ジャンル:カルジュナ お題:少女の家 制限時間:15分 読者:282 人 文字数:1329字 お気に入り:0人

【カルジュナ】小説家x婚約者の小話

困ったことになった。
カルナはポーカーフェイスを司る一方で、背中に滝のような冷や汗をかきながら正座をしていた。

「カルナ、この本はなんですか?」

アルジュナがカルナに突き出したのは、俗にいう薄い本。
先日開催された夏の祭典に、無理矢理休みを作って繰り出し、知り合いの刑部姫のところで売り子というものをしてきたのだ。その代価としてサークルチケットで入場し、自分の求める本を買いあさってきた。
ちなみにカルナはそのままの状態であると逆に悪目立ちしてしまうため、「謝罪探偵のドラマ版から派生した新書版に出てくる人類学者のコスプレです」と言い、その中の書生姿でコスプレ登録までして挑んだ。そしてすべてのカメコに首を振り、コスプレ広場を通り過ぎそうになりそうなルートはことごとく外した。
これで担当編集者の玉藻に気付かれてはいまい、とたかをくくっていたのだが、まぁあっさりと市場調査にきていた玉藻に見つかって白い眼をされた。それでも「黙っておいてあげましょう…何か自費出版されているわけでもありませんものね」と溜め息一つでお目こぼしを頂いたのだった。

さて、それはそれとして。
つまり、カルナは夏の祭典で、自分の書く「謝罪探偵すまないさん」シリーズの二次創作本を買いまくってきたのだ。その中でも、褐色ショタと名高い、劇中のアルジュナと、カルナ自身をモデルにした人類学者のカップリング…いわゆる、学ジュナに絞って買ってきた。
もちろん、プロとしてのカルナから見たものとしては、全てがアマチュアである、しかしそこに技術などはなから求めていない。これを書かなければと突き動かされた人間の熱意のなんと素晴らしいことか。
小銭で肩に食い込んでいたポーチも軽くなり、両手いっぱいにかかえた同人誌と帰宅したのがつい先週。
そして今週、アルジュナが部屋の掃除に入るまで、それらは寝る前の楽しみとして紙袋に入れられ、ベッドサイドに置かれていた。ここでカルナにはひとつの誤算があった。

ひとつ、先週から今日まで、天気が悪く、雨ばかりであった。
ふたつ、アルジュナは夏休みであり、いつでもカルナの家にくることができる。
みっつ、カルナの家の掃除はアルジュナの仕事だった。

ここから導き出された答えが冒頭。ひとかかえほどもある学ジュナ同人誌を見つかったのである。
中身まで見られていなければセーフかもしれない、と淡い期待を抱くが、アルジュナはぱらぱらとそれを捲る。そしてためらいなくバッと大きく開いてカルナにつきつけた。まごうことなく十八禁の、くんずほぐれつシーンである。

「わたしとカルナのキャラクターはなにをしてるんですか!?」
「ァアアアアアア!!!」
「『おんなのこになっちゃいますぅ』って、このキャラクターは男の子じゃないんですか?」
「アルジュナ!!閉じろ!!!!閉じるんだ!!!!」
「『せんせぇの、おっきい♡』」
「音読を、いますぐ、やめろ!!!!」
「むぐ」

アルジュナの口を手のひらで覆い、カルナは同人誌を叩き落とす。
その下から覗いてくるジト目に、どうやって弁明しようかなどと、もうすっかり回らなくなった頭でカルナは考えるはめになったのだった。





同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:高い扉 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1868字 お気に入り:0人
「というわけで家出してきました」「お帰りやがってください」「なんでです!?」キャリーケースを引き連れてアパートメントの階段を上ってきたアルジュナを認め、開口一番 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:冬のジジィ 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:1819字 お気に入り:0人
この上なくスムーズに着陸し、おざなりな見送りを受けた後、空港近くのホテルへと向かう。ホテルのドアを潜るまではあくまで職務中のため、手を繋ぎたくても繋げないのが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:情熱的な小説 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1333字 お気に入り:0人
自動操縦へと切り替わり、あとは互い違いに確認を行いながら適宜微細な修正を行っていくだけだ。アルジュナはシートベルトを外し、コーヒーを淹れるために席を立った。空の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ラストは想い 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:1584字 お気に入り:0人
微弱な振動を感じる。この離陸直前の振動を、カルナはもっとも好ましく思っていた。旋回し、水平を保つ頃には既に町など眼下のミニチュアだ。左翼がしなり、繋ぎとなってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:これはペンですか?違うわ、それは人体 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1265字 お気に入り:0人
わたくし、子狐を一匹、飼っておりました。それはたいそう賢く、また人づきあいもよく愛嬌もあり、私がふいと目を離したと思えば、やれ羊の毛を刈う手伝いをしてきただの、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:生きている黒板 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1534字 お気に入り:0人
「何してるんです?」「…………何も」アルジュナが俺の部屋にやってきた。ガッタンゴットンと荒々しくひっくり返して掃除をしたばかりの俺の部屋にやってきた。両隣が空き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:謝罪探偵すまないさん お題:オチは風 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:1286字 お気に入り:0人
「探偵さんはさがしものもとくいですか?」アルジュナがそう言いながら探偵事務所を訪ねてきたのがついさっき。探偵さんはアルジュナにあたたかいココアを出して飲むように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:小説の会話 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:1434字 お気に入り:0人
「いや、」俺が言いよどんでいると、アルジュナは少し俯き、眉を下げた。こんな時にどういう反応をすればいいのかと迷っているようでもあったし、裁きを待つ罪人のようでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:有名な喜び 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:1238字 お気に入り:0人
俺がアルジュナと出会ったのは、ある意味で偶然を重ねた上での必然だった。サーヴァント時代の記憶を有していると気付いたのは、物心も着く前だった。むしろ生まれ落ちた瞬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:FGO お題:鈍い奈落 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:793字 お気に入り:0人
あぁ痛いなちくしょう。なんだってほんと、オレなんかが世界を背負っちまったんだろうな。平凡が服着て歩いてるような現代日本の中流家庭の次男でさ、こんな血とか煙とか剣 〈続きを読む〉