ジャンル:刀剣乱舞 お題:漆黒の闇に包まれし恨み 制限時間:15分 読者:118 人 文字数:799字 お気に入り:0人

願い

 武器なのだから――同田貫正国の口癖である。
 刀剣男士は刀から生じた付喪神なのだから、誰しもがその思いを持ってはいるだろう。それをあえて口に出す者は多くはない。同田貫はもっともストレートに言葉にする。あまりにも素直な表現は、飾らない彼らしく、一本気さと不器用さと頑なさを表しているのだろう。
「戦えねぇんじゃ、意味ねぇだろうが」
 重傷を負って帰ってきた時、荒々しく言い放ったのは記憶に新しい。
 ボス戦手前での撤退。
 それも自分が深手を負っていたせいとあれば、苛立つのもわからないではない。彼は戦場で折れるのなら本望と常から言っているのだから。
 無論、私は反発した。
「無駄死にさせる気はない」
 もう少し言い方はあったと思う。でも、同田貫が苛ついている以上に、私は苛ついていたのだ。
 自分の刀剣を、一振りも折りたくはない。
 そのために、日々情報を集め、軍議を重ね、作戦を練っているのだ。
「無駄なんかじゃねぇ」
 案の定、彼は吐き捨てて、手入れ部屋に籠った。
 戸襖が乱暴に閉められ、冷えた音が響いた。
 彼には彼の無念がある。
 けれど私は無念を抱きたくない。
 彼は「武器」だが、私には彼は「刀剣男士」なのだ。この差は、未だ埋められていない。
 どうすればいいのだろう。
 どうすれば彼が刀として味わった不遇が晴れるのだろう――そう考えて乾いた笑いが漏れた。
 そんなものは無理なのだ。数百年という時の中で、持ち続けてきた闇を、昨日今日で簡単に取り払えると思う方が浅ましい。私の思いは彼には届かない。届かなくても、私は彼の思いに寄り添うつもりもない。
 永遠に平行線で、永久にわかりあえず、私はきっと彼に恨まれるのだろう。
 武器の何たるかもわからない、と憎まれるのだろう。
 そう思えば崩れ落ちそうになるが、けれど、それでも――――――それでも私は彼に生きて傍にいて欲しいのだ。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:刀剣乱舞 お題:有名な電車 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:547字 お気に入り:0人
赤い電車が緑の山々の中を突っ切る。上から見ればそれは途切れ途切れに姿を現せて、つまりは数々のトンネルをいくつも潜り抜けて。鮮血が緑の葉に付いた。その赤は黒くも見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:刀剣乱舞 お題:肌寒い逃亡犯 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:718字 お気に入り:0人
「見ろ、息が白い」「そんなものお前にとっては初めてではないだろう」わかりやすく嬉しそうにしているので、そんな言葉を返すと、きょとんとした顔で奴は言う。目をきらき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:刀剣乱舞 お題:近い汁 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:483字 お気に入り:0人
「俺が本物なのに……俺が、俺が、おれが……おれがはじまりの、」「ねぇ、長義くん。いつかの会議である審神者が言ってたんだよ。『長義様は山姥切様に似ておいでですね』 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:くだらないテロリスト 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:434字 お気に入り:0人
私は仕事の要領がすこぶる悪い。そのため、よその審神者であれば昼から始めて夕方までには終わるような仕事はもちろん終わらない。その終わらなかった仕事はどうするのかと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
小説の行動 ※未完
作者:小夜子 ジャンル:刀剣乱舞 お題:小説の行動 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:731字 お気に入り:0人
物思ふに 立ち舞ふべくも あらぬ身の 袖うちふりし 心知りきや「? 鶯丸様?何をお詠みで?」「ああ、これか?これは源氏物語だな」「鶯丸様は教養深くあらせられる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:アルパカの汗 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:7577字 お気に入り:0人
(アルパカは無理) 薬研が本丸から出る理由♢♦︎♢♦︎♢ 俺っちを顕現した大将は『見習い』だった。しかも、素人もいいとこで勤勉さの欠片も持ち合わせていない高官の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:刀剣乱舞 お題:幼い粉雪 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:352字 お気に入り:0人
あぁ、粉雪が舞っている。それは羽根のように、埃のように。スノードームの雪にはありえない、水ではなく風を感じるやうに舞っている。掴もうとしてもするりと逃げて、でも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:刀剣乱舞 お題:生きている妹 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:2910字 お気に入り:0人
「ちょーぎくん、蜜柑!」「ちょーぎくん、蜜柑剥いて」「それは俺でないといけないのかな」「いやだって一緒におこた入ってるの君だけじゃん」「刀は蜜柑を剥くためにある 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:刀剣乱舞 お題:楽観的な正月 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1203字 お気に入り:0人
「ちょーぎくん、蜜柑剥いて」「それは俺でないといけないのかな」「いやだって一緒におこた入ってるの君だけじゃん」「刀は蜜柑を剥くためにあるわけじゃ……」「ちょーぎ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:愛すべき計算 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:510字 お気に入り:0人
手元が器用そうな様子を出しているのに、すぐに手伝ってくれという刀がいる。その内容は些細なものが殆どである。例えば羊羹を食べたいが丁度良い大きさに切るのが難しいか 〈続きを読む〉

あさな@創作中作品のつぶやきの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:あさな@創作中作品のつぶやき ジャンル:刀剣乱舞 お題:漆黒の闇に包まれし恨み 制限時間:15分 読者:118 人 文字数:799字 お気に入り:0人
武器なのだから――同田貫正国の口癖である。 刀剣男士は刀から生じた付喪神なのだから、誰しもがその思いを持ってはいるだろう。それをあえて口に出す者は多くはない。 〈続きを読む〉