ジャンル:黒子のバスケ お題:苦し紛れの狸 制限時間:15分 読者:97 人 文字数:884字 お気に入り:1人

あかしくんてたぬきっぽい。 ※未完

 
 あ。
 部活を終えて帰ろうとした黄瀬はふと気づいた。
 赤司が困っている。
 めずらし。


 黄瀬は思わずわくわくした。なぜなら赤司は赤司なので。
 そうして、人間というのは楽しかったりわくわくしたりすると、その体験を共有したいと思うのが常である。黄瀬もその例にもれず、共有すべき他人を探して、そうしてそういうときに共有したいと考える相手はたいてい好意を抱いている相手となるわけで、そうなると、まあ、黒子一択である。
 そして、黄瀬の視線の先で、やっぱり黒子もわくわくとしていた。
 うん。
 わかってた。
 黄瀬は黒子のことがだいすきだけれど、黒子のことを聖人君子だなんて思っていないし、というかむしろ性格は悪い部類にはいるんじゃないかと思っている。にんげんかんさつが趣味の性格が良いにんげんなんて見たことない、というのが黄瀬の持論であって、黒子を見てもその持論は覆されず、さらなる説得力をもっただけとなった。
 視線を戻すと赤司はまだ困っていた。困っている赤司は表情も何も変わらず、直立不動いたりする。存外、キャパオーバーするとフリーズするタイプだと思う。なかなかキャパオーバーしないけど。
 黄瀬は決して動物が好きではないけれど、ときどきキセキの面々は動物に見える瞬間がある。まあ、黄瀬が犬っぽいといわれるのと同程度の意味だ。
 
 ちなみに、赤司はたぬきに見える。少したれたぽてっとしたしっぽが見えるようだった。
 ほかのだれかに言ったことはない。
 世の中、だれがどこで聞いているかわからないし、そもそもひとりごとのつもりで呟いたとしても、うっかりすぐそこに幻の6人目がいたりして、その幻の6人目がうっかり口をすべらす可能性がなしとも言えないので。
 視線の先で、赤司は
 赤司は苦しまぎれで、きっとやぶれかぶれなのだろう。
 黄瀬のとなりで、黒子はうっとりつぶやいた。

「―――困っている赤司くんは、可憐ですね」

 たいてい黒子の言語表現と感性は、黄瀬の想像もつかないところまで飛び立っている。
 黄瀬も黒子も、当分のところ、助ける気は、ない。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
柔軟の必要性 ※未完
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:幸福な秀才 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:671字 お気に入り:0人
彼女の特性なのだろう。じゃあな、と微笑まれれば、うん、と頷いてしまう。この土地を離れる不安、日本に戻る不安、それは漠然とした不安だった。目の前ではなく、もっと先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:不本意な殺し屋 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:709字 お気に入り:0人
麦茶入りましたー縁側から庭に向かってそう言えば、松の木の下にいた赤司が立ち上がって首から掛けているタオルで汗を拭っていた。麦藁帽子にゴム長靴という典型的な農夫ス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:真実の保険 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:798字 お気に入り:0人
顔を合わせにくかったのか、歯をぐっとかみ締めているのが遠目でもわかった。油断すると逃げ出すのかもしれない。逃げ出さずに入る為に、歯を食いしばって耐えているのだろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:黒子のバスケ お題:彼女とわずらい 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:741字 お気に入り:0人
ためらわなかった。苦しんだのはこちら、鋭く長い針で心の臓まで突き刺されたような痛み、しかも一瞬のことだった。気配を感じ、そちらを振り返った、息のつく間もなく敵軍 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:出来損ないのラーメン 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:712字 お気に入り:0人
面白いネタから面白くないネタまで、玉石混交で送られてくるSNSのメッセージだった。まめにチェックはしない。一日の終わりに、たまに長めの休憩がとれた時に、新着マー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:許せない極刑 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:628字 お気に入り:0人
会場は第二会議室目が合った男は、それを聞いて首をかしげた。健康診断でない?男はわずかに微笑んで首を振った。いや、俺は協力会社の人間だからそれは失礼ある程度の企業 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
まつがねの ※未完
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:汚れた境界 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:723字 お気に入り:0人
だーいちゃん、と後ろから声を掛けられた。屋上への階段を登り終えて、ちょうど扉を開くところ、そこでスマホが震えたので足を止めた。声を掛けられたからではなく、スマホ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:意外な社会 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:807字 お気に入り:0人
緑間はこちらを見つめ、自信の無い口調で言った。いけまさん、ですか?赤司からだろうか。それとも小野からだろうか。こちらの名前を知っているようだった。はい。そうです 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ある日の14 ※未完
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:走る罪人 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:670字 お気に入り:0人
何もわかっていないと言われているようなものだった。それでも、俺は真太郎を招き入れるために、玄関へ向かった。下働きの者たちが彼を眺め、声を掛けるわけでもなく、ちら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
オリジナル ※未完
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:少女の妻 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:689字 お気に入り:0人
カレンダーの予定表を眺める。町田の譲渡会が明日、墨田の譲渡会が明後日。朝から入らなくてもいいけれど、撤収は参加することになっていた。一週間前に更新した子猫の里親 〈続きを読む〉

