ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:愛、それは失敗 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1306字 お気に入り:0人
[削除]

【腐】無題。 ※未完









7月さん、お疲れ様でした!

***
無人島のロケの時に、浜辺でなにか使えそうな物がないか探していた時に、綺麗な空き瓶を見付けた。
透明な表面に光を差すと、青く色が滲む、不思議な瓶だった。
後で、時間があいた時にでも、なにか思い出が創れたらいいなって、使うものとは別に、大事なものの袋に入れて持ち帰った。
その後起きた大事故で、拾った瓶の事も忘れてしまっていたけど。
***
「――ん??この荷物、誰のだ??、夜??」
淡い黄色地に、9月の季節模様が入った袋を海が拾い上げ、しげしげと観察して、持ち主に心当たりがありそうな夜の名前を呼ぶ。
「、??――あ、それ、俺のです。すみません有難うございます。」
帰る前に、ゴミ拾いをしてから、離島しようと言う話しになり、夜は年少組とごみ拾いをしている所で声を掛けられ、確認の為に側まで行き、自分のだと、頷いた。
「なにが入ってるんだ??なんか、割りとでかいのが入ってそうだな。」
「あぁ、これです。」
袋から取り出したのは、浜辺で見付けた瓶。
すっかり、巨大蛸の事故衝撃の所為で、記憶から忘れさってしまっていたが、最後の最後で見付かって良かった。
「瓶??」
「、はい。浜辺で見付けたんです。――光が差すと青く滲むんです。……綺麗でしょう??」
「……おお、本当だ。」
海にも見えるよえに、夜は横に移動して、空にかざした見せると、感嘆する声が聴こえて、
大切な人と、同じ世界を共有出来る事が嬉しいのと、ちょっぴり恥ずかしい様なくすぐったい様な気持ちになりつつも微笑む。
「――お、そうだ。俺もさっき拾ったんだんだが―…」
思い出したように、ポケットを探り引っこ抜くと目の前で掌を開いた。
「、!ヒトデ、ですか?」
「ぴんぽ~ん!正解!」
「へぇ……打ち上げられて、干乾されちゃったんだ…可愛い。」
「だろ??、でさ、これにこれと――…」
――ちょっといいか??
と、夜の手元の瓶を指差し、疑問に思いつつも、「どうぞ」と、海に手渡すと、その空き瓶の中に見せてくれたヒトデと、更にポケットから、ミニチュアサイズのヨットを取り出し、同じように、瓶の中に入れ蓋をした。
「そのヨット、どうしたんですか??」
「ん~??これも拾ったんだ。浜辺って、意外な物が落ちてたりするよな。
――よし。」
「、??どうするんですか??」
問いかける夜の声に、無言で海に向かって歩き出す海の後を追い、海辺に足首が浸かる所まで入り、二人が集めた瓶を、海に流した。
「……これが誰にも見付からずに、浜辺に打ち上げられる事もなく、何処かに流れて行って……、願いが叶うなら良いよな。」
「……、そうですね。」
海の流れに逆らうことなく、浮き沈みしながら、段々と小さくなっていく瓶を眺めながら、

強い願望の隠った、声音で呟く海に、夜は遠くを見つめながら小声で返した。
「――大丈夫!!」
「――!!」
唐突に、肩を抱き寄せて、大きな声で笑顔を向ける海に、夜は吃驚しながらも、その陽気な笑顔にほっとして、安心した心からの笑顔をかえした。

「、きっと、何処までだって『二人』で行ける。」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:フハハハハ!それは国 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:770字 お気に入り:0人
※ユーゴ視点。統合後の話。一人の人間の中。それは一つの国のようでもあった。「すごいよこれ、ちょっとこれ見てよユーゴ」そう言いユーリは俺の前に一つの植木鉢を差し出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:春の誰か 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1036字 お気に入り:0人
遊矢は皺一つない制服に腕を通す。まだピンと張りの強いそれは今日から中学生としての生活が始まる象徴だ。鏡で自分の姿を確認する。これからまだまだ背が高くなるのだから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:僕の好きな消しゴム 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:1515字 お気に入り:0人
王子!と呼び止める者のあるのを、分かっていて、聞こえていてヘクトールは走った。急いでいたからだった。手には熟れた実を一つ握りしめている。呼ぼうとして名前をうま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:千銃士 お題:汚い土地 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:438字 お気に入り:0人
世界帝による圧政が続く中 自由、尊厳を求め立ち上がったレジスタンスしかし武力の差は大きく レジスタンスを掃討すべく放たれた新型兵器により土地は穢れ レジスタンス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:少女☆歌劇レヴュースタァライト お題:どす黒い犬 必須要素:武田鉄矢 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1886字 お気に入り:0人
リビングのテレビをつけると随分と懐かしいドラマを放送していた。今後の参考にでもと思い、そのままソファに居座ると、どこからともなく甘い香りを漂わせたルームメイトが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:3月のサッカー 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「おかしいくないっすか」 四月を目前にして、まだ冬の名残のある風に自分で暖を取ろうと肩を竦めて自分を抱きしめる。どちらかというと暑さよりは寒いほうに強いが、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:801字 お気に入り:0人
「甘栗食べたくない?」「食べたいけど何?山から栗拾ってきたの?」秋のしずは毎日のように山へ行く。栗拾いにキノコ狩り、紅葉狩りetc..秋の山には食材がたっぷりあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:934字 お気に入り:0人
「ねえねえすこやん。すこやんの高校時代の文学祭の映像見たんだけどさ」「…は?」正直こーこちゃんが言ってることが理解できなかった。どうして彼女が私の高校時代の映像 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:1140字 お気に入り:0人
「小鍛冶プロは出世魚ってご存知ですか?」隣で一緒に水槽を眺めている赤土さんがそう呟いた。今日は対局や解説もない普通の休日でこーこちゃんもお仕事だしお家でノンビリ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:主役は我々だ! お題:振り向けばそこに出会い 必須要素:1000字以上 制限時間:4時間 読者:26 人 文字数:2613字 お気に入り:0人
「ブゥゥゥン!」無邪気な声が聞こえる。それはお気に入りの飛行機を持って庭をかけるような幼い子供の声……などでは決してなく、背にエリトラをつけて屋上から滑空してき 〈続きを読む〉