ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:死にかけの雑草 必須要素:背後で爆発音 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:982字 お気に入り:0人
[削除]

最期の時まで ※未完

「雑草には雑草らしい死を、ってね。なるほど君にお似合いだね」
 冷たい眼差しで見下ろす上司と、その隣でどこか悲しい表情を浮かべる彼に、真緒は虚ろな目で見つめ返すことしかできなかった。
 周囲には銃声が響き、まだミッションが継続してることを物語っている。
 その結末がどうなるかを、自分が知ることはもう無いだろうけれど。
「遺言ぐらいは聞いてあげるよ、真緒」
「勝手に、死ぬって決めつけないでくれませんか」
 自然と口から出たのは精一杯の強がりだ。
 さも面白そうな表情を浮かべて、上司――もとい、英智は歌うように告げる。
「でもその出血量ではこれ以上の作戦活動は無理だろう。後は僕たちに任せて……安らかに眠って」
 殊更に優しい声なのに、味方に向けた手向けの言葉のはずなのに、あまりに冷たく響く。
 隣に佇む彼の右腕――敬人は、英智のそんな言葉に眉をひそめながらも、掛ける言葉が見つからないようだった。
「ただただ献身的に組織のために身を粉にして働き、そして迎える結末がこれとはね。雑草の如きしぶとさが君の売りだったというのに」
「だからっ、勝手に……」
「まだ動けるならどうぞついてきて。そうでないなら足手まといで目障りで……邪魔だよ」
 悪魔のような笑みが浮かんだように見えたのは果たして嘘か真か。
 いや、英智は元よりそういう人間だった――敵だろうが味方だろうが、自分の利害に合わない行動しか取れない人間には容赦はない。
 撃たれた傷からは出血が止まらない。きっと英智の思っている通り、自分はこのままではもう長くないのだろう。
「敬人、せめて楽にしてあげたら」
 果たしてその顔に浮かんでいるのは慈悲の笑みか、それとも。
 声をかけられた敬人も敬人で、目の前の現実を自分の中でどう消化し、理解すべきか苦しんでいる様子だった。
「楽に……」
「君だって、彼がこれ以上苦しむ姿は見たくないだろうし、辛そうな声を聞くのは寧ろ君だって辛いだろう」
 いっそ無神経にすら聞こえる言葉に、敬人は思わず英智の方に振り返り、殺意すら滲んだ視線を投げつける。
 ――お前に何が分かる!
 そう言っているような瞳に、英智は一言。
「じゃあせめて、二人きりにさせてあげる」
 そう言って去っていく英智。
 背後からは、大方弓弦あたりが投げたであろう手榴弾が爆発する音が聞こえた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:杉。 ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:白い目 必須要素:唾液 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1055字 お気に入り:0人
「ねえ敬人」「なんだ英智」「何の用で、僕はここに残るように言われたのかな」 夢ノ咲学院、3年A組の教室。 そこに放課後用事があるから残ってくれ、と敬人に言われた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
今夜は久々に ※未完
作者:mamacros ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:軽い春雨 必須要素:「ひょえー」 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:644字 お気に入り:0人
軽い春雨 ひょえー「今日は俺が当番だな」 Trickstarの練習の帰り道。にかりと笑った真緒は、久々のオフにテンションを上げながら、スーパーへ向かっていた。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
自由を君に。 ※未完
作者:杉。 ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:きちんとした熱帯魚 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1004字 お気に入り:0人
赤、青、黄色、緑。色を数えだしたらキリがない。 色とりどりの熱帯魚が自由に水槽の中を動き回る。 それぞれが自分の意志で、思い思いに泳いでいるようで、その実まる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きいの ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:彼と借金 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:596字 お気に入り:0人
「お金、貸してあげようか?」 敬人が財布の中を見て顔を顰めたのに気付いた英智が、嬉々として聞いてきた。「いらん。」「あげるんじゃなくて、貸すんだから『いらない』 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:えさき@ひなたゆうた ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:かっこいい交わり 制限時間:15分 読者:243 人 文字数:248字 お気に入り:0人
【ひなゆう】「やっぱさあ、なんだかんだでカッコいいよね、朔間先輩って」放課後、二人揃って軽音部の部室でチューニングをしながら、今はまだ物音のしない棺桶を見ながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おむおむ ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:黄色い超能力 制限時間:15分 読者:270 人 文字数:700字 お気に入り:0人
雪が降る外を、ゆうたは1人で歩いていた。また、アニキとケンカした。いつもは双子を活かそうってうるさいくらい言ってくるくせに。なんでこんな時だけ、勝手に違うことす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:z ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:興奮したキス 制限時間:15分 読者:269 人 文字数:642字 お気に入り:0人
