ジャンル:魔法少女サイト お題:名前も知らない昼食 制限時間:4時間 読者:319 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
[削除]

幼児退行でいちゃいちゃする美要

「はい、あーん」
「ん、あーん」
 要から差し出したものを口に含む。つい先刻、美炭が調理した際に確認した味が当然した。
「ごしゅじんさま、おいしい?」
「……ああ、おいしいよ」
 日々わずかずつ、成長とともに更新される美しい容貌がことりと傾き美炭に愛くるしく確認を取ってくる。己で用意したものを評価するのはさすがの美炭も少し気恥ずかしいが、その姿には敵うはずもなく、求められている答えを口にする。
 絶賛監禁中の朝霧要がストレスからか記憶喪失あるいは幼児退行したのが先日のこと。
 美炭は要をなんとかなだめすかし丸め込み、互いが特別な仲なのだと誤解させた。
 それから、要は少しずつ、露骨に甘えてくるようになった。突然ぎゅっ、と抱き付いて来たり、首輪は嫌だ、全裸は嫌だとわめくようになったり、正直目に余るような部分も多かったのだが、「己の意見を受け入れてもらえる」ことを当たり前に期待する要の姿は新鮮だった。それは、美炭を信頼に足るかこわごわ試しているかのようにも見え、庇護欲を煽ったことは言うまでもない。
「要くんにもしてあげよう。ほら、あーん」
「はい、あーん」
 美炭が差し出したスプーンには、本日の昼食、適量の米とカレーがあった。応じたのは毎晩スプーンとは別のモノをしゃぶっている要の口腔で、素直に開いて嚥下した。
「おいしいか?」
「……ぅ゛ふッ、おいひ、です……」
「……嘘をつくような悪い子は好きじゃないな」
「ごしゅじんさまのご飯、ちょっとだけ、大人の味がする……!」
 どうやら辛かったらしい。せき込む要の目尻に涙が光る。美炭は思わず押し倒してすすりたくなったが、寸でのところで堪えた。
「お水を飲むんだ」
 よしよしと要をあやして透明な液体が注がれたグラスを渡す。はにかんで受け取る要は美炭から与えれれたものに何一つ警戒をしていなかった。美炭はたまに、ここへ食事の終わり時になってから睡眠薬を入れて睡姦することがあった。最初は戸惑っていた要も最近では恥ずかしがったり、もっと美炭を求めてきたりとただの日常の一コマへとなり果てている。
 要と美炭はなぜだかぴったりとくっつき、同じ皿から同じ食器で同じ食事を採っている。美炭の腿に銀のトレーが乗っかり、その上で頻繁に二人の間でスプーンがやり取りされる形だ。そのささやかだが手間しかかからない共同作業は、あの派手な結婚披露宴でのケーキへの入刀作業を彷彿とさせた。多少皿の中が乱れるのもご愛敬だ。
「ごちそうさまでした。ごしゅじんさま」
「お腹はいっぱいになったかな」
「……いっぱいになると、これからで出しちゃうかもだから……、半分くらいです」
「いい子だ」
 要の頭を撫で、目の前で新しく水を注いだグラスに錠剤だった顆粒を落とし込んでやる。未使用のスプーンで溶かせば、光の反射が鈍くなった。
 儀式めいている。というのも最近の美炭は面と向かって要を凌辱できなくなっていた。現に今の要はSM初心者が好む首輪しか拘束具をつけていない。好きなようにただただ貪りたいのに、魂が幼い要にはどうも無体を働けない。だが、要の容姿は美炭の好みで、毎晩健全に楽しむだけでは全く足りないのも事実だった。だから、意識のない、あるいは朦朧とした要で楽しむ。そのうち覚醒するまでがセットだ。
「いただきます」
 徐々に眠りに落ちる要をよりそって見守る美炭。食べられるために食べて眠る要は間違いなく玩具だ。
 ただ、それだけでは満たされない己も確かにあって。
 この儀式に、この感情に、誰も知らない名前をつけたい。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:へせ ジャンル:魔法少女サイト お題:名前も知らない昼食 制限時間:4時間 読者:100 人 文字数:3926字 お気に入り:0人
まるで一幅の絵画である、というのが美炭の感想だ。彼が座っているだけで、チェーンの喫茶店にも気品が漂う。彼は紙のカバーを掛けた文庫を黙々と読んでいた。ひと口ふたく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へせ ジャンル:魔法少女サイト お題:記録にない快楽 制限時間:30分 読者:118 人 文字数:1065字 お気に入り:0人
要の知るセ○クスとは、保健体育の一部、節操なしと書いてクズが女に期待する愚行、馬鹿と書いてクズが辞書にピンクラインを引く単語。ようするに自分の将来に全く必要のな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へせ ジャンル:魔法少女サイト お題:破天荒な流刑地 制限時間:2時間 読者:107 人 文字数:1787字 お気に入り:0人
