ジャンル:黒子のバスケ お題:ぐふふ、帰り道 制限時間:30分 読者:175 人 文字数:1171字 お気に入り:0人
[削除]

ストーカー被害にあう桃井ちゃん ※未完

 ぐふふ

 何処かから聞こえた声に肩が跳ねた。
 すっかり暗くなった帰り道。薄情な幼馴染はとっとと先に帰ってしまい、他の部活仲間も共にいない。
 まだ夜と言える時間ではないけれど、日が短くなって出歩くものも減った辺りを見回し、桃井は深く深呼吸をした。

 ――最近、どこからか視線を感じる。
 
 最初は気のせいだと思っていたけれど、三日ほど前、家の郵便受けに入っていた桃井宛の手紙が、楽観的な思考を許してくれなかった。
 <桃井さつき様>とB6程の一般的なものより少し大きな白い封筒に桃色で書かれた文字は、一つ一つの角が尖った神経質そうな文字だった。
 裏には送り主の名前が署名されておらず、切手も貼られていないその封筒。
 開ける前から、なんだか嫌な予感はしていた。
 厚みのある封筒を自室で開いた桃井は、声にならない悲鳴を上げた。覗き込んだ封筒をとり落とし、中から流れ出たのは自分の写真。写真。写真。写真。写真。
 どれも目線があっておらず、自分以外に写る者全てが塗りつぶされた写真が何枚も封筒に押し込まれていた。
 そして、そんな写真の下から、何枚も重ねておられた紙が一組。あんなに束になっているのは初めて見たが、わかる。便箋だ。
 震える手でそれに触れた桃井は、それをゆっくりと持ち上げて、折られた便箋を開く。案の定、それは手紙だった。
 内容は思い出すことも恐ろしい。
 ざっ、と血の気が引く感覚に、桃井は暫くその場から動けず、我に返ったのは夕飯のために母親に名を呼ばれてからだ。
 全部読むことなどできなかった手紙は写真とともに適当な箱に仕舞いこみ、部屋の隅へと置かれている。本当はすぐにでも捨てたかったけれど、もしかしたら何かの情報が得られるかもしれないものを捨てることが桃井にはできなかった。それに、今日だけかもしれない。そうしたら何事もなかったように捨てよう。そう考えていた。
 もちろん、――なんて、いいたくないけれど――その日から毎日、同じような封筒が桃井の家に届けられ、そんな希望は崩れ去っている。
 切手のない封筒。
 家の場所は知られていた。
 目線の合わない写真。
 校内のものもある。
 手紙に綴られた文字の羅列、そこにあった、桃井のその日の行動。
 常に、見られている。
 最近感じる視線は気のせいなどではないと、桃井は思い知らされていた。
 わかっている、これは世にいうストーカーだろう。誰かに助けを求めるべきだということもわかっている。
 けれど、知識はあってもどうすればいいかわからなかった。
 警察は明確な被害はないと動けないと聞く。相談へ行ってもすげなく帰らされることも多いとも。
 対処法などわからない。もし相手が最悪暴力に出るような人物だったらと思うと、身近な人にも助けは求められなかった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:城屋えり ジャンル:黒子のバスケ お題:男同士の失踪 制限時間:30分 読者:117 人 文字数:983字 お気に入り:0人
黒子テツヤが消えた。それは昔からよくある些細なニュースの筈だった。非常に影が薄い彼はミスディレクションを身につけてから、より存在の希薄さが増した。そのせいで、ひ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:記録にない紳士 制限時間:30分 読者:138 人 文字数:897字 お気に入り:0人
三月三日か、と緑間が呟いたので、赤司はふと、昔を思い出した。お前はあのタイミングでいつも年月日を聞いてきたなあのタイミング?俺に想いを漏らしそうになるタイミング 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:九龍@人には譲れないことがある ジャンル:黒子のバスケ お題:12月のボーイズ 制限時間:30分 読者:144 人 文字数:962字 お気に入り:0人
雪がちらつき始めた12月、何時もより早い雪だと思いながら首に巻いていたマフラーに顔を埋めて隣を見た。そこには自分よりがたいが良く、寒くないのか制服の前こそ閉め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:城屋えり ジャンル:黒子のバスケ お題:純白の裏切り 制限時間:30分 読者:266 人 文字数:761字 お気に入り:0人
はたり、と目が覚めて黒子は少し身動ぎをした。目を開けているのにも関わらず薄暗い視界と、充分に広い筈の狭苦しいベッド。癪に障る程長い手足が黒子の身体に無遠慮に絡み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:城屋えり ジャンル:黒子のバスケ お題:思い出の孤独 制限時間:30分 読者:560 人 文字数:883字 お気に入り:0人
「貴方はいつも僕を見つけますね」見失ったりしないんですか、そう黒子が目の前の男に尋ねた。行き慣れた静かな喫茶店、店員に驚かれながら案内された窓際のボックス席。待 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:城屋えり ジャンル:黒子のバスケ お題:鈍い道のり 制限時間:30分 読者:579 人 文字数:893字 お気に入り:0人
びぃ、と試合終了の合図が聞こえてはっと目が覚めた。それで、夢を見ていたのだという事に気がついてのろのろと黒子は顔をあげた。「起きたのか」ふわりと珈琲の香りを携え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かな汰 ジャンル:黒子のバスケ お題:帝王のフォロワー 制限時間:30分 読者:515 人 文字数:1137字 お気に入り:0人
人間誰しも得手不得手が存在する。それは生まれながらにして勝者の道を歩み、何事も完璧にこなすことを求められる男であっても例外ではなかった。天才であるが故に常人とは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:金欠の壱ヶ谷@17年が殺しに来てる ジャンル:黒子のバスケ お題:今年の黒板 制限時間:30分 読者:470 人 文字数:959字 お気に入り:0人
