ジャンル:ドリフェス! お題:アブノーマルなクリスマス 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:1656字 お気に入り:0人
[削除]

8月1日、スキャンダル発覚?!


「今年はじゅんくんのお誕生日、なんにしよっか?」
 にこにこと満面の笑みを浮かべながら、千弦が歌うように言う。その言葉に、いつきの頬の筋肉も緩んでふんわりと微笑んだ。
「そうだね。八月になったらすぐに純哉くんの誕生日が来ちゃうもんね」
「そうそう! だから、今回はすぺすぺすぺしゃーる! でじゅんくんもびびーっくりしてハイパーほわハピ! になれるようなパーティーしたいよね!」
「なんだかすごく壮大なものになりそうだな……」
 千弦がくるくると回りながら出した単語の羅列に、慎が関心したようにぼそりと漏らした。
「でも、それぐらいド派手なやつがいいよね! オレたち、いっつも純哉くんにお世話になってるし!」
 慎の隣で奏がテーブルから身を乗り出しながら、挙手をしつつ言うと千弦が「そのとーりである、天宮クン!」と先生ぶったように言う。
「それで、どんなパーティーを……」
 と、いつきが話を進めようとした時。控室の扉が開いて、話題の真ん中にいる純哉が部屋に入ってきた。
「お? 何の話だ? パーティーとか聞こえたけど」
「え?!」
 扉のすぐそばに立っていたいつきが純哉の見上げる視線を受けて裏返った声を上げた。わかりやすいいつきの反応を見た純哉は、次に千弦の方を向いた。
「なんか楽しい話でもしてたのか、千弦?」
「えっ?! そ、そんな、じゅんくんのサプライズパーティーなんてふあっ?!」
 純哉に問われた千弦が全てを話す前に口を塞いだのは、飛び込んできた奏だった。それから奏は純哉の方を見てはっきりと言った。
「オレたち全然、純哉くんの誕生日パーティーの話とかしてないからね!」
「……奏、もう全部言ってしまっている」
 咄嗟に嘘を吐くことができない性格の奏は、結局千弦の口を塞いだ意味もなくそのまま全てを話してしまっていた。慎に指摘されてようやく気付いた奏は「ああっ!」と悲鳴のような声を上げた。
「……ぷっ、なんだよお前ら。いっつもいろいろサプライズしてくれてんだろ? ありがとよ」
 小さく吹き出した後、純哉は目を細めて微笑んでメンバーに言う。懐の広い反応に、慎もほっと胸を撫で下ろした。
「済まないな、純哉。本当はサプライズで驚かしてやりたかったんだが……それで、誕生日の日の予定はどうなっている?」
「あー、悪いな。せっかくパーティーしてくれようとしてたんだけど、実は予定があってさ」
 慎に問われた純哉は苦笑いを浮かべて四人に手を合わせた。
「ごめんな、みんな」
「いえ、いいんですよ。もしかして、福岡のご家族とお誕生日を過ごされるんですか?」
 いつきが首を傾げながら聞くと、純哉は首を振る。
「あれ、でもその日って純哉くん仕事入ってたっけ?」
「いや、仕事は入れてない」
 奏が聞くとやはり純哉は首を振る。
「では、何の予定なんだ?」
 慎が聞くと純哉は深く息を吐きだす。その瞬間、周りの空気が少し変わったような気がして、四人は無意識のうちにぴんと背筋を伸ばした。
「それは……大切な人との、予定」
 少しだけ目を細めて柔らかな声で言う純哉――大切な人、それは四人が想像しているよりも深い感情を抱いている人物だろうか。そんな想像を巡らせていると、純哉のジャケットに入っていたスマートフォンから着信音が鳴り始めた。
「あ、わり。ちょっと電話してくる。あ、もしもし……?」
 スマートフォンを操作しながら、純哉は楽屋を出て通話を始めていた。ぽかんとする四人は純哉が閉めた扉をぼんやりと見ているだけだったが。
「ねえ、純哉くんの『大切な人』って誰?」
 奏が呆然とした表情のまま他のメンバーに問う。そんなことわかるはずが、と慎といつきが答えようとした時。
「もしかして……カノジョ?!」
 千弦の唐突な発言に三人が同時に「はあ?!」と悲鳴のような大声を上げた。
「そ、そんな、あのミスターアイドルの純哉くんが?!」
「あ、アイドルであっても恋愛はじ、自由だ……俺たちが制限できることじゃない」
 

