ジャンル:カルジュナ お題:やば、宇宙 制限時間:15分 読者:126 人 文字数:1427字 お気に入り:0人

【カルジュナ】バンドマンx一般人

ゲリラライブも大盛況のうちに終了。メンバーのテンションも(主にアストルフォが)上がり調子。マネージャーが頭を抱えていても気にしない。何故なら皆、インディーズの苦しみをも自分たちで乗り越えてきたのだから。

「後悔しないわ、闇夜のオール、振り上げ掲げて!夜道に、お気をつけあそばせ!」

アンコールで即興的に歌いながらアストルフォが拳を突き上げる。キーボード担当のジークフリートが珍しく楽しそうに笑うもので、ギャラリーから黄色い悲鳴が上がった。
虹色に光るライトの下で飛び跳ねるのはなにも肉体だけではない。煌く瞳、湧き上がる心、飛び交う未来への希望。そういう、どうしようもない何かを振り上げて歌っている限り、自分たちは無敵なのだ。それが、アストルフォがカルナに明るく言い放った、結成当初からの信条だった。



「いや~、大成功だったね~!」
「よく言うぜ、あそこでトチってたの、気付いてたからな」
「王様、ひどーい!終わり良ければ、すべてよし!だよ!」
「こらこら暴れるな」

移動用に自分たちで所有しているミニバンに詰め込まれながら帰路を急ぐ。

「カルナ卿も、ご機嫌だな」
「分かるか」
「わっかる~!」

シャルルマーニュとアストルフォが後部座席でコーラスした。ゲリラライブが終わった直後、ギャラリーのファンたちが口々に叫んだのだ。「カルナ、がんばれ!」「お幸せに!」「なにも悪いことなんかしてないぞー!」と。この国の同性カップルは確かに厳しい状況に立たされることも多い。しかし、カルナはそうして大々的に公表することで世間を味方につけたのだ。
思ったよりもうまくいった、とカルナは胸中で少しばかり安堵する。
自分の夢、とまではいかないが、やはりどこかで音楽を楽しむ気持ちがある。それと同時に、恋人を、アルジュナを手放したくないと心が叫ぶ。そのどちらをも選ぶことはできない。取捨選択するにはカルナは若いのだ。

「あっ!」

ミニバンは運転手をジークフリートとして進んでいた。カルナの、アルジュナと同棲中のマンションの前に来た瞬間、アストルフォが声をあげた。

「アルジュナ卿だ!」

マンションの入り口で、夜も遅いというのに。
街灯と、エントランスから零れる光がアルジュナの肌を浮かび上がらせている。長い手足のシルエットと、僅かな光でも端正だと分かる顔立ち。
カルナはジークフリートが横づけしてくれた車から転がるように飛び出し、アルジュナの元へと駆け寄った。

「アルジュナ!」
「カルナ」

アルジュナは、いわゆる一般人だ。明日は仕事があるというのに、こうしてカルナを待っていてくれた。カルナはそれに嬉しさを覚え、思わず両腕を広げて抱き締めようとする。が、カルナに与えられたのは恋人との甘いひと時ではなかった。

「こ、の、馬鹿がァアッ!!!」
「「「!!??」」」

思い切り振りかぶったアルジュナの拳がカルナの鳩尾を綺麗に捉え、埋め込まれる。
思わず車の中のメンバーも固まった。蹲るカルナの前で仁王立ちをしたアルジュナは、腕を組んで宣誓する。

「実家に、帰らせていただきます!!!」

言うが早いか隠れていたキャリーケースを引っ張り出し、偶然通りがかったタクシーを拾い、颯爽と去っていったアルジュナ。
カルナが呆然とそれを見送り、しばらくしてから車の中のメンバーを振り向く。
メンバーも、これまたどうしたことかと顔を見合わせたのだった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:恥ずかしい彼女 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:1433字 お気に入り:0人
「ッッ――ラァッ!」来る、と思ったのは、決してカルナの思い違いではなかった。鮮烈な赤。血よりももっと明度の高い、林檎や苺のような緋色。それが眼前に迫り、カルナは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:戦争と悪人 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:1468字 お気に入り:0人
従業員の顔が一瞬で青褪め、道を開けた。というよりも、脱兎のごとく逃げ出した。カルナとビリーは一気に走り出し、ピアノの乗るステージの横を通り抜けて二階への階段に足 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:もしかして凡人 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1258字 お気に入り:0人
ガゴンッ!と車体が揺れ、カルナが一瞬だけシートから浮く。咄嗟に庇ったベレッタをセットし直しながらフィンを見ると、どうやら運転席から何かを外へと投げているようだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:愛のプレゼント 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:1297字 お気に入り:0人
「大層なご登場なこって」「いつもはデスクワークばかりだからね。たまに現場に戻ると良い刺激になる」「まぁいいや、カルナが君と行くと申し出た」「そうか」フィンはウィ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:見憶えのある水 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:1403字 お気に入り:0人
最初の感想は「誰だあれ」だった。俺はロビンフッドの中でも出来の悪い方だと自負しているが、その中でもまぁまぁ頑張ってきたとも思っている。魔力も電力も不足したカルデ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:小説家たちの唇 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:1450字 お気に入り:0人
「あなたにとって、私なんて火遊びにもならないのでしょうね」どんなことが原因だったのか、もう覚えていない。けれども売り言葉に買い言葉。それが私を躍起にさせて、言わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:私の儀式 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:1786字 お気に入り:0人
「言い訳はあるかね」「………無い」カルナは両手を後ろ手に組み、足を肩幅に開いて質問の主を見ていた。ジェロニモは他のメンバーと同じく、カルナへの「勉強」の先生であ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:没カルジュナ お題:初めての宿命 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:980字 お気に入り:0人
バタンッ!と大きくドアが閉まる音が響いた。マリーとアルジュナは肩で息をしながらドアに背をつけ、顔を見合わせる。どちらともなく瞳が弧を描き、笑みとなった。「先程の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:限りなく透明に近い命日 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1539字 お気に入り:0人
さて防犯ブザーで呼ばれるのは、何もむくけき男だけではない。カルナはアルジュナの元にはせ参じた三人を見やってチベットスナギツネの形相となった。「うちの子に何か御用 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:かたいオチ 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1572字 お気に入り:0人
「ニューーーーヨーーークヘ、行きたいか~~~~!」「「「ウォォオオオオ!!!」」」赤白青の三色帽子をかぶり、ギターをマイクに見立てて叫んでいるのは信長。その隣で 〈続きを読む〉