ジャンル:魔法少女育成計画 お題:黄色い関係 必須要素:ボールペン 制限時間:30分 読者:139 人 文字数:688字 お気に入り:0人

(みかんだよ!) ※未完

☆スタイラー美々

 スケジュール帳の上でペンを走らせる。
やれ「15時にA市、魔法少女2人、ヘアスタイル」とか「18時にB市、魔法少女1人、内密に」とか、
そういった魔法少女からの予約をスケジュール帳に記載するのは悪くない。
自分の魔法が、自分が求められていることが目に見える形で実感できるのが良いと、スタイラー美々はそう思う。

では、そんな悪くない時間をげんなりした顔で過ごしているのは何故か。

「だからさぁ」

その原因となっている魔法少女が話し始め、スタイラー美々は露骨に溜息を吐いた。

「絶対おもしろいと思うんだよ。聞いた? 反魔法の国の輩が集まってるって話」
「元魔王塾でやり手の魔法少女が率いてるとかなんとかってやつでしょう。近々魔法の国が本腰あげるとかなんとか」
「で、魔法の国が動く前にやっちゃうの。どうよ」
「どうよと言われても」

 ふ、とスケジュール帳から顔を上げ、その魔法少女と――袋井魔梨華と顔が合う。
良い意味でも悪い意味でも裏表がない、屈託のない笑顔だった。

「好きだろ美々。そういうの」
「あのですね。いい加減誤解を解いておきたいんですが、私そういう暴力沙汰は好きじゃないんですよ」
「またまた、そんなこと言ってさ」

 聞く耳持たずだ。さらに異論を唱えようとしたところで、びりりと空気が揺れた。
瞬間、風を切って魔梨華の裏拳が顔めがけて飛ぶ。
スケジュール帳を走らせていたボールペンを軽く上に放り投げ、
スタイラー美々の右手が裏拳を受け止めた。

ぱしん、と乾いた音が響いた。



あーーーー即興二次もうきらい!!!1111111

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:カッツェニキ ジャンル:魔法少女育成計画 お題:黄色い関係 制限時間:30分 読者:105 人 文字数:1018字 お気に入り:0人
☆太陽は時々、痛いくらいに黄色く光る時がある。普通に過ごしていてその痛いほどの黄色さを感じないのは、きっと、見慣れすぎて感覚が麻痺しているからなのだろう。生きて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:魔法少女育成計画 お題:最弱の夕日 必須要素:暗黒の瞳 制限時間:30分 読者:102 人 文字数:1524字 お気に入り:0人
コートを一度撫で、ベルトの色を差し替えた。魔法で作る衣装は、美々の気分に合わせて細部を変更することができる。些細な変化ではあったが多少気が紛れた。しかし――服 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カッツェニキ ジャンル:魔法少女育成計画 お題:刹那の故郷 必須要素:変なにおい 制限時間:30分 読者:116 人 文字数:1611字 お気に入り:0人
☆スタイラー美々魔法少女はモチーフによって目には見えない部分で他者と差が出ることがある。単純な運動能力だけの話ではない。五感や、直感、そういった部分もだ。例とし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:エピローグと新作 ジャンル:魔法少女育成計画 お題:小説の会話 必須要素:豊胸手術 制限時間:30分 読者:80 人 文字数:1222字 お気に入り:0人
☆スタイラー美々そもそも、噛み合わないのだ。なのになぜ美々が袋井魔梨華と一緒にいるのが普通になっているのか。これがわからない。特に最近はそう思う機会が増えている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:エピローグと新作 ジャンル:魔法少女育成計画 お題:不幸な雨 必須要素:「うー遅刻遅刻!」 制限時間:30分 読者:86 人 文字数:1688字 お気に入り:0人
☆スタイラー美々「うー遅刻遅刻!」雨の日はあまり好きじゃない。雨の日はいつもより目覚まし時計の音が小さい気がするからだ。それに、曇りや雨だと体調にも影響が出る。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ト・ヘン@まほいく依存症 ジャンル:魔法少女育成計画 お題:臆病な草 必須要素:スマホ 制限時間:30分 読者:735 人 文字数:1239字 お気に入り:0人
犬吠埼珠……魔法少女たまは魔法少女になるための試験が始まってもやることがわからなかった。 魔法少女になるためにはマジカルキャンディーを集めることが条件だ。そし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ト・ヘン@まほいく依存症 ジャンル:魔法少女育成計画 お題:今度の冬休み 制限時間:30分 読者:1366 人 文字数:1006字 お気に入り:1人
魔法少女「シャドウゲール」、本名は魚山護は人小路家に仕えるお嬢様学校の学生だった。名前の通り「主人を護れるように」と主である人小路庚江と同じ学校に通学し、同じ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ト・ヘン@まほいく依存症 ジャンル:魔法少女育成計画 お題:ドイツ式の喪失 制限時間:30分 読者:806 人 文字数:1345字 お気に入り:0人
大量破壊が可能な魔法少女「魔王パム」。彼女が魔法の国の命令で殺してきた魔法少女は数知れない。 今、パムが一人の魔法少女を殺した。首が180度曲がっている。苦し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:魔法少女育成計画 お題:誰かと暴力 制限時間:30分 読者:774 人 文字数:1784字 お気に入り:0人
魔法少女リップルは暗闇の森を駆けていた。 スイムスイム、リップルの友達を殺した魔法少女を○すためだ。しかし、奴には刀をすり抜ける魔法がある。 電子妖精「ファヴ 〈続きを読む〉

