ジャンル:モブサイコ100 お題:女の愛人 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:2196字 お気に入り:0人
[削除]

きみが死んだら?(仮) ※未完

「自殺した?」
 静かな相談所内に、霊幻の声が響いた。
 受付に座っているモブは、読んでいた漫画(霊幻に借りているもので、最強無敵のヒーローが主人公のバトル漫画だ)からふっと顔を上げると、依頼人の方を見た。「ええ、そうです」彼は俯いて、じっと床を見つめていた。
「先月、知人が首を吊って……それで、それからおかしいことが続いている」
 自殺、と聞くと突拍子も無いような言葉に思えるが、日頃「霊能力者」という職業に身を置く霊幻にとっては、さほど驚くようなことでもなかった。
 しかし、あまり良い気分はしない。お悔やみ申し上げます、と頭を下げると、依頼人は目を細めた。
 ――苦しんだ末に最悪の決断をして、悪霊になってしまった霊というのは、モブでさえ何人か見たことがあった。
 しかしその言葉を聞いた時、やり場の無い、途方もなく悲しい気持ちに駆られることに慣れはしない。
 モブは漫画を閉じると、依頼人の話にそっと耳を傾けることにした。
「それで、知人というのは?」と霊幻が聞くと、依頼人はぽつりぽつりと、一言ずつ何かを吐き出すように喋り始めた。
「……会社の、同僚で、大変優秀な人でした」
 霊幻はメモパッドに依頼人の話をさらさら書いていくが、彼の顔から視線を下げることはない。
 しかし、依頼人はずっと俯いたままであった。
「先月大きな仕事を終えて、お祝いにって、二人で呑みに行ったんです」ひとつひとつ区切るようだった口調は、段々と調子を取り戻すように、滑らかになっていく。「お互い妻も居るし、まあほどほどにしておこうと、大分早い時間でお開きをすることにしました」
 霊幻は堰を切ったように喋り出す依頼人の様子を伺って、大丈夫ですか、と声をかけた。依頼人はあまり気にしていないように頷いた。「あまり無理はしなくて良いので」と、まるで自分に言い聞かせるような言葉も発した。……霊障もあるのかもしれないが、霊幻の経験では、このような場合の依頼は、精神的ダメージの方が大きな問題になる。慎重にいかなければいけない、と気構える霊幻に対し、依頼人は淡々と話し続けた。「会計の前に、トイレに行ってくると言うんです」
「だから、私は席に着いたまま待っていました。ところが、一向に帰ってくる気配はない。酔っ払っていた私は、男子トイレのドアをめちゃくちゃに叩いた後、もう帰るぞ、と上から覗き込みました」
 息を思い切り吸い込んだかと思うと、依頼人は黙りこくり、唇を噛み締めた。霊幻は「話してくれてありがとうございます」とだけ言うと、やわらかに笑った。
「抱え込まず、話すことで楽になることもありますから」
 モブは客相手に霊能方面に話を繋げようとしない霊幻を不思議に思ったが、少し経って彼は慎重に事を進めようとしているのだということを理解すると、なんだか嬉しい気持ちになった。ありがとうございます、と依頼人は小さくお辞儀をした。
 霊幻はタイミングを見計らって、「おかしなことというのはなんでしょう」と笑いかけた。依頼人は深刻そうな顔で、おかしなことは私におこるのではないのです、と言った。
「……ふむ、すると、会社などで」
「妻、なのです」

