ジャンル:黒子のバスケ 緑赤 お題:美しい土 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:788字 お気に入り:0人

ごほうび ※未完

明らかに嫌々という様子で赤司は玄関を出て行った。今日帰ってくるか明日帰ってくるか、わからない。今日帰ってこないなら、自分で食べればいい。緑間は台所の入口にぶら下げられていたエコバックと財布を持って家を出た。雨は降らないであろう曇りの天気、赤司はなおさら憂鬱になっていただろう、と想像する。駅までの20分程度、歩けば気も紛れる。行くと決めたらそのうち気分も切り替えられるだろう。緑間は少しとおくまで歩くことにしていた。スーパーではなく露地の無人販売所を目指した。
『のどかなものだね』
こちらに赤司が訪れるようになってから、赤司はよく家の周囲を散歩していた。そのうち自転車を購入して、かなり遠くまで『冒険』をして帰ってきた。赤司が楽しんでいるのなら何でも構わなかった。高尾から聞くところによると、現役時代の赤司はそれはそれは働いていたらしいので、すべてから解放されている今の時期、好きなだけ羽をのばせばいい。
『先に買っているのを見たから、足を止めて観察したんだ』
赤司が冒険の先で見つけたのが、無人販売所だった。棚の上に野菜が乗せられ、その棚の上に貯金箱らしきものがあって、商品が欲しい者は、そこに書かれた金を入れていく。店員はいないのだという。
『そんなことが成り立つんだ、ここでは。自分がいったいいつの時代にいるのだろうとめまいがしたよ』
消費税が含まれているのかどうかわからず、予備的に少し多めに金を投入してきたのだという。
『野菜の出来もよさそうで、書かれた金額がスーパーの3分の2程度だった。商売をする気はなさそうだね』
今ならわかるが、彼らは農家ではなく趣味で菜園を行っている人々が、自宅で食べきれなかったり、自宅の者が野菜嫌いで消費者がいない場合、そうやって販売するようだった。小遣い稼ぎに行っている者も中にはいるらしい。税金はどうなっているのだろう。




同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:黒子のバスケ 緑赤 お題:純白の姉妹 制限時間:15分 読者:185 人 文字数:1091字 お気に入り:0人
朝起きて窓の外を見たら一面が雪景色だった。昨晩はひどく冷え込むなと思っていたがまさかこれほど積もるとは少しばかり予想外だ。「おはよう。起きてる? 雪がすごいよ」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
うわさ ※未完
作者:‍空音(‍ハイパー) ジャンル:黒子のバスケ 緑赤 お題:もしかしてカップル 制限時間:15分 読者:338 人 文字数:573字 お気に入り:0人
緑間と赤司はよく行動を共にする。それは主将副主将という立場上、全く有り得なくはない、寧ろ当然かもしれないのだけど。バスケ部内、いや、キセキの世代プラスアルファの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ 緑赤 お題:憧れの経験 制限時間:15分 読者:476 人 文字数:826字 お気に入り:0人
はひ、と箸を銜えたまま、黒子の顔を見る。宝持屋の箸は高尾の口の奥でカキと音をたてた。やばい、と口を緩め、高尾は箸を手に戻す。何つったのだから、結婚式を行おうと思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ 緑赤 お題:いわゆるクリスマス 制限時間:15分 読者:507 人 文字数:630字 お気に入り:0人
構内の地図はありませんか地図?実渕は聞き返した。緑間はなぜそんなことを言ってきたのだろう。学校の建物内部がわかるようなああ、それならそこに実渕は緑間が手にしてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ 緑赤 お題:素朴な食器 制限時間:15分 読者:930 人 文字数:706字 お気に入り:0人
なるほど、と長い時間無言で碗を眺めていた赤司は呟いた。碗をひっくり返し高台を確認し、少し顔から離して全体を眺めた。斜め上から覗き込むように見、手で感触を確かめる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
棋譜 ※未完
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ 緑赤 お題:ぐちゃぐちゃの駄洒落 制限時間:15分 読者:515 人 文字数:569字 お気に入り:0人
さすがの征ちゃんも想定以上だったみたいで、と実渕は肩を竦めた。ちょっと休憩してくるってどこかに隠れちゃったのよ……そうですかそう話す実渕の周囲でひっきりなしにシ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ 緑赤 お題:淡い時雨 制限時間:15分 読者:516 人 文字数:863字 お気に入り:0人
妹は雨の日に傘もささず外へ飛び出して、しっとりと濡れて帰ってきた。濡れると母親に叱られた記憶があった。けれど妹はとても楽しそうにしていたので、その濡れた髪を拭い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ 緑赤 お題:苦い囚人 制限時間:15分 読者:526 人 文字数:897字 お気に入り:0人
いつまでも引きずっちまうのが男ってもんだろ?したり顔で語る高尾に、無神経だと思いつつも、緑間は行くぞとだけ残して席を立った。そういう想いもあったのだという、懐か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ 緑赤 お題:過去の天国 制限時間:15分 読者:640 人 文字数:1036字 お気に入り:0人
大人になったら取るに足らないことだと笑う程度のことを、当時は本当に真剣に考えていたものだった。幼いながらも真剣に、本当に真面目に将来のことを考え、苦しんでいた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 緑赤 お題:清い負傷 制限時間:15分 読者:990 人 文字数:906字 お気に入り:0人
気が利く秘書を雇ったものだと、ビルのエントランスを出た途端、緑間の姿を見て思った。社長、と仕事が終わって、もぬけの殻になった赤司の背中に呼びかけてきた小野は、赤 〈続きを読む〉

