ジャンル:Fate/Grand Order お題:意外!それは汁 制限時間:30分 読者:41 人 文字数:1360字 お気に入り:0人
[削除]

指折り数える

 足の指は五本ある。両足を合わせると十本ある。いち、に、さん、しい、ご。指を折って数える。
「ちょっと、部屋あったまらないから送風口あけて」
 セーター伸びちゃうでしょう、何してんの。うん。あんたと来年も一緒にいられるためにすべき努力のことをですね、少し数えてたんですけど。ということは口に出さないで、頷くに留めて、穿き慣れたジーンズの尻を擦りながらストーブの前をどいた。
「めんどくない?」
「何が?」
 俺のこと、俺を今日家に上げるまでの延々と続くLINEのやり取りだとか――そういうのは本当に面倒くさいやり取りだと分かっていて本当は傷がついている。勝手に足をどこかにぶつけたみたいな傷つき方を、よく、やってしまう。
「ストーブ」
「灯油、最近高いんだけど、まあ、最終的には結構安上がりだからね」
「結構臭い」
「すぐ消えるし、あれでしょ、結構好きでしょ?」
「いや、まあ」
 そりゃまあ、嫌いじゃないです。初めて、この部屋に上がったときに、視線のやり場をどうしたらいいか困ってストーブを見つめていた。あんた、「寒い?つけよっか?」とか言って、それから「冬が来たなあって感じして、いいでしょ?」と俺を見上げて振り返ったから、それから多分ずっとあんただ、って決めてるんで全然、嫌いとかじゃないですよ、ええ。
「おそば出来ました?」
「出来ました、みかん食べる?」
「食べる、これうまいっすね」
「だろ?実家の近くの農園で作ってるの、ちょっと皮が汚れたのとか形が悪いとか、箱でもらうからさ」
 確かにちょっと傷みやすいんだよね。あんまりもらってばっかりじゃあれでしょ、体裁も悪いし。買ったんだけど、買ったらめちゃくちゃうまいんだよ、ちょっと手紙書いたよ。
「ちょっとで手紙書いたの?」
「そう、ちゃんと文面考えて、万年筆洗って乾かしてさ……いいインクおろしたよ」
「そんなに?インクあとで見せて」
「万年筆すき?あげよっか?」
「いいよ、あんた俺に何かくれるの好きだな」
「そう?それ君でしょう」
 籠に盛ったミカンと、湯気を立てるそばのどんぶりが二つ。湯気はカメラには映らない、でもテーブルの向こうにぼやけた年末特番のやたらと赤い文字の踊るテレビとあんたのチョコレートみたいな頭がうつっている。
「あ、動かんでくださいよ、ブレたじゃん」
「え、ごめんね?」
「あーもういいです、冷めないうちに食べちゃいましょ」
「はいはい、ロビンくんお手製のかきあげうまそうだね」
「絶対うまいですよ」
 そばだって、あんた実家がもらったやつ回してもらったからやたらといいやつでしょ。いかにも大事そうに箱に入ってて、そば茶もセットでついてたのちょっと見ちゃった。
「あとでそば茶飲みたいんですけど」
「いいよ、淹れてあげる」
 あんたと来年も一緒にいられるためにすべき努力のことを数えている。かきあげをうまそうに食べているのも、そう。何やかやとあんたに贈り物をすることだとか。
「ヘクトールさん」
「うん?」
「かきあげうまい?」
「おいしいよ」
「来年もよろしくお願いします」
「いやいやこちらこそ」
 突然どうしたの、あ、年末だもんね。年明けたら初詣行こうよ。今年もよろしく、来年も一緒にいられますようにってお願いしたいんだよね。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:工藤 ジャンル:Fate/Grand Order お題:ゆるふわな動機 制限時間:30分 読者:73 人 文字数:856字 お気に入り:1人
ベディヴィエールに避けられている。ガウェインは壁にもたれかかりながら腕を組んだ。 ガウェインとベディヴィエールは恋仲である。そして、昨日は彼と、はじめて体を結 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
似顔絵 ※未完
作者:桜鬼@猫注意報(・ω・) ジャンル:Fate/Grand Order お題:調和した絵画 制限時間:30分 読者:144 人 文字数:761字 お気に入り:0人
「何してるの?」 おやつの時間になると、ある一定の女性陣が集まる食堂が、何故か何時もよりも騒がしい。集めた資材を片付けるべく近くを通った少女は、素朴な興味で入口 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ギギ ジャンル:Fate/Grand Order お題:自分の中の黒板 制限時間:30分 読者:136 人 文字数:849字 お気に入り:0人
俺なんてただの数合わせのためにたまたま選ばれた一般人だから、きっとすぐになんでもない日常に戻っていくのだろう。そう思いながら、俺は自分の中の黒板の前でチョークを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ギギ ジャンル:Fate/Grand Order お題:わたしの嫌いな秀才 制限時間:30分 読者:219 人 文字数:521字 お気に入り:0人
私は、藤丸立香という少年が嫌いだ。多くの優秀な魔術師、多くの優秀なスタッフが集まるこのカルデアで、ただ1人だけの凡人。だというのに、多くのサーヴァントの精神を繋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ギギ ジャンル:Fate/Grand Order お題:煙草と天井 制限時間:30分 読者:246 人 文字数:931字 お気に入り:0人
ロビンフットはカルデア内の喫煙室の壁にもたれかかり、煙草をくわえてぼんやりと天井を見上げる。現在、喫煙室には彼だけである。好んで喫煙するサーヴァントは彼以外にも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ギギ ジャンル:Fate/Grand Order お題:アブノーマルな出会い 制限時間:30分 読者:203 人 文字数:760字 お気に入り:0人
「はじめてドクターにあったのは、この部屋だったんだ」ベッドに腰かけたマスターが、ゆっくりと話し出した。僕がカルデアに召喚されたのは昨日。昨日はそれはもうすごい騒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ギギ ジャンル:Fate/Grand Order お題:煙草と極刑 制限時間:30分 読者:163 人 文字数:634字 お気に入り:0人