 ○

 依頼人が自分の妻に起こった出来事を一通り語ると、霊幻は、とりあえず今日はこれで終わりにして、また後日改めて除霊をするということに決めた。話が終わると、少しすっきりした面持ちで彼が立ち上がる。そうして、相談所を出る前に、ぼそりと呟いた。「……あの、霊幻先生」
「はい、料金でしたら後払いで――」
「人は死んだらどこに行くのでしょう?」
 霊幻は少し固まった。もしや自殺のサインか、と彼の顔色を伺うが、どうもそういうわけでもなさそうだった。「私の知人がこの世に留まってるのは、未練があるからですね?」
「……私の、見解では」モブも、只ならぬ雰囲気に少しだけ緊張していた。そして、死んだらどこに行くか、という普遍的な疑問に、自分はまだ納得のいく答えを持っていないのだ、ということに気づいた。「未練が無くなれば成仏します」
「消えてなくなるということですか?」
「いえ、完全に消えるということはありません。新しい生物に生まれ変わる――輪廻転生です」
 霊幻はいつもの営業スマイルとは少し違う、はにかんだ顔で笑った。
「そうやって私たちは生きてきたし、これからも生きていくのです」
 モブはいつもと違う霊幻に少し戸惑ったが、依頼人が笑顔で相談所を出ていくのを見て、なんだか納得していた。

