ジャンル:Free! お題:輝く寒空 必須要素: 制限時間:1時間 読者:61 人 文字数:775字 お気に入り:0人
[削除]

寒空の下で。 まこりん

 寒い、寒いと連呼したところでこの手がかじかむほどの寒さをどうにかできるわけもない。
 だけれど、意味もなく、やっぱり
「さみぃ…」
と言ってしまうのだ。
「凛。」
ん?と顔を上げて恋人を見上げれば、ふわり、とマフラーをかけられた。
「はい。これであったかいでしょ?」
整った、でもどこか、彼の穏やかで許容の広い優しい性格が出ている、人によっては間抜け面と言われそうな顔がにこっ、と微笑んだ。
「おお…」
「凛、手もかじかんじゃってる。だめだよ、こういう夜はちゃんと防寒対策してこなきゃ。」
「そういうお前はマフラーに手袋って完全防寒だな…」
「俺が冷たかったら凛のこと温めてあげられないでしょ。」
「っ……」
最近、真琴は天然タラシになってきている。顔も性格も申し分ない奴だから、恋人としては心配で仕方がない。
「ばか野郎…」
真琴は目を細めて微笑むと、顔を寄せてきた。
 どきん、として思わず硬直していると、真琴は俺の唇に指をかけ、半開きになった唇に口づけをしてきた。
 ぎゅっ、と真琴のコートを掴み、甘い感覚に浸る。ちらっと目を開けてみると、ほのかに紅く染まった真琴の頬が見えて、なんとなく嬉しくなった。
 唇が離れると、真琴はぎゅっ、と俺を抱き締めた。
「……さみぃ」
「はいはい。」
真琴はおかしそうに笑い、更に強く抱き締めてきた。
「帰ったら、お鍋にしようか。」
「ああ、ハルから貰った鯖があったな。」
「鯖鍋ってあるのかな~…」
「魚だし、いいんじゃねえ?」

 星が輝く、寒空の下。
 他愛のない会話をしながら、手を繋いで帰路へつく。
 寒いからこそ、お互いの体温が温かくて。
 寒いからこそ、二人で鍋をつつきあえるわけで。
 
 だから、わざと防寒具つけてこなかったなんて、秘密だからな?
 こっそり、夜空の月に囁いた。

ƒin.

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:純黒のみるハム*✿はるたん ジャンル:Free! お題:8月のホテル 制限時間:1時間 読者:5515 人 文字数:2873字 お気に入り:0人
「凛、橘!」都心から離れた郊外にある洒落たバー。交番の勤務を終えた山崎宗介が珍しく血相を変えて飛び込んで来た。凛と真琴は顔を見合わせながら、「宗介、いったいどう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:純黒のみるハム*✿はるたん ジャンル:Free! お題:不本意な花 制限時間:1時間 読者:1133 人 文字数:1464字 お気に入り:0人
「ここです」まだぎこちなさの残る敬語を連れて遙が招き入れるとふわりと肩にかかる髪を靡かせ、尚は敷居を跨いだ。居間に通して、定位置のちゃぶ台に座らせる。そしてお茶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:純黒のみるハム*✿はるたん ジャンル:Free! お題:悲観的なオンラインゲーム 制限時間:1時間 読者:1622 人 文字数:1613字 お気に入り:0人
凛が留学していない設定です※「オンラインゲーム?」「ああ。七瀬、やったことねーの?」「興味ない」一蹴して背中を向ける遙を、凛は慌てて引き止める。「待てよ!じゃー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:荒ぶる方のなぎゅ ジャンル:Free! お題:1000の計画 制限時間:1時間 読者:1619 人 文字数:2599字 お気に入り:1人
「真琴先輩。今度、暇が出来たら教えてくれませんか。」部活帰り、めずらしく真琴と怜が2人きりで歩いていると、怜が呟いた。いつもの癖の右手でメガネを押し上げる動作を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:荒ぶる方のなぎゅ ジャンル:Free! お題:過去のクレジットカード 制限時間:1時間 読者:778 人 文字数:2286字 お気に入り:0人
昔、父親にひどく憧れた時期があった。今思えば、大人に憧れて、背伸びをしたい時期だったのだと思う。クレジットカードを使って、支払いを済ませる様子が魔法のように思え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:Free! お題:フニャフニャの僕 制限時間:1時間 読者:932 人 文字数:2430字 お気に入り:0人
(真琴×モブ♀。まこはる?はるまこ?前提) 真琴が私の部屋に来て頭を下げたとき、私はその頭頂部を見ながら「卑怯だなあ」と思った。 もっと不誠実でも、少しぐらい逃 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かい ジャンル:Free! お題:殺された兄弟 制限時間:1時間 読者:894 人 文字数:1195字 お気に入り:0人
切り捨てろ、その一言が重くのし掛かる。世間から受け入れられない自分達の末路がこうなることを、俺たち自身心のどこかで理解していたのかもしれない。ざあざあと雨が降る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふちさき ジャンル:Free! お題:進撃のテロリスト 制限時間:1時間 読者:629 人 文字数:2225字 お気に入り:0人
!渚怜要素あり! 爆弾を持ってくるのは、何時だってこの同級生の気がする。 目を逸らす隙も与えずじっと見詰めてくる瞳を見詰め返して、オウム返しに呟いた。聞き間違い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:五斗@全ケイ東3モ18a ジャンル:Free! お題:苦いカップル 必須要素:残尿感 制限時間:1時間 読者:645 人 文字数:1763字 お気に入り:0人
遙の家にはコーヒーを置いていなかった。昔ながらの雰囲気を残すその家屋の今に出るのは、冬は暖かな湯気を立てる緑茶で、夏は氷が涼しげになる麦茶だった。 対して真琴 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:❤♡ときお♡❤ ジャンル:Free! お題:2つの善 制限時間:1時間 読者:1308 人 文字数:1074字 お気に入り:1人
快感の伴った食事は罪である、と真琴は考える。そう考えるようになったのは、たしか遙がびちびちと跳ねる大きな魚を、小さな庭でさばいているのを見たころだったから、小 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:静かな笑顔 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:365字 お気に入り:0人
「マスター、少し良いか?」深夜マイルームを尋ねてきたのは、退廃的な雰囲気を纏う黒衣のサーヴァント(いやこの人に限ってみれば僕の方こそ僕であるほうが相応しいのかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Zero お題:猫の大地 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:275字 お気に入り:0人
『抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よーーーー』黒衣の魔術師の高らかな詠唱の終わりと共に眩い閃光が古城の一室に満ちる。魔術師が瞑った目を開いたのは、儀式の主たる目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:武将隊 お題:もしかして犬 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:720字 お気に入り:0人
名を呼べば素直に返事をして、確と後ろを着いてくる。 もしかして、いやもしかしなくても、此奴は犬では無かろうか。 褒めれば大きく尻尾振って、叱ればしゅんと耳を垂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:大人の祖父 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:404字 お気に入り:0人
「君と違って、ジョースターさんはまるで大きな子供みたいだな」少しだけ皮肉を込めて、それでいて柔らかくお前は微笑む。「あぁ、じじいは昔っからこうさ」好奇心旺盛で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛、それは音 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:375字 お気に入り:0人
ご自愛ください。という定型句にエロティックな意味を見出してしまう程度にはリリカ・プリズムリバーは若かった。思春期だった。自分を愛するとは陰核を愛することに他なら 〈続きを読む〉