思えば朝霧彩という少女は最初から特別だった。そして、その特別さにとりわけ関心を払っていたのが何を隠そうアリスの兄なのである。よくよく観察すれば、アリスにも彼女が 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:穏やかな男 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1536字 お気に入り:0人
****「おっ邪魔しま~す。」――変な癖で、ついつい人様の車に乗ると言ってしまうんだよなぁ~。と、眠気とその場の雰囲気で少し飲んだ微酔いで、心地の良い疲労感でふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ヒプノシスマイク お題:免れた夜風 必須要素: 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:1525字 お気に入り:0人
高校を出てから住み始めた家は横浜にあって、だから全然ゴミの日を覚えられないで二年か三年くらい、多分そう、三年近くは経っている。ゴミを溜めているなんてことはなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:平和と祖父 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:929字 お気に入り:0人
埼玉以北には行かないと誓った日もあった。 厚い雲に覆われて日が届かない地にいる。おろしたてのダウンをかき抱いて、セイコーマートから走る。はやく温かいホテルのロ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:アルパカの四肢切断 必須要素:ジャケット 制限時間:2時間 読者:8 人 文字数:1657字 お気に入り:0人
型落ちの薄型テレビでは夕方のニュースが流れている。民放だ、たわいも無い内容で本当にくだらない。アルパカふれあい牧場の取材カメラと差し出されたマイクに、ふっくらと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うつたか お題:空前絶後の失望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:618字 お気に入り:0人
「高崎ぃ!」バタバタと、宇都宮が騒がしく在来の部屋に駆け込んでくる。「どうしたんだよ、そんな急いで」珍しく焦る様子の宇都宮に視線が集まる中、高崎はなだめるように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:BanG Dream! お題:それいけ昼下がり 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:992字 お気に入り:0人
「だからさ、こう、耳をぴょこぴょこってさせたの」「わかんねえよ! なんでそれが祝ってることになるんだ……」 時刻にして、昼を少し回った頃。いいかげんおたえへのツ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:黄色い償い 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:960字 お気に入り:1人
315プロダクション所属プロデューサーの俺が、葛之葉雨彦が事務所前の掃除をしているのだ、という話を事務所待機中の紅井朱雀に話したのは偶然だった。そういや朱雀、前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:KーPOP お題:人妻の屍 必須要素: 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:352字 お気に入り:0人
気がつくと、隣に女が寝ていた。いや、正確には死んでいた。口元に泡を吹かせていた。僕は怖くなった。身に覚えがない。すぐ横に酒があった。数本の酒が乱雑に置かれていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン(夢) お題:調和した俺 制限時間:4時間 読者:19 人 文字数:1256字 お気に入り:0人
ちょう わ てう- [0] 【調和】( 名 ) スルものごとの間に釣り合いがとれていること。ものごととものごとが互いに和合していること。 「 -がとれる」 「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル: お題:臆病な武器 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:39字 お気に入り:0人
時計のために引き取った子供、ルドガーは少しぼんやりとした子供であるようだった。 〈続きを読む〉