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:ドリフェス! お題:ぐふふ、逃亡犯 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:943字 お気に入り:0人
武道館公演の翌日。 事務所の屋上に奏は立っていた。「風が気持ちいいー!」 そう言って、屋上の床に倒れ込んで空を見上げた。青空に風が吹いて、白い雲が早く流れてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:ドリフェス! お題:最後の犯人 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1086字 お気に入り:0人
武道館公演の翌日。「へ?」「お?」 食堂にやってきた遙人が見つけたのは厨房の中にいる純哉だった。遙人が来たことに気付いた純哉は目をまん丸く開いて遙人の方を見て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:ドリフェス! お題:茶色い雑草 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:914字 お気に入り:0人
武道館公演の翌日。「ありがとうございました」 本日もドラマの撮影が入ってた慎は、自分のシーンを撮り終えて頭を下げた。「お疲れ様、慎くん。昨日の公演の後だったけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:ドリフェス! お題:かっこいい恨み 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1059字 お気に入り:0人
武道館翌日。「黒石さん、今日はお疲れ様でした」「ありがとうございました」 取材を終えた勇人はスタッフに一礼して楽屋から出る。今頃圭吾も取材が終わって事務所に向 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:ドリフェス! お題:かっこいい恨み 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:887字 お気に入り:0人
武道館公演の翌日。「おい、圭吾じゃねえか」 タケシが声をかけたのは学ラン姿――ではなく、事務所ジャケットを羽織った圭吾の姿だった。「ああ」「どうしたんだ、黒石 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:ドリフェス! お題:死にかけの検察官 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:957字 お気に入り:0人
武道館公演の翌日。「昨日は武道館でのステージでしたが、いかがでしたか?」「すごく素敵な光景を見せてもらいました。あの場所に立てて、本当に幸せです」 いつきはイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:ドリフェス! お題:免れた目 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:993字 お気に入り:0人
武道館公演の翌日。「ふふーんふん、ふふーふー、ふんふーふーん」 鼻歌交じりに千弦が事務所の廊下を歩く。その姿に気付いたのは、「何歌ってんだよ、チヅ」「あっ、ユ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
小さな花火 ※未完
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:ドリフェス! お題:俺と感覚 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:1102字 お気に入り:0人
「夏といえばー! 佐々木純哉ー!」 そんな千弦の掛け声と同時に打ち上げ花火がぽん、と音を立てて夜空に広がった。「……え、何その掛け声」「えー、ユヅ知らないの? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:ドリフェス! お題:茶色い妻 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:1257字 お気に入り:0人
「みんな、こんにちはー!」「こんにちはー!」 ステージ上で純哉が挨拶をすれば、客席に集まった子どもたちから元気な声が返って来る。 晴天のデパートの屋上ステージ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:ドリフェス! お題:冷たいいたずら 制限時間:15分 読者:127 人 文字数:1335字 お気に入り:1人
はじめて見つけた色は、きっと淡い紫色だった。幼いころに一番近くで見つけた、きらきらとした鮮やかな色。ただ仲の良い友達だけでは収まらない関係。誰よりも負けたくな 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:穏やかな男 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1536字 お気に入り:0人
****「おっ邪魔しま~す。」――変な癖で、ついつい人様の車に乗ると言ってしまうんだよなぁ~。と、眠気とその場の雰囲気で少し飲んだ微酔いで、心地の良い疲労感でふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ヒプノシスマイク お題:免れた夜風 必須要素: 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:1525字 お気に入り:0人
高校を出てから住み始めた家は横浜にあって、だから全然ゴミの日を覚えられないで二年か三年くらい、多分そう、三年近くは経っている。ゴミを溜めているなんてことはなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:平和と祖父 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:929字 お気に入り:0人
埼玉以北には行かないと誓った日もあった。 厚い雲に覆われて日が届かない地にいる。おろしたてのダウンをかき抱いて、セイコーマートから走る。はやく温かいホテルのロ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:アルパカの四肢切断 必須要素:ジャケット 制限時間:2時間 読者:8 人 文字数:1657字 お気に入り:0人
型落ちの薄型テレビでは夕方のニュースが流れている。民放だ、たわいも無い内容で本当にくだらない。アルパカふれあい牧場の取材カメラと差し出されたマイクに、ふっくらと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うつたか お題:空前絶後の失望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:618字 お気に入り:0人
「高崎ぃ!」バタバタと、宇都宮が騒がしく在来の部屋に駆け込んでくる。「どうしたんだよ、そんな急いで」珍しく焦る様子の宇都宮に視線が集まる中、高崎はなだめるように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:BanG Dream! お題:それいけ昼下がり 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:992字 お気に入り:0人
「だからさ、こう、耳をぴょこぴょこってさせたの」「わかんねえよ! なんでそれが祝ってることになるんだ……」 時刻にして、昼を少し回った頃。いいかげんおたえへのツ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:黄色い償い 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:960字 お気に入り:1人
315プロダクション所属プロデューサーの俺が、葛之葉雨彦が事務所前の掃除をしているのだ、という話を事務所待機中の紅井朱雀に話したのは偶然だった。そういや朱雀、前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:KーPOP お題:人妻の屍 必須要素: 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:352字 お気に入り:0人
気がつくと、隣に女が寝ていた。いや、正確には死んでいた。口元に泡を吹かせていた。僕は怖くなった。身に覚えがない。すぐ横に酒があった。数本の酒が乱雑に置かれていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン(夢) お題:調和した俺 制限時間:4時間 読者:19 人 文字数:1256字 お気に入り:0人
ちょう わ てう- [0] 【調和】( 名 ) スルものごとの間に釣り合いがとれていること。ものごととものごとが互いに和合していること。 「 -がとれる」 「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル: お題:臆病な武器 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:39字 お気に入り:0人
時計のために引き取った子供、ルドガーは少しぼんやりとした子供であるようだった。 〈続きを読む〉