ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:愛、それは失敗 制限時間:30分 読者:51 人 文字数:1306字 お気に入り:0人
[削除]

【腐】無題。 ※未完









7月さん、お疲れ様でした!

***
無人島のロケの時に、浜辺でなにか使えそうな物がないか探していた時に、綺麗な空き瓶を見付けた。
透明な表面に光を差すと、青く色が滲む、不思議な瓶だった。
後で、時間があいた時にでも、なにか思い出が創れたらいいなって、使うものとは別に、大事なものの袋に入れて持ち帰った。
その後起きた大事故で、拾った瓶の事も忘れてしまっていたけど。
***
「――ん??この荷物、誰のだ??、夜??」
淡い黄色地に、9月の季節模様が入った袋を海が拾い上げ、しげしげと観察して、持ち主に心当たりがありそうな夜の名前を呼ぶ。
「、??――あ、それ、俺のです。すみません有難うございます。」
帰る前に、ゴミ拾いをしてから、離島しようと言う話しになり、夜は年少組とごみ拾いをしている所で声を掛けられ、確認の為に側まで行き、自分のだと、頷いた。
「なにが入ってるんだ??なんか、割りとでかいのが入ってそうだな。」
「あぁ、これです。」
袋から取り出したのは、浜辺で見付けた瓶。
すっかり、巨大蛸の事故衝撃の所為で、記憶から忘れさってしまっていたが、最後の最後で見付かって良かった。
「瓶??」
「、はい。浜辺で見付けたんです。――光が差すと青く滲むんです。……綺麗でしょう??」
「……おお、本当だ。」
海にも見えるよえに、夜は横に移動して、空にかざした見せると、感嘆する声が聴こえて、
大切な人と、同じ世界を共有出来る事が嬉しいのと、ちょっぴり恥ずかしい様なくすぐったい様な気持ちになりつつも微笑む。
「――お、そうだ。俺もさっき拾ったんだんだが―…」
思い出したように、ポケットを探り引っこ抜くと目の前で掌を開いた。
「、!ヒトデ、ですか?」
「ぴんぽ~ん!正解!」
「へぇ……打ち上げられて、干乾されちゃったんだ…可愛い。」
「だろ??、でさ、これにこれと――…」
――ちょっといいか??
と、夜の手元の瓶を指差し、疑問に思いつつも、「どうぞ」と、海に手渡すと、その空き瓶の中に見せてくれたヒトデと、更にポケットから、ミニチュアサイズのヨットを取り出し、同じように、瓶の中に入れ蓋をした。
「そのヨット、どうしたんですか??」
「ん~??これも拾ったんだ。浜辺って、意外な物が落ちてたりするよな。
――よし。」
「、??どうするんですか??」
問いかける夜の声に、無言で海に向かって歩き出す海の後を追い、海辺に足首が浸かる所まで入り、二人が集めた瓶を、海に流した。
「……これが誰にも見付からずに、浜辺に打ち上げられる事もなく、何処かに流れて行って……、願いが叶うなら良いよな。」
「……、そうですね。」
海の流れに逆らうことなく、浮き沈みしながら、段々と小さくなっていく瓶を眺めながら、

強い願望の隠った、声音で呟く海に、夜は遠くを見つめながら小声で返した。
「――大丈夫!!」
「――!!」
唐突に、肩を抱き寄せて、大きな声で笑顔を向ける海に、夜は吃驚しながらも、その陽気な笑顔にほっとして、安心した心からの笑顔をかえした。

「、きっと、何処までだって『二人』で行ける。」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:穏やかな男 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1536字 お気に入り:0人
****「おっ邪魔しま~す。」――変な癖で、ついつい人様の車に乗ると言ってしまうんだよなぁ~。と、眠気とその場の雰囲気で少し飲んだ微酔いで、心地の良い疲労感でふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ヒプノシスマイク お題:免れた夜風 必須要素: 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:1525字 お気に入り:0人
高校を出てから住み始めた家は横浜にあって、だから全然ゴミの日を覚えられないで二年か三年くらい、多分そう、三年近くは経っている。ゴミを溜めているなんてことはなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:平和と祖父 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:929字 お気に入り:0人
埼玉以北には行かないと誓った日もあった。 厚い雲に覆われて日が届かない地にいる。おろしたてのダウンをかき抱いて、セイコーマートから走る。はやく温かいホテルのロ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:アルパカの四肢切断 必須要素:ジャケット 制限時間:2時間 読者:8 人 文字数:1657字 お気に入り:0人
型落ちの薄型テレビでは夕方のニュースが流れている。民放だ、たわいも無い内容で本当にくだらない。アルパカふれあい牧場の取材カメラと差し出されたマイクに、ふっくらと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うつたか お題:空前絶後の失望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:618字 お気に入り:0人
「高崎ぃ!」バタバタと、宇都宮が騒がしく在来の部屋に駆け込んでくる。「どうしたんだよ、そんな急いで」珍しく焦る様子の宇都宮に視線が集まる中、高崎はなだめるように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:BanG Dream! お題:それいけ昼下がり 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:992字 お気に入り:0人
「だからさ、こう、耳をぴょこぴょこってさせたの」「わかんねえよ! なんでそれが祝ってることになるんだ……」 時刻にして、昼を少し回った頃。いいかげんおたえへのツ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:黄色い償い 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:960字 お気に入り:1人
315プロダクション所属プロデューサーの俺が、葛之葉雨彦が事務所前の掃除をしているのだ、という話を事務所待機中の紅井朱雀に話したのは偶然だった。そういや朱雀、前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:KーPOP お題:人妻の屍 必須要素: 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:352字 お気に入り:0人
気がつくと、隣に女が寝ていた。いや、正確には死んでいた。口元に泡を吹かせていた。僕は怖くなった。身に覚えがない。すぐ横に酒があった。数本の酒が乱雑に置かれていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン(夢) お題:調和した俺 制限時間:4時間 読者:19 人 文字数:1256字 お気に入り:0人
ちょう わ てう- [0] 【調和】( 名 ) スルものごとの間に釣り合いがとれていること。ものごととものごとが互いに和合していること。 「 -がとれる」 「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル: お題:臆病な武器 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:39字 お気に入り:0人
時計のために引き取った子供、ルドガーは少しぼんやりとした子供であるようだった。 〈続きを読む〉