ジャンル:魔法少女サイト お題:名前も知らない昼食 制限時間:4時間 読者:550 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
[削除]

幼児退行でいちゃいちゃする美要

「はい、あーん」
「ん、あーん」
 要から差し出したものを口に含む。つい先刻、美炭が調理した際に確認した味が当然した。
「ごしゅじんさま、おいしい?」
「……ああ、おいしいよ」
 日々わずかずつ、成長とともに更新される美しい容貌がことりと傾き美炭に愛くるしく確認を取ってくる。己で用意したものを評価するのはさすがの美炭も少し気恥ずかしいが、その姿には敵うはずもなく、求められている答えを口にする。
 絶賛監禁中の朝霧要がストレスからか記憶喪失あるいは幼児退行したのが先日のこと。
 美炭は要をなんとかなだめすかし丸め込み、互いが特別な仲なのだと誤解させた。
 それから、要は少しずつ、露骨に甘えてくるようになった。突然ぎゅっ、と抱き付いて来たり、首輪は嫌だ、全裸は嫌だとわめくようになったり、正直目に余るような部分も多かったのだが、「己の意見を受け入れてもらえる」ことを当たり前に期待する要の姿は新鮮だった。それは、美炭を信頼に足るかこわごわ試しているかのようにも見え、庇護欲を煽ったことは言うまでもない。
「要くんにもしてあげよう。ほら、あーん」
「はい、あーん」
 美炭が差し出したスプーンには、本日の昼食、適量の米とカレーがあった。応じたのは毎晩スプーンとは別のモノをしゃぶっている要の口腔で、素直に開いて嚥下した。
「おいしいか?」
「……ぅ゛ふッ、おいひ、です……」
「……嘘をつくような悪い子は好きじゃないな」
「ごしゅじんさまのご飯、ちょっとだけ、大人の味がする……!」
 どうやら辛かったらしい。せき込む要の目尻に涙が光る。美炭は思わず押し倒してすすりたくなったが、寸でのところで堪えた。
「お水を飲むんだ」
 よしよしと要をあやして透明な液体が注がれたグラスを渡す。はにかんで受け取る要は美炭から与えれれたものに何一つ警戒をしていなかった。美炭はたまに、ここへ食事の終わり時になってから睡眠薬を入れて睡姦することがあった。最初は戸惑っていた要も最近では恥ずかしがったり、もっと美炭を求めてきたりとただの日常の一コマへとなり果てている。
 要と美炭はなぜだかぴったりとくっつき、同じ皿から同じ食器で同じ食事を採っている。美炭の腿に銀のトレーが乗っかり、その上で頻繁に二人の間でスプーンがやり取りされる形だ。そのささやかだが手間しかかからない共同作業は、あの派手な結婚披露宴でのケーキへの入刀作業を彷彿とさせた。多少皿の中が乱れるのもご愛敬だ。
「ごちそうさまでした。ごしゅじんさま」
「お腹はいっぱいになったかな」
「……いっぱいになると、これからで出しちゃうかもだから……、半分くらいです」
「いい子だ」
 要の頭を撫で、目の前で新しく水を注いだグラスに錠剤だった顆粒を落とし込んでやる。未使用のスプーンで溶かせば、光の反射が鈍くなった。
 儀式めいている。というのも最近の美炭は面と向かって要を凌辱できなくなっていた。現に今の要はSM初心者が好む首輪しか拘束具をつけていない。好きなようにただただ貪りたいのに、魂が幼い要にはどうも無体を働けない。だが、要の容姿は美炭の好みで、毎晩健全に楽しむだけでは全く足りないのも事実だった。だから、意識のない、あるいは朦朧とした要で楽しむ。そのうち覚醒するまでがセットだ。
「いただきます」
 徐々に眠りに落ちる要をよりそって見守る美炭。食べられるために食べて眠る要は間違いなく玩具だ。
 ただ、それだけでは満たされない己も確かにあって。
 この儀式に、この感情に、誰も知らない名前をつけたい。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:へせ ジャンル:魔法少女サイト お題:名前も知らない昼食 制限時間:4時間 読者:149 人 文字数:3926字 お気に入り:0人
まるで一幅の絵画である、というのが美炭の感想だ。彼が座っているだけで、チェーンの喫茶店にも気品が漂う。彼は紙のカバーを掛けた文庫を黙々と読んでいた。ひと口ふたく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へせ ジャンル:魔法少女サイト お題:記録にない快楽 制限時間:30分 読者:181 人 文字数:1065字 お気に入り:0人
要の知るセ○クスとは、保健体育の一部、節操なしと書いてクズが女に期待する愚行、馬鹿と書いてクズが辞書にピンクラインを引く単語。ようするに自分の将来に全く必要のな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へせ ジャンル:魔法少女サイト お題:破天荒な流刑地 制限時間:2時間 読者:152 人 文字数:1787字 お気に入り:0人
