ジャンル:メギド72 お題:帝王の絵描き 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:1261字 お気に入り:0人

王のスケッチ

 街道で幻獣と出くわした私は奇妙な集団に助けられた。
 ソロモン一行と名乗る彼らは、年齢も性別もばらばらの、どこか歪な集団だった。町の衛兵が束になってもかなわなかった幻獣を、あっという間に道端に転がしていた。
「で、次どうする?」
 あっさりとそう言ってのける少年の姿に、私は正体の分からない畏怖を覚える。
「ちょっと。ただで人助けなんてしないで」
「そうだね、何かお礼を要求しても、罰は当たらないんんじゃあないかな?」
 心のどこかで覚えた恐怖は、穏やかで人懐こい表情に紛れて、すぐに溶けて消えてしまう。

 といっても、駆け出しの画家である私ができるお礼というのはあまりなかった。残念ながら、ろくな路銀もない。助けた隊商の一群に加わり、次の町へと。私はその道中で、彼らの姿を描き出すことにした。
 水はなく、どうしても画材というのは限られてくるから、鉛筆で画用紙に筆を走らせるだけの簡素なものだ。
「俺、アニキのとなりな!」
 元気な少年が、ソロモン王と名乗る人物の隣で胸を張っている。
「かっこよく描いてくれよな。あ、傷もちゃんと描いてくれよな!」
「描いてほしいんですか?」
「おう、だって勲章みてえなもんだろ?」
「ちげえねえな」
 半裸の大柄な男がゆっくりと果物を齧りながら言った。スケッチだというのに動きまくるから、きちんとした絵とはいかない。そもそも馬車が動きまくるので、ろくな線は書けないが。それでも、彼らは喜んでくれた。
「おっ、なかなかうめぇじゃん?」
「そうね、悪くないわ」
「ちゃんとピヨピヨも描いて描いて~!」
「もっと”正義”って感じになりませんか?」
 そして、やたらと注文が多い。
 ふと、彼らが私にスケッチを頼んだのは……実利というよりはどちらかというと儀礼めいていて、対価はなんでも良いんじゃないかと私は思っている。あの少年は、何でもかんでも厄介ごとをしょい込んでしまいそうな底知れなさがあった。
 それで、礼を要求することで、「しょうがねえな」と飲んで見せるような意味があるんじゃなかろうか。
 考え事をしていたせいで、上手く描けなかった、と思えてカバンにしまい込む。
「あれ、それ失敗?」
「どうにも美しい凱旋、というよりはにぎやかな一幕、だな」
「ヴィータってのはすぐ変わりやがるもんだ」
「そうね。記録を残しておくのもいいかもね」
 ふと心に引っかかる。
 ページが足りなくなって、次のページへ。良い旅だった。久々に良いものが描けたと思う。

***

 私は絵筆をぬぐう紙に、あのときに書き損じた一枚を見つけた。それから10年の時が流れていた。もうすっかり私は町から町へと旅をすることはなくなっていた。
 ふと、町中で、ほとんど変わらぬままの少女を見かけたことを思い出す。別人だと思ったが、いや。
「ヴィータってのはすぐ変わりやがるもんだ」古びた紙の匂いに、男の声が呼び起こさせられる。
 紙の中で、少年だけが姿を変えている。書き損じはちょうど、表情のない王の肖像画だった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

ぽつタイプライターの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:あいつの就職 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:758字 お気に入り:0人
雑魚メギド妄想その2「あの川を無事に渡り切ったら、俺たちの軍団に入れてやるよ」 そう言って、メギドはぺんと平たい石ころを放った。「おら、拾ってきな」 そんな無茶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:疲れた逃亡犯 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:872字 お気に入り:0人
※メギドラル時代のサレオスさんとすれちがう夢雑魚メギド妄想です 不意に姿を現した巨人の斧で、俺の軍団を率いていたメギドはあっさりと頭を勝ち割られていた。 何がそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:The Elder Scrolls お題:俺と母性 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:1421字 お気に入り:0人
ルマーリンが着替えているほうから短い笑い声が聞こえてきて、俺はまたくだらないジョークのくだらない思い出し笑いでもしているのだろうと思って無視を決め込んだ。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:ぽつタイプライター ジャンル:世界樹の迷宮 お題:そ、それは・・・外資系企業 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:1006字 お気に入り:0人
明日も知れぬ冒険者の一人として、カグツにも覚悟はそれなりにあったはずだった。 当たり前だと思っていたものが、一瞬でなくなる恐怖。確かなものなど、何一つとしてあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:世界樹の迷宮 お題:ぐふふ、正義 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:992字 お気に入り:0人
ひどい匂いのする腐った水をモロに浴びた仲間たち、そして私は、駆け出しの安っぽい生地でできた装備をばらばらと地面に一個ずつ置いていく。その姿が、なぜだか愉快で仕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:帝王の絵描き 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:1261字 お気に入り:0人
街道で幻獣と出くわした私は奇妙な集団に助けられた。 ソロモン一行と名乗る彼らは、年齢も性別もばらばらの、どこか歪な集団だった。町の衛兵が束になってもかなわなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:彼女とロボット 制限時間:30分 読者:64 人 文字数:1584字 お気に入り:0人
「やあウヴァル、おかえり」「……ただいま、戻った」 ウヴァルは、おかえりという響きにまだ慣れない。ただいまと返事を返すのもだ。「おかえりおかえりー! 外が暑い暑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:地獄克服 制限時間:30分 読者:92 人 文字数:1099字 お気に入り:0人
「ええ、マジかよ。さんざん水浴びたのに風呂はいらなきゃなんねーの?」「塩水じゃな、洗い流さなきゃあとあとやべーぞ」 道中、足を止めて海へとやってきたソロモン一行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:群馬の朝 制限時間:30分 読者:95 人 文字数:1807字 お気に入り:0人
ソロモン一行がようやく、シバから遠回しに依頼された「大樹ユグドラシル」を討伐し終えたころのことである。戦いが終わって一息ついてみると、倒れた木の近くで何か物音 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:かっこ悪い豪雨 制限時間:30分 読者:108 人 文字数:995字 お気に入り:0人
※舟渡ししながら旅してるサレオスさんとモブのヴィータ「なあ、あんた、おれの傷は深いのか……」「いや、そんなことはないさ」 舟渡しはあっさりとそう言ってのけると、 〈続きを読む〉