六月の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:六月 ジャンル:ハイキュー!! お題:私と検察官 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:820字 お気に入り:0人
悪ふざけをすると少しだけ笑うときがある。(ただし、やりすぎると真顔で叱られる) はしゃいるいるときに、ときどき一緒にはしゃいでくれる。(ただし、とても分かりづ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:六月 ジャンル:ハイキュー!! お題:東京の正月 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1168字 お気に入り:0人
東京だからといって、同じ日本なのだから、それほど習俗に違いなどあるまい。 と思っていたのがとおいむかしのことのようだ。「よう」 片手をあげたのは幼馴染だ。や、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:六月 ジャンル:血界戦線 お題:昨日食べたおっさん 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:1264字 お気に入り:1人
霧けぶるHLに来て、純朴というよりは野生だったザップは秒で擦れた。それは番頭役のスティーブンのせいであり、敬愛すべきボスであるクラウスのせいである。子どもの成 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:六月 ジャンル:黒子のバスケ お題:苦し紛れの狸 制限時間:15分 読者:97 人 文字数:884字 お気に入り:1人
あ。 部活を終えて帰ろうとした黄瀬はふと気づいた。 赤司が困っている。 めずらし。 黄瀬は思わずわくわくした。なぜなら赤司は赤司なので。 そうして、人間という 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:六月 ジャンル:おそ松さん お題:忘れたい女 制限時間:15分 読者:308 人 文字数:827字 お気に入り:0人
いちばんに追い詰めたのは、結局誰だったのだろう、と。 今になってそんなことを思う。おそ松の前には眠っているこんこんと眠る弟がいる。無気力で、皮肉屋で、そうして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:六月 ジャンル:おそ松さん お題:10の病気 制限時間:15分 読者:306 人 文字数:1114字 お気に入り:1人
十のころに病気をした。たいていの病気は6人同時になっていたので、松代は大変だっただろうが、おそ松ひとりがかかるということはたいそう珍しいことだった。風邪と診断 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:六月 ジャンル:おそ松さん お題:宗教上の理由で病院 制限時間:15分 読者:619 人 文字数:858字 お気に入り:0人
一松には宗教がある。 ーーーというふうに、おそ松は理解している。 どういう宗教かと聞かれると困るのだ。具体的にこんなふう、と言えるものではない、と思う。まあで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:六月 ジャンル:黒子のバスケ お題:俺と暗殺者 制限時間:15分 読者:348 人 文字数:926字 お気に入り:0人
後ろから気配を感じて、振り返って、そこには何もなくて、何もないならそれで良いと素直に思えないのは、厄介なチームメイトたちがいるからに、きっと相違ないのだろう。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:六月 ジャンル:進撃の巨人 お題:部屋とYシャツと男祭り! 制限時間:15分 読者:989 人 文字数:1152字 お気に入り:0人
エレンの本質は、根本を射抜く一本の矢だとアルミンは思う。 ミカサの本質は、目標を狩る優れた猟犬だとアルミンは思う。「それは、非常におもしろいね」 腹の底の読め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:六月 ジャンル:黒子のバスケ お題:ひねくれたロボット 制限時間:30分 読者:1139 人 文字数:2133字 お気に入り:0人
「おはよう。ねぼすけさん」 そんな言葉によって黒子は毎日起こされる。目に入るのはややつり上がった猫のような眼と、花のかんばせだ。男だというのに、華やかというにふ 〈続きを読む〉