思えば朝霧彩という少女は最初から特別だった。そして、その特別さにとりわけ関心を払っていたのが何を隠そうアリスの兄なのである。よくよく観察すれば、アリスにも彼女が 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:DQ11(腐)  お題:日本お尻 制限時間:2時間 読者:12 人 文字数:1836字 お気に入り:0人
あ、またか。そう思いながらバッグから携帯を取り出す。僕は、自宅からだいぶ遠い私立高校に通っている。だから、七時十五分発の電車に乗って行かなければならない。といっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:意外な秀才 必須要素:穢れたる地上に舞い降りし漆黒の堕天使 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:381字 お気に入り:0人
「我は、穢れたる地上に舞い降りし漆黒の堕天使 ……」「何言ってんの?」「遂に頭が…いや、元からおかしかったですわね…」一見して優秀そうな出で立ちの彼が、所謂"中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おおきく振りかぶって お題:苦しみのしきたり 必須要素:ひょっとこ 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1497字 お気に入り:0人
「あのさ、試合中にリラックスする方法、考えたいんだけど」本日の部活動を終え、汗だくの練習着を脱ぎながら阿部はそう言った。それは唐突な言葉であったが、特定個人に対 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼滅の刃 お題:名前も知らない事件 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:761字 お気に入り:0人
自分が選抜を通り、鬼殺隊の剣士として任務にあたるようになって早くも数か月が経っていた。相変わらず鬼は怖いと思っているし。殺されるかもしれないと毎度、考えているが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:僕の嫌いなぬるぬる 制限時間:2時間 読者:12 人 文字数:584字 お気に入り:0人
なにこれ目の前の気持ち悪いぬるぬるした生き物に俺は恐しさと驚いていた。いきなり柊家の研究室に呼ばれたかと思えば、何だよこれ。「驚いたか?」背後に気配がして咄嗟に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:小説の借金 制限時間:1時間 読者:37 人 文字数:2793字 お気に入り:0人
夕暮れ時の残照に赤く浮かび上がる幻想郷。人里に響き渡っていた子供たちの笑い声が遠ざかっていく。仕切りに客寄せをしていた露店も帰り支度を始める。その片隅、貸本屋『 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:重い犯人 必須要素:ドン引きするような描写 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:2257字 お気に入り:0人
******――なにかモノ足りない……。甘いものもしょっぱいものも、食べてみたけど、矢張り何かがモノ足りない。今日は、午前中に台本読みがあったけど、別に台本の台 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
K
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:東京の行動 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:787字 お気に入り:0人
「いたぞ!」「追え!」やばい。見つかった。今俺は何者かに追われている。その何者かは知らないがきっとアポトキシン4869の謎を解明している組織だろう。さっき組織の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:煙草と広告 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1275字 お気に入り:0人
「快斗 煙草臭い」これは彼の悪い口癖だ。高校卒業後、俺はマジックを本格的に習うためロサンゼルスへと旅立った。それが正解だったのか2年間の修行の後俺はロサンゼルス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:彼と沈黙 制限時間:4時間 読者:14 人 文字数:684字 お気に入り:0人
今日はひな祭りだ。目の前の豪華なちらし寿司に目を光らせる。「な、なぁ暮人。何で俺を呼んで・・?」なんて声を掛けても彼は無言でちらし寿司を食べている。さすが柊家。 〈続きを読む〉