれていた優しく強い女の子。
 僕は、俺は、知っていた。気づいていた。
 <キセキの世代>を諦めなかったのは、六人目だけではなかったこと。僕を倒し、俺を倒し、最後に<キセキの世代>を繋ぎなおしたのはまさしく彼とその光を中心とした彼ら誠凛高校だけれど、<キセキの世代>(中学時代のチームメイト)が再び共に在れる日を夢見て、諦めきれず願っていたのは、ずっと、別れの日から祈っていたのは自分たちのマネージャーであること。
 六人目は――黒子は言っていた。自分は一度諦めたのだと。
 そして、火神に『殴ればよかったのだ』と言われたと笑っていた。火神が背中を押してくれたと。
 彼女は――桃井は言った。黒子のおかげだと。
 自分は何もできなかった。黒子が諦めないでいてくれたからだと。
 
 俺は、桃井にも感謝しているのだと、告げることが出来なかった。
 堪えられた涙も、願っていたことも、祈っていたことも、何故か誰にも教えたくないと思ったから。
 多分、黒子は知っているだろう。ありがとう、と彼女がお礼を言っているのを聞いた。そんな彼女に、優しく笑いかけているのを見た。そして、続けて、青峰君は幸せ者ですね、と。
 どろり、胸中を重たいものが渦巻いた。
 桃井の気持ちは知っていた。その想いが結び難いことも察していた。
 ――その傍にある、もう一つの危険性には目をそらしていた。
 結果が分かっていて手を伸ばせない。そのうちに俺は僕になって。俺は、心の底で外を眺めて、彼女が自分たちを想ってくれることに何処かで安堵して。その涙を見ないふりして。そして、今。