雨七の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:ALTEREGO お題:穏やかなネット 必須要素:おっぱい 制限時間:30分 読者:95 人 文字数:845字 お気に入り:0人
「そうね。貴女には本当に感謝しているの」整った顔。その表情をぴくりとも動かさず、ぽつりと呟いた。「空っぽのがらんどうだった私に『私』を教えてくれたのは。間違いな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:134 人 文字数:1338字 お気に入り:0人
「めっちゃ木が生えてますよー!」「栗の木。ただの木なら神境にも生えてる…」「はるるはこまかいですねー」 きゃっきゃと巫女服の少女たちがはしゃいでいた。一人は滝見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:174 人 文字数:1312字 お気に入り:0人
「あっれー。小鍛治プロ、奇遇ですねぃ」 げ、という声が口を衝いて飛び出した。ぱたぱたと着物を揺らし、小柄な少女が駆け寄ってくる。「……どうも、三尋木プロ」「どう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:魔法少女育成計画 お題:黄色い関係 必須要素:ボールペン 制限時間:30分 読者:139 人 文字数:688字 お気に入り:0人
☆スタイラー美々 スケジュール帳の上でペンを走らせる。やれ「15時にA市、魔法少女2人、ヘアスタイル」とか「18時にB市、魔法少女1人、内密に」とか、そういった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:Fate/Grand Order お題:破天荒な国 必須要素:セリフ無し 制限時間:30分 読者:298 人 文字数:1052字 お気に入り:0人
じわじわと、窓の外から聞こえる蝉の鳴き声に目を覚ます。寝汗でじとりと湿った布団の独特の感触に眉を顰め、私は――ワルキューレ。個体名はスルーズ――おもむろに身を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:咲-Saki- お題:興奮した処刑人 必須要素:じゃがいも 制限時間:30分 読者:642 人 文字数:1252字 お気に入り:0人
「それで、なるか?」 ちかちゃんが私の名前を呼びました。私はおそるおそる、目線を上げてちかちゃんの顔色を伺います。目元。にっこり。口元。弧を描いています。一見、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:咲-Saki- お題:ゆるふわ愛されおっさん 必須要素:干支 制限時間:2時間 読者:366 人 文字数:2355字 お気に入り:0人
「純くんさぁ」 その言葉を発した国広一自身も驚くほどに、「あきれた」感が強い声色だった。「何だよ」と振り向く井上純を、まじまじと彼女は観察する。 まず、体勢。使 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:咲-Saki- お題:暴かれた会話 必須要素:会話劇 制限時間:4時間 読者:402 人 文字数:4308字 お気に入り:0人
「霞さんの様子を、ですか?」「はい。巴ちゃんに久しぶりに見てきてほしくって」 にこにこと、屈託のない笑顔で姫様が言いました。学生時代から何ら変わらない、無垢な笑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:咲-Saki- お題:朝の汁 必須要素:くさや 制限時間:15分 読者:409 人 文字数:771字 お気に入り:0人
爽やかな朝だった。窓からは柔らかな朝日が差し込み、白い布団がふわりと全身を心地よく包んでいて。けれど、そんな朝を迎えたエイスリンの第一声は、「クサイ!!」 悲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:咲-Saki- お題:女のカリスマ 必須要素:靴の中敷 制限時間:30分 読者:421 人 文字数:1216字 お気に入り:0人
「というわけで! テルーとスミレが卒業しちゃったわけだけど!」「そうだなぁ」「……むー。亦野先輩、他人事ー? 次期部長がそんなんでいいの?」、 と、言われても。 〈続きを読む〉