かみむら@1月の原稿中の即興 二次小説


ユーザーアイコン
柔軟の必要性 ※未完
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:幸福な秀才 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:671字 お気に入り:0人
彼女の特性なのだろう。じゃあな、と微笑まれれば、うん、と頷いてしまう。この土地を離れる不安、日本に戻る不安、それは漠然とした不安だった。目の前ではなく、もっと先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:不本意な殺し屋 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:709字 お気に入り:0人
麦茶入りましたー縁側から庭に向かってそう言えば、松の木の下にいた赤司が立ち上がって首から掛けているタオルで汗を拭っていた。麦藁帽子にゴム長靴という典型的な農夫ス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:真実の保険 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:798字 お気に入り:0人
顔を合わせにくかったのか、歯をぐっとかみ締めているのが遠目でもわかった。油断すると逃げ出すのかもしれない。逃げ出さずに入る為に、歯を食いしばって耐えているのだろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ モブ お題:つらい殺人 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:696字 お気に入り:0人
浮かれているのは自分より父親だった。それこそ鼻息を荒くして、ああだこうだと、何かに付けて騒いでいた。さすが江戸時代から続く呉服屋、結納の品がすばらしい、茶道も日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:出来損ないのラーメン 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:712字 お気に入り:0人
面白いネタから面白くないネタまで、玉石混交で送られてくるSNSのメッセージだった。まめにチェックはしない。一日の終わりに、たまに長めの休憩がとれた時に、新着マー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ パラレル お題:傷だらけの耳 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:713字 お気に入り:0人
手ぬぐいを押し当てられた。いっ……ごめん。でも、けがで、血が……誰のせいだ、と言ってやりたかった。これはお前がつけた傷。お前がこの三日間のうちのどこかで付けた傷 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
島貴族にて2 ※未完
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ パラレル お題:打算的な運命 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:838字 お気に入り:0人
彼は辺りを見回しながら、案内された席まで進んだ。慣れてないんだろうな彼を誘ったのは勢いだ。実は冗談でもあった。目の前にあった島貴族。もう入ろうとしていたのだ。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:許せない極刑 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:628字 お気に入り:0人
会場は第二会議室目が合った男は、それを聞いて首をかしげた。健康診断でない?男はわずかに微笑んで首を振った。いや、俺は協力会社の人間だからそれは失礼ある程度の企業 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
まつがねの ※未完
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:汚れた境界 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:723字 お気に入り:0人
だーいちゃん、と後ろから声を掛けられた。屋上への階段を登り終えて、ちょうど扉を開くところ、そこでスマホが震えたので足を止めた。声を掛けられたからではなく、スマホ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ 黛葉 お題:すごいうどん 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:772字 お気に入り:0人
お代わり、と五回目の声が聞こえた。わんこ蕎麦じゃないんだからそう言ったのは実渕だった。蕎麦って腹にたまんねーな!そう言って根武谷はガハハと笑った。(こいつ、蕎麦 〈続きを読む〉