 僕は桃井をマネージャーとしてみていた。けれど、俺は、彼女のことが。
 そして、また、俺の臆病は彼女の目に滲むものに手を伸ばせない。
 

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:城屋えり ジャンル:黒子のバスケ お題:男同士の失踪 制限時間:30分 読者:115 人 文字数:983字 お気に入り:0人
黒子テツヤが消えた。それは昔からよくある些細なニュースの筈だった。非常に影が薄い彼はミスディレクションを身につけてから、より存在の希薄さが増した。そのせいで、ひ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:記録にない紳士 制限時間:30分 読者:138 人 文字数:897字 お気に入り:0人
三月三日か、と緑間が呟いたので、赤司はふと、昔を思い出した。お前はあのタイミングでいつも年月日を聞いてきたなあのタイミング?俺に想いを漏らしそうになるタイミング 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:九龍@人には譲れないことがある ジャンル:黒子のバスケ お題:12月のボーイズ 制限時間:30分 読者:140 人 文字数:962字 お気に入り:0人
雪がちらつき始めた12月、何時もより早い雪だと思いながら首に巻いていたマフラーに顔を埋めて隣を見た。そこには自分よりがたいが良く、寒くないのか制服の前こそ閉め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:城屋えり ジャンル:黒子のバスケ お題:純白の裏切り 制限時間:30分 読者:259 人 文字数:761字 お気に入り:0人
はたり、と目が覚めて黒子は少し身動ぎをした。目を開けているのにも関わらず薄暗い視界と、充分に広い筈の狭苦しいベッド。癪に障る程長い手足が黒子の身体に無遠慮に絡み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:城屋えり ジャンル:黒子のバスケ お題:思い出の孤独 制限時間:30分 読者:560 人 文字数:883字 お気に入り:0人
「貴方はいつも僕を見つけますね」見失ったりしないんですか、そう黒子が目の前の男に尋ねた。行き慣れた静かな喫茶店、店員に驚かれながら案内された窓際のボックス席。待 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:城屋えり ジャンル:黒子のバスケ お題:鈍い道のり 制限時間:30分 読者:576 人 文字数:893字 お気に入り:0人
びぃ、と試合終了の合図が聞こえてはっと目が覚めた。それで、夢を見ていたのだという事に気がついてのろのろと黒子は顔をあげた。「起きたのか」ふわりと珈琲の香りを携え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かな汰 ジャンル:黒子のバスケ お題:帝王のフォロワー 制限時間:30分 読者:513 人 文字数:1137字 お気に入り:0人
人間誰しも得手不得手が存在する。それは生まれながらにして勝者の道を歩み、何事も完璧にこなすことを求められる男であっても例外ではなかった。天才であるが故に常人とは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:金欠の壱ヶ谷@17年が殺しに来てる ジャンル:黒子のバスケ お題:今年の黒板 制限時間:30分 読者:470 人 文字数:959字 お気に入り:0人
――唐突に、高尾は、中学生の最後の日を思い出した。 バスケで散々に負け倒して、これでもかというほど精々しく負けて、それでも諦めきれずに、高校でのリベンジを誓っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:バンリは主観でものをいう ジャンル:黒子のバスケ お題:最後の土 制限時間:30分 読者:469 人 文字数:1620字 お気に入り:0人
終わったのだという実感などまるでないのに、ブザーは鳴って歓声はわきあがった。相手チームは誰にともなく飛びつき抱き合い、あるいはガッツポーズをとり、つかみとった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:エムカルゴは既に調理済みだったのだ ジャンル:黒子のバスケ お題:穏やかな学校 制限時間:30分 読者:439 人 文字数:1206字 お気に入り:0人
誠凛高校はいい所。校舎は新しいしスレた輩もいない落ち着いた雰囲気の学校だと自負している。群れて強がるヘタレがいないのは非常に過ごしやすい…実際そうなのだけれど俺 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
病人の食卓 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ドロ刑 お題:不本意な食堂 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:893字 お気に入り:0人
体調を崩した。斑目勉はベッドに突っ伏しながら、自身の頭を苛む鈍痛を堪えた。原因は簡単だ、職務故の日頃の不摂生が祟ったとも、蓄積された疲れが一気に押し寄せたとも言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼灯の冷徹 鬼白 お題:栄光の傘 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:963字 お気に入り:0人
貴人が行く。お供のさしかける大きな日よけ傘の下、真白の錦の着物に、鮮やかなうちかけ、金の刺繍が、びっしりと精細に込められた 白い帽子の下には白い顔、唇にさしか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:栄光の靴 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:396字 お気に入り:0人
太くて角ばった指が器用に蝶々結びを作った。彼の手は魔法みたいだ。ほどけた靴紐を踏んづけて転んだせいで、俺は泥まみれだ。擦りむいた手のひらがヒリヒリと痛くって、涙 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/grand order お題:真実の眠り 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:355字 お気に入り:0人
「死んだときのことを覚えていますか?」あの橙の髪の毛の人間がそう私に問いかけてきたのは、確か竜の魔女を倒した直後、だっただろうか。女神として、たおやかに、しゃな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:創作論破 お題:死にぞこないの体験 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:427字 お気に入り:0人
轟音、飛び散る赤。隣にいた人が消えた。足元には水たまりができていた。人々がざわめく、悲鳴が聞こえる。救急車、警察と叫ぶ声が聞こえる。視線を下に落とすと厚さ10c 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー【腐】 お題:100の狙撃手 制限時間:2時間 読者:10 人 文字数:1210字 お気に入り:0人
「…ん?ここはどこだ?あ、あれは玉狛の…」「あ、出穂ちゃんの師匠の…当真先輩」「おー雨取だ!どうだ?出穂とは仲良くしてやってるか?」 「出穂ちゃんとは相変わらず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:龍が如く お題:理想的な魔王 必須要素:ペペロンチーノ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:424字 お気に入り:0人
「ペペロンチーノって唐辛子って意味なんやで」 昼飯時。神室町ヒルズに出来る予定のカフェダイナーの主人が挨拶代わりにと出前してきたスパゲティのペペロンチーノを食べ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:モ腐サイコ100 お題:意外な春 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:693字 お気に入り:0人
「あ、雪だ」不意に兄さんが呟いた。僕は、「え?ほんと?」と窓の側にいる兄さんに近づいた。なるほど確かに外には雪がしんしんと静かに降っていて、家の前のコンクリート 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:愛すべき計算 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:510字 お気に入り:0人
手元が器用そうな様子を出しているのに、すぐに手伝ってくれという刀がいる。その内容は些細なものが殆どである。例えば羊羹を食べたいが丁度良い大きさに切るのが難しいか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:初めての伝説 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:245字 お気に入り:0人
民話は人の口から口へと語り継がれてきたものだ。そんな民話には、伝説というジャンルがある。例えば、天の羽衣伝説である。ある語りだと、天女が地上に降りて松の木に羽衣 〈続きを読む〉