 ○

 足音が遠ざかっていくと、霊幻は「だぁっ!」と叫んで来客用のソファーに寝そべった。
「疲れた!」
 モブはそんな霊幻をどこかきらきらした目で見ていた。でも、口に出すことはしなかった。師匠は恥ずかしがるだろうな、と思ったからであった。
 どこからきたのか、エクボがにやついた笑みを浮かべて霊幻の周りを飛んでいた。
 霊幻は蚊を追い払うように手をひらひらさせるが、エクボはお構いなしだった。
「お前にも死生観ってやつがあるんだな」
 と、エクボはにやにや言った。
 霊幻はふてくされたようにソファーにうつ伏せになった。
 ……モブは、なんだかそんな光景も微笑ましいように思えた。そして、思い立った事を聞いた。
「本当なんですか?」
「あぁ?」
「りんね、てんしょー……」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
テル律 ※未完
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:モブサイコ100 お題:緑の絵画 制限時間:30分 読者:131 人 文字数:1301字 お気に入り:0人
緑の絵の具を塗りたくったような絵画の前でひとり立ち尽くした。多分それは新緑の風景とか、山々の青さを表現していたのだろうけれど。僕には「エクボ……」慣れ親しんだ悪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:モブサイコ100 お題:綺麗な貯金 制限時間:30分 読者:128 人 文字数:1472字 お気に入り:0人
「霊幻さんって貯金とかしてるんですか?」「なんだ突然。そりゃあな、こういう不定期な収入の仕事だし多少は貯金してるぞ」「へー意外です。もっと刹那的に生きているんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
テル律 ※未完
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:モブサイコ100 お題:走る稲妻 制限時間:30分 読者:133 人 文字数:1274字 お気に入り:0人
夏の天気は変わりやすい。しかも、秋や梅雨と違い急な雷雨というものが多いのだ。それはここ数年の異常気象とも言われているが、物心ついたときにはこの異常が日常となっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
春の霊律 ※未完
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:モブサイコ100 お題:3月の極刑 制限時間:30分 読者:147 人 文字数:1436字 お気に入り:0人
告白は僕からだった。兄さんの高校進学と同時に想いを伝えたところ、意外にもあっさり了承の返事をされ、僕らは晴れてお付き合いし始める事となったのだ。 中学生と高校 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:モブサイコ100 お題:早すぎた円周率 制限時間:30分 読者:224 人 文字数:1355字 お気に入り:0人
「例えば授業のカリキュラム……学習指導要領だっけか? あの辺ってのはさ、それぞれちゃんと意味があって定められているものなんだよ。順を追って習っていくのが大事だと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:モブサイコ100 お題:日本式の同性愛 制限時間:30分 読者:153 人 文字数:1251字 お気に入り:0人
「日本って同性婚できるんだっけか?」「できないよ。それに近しいものを発行している市区はあるけど、国の法律としては認められていない」「へー……じゃあ律は一生結婚し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:モブサイコ100 お題:昼の境界 制限時間:30分 読者:165 人 文字数:1146字 お気に入り:0人
昼と夜の境目のことを、夕方もしくは黄昏時と呼ぶ。逢魔が時とも呼ばれるし、その他の呼び名などいくつだってあることだろう。昼と夜では明るさが変わることから目に見え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
テル律 ※未完
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:モブサイコ100 お題:少女の少数派 制限時間:30分 読者:146 人 文字数:952字 お気に入り:0人
マジョリティーに属する人間は、いつだって悪意なく他者もすべてマジョリティーであると考えるものである。14年間生きてきて、表の世界も裏の世界も見るともなしに眺め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
霊律 ※未完
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:モブサイコ100 お題:悲観的な美術館 制限時間:30分 読者:121 人 文字数:878字 お気に入り:0人
「律くん、美術館とか興味無いか?」「ありません」「そうかそうかー。実はここにチケットがあってな、期限がなんと明日までなんだよ」「そうですか、じゃあおひとりで行っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
霊律 ※未完
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:モブサイコ100 お題:朝の血痕 制限時間:30分 読者:180 人 文字数:1243字 お気に入り:0人
「ああ、失敗したな」 僕は乾いて張り付く髪の毛と、枕元にべたりと残った痕を見て思った。いつも怪我をしたときは、家に帰る前にある程度拭き取っておくのだが、今回の怪 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Projest お題:楽観的な夢 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:564字 お気に入り:0人
ボクは…北極にいた…そう…そのはずなんだよ…なのに…目の前には神社。誰もいない神社。なんで…なんで…「あら。初めて見る妖怪ね。害悪妖怪なら退治するけど…そのよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Projest お題:見憶えのある小説の書き方 必須要素:高校受験 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:391字 お気に入り:0人
え~ちょっと言いたいことがあります。 お題:見覚えのある小説の書き方 って何? うん本当にわからないのでちょっと無視させていただきます。 あーヤバイこれだけ4 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方projest お題:強い朝日 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:284字 お気に入り:0人
「-----ん?」気づいた時は、博麗神社にいた。「あれ?なんで霊夢の家ー痛っ!」ああ。そういえば昨日の夜霊夢と酒を飲んでたんだっけな?「おい。霊夢。起きるんだぜ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:暗黒の儀式 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:913字 お気に入り:0人
※何でも許せる方向け※暴力的な描写があります 恋人の瞳を見つめ、そして一つキスをする。 これは儀式だ。「今日も可愛いよ。あいしてる」「……」 答えはない。それは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:あんすた。【腐】 お題:幼い、と彼は言った 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:3584字 お気に入り:0人
*****【欠片ずっこ】「ちあきは、『あんぱんまん』にはなれなかった『せいぎのみかた』なんです。」「あんぱん??まん??あの、幼稚向けの??」「ーーはい。『おこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ボーカロイド お題:団地妻の奈落 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:771字 お気に入り:0人
ある日のことのようだった。私が初音ミクに似ている人を見つけた。おーい!ミクちゃん!ミクはいないのよ。私はがっかりした。どうせ、初音ミクはネットアイドルの仕事で忙 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:ぐちゃぐちゃの夢 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1183字 お気に入り:0人
はっきりしている。どうしても思い出したくなくても思い出す夢。私の住んでいた町が真っ赤な炎で覆い隠していた。そこには、大好きな家族や友達、町の人々が逃げ遅れている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バトルスピリッツ烈火魂 お題:彼が愛した潮風 必須要素:しゃっくり 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1706字 お気に入り:0人
今日は最終日なんだか寂しいけど満月が麗しい時だってわかってるから。ここが、幻想の満月かー。って吐息混じりで言っているのが烈火幸村。月の世界では、先人達が空に昇る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:僕が愛した人 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:701字 お気に入り:0人
俺っちは、わかったんだ。大将のことをずっと好きだって。いつも周りには、違う刀剣男士がいるのにその奴らに嫉妬しているから気が狂いそうだぜ。今日もウチの弟たちがいた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バトルスピリッツ烈火魂 お題:裏切りの笑顔 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1706字 お気に入り:0人
今日は何の日か知っているはず!そうそう、国際宇宙ステーション希望が全国を駆け回るんだって。東京ゲームショウをまた輪廻のように繰り返すかもって、ニュースの人が言っ 〈続きを読む〉