ジャンル:カルジュナ お題:少女の家 制限時間:15分 読者:182 人 文字数:1329字 お気に入り:0人

【カルジュナ】小説家x婚約者の小話

困ったことになった。
カルナはポーカーフェイスを司る一方で、背中に滝のような冷や汗をかきながら正座をしていた。

「カルナ、この本はなんですか?」

アルジュナがカルナに突き出したのは、俗にいう薄い本。
先日開催された夏の祭典に、無理矢理休みを作って繰り出し、知り合いの刑部姫のところで売り子というものをしてきたのだ。その代価としてサークルチケットで入場し、自分の求める本を買いあさってきた。
ちなみにカルナはそのままの状態であると逆に悪目立ちしてしまうため、「謝罪探偵のドラマ版から派生した新書版に出てくる人類学者のコスプレです」と言い、その中の書生姿でコスプレ登録までして挑んだ。そしてすべてのカメコに首を振り、コスプレ広場を通り過ぎそうになりそうなルートはことごとく外した。
これで担当編集者の玉藻に気付かれてはいまい、とたかをくくっていたのだが、まぁあっさりと市場調査にきていた玉藻に見つかって白い眼をされた。それでも「黙っておいてあげましょう…何か自費出版されているわけでもありませんものね」と溜め息一つでお目こぼしを頂いたのだった。

さて、それはそれとして。
つまり、カルナは夏の祭典で、自分の書く「謝罪探偵すまないさん」シリーズの二次創作本を買いまくってきたのだ。その中でも、褐色ショタと名高い、劇中のアルジュナと、カルナ自身をモデルにした人類学者のカップリング…いわゆる、学ジュナに絞って買ってきた。
もちろん、プロとしてのカルナから見たものとしては、全てがアマチュアである、しかしそこに技術などはなから求めていない。これを書かなければと突き動かされた人間の熱意のなんと素晴らしいことか。
小銭で肩に食い込んでいたポーチも軽くなり、両手いっぱいにかかえた同人誌と帰宅したのがつい先週。
そして今週、アルジュナが部屋の掃除に入るまで、それらは寝る前の楽しみとして紙袋に入れられ、ベッドサイドに置かれていた。ここでカルナにはひとつの誤算があった。

ひとつ、先週から今日まで、天気が悪く、雨ばかりであった。
ふたつ、アルジュナは夏休みであり、いつでもカルナの家にくることができる。
みっつ、カルナの家の掃除はアルジュナの仕事だった。

ここから導き出された答えが冒頭。ひとかかえほどもある学ジュナ同人誌を見つかったのである。
中身まで見られていなければセーフかもしれない、と淡い期待を抱くが、アルジュナはぱらぱらとそれを捲る。そしてためらいなくバッと大きく開いてカルナにつきつけた。まごうことなく十八禁の、くんずほぐれつシーンである。

「わたしとカルナのキャラクターはなにをしてるんですか!?」
「ァアアアアアア!!!」
「『おんなのこになっちゃいますぅ』って、このキャラクターは男の子じゃないんですか?」
「アルジュナ!!閉じろ!!!!閉じるんだ!!!!」
「『せんせぇの、おっきい♡』」
「音読を、いますぐ、やめろ!!!!」
「むぐ」

アルジュナの口を手のひらで覆い、カルナは同人誌を叩き落とす。
その下から覗いてくるジト目に、どうやって弁明しようかなどと、もうすっかり回らなくなった頭でカルナは考えるはめになったのだった。





同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:恥ずかしい彼女 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:1433字 お気に入り:0人
「ッッ――ラァッ!」来る、と思ったのは、決してカルナの思い違いではなかった。鮮烈な赤。血よりももっと明度の高い、林檎や苺のような緋色。それが眼前に迫り、カルナは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:戦争と悪人 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:1468字 お気に入り:0人
従業員の顔が一瞬で青褪め、道を開けた。というよりも、脱兎のごとく逃げ出した。カルナとビリーは一気に走り出し、ピアノの乗るステージの横を通り抜けて二階への階段に足 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:もしかして凡人 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1258字 お気に入り:0人
ガゴンッ!と車体が揺れ、カルナが一瞬だけシートから浮く。咄嗟に庇ったベレッタをセットし直しながらフィンを見ると、どうやら運転席から何かを外へと投げているようだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:愛のプレゼント 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:1297字 お気に入り:0人
「大層なご登場なこって」「いつもはデスクワークばかりだからね。たまに現場に戻ると良い刺激になる」「まぁいいや、カルナが君と行くと申し出た」「そうか」フィンはウィ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:見憶えのある水 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:1403字 お気に入り:0人
最初の感想は「誰だあれ」だった。俺はロビンフッドの中でも出来の悪い方だと自負しているが、その中でもまぁまぁ頑張ってきたとも思っている。魔力も電力も不足したカルデ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:小説家たちの唇 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:1450字 お気に入り:0人
「あなたにとって、私なんて火遊びにもならないのでしょうね」どんなことが原因だったのか、もう覚えていない。けれども売り言葉に買い言葉。それが私を躍起にさせて、言わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:私の儀式 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:1786字 お気に入り:0人
「言い訳はあるかね」「………無い」カルナは両手を後ろ手に組み、足を肩幅に開いて質問の主を見ていた。ジェロニモは他のメンバーと同じく、カルナへの「勉強」の先生であ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:没カルジュナ お題:初めての宿命 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:980字 お気に入り:0人
バタンッ!と大きくドアが閉まる音が響いた。マリーとアルジュナは肩で息をしながらドアに背をつけ、顔を見合わせる。どちらともなく瞳が弧を描き、笑みとなった。「先程の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:限りなく透明に近い命日 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1539字 お気に入り:0人
さて防犯ブザーで呼ばれるのは、何もむくけき男だけではない。カルナはアルジュナの元にはせ参じた三人を見やってチベットスナギツネの形相となった。「うちの子に何か御用 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:かたいオチ 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1572字 お気に入り:0人
「ニューーーーヨーーークヘ、行きたいか~~~~!」「「「ウォォオオオオ!!!」」」赤白青の三色帽子をかぶり、ギターをマイクに見立てて叫んでいるのは信長。その隣で 〈続きを読む〉