ねえつむぎ。ぼくがどうしてアイドルが好きなのか、きみはわかるかい? 夕暮れ時の教室で、英智がそんなことを言ったのはいきなりのことだった。いつもと変わりなかった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろ ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:生きている爆発 制限時間:15分 読者:311 人 文字数:579字 お気に入り:1人
身近にいる吸血鬼は間違いなく博愛主義だ。一線を置いているのか、愛があふれて仕方がないのか。ふわふわとした曖昧な愛をあっちへこっちへとふりまいている。それでも、彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろ ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:消えた行動 制限時間:15分 読者:376 人 文字数:632字 お気に入り:1人
ソフトパッケージの白地に赤い丸の柄。いつも口に挟んでいた白い棒を見なくなって久しい。晃牙はにおいのきついものは苦手だったが、冬場に灯る火を側で見るのは好きだった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろ ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:きちんとした借金 制限時間:15分 読者:324 人 文字数:880字 お気に入り:1人
カラン、カラン、とカウベルをイメージしたベルが来客を知らせる。きらきらピカピカしたショーウィンドウを眺めていると、「アドニス君、」と腕をひかれた。「中でゆっくり 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:仮面ライダー剣 お題:君と時雨 必須要素:コーラン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:913字 お気に入り:0人
ゴッソサン!!だれもいないはずのへやから、こえがきこえました。「けいたろう、だれかいたっけ?」 「けんざきくん、だれもいないよ。」「あれ?そういえばきのうきた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:弱い君 制限時間:2時間 読者:11 人 文字数:610字 お気に入り:0人
紫陽花組。少し腐向け注意かも。こいつは馬鹿だ。こんな時間に森に出歩くなんて。何も持たずに。家に居た私に内緒で。「気が付いて良かった…」何となく半身の部屋を見に行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:急な春 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:366字 お気に入り:0人
紫陽花組。腐向け注意。春は好きだ。けど夏も、秋も、冬だって好きだ。冬はムシに会えないけど。いつの季節だって、君に会えることには変わりなんてないから。「もうすぐ春 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:僕の嫌いな私 制限時間:4時間 読者:8 人 文字数:291字 お気に入り:0人
今日も日課のムシ捕りに今日も半身を探しにナーエの森に向かう。木にハチミツを塗っていると森を歩き回っているとサクリ と草を踏む音がして振り返る先には半身が居た「お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ダンガンロンパ お題:不幸なあそこ 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:1490字 お気に入り:0人
「ねぇ、苗木君…」「どうしたの、霧切さん。」「あの…」私は彼に『あの事』を告げようとするが、言葉を詰まらせる。「いや、やっぱりいいわ。じゃあ、私は自室に戻るから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀さに おてさに お題:急なハゲ 必須要素:ヤクザ 制限時間:4時間 読者:14 人 文字数:1762字 お気に入り:0人
※刀さに♂です。カップリング要素ないです。※飽きた「ハゲた」「朝からやめてくれよ主~」 朝、小鳥のさえずりとともに俺は御手杵の元へ走った。今月の近侍担当である彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:明るい屍 必須要素:複雑なストーリー展開 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:845字 お気に入り:0人
そこに残っていたのは少女の体だった。その周りには様々な花が散りばめられている。菊と、カスミソウと、マーガレットと、そして何より彼女の名前の花が一番多かった。花 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
病人の食卓 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ドロ刑 お題:不本意な食堂 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:893字 お気に入り:0人
体調を崩した。斑目勉はベッドに突っ伏しながら、自身の頭を苛む鈍痛を堪えた。原因は簡単だ、職務故の日頃の不摂生が祟ったとも、蓄積された疲れが一気に押し寄せたとも言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼灯の冷徹 鬼白 お題:栄光の傘 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:963字 お気に入り:0人
貴人が行く。お供のさしかける大きな日よけ傘の下、真白の錦の着物に、鮮やかなうちかけ、金の刺繍が、びっしりと精細に込められた 白い帽子の下には白い顔、唇にさしか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:栄光の靴 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:396字 お気に入り:0人
太くて角ばった指が器用に蝶々結びを作った。彼の手は魔法みたいだ。ほどけた靴紐を踏んづけて転んだせいで、俺は泥まみれだ。擦りむいた手のひらがヒリヒリと痛くって、涙 〈続きを読む〉