「これは没収です」ぐしゃり、と。煙草の入った箱を握りつぶしたのはナイチンゲールだ。没収というか、それはもう握りつぶしているのだが、とは誰も言わない。ナイチンゲー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:胡散気な夏 ジャンル:Fate/Grand Order お題:男同士の友人 制限時間:30分 読者:376 人 文字数:620字 お気に入り:0人
お前の友の話を聞かせてくれ、と言われた。レイシフトが終わってカルデアに帰ったすぐの事だ。マスターたる青年と、他にも何人ものサーヴァント達が大きなテーブルに集ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たな@帝都用 ジャンル:Fate/Grand Order お題:走る外資系企業 制限時間:1時間 読者:23 人 文字数:1419字 お気に入り:0人
お題無視します。すみません。以蔵は部屋でアサシンの連中と酒と花札に興じていた。札を囲むのは以蔵に新宿のアサシン(まだマスターにも真名を明かしていないそうで、ここ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:愁花 ジャンル:Fate/Grand Order お題:東京の血痕 制限時間:1時間 読者:66 人 文字数:993字 お気に入り:0人
(※1.5部新宿、2部1章アナスタシアネタバレ、また真名バレがあります) よく、あの日を思い出す。 ボタン一つで命を決めた、あの日のこと。 その時はダディが寸前 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:名付けるならばそれは奈落 制限時間:4時間 読者:7 人 文字数:1030字 お気に入り:0人
[R18]リヴァハンです。格好いい兵長も格好いい分隊長もいません。n番ぜんじだよ!ってお話です。えっちかくの初めてです。「っ__ふ、やば…」ハンジは自分の身体が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:許せない挫折 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:2656字 お気に入り:0人
一度立てた誓いがある。誰にではなく、己自身に。この混沌の街を誰かが侵してしまわないように。あの頃ですら平和とは程遠かったが、その危うい均衡を余所者の誰かによって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:君の吐息 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:289字 お気に入り:0人
*モブハン死ネタ(?)注意*横たわるあなたの美しい身体。そこで広がる深紅の血液。「分隊長、生きてますか…!」傷にさわらないようにそっと抱き寄せる。体温も、流れる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:冷たい凶器 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1634字 お気に入り:0人
ぱっと光った。輝いて散っていく。思い思いにちらばっていく花火の、どことも知れない行き先を思いながら、残った煙だけがゆらゆらとくすぶって、花火たちを捕まえられな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:血界戦線 お題:やわらかいパラダイス 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:851字 お気に入り:0人
人間がどれだけ脆いものかを知っている。ぐらりと指先に伝わる肉の柔さを知っている。どの人間にも皮膚があり筋肉があり骨があり内臓がある。主にすべてを真っ二つにしてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:平和と猫 制限時間:4時間 読者:10 人 文字数:2797字 お気に入り:0人
連続投稿を失礼致します。何でもドンと来いという方向けの、捏造と妄想の産物です。サネウリを連想させる描写があるので、苦手な方はご注意下さい。 幼かった私は、あの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:輝く悪 必須要素:長編の冒頭として書くこと 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:944字 お気に入り:0人
首領の死体が上がったのは、夏の始まりのことだった。港近く。汽水域の河辺に、ぼんやりと浮いた白い顔。ヘドロに汚されて、煤けて見えていた。――何時、誰が、何処で。蜂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:求めていたのは嵐 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1035字 お気に入り:0人
(不健全のような……そんなことはないような)乱れる息に思考を散らされながら、ふと思った。これは、さながら荒天に漕ぎ出す小舟のようだと。遮光のカーテンを掻い潜る月 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:血界戦線 お題:楽しかった草 必須要素:映画 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:2794字 お気に入り:0人
水曜日の寝床はルーシー。赤茶けた髪とそばかすの散った頬、大ぶりの眼鏡ばかりがよく目立つ。出会った当初はこんな混沌の街に不似合いの田舎娘だった。仕事さぼって腹減っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:プリパラ お題:限りなく透明に近いうどん 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:608字 お気に入り:0人
「ねえねえ、みれぃ!今日、このコーデでおそろライブしよ!」「良いっぷりよ~☆」コーデの数だけマイチケをスキャンしてね。お友達のトモチケもスキャンできるよ。きらき 〈続きを読む〉