――唐突に、高尾は、中学生の最後の日を思い出した。 バスケで散々に負け倒して、これでもかというほど精々しく負けて、それでも諦めきれずに、高校でのリベンジを誓っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:バンリは主観でものをいう ジャンル:黒子のバスケ お題:最後の土 制限時間:30分 読者:469 人 文字数:1620字 お気に入り:0人
終わったのだという実感などまるでないのに、ブザーは鳴って歓声はわきあがった。相手チームは誰にともなく飛びつき抱き合い、あるいはガッツポーズをとり、つかみとった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:エムカルゴは既に調理済みだったのだ ジャンル:黒子のバスケ お題:穏やかな学校 制限時間:30分 読者:440 人 文字数:1206字 お気に入り:0人
誠凛高校はいい所。校舎は新しいしスレた輩もいない落ち着いた雰囲気の学校だと自負している。群れて強がるヘタレがいないのは非常に過ごしやすい…実際そうなのだけれど俺 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:仮面ライダー剣 お題:君と時雨 必須要素:コーラン 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:913字 お気に入り:0人
ゴッソサン!!だれもいないはずのへやから、こえがきこえました。「けいたろう、だれかいたっけ?」 「けんざきくん、だれもいないよ。」「あれ?そういえばきのうきた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:弱い君 制限時間:2時間 読者:9 人 文字数:610字 お気に入り:0人
紫陽花組。少し腐向け注意かも。こいつは馬鹿だ。こんな時間に森に出歩くなんて。何も持たずに。家に居た私に内緒で。「気が付いて良かった…」何となく半身の部屋を見に行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:急な春 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:366字 お気に入り:0人
紫陽花組。腐向け注意。春は好きだ。けど夏も、秋も、冬だって好きだ。冬はムシに会えないけど。いつの季節だって、君に会えることには変わりなんてないから。「もうすぐ春 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:僕の嫌いな私 制限時間:4時間 読者:7 人 文字数:291字 お気に入り:0人
今日も日課のムシ捕りに今日も半身を探しにナーエの森に向かう。木にハチミツを塗っていると森を歩き回っているとサクリ と草を踏む音がして振り返る先には半身が居た「お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ダンガンロンパ お題:不幸なあそこ 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:1490字 お気に入り:0人
「ねぇ、苗木君…」「どうしたの、霧切さん。」「あの…」私は彼に『あの事』を告げようとするが、言葉を詰まらせる。「いや、やっぱりいいわ。じゃあ、私は自室に戻るから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀さに おてさに お題:急なハゲ 必須要素:ヤクザ 制限時間:4時間 読者:13 人 文字数:1762字 お気に入り:0人
※刀さに♂です。カップリング要素ないです。※飽きた「ハゲた」「朝からやめてくれよ主~」 朝、小鳥のさえずりとともに俺は御手杵の元へ走った。今月の近侍担当である彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:明るい屍 必須要素:複雑なストーリー展開 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:845字 お気に入り:0人
そこに残っていたのは少女の体だった。その周りには様々な花が散りばめられている。菊と、カスミソウと、マーガレットと、そして何より彼女の名前の花が一番多かった。花 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
病人の食卓 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ドロ刑 お題:不本意な食堂 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:893字 お気に入り:0人
体調を崩した。斑目勉はベッドに突っ伏しながら、自身の頭を苛む鈍痛を堪えた。原因は簡単だ、職務故の日頃の不摂生が祟ったとも、蓄積された疲れが一気に押し寄せたとも言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼灯の冷徹 鬼白 お題:栄光の傘 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:963字 お気に入り:0人
貴人が行く。お供のさしかける大きな日よけ傘の下、真白の錦の着物に、鮮やかなうちかけ、金の刺繍が、びっしりと精細に込められた 白い帽子の下には白い顔、唇にさしか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:栄光の靴 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:396字 お気に入り:0人
太くて角ばった指が器用に蝶々結びを作った。彼の手は魔法みたいだ。ほどけた靴紐を踏んづけて転んだせいで、俺は泥まみれだ。擦りむいた手のひらがヒリヒリと痛くって、涙 〈続きを読む〉