ジャンル:メギド72 お題:彼女とロボット 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1584字 お気に入り:0人

ウヴァルさん海水浴いくかな

「やあウヴァル、おかえり」
「……ただいま、戻った」
 ウヴァルは、おかえりという響きにまだ慣れない。ただいまと返事を返すのもだ。
「おかえりおかえりー! 外が暑い暑い!」
 バルバドスに続いて、暑さで上着を脱ぎかけたシャックスが風のように横をかけてゆく。
 塔の探索から戻ったウヴァルは、ちょうど戻ってきたソロモンたちと出くわした。
 どうやら、町での一件が片付いたようだ。
 指輪の力を行使するソロモンたちは、必要最小限のメギドたちと行動している。
 それに並行して、塔の探索はメギドのみで行われる。いつものように戦果を報告し、それ以上言うべきこともなく、武器の手入れでもするかと立ち上がったウヴァルを、珍しくウェパルが引き留めた。
「そういえばウヴァル、明日はみんなで海に行くって」
「海?」
 ウヴァルの顔つきが、わずかにこわばる。
「幻獣がまだいるのか」
「そういうわけじゃないんだけど……」
「ま、ちょっとした息抜きってやつだな」
 ブネはやれやれとため息をつき、モラクスの頭をぐいと下に押す。
「海、海ってこいつがうるさくてな」
「おっさんだって、水着にはしゃいでたじゃん!?」
「俺は戦闘面での動きやすさを試しておこうと……」そこまで言い訳して、ブネははしゃいでるのを認めるように話題を変えた。「いや、まあ、ソロモンも息抜きが必要だってことで、話し合って決まったんだ」
「ガープも賛成か」
「ああ」
 ガープは、積極的に賛成はしていないが、理由に納得はしているという様子だ。
「準備しておいたら?」
「ならば、私はアジトで番をしていよう」
「それが、そうもいかなくてね……」
「?」
 バルバドス曰く、先の大雨で、ずいぶんとアジトにガタが来たようで、一度シバの女王らの使いの者が様子を見て(ついでに、修繕をしてくれる)とのことだった。その日は全員が出払っているほうが都合が良い、とのことだ。
 どうするかと思案するウヴァルの肩を、サレオスがぽんと叩く。
「まっ、休みだと思ってさ、のんびり羽を伸ばせばいいんじゃねぇか。よし、泳ぐぞ!」
「いえー!」
「テメェら! 海舐めてっと痛い目にあうぞ! 準備体操をだな……おい!」

 ラウムとマルコシアスが海に詳しくないメギド達に、海での過ごし方について講義している。それにユフィールが、医療メギドとしての注意をくわえている。
 注意事項といっても、深いところに入るなとか、一人で勝手に行動するなとか、そういったことだ。モラクスは聞いてはいたがどうしても楽しみのほうに意識がいくらしい。
「まあ、倒れたら……俺がいるから安心してよ。試したい治療法があってさ……」
「ぜ、ぜったい倒れられねえ!」
 アンドラスは様子を見守るだけだったが、どことなく嬉しそうなような、普段通りのような、そんな表情だ。
(休みか)
 かつてさもあるがのごとく幻獣を殺すさまが、まるで機械のようだ、と言われて、ウヴァルはそういうものなのかもしれないと思っていた。
 機械に休息は必要はない。別に嫌いではないが、どうしたらよいのか分からない時間があるというのは、落ち着かないものだ。ならば、何をやるか分かっている分、塔の探索などのほうが気楽なのだ。今からでも別行動を申し出てみようかと思ったが、ストラスがひそひそと話しかけてきた。
「ね、海で遊ぶのって、すごく普通っぽいですよね。ウヴァルさんはどんな水着にしますか?」
「そうは言ってもな……普段通りだ。何が起こるかわからん」
「普段通りって、そんな」
「あたし、レースがたっくさんついたやつにするよ!」
 ゼパルがひそひそとは言えない声で言う。
「私は……」
「やっぱり、動きやすいやつですよね?」
「そうだな」
 つい言う機会を失ってしまった。
(仕方がない、行くことは行くか……)

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

ぽつタイプライターの即興 二次小説


ユーザーアイコン
※未完
作者:ぽつタイプライター ジャンル:世界樹の迷宮 お題:そ、それは・・・外資系企業 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1006字 お気に入り:0人
明日も知れぬ冒険者の一人として、カグツにも覚悟はそれなりにあったはずだった。 当たり前だと思っていたものが、一瞬でなくなる恐怖。確かなものなど、何一つとしてあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:世界樹の迷宮 お題:ぐふふ、正義 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:992字 お気に入り:0人
ひどい匂いのする腐った水をモロに浴びた仲間たち、そして私は、駆け出しの安っぽい生地でできた装備をばらばらと地面に一個ずつ置いていく。その姿が、なぜだか愉快で仕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:帝王の絵描き 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:1261字 お気に入り:0人
街道で幻獣と出くわした私は奇妙な集団に助けられた。 ソロモン一行と名乗る彼らは、年齢も性別もばらばらの、どこか歪な集団だった。町の衛兵が束になってもかなわなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:彼女とロボット 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1584字 お気に入り:0人
「やあウヴァル、おかえり」「……ただいま、戻った」 ウヴァルは、おかえりという響きにまだ慣れない。ただいまと返事を返すのもだ。「おかえりおかえりー! 外が暑い暑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:地獄克服 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:1099字 お気に入り:0人
「ええ、マジかよ。さんざん水浴びたのに風呂はいらなきゃなんねーの?」「塩水じゃな、洗い流さなきゃあとあとやべーぞ」 道中、足を止めて海へとやってきたソロモン一行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:群馬の朝 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:1807字 お気に入り:0人
ソロモン一行がようやく、シバから遠回しに依頼された「大樹ユグドラシル」を討伐し終えたころのことである。戦いが終わって一息ついてみると、倒れた木の近くで何か物音 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:かっこ悪い豪雨 制限時間:30分 読者:80 人 文字数:995字 お気に入り:0人
※舟渡ししながら旅してるサレオスさんとモブのヴィータ「なあ、あんた、おれの傷は深いのか……」「いや、そんなことはないさ」 舟渡しはあっさりとそう言ってのけると、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:君と裏切り 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:645字 お気に入り:0人
「今日は荒れるなぁ……」 6月のある日、サレオスがそうぼそりとこぼした日は、透き通るような快晴の日のことだった。何気ない一言を、仲間たちはさして気にも止めてはい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:不屈の医者 制限時間:30分 読者:78 人 文字数:1529字 お気に入り:0人
※アンドラス追放前 追放裁判 ホラーチック 人を掻っ捌いてるので注意してください それは何? ウソ発見器? へえ。初めて見たよ。そんな便利なものがあるなんて知ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:日本教室 制限時間:30分 読者:90 人 文字数:1230字 お気に入り:0人
※現パロにしたかったけどよくわからなくなってしまった ソロモン転校生 2学期の半ば。 2000年に世界が終わるだの、マヤ文明だの、世界滅亡の予言がいくつもなされ 〈続きを読む〉