ジャンル:刀剣乱舞 お題:漆黒の闇に包まれし恨み 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:799字 お気に入り:0人

願い

 武器なのだから――同田貫正国の口癖である。
 刀剣男士は刀から生じた付喪神なのだから、誰しもがその思いを持ってはいるだろう。それをあえて口に出す者は多くはない。同田貫はもっともストレートに言葉にする。あまりにも素直な表現は、飾らない彼らしく、一本気さと不器用さと頑なさを表しているのだろう。
「戦えねぇんじゃ、意味ねぇだろうが」
 重傷を負って帰ってきた時、荒々しく言い放ったのは記憶に新しい。
 ボス戦手前での撤退。
 それも自分が深手を負っていたせいとあれば、苛立つのもわからないではない。彼は戦場で折れるのなら本望と常から言っているのだから。
 無論、私は反発した。
「無駄死にさせる気はない」
 もう少し言い方はあったと思う。でも、同田貫が苛ついている以上に、私は苛ついていたのだ。
 自分の刀剣を、一振りも折りたくはない。
 そのために、日々情報を集め、軍議を重ね、作戦を練っているのだ。
「無駄なんかじゃねぇ」
 案の定、彼は吐き捨てて、手入れ部屋に籠った。
 戸襖が乱暴に閉められ、冷えた音が響いた。
 彼には彼の無念がある。
 けれど私は無念を抱きたくない。
 彼は「武器」だが、私には彼は「刀剣男士」なのだ。この差は、未だ埋められていない。
 どうすればいいのだろう。
 どうすれば彼が刀として味わった不遇が晴れるのだろう――そう考えて乾いた笑いが漏れた。
 そんなものは無理なのだ。数百年という時の中で、持ち続けてきた闇を、昨日今日で簡単に取り払えると思う方が浅ましい。私の思いは彼には届かない。届かなくても、私は彼の思いに寄り添うつもりもない。
 永遠に平行線で、永久にわかりあえず、私はきっと彼に恨まれるのだろう。
 武器の何たるかもわからない、と憎まれるのだろう。
 そう思えば崩れ落ちそうになるが、けれど、それでも――――――それでも私は彼に生きて傍にいて欲しいのだ。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
反省帰路 ※未完
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:悔しいライオン 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:508字 お気に入り:0人
「負けたーー!!!くっそーーー!!」「はははっ、気にするな獅子王」「気にするっての!五戦五敗だぞ?」演練の帰り道はいつも反省会だ。模擬戦闘といえど勝敗は微々たる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:無意識の兄弟 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:774字 お気に入り:0人
ディープゲーマーお供の狐コチコチ…コツ、カチカチカチ…お供の狐は一匹でいる時、とても静かだ。鳴狐さんと共にいる時は己がやるべき使命のように、彼の気持ちを汲みとり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:壊れかけの狐 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:466字 お気に入り:0人
コチコチ…コツ、カチカチカチ…お供の狐は一匹でいる時、とても静かだ。鳴狐と共にいる時は己がやるべき使命のように、鳴狐の気持ちを汲みときに言葉を添えてときにただ寄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:限りなく透明に近い命日 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:299字 お気に入り:0人
あれ、いつの間にか体が透明になっている。私って死ぬのかな。あそこに薬研がいるのになんで気付いてくれないの!?「薬研!」必死に薬研のことを呼んだ。そうしたらこっち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:栄光の死 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:467字 お気に入り:0人
バーーーーン!!!と激しい音楽に包まれ、煽る照明、きらめくペンライト。黄色い悲鳴を全身に浴びたコンサート。目を閉じればつい昨日のことのように感じるが、それらはも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:女の民話 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:607字 お気に入り:0人
昔々、あるところに人魚のお姫様が居りました。お姫様はおてんばで、言ってはいけないと教えられている海の上へ、時々、こっそりとでかけておりました。ある日、お姫様はま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
清光の手紙 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:恋の作家デビュー 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:463字 お気に入り:0人
拝啓、主へ……「あ~~もうダメダメ!!」加州清光は書きかけの和紙をぐしゃぐしゃに握りつぶし、ぽいっと、背後のくずかごに向かって放り投げた。屑籠からは同じようにぐ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:紅茶と駄洒落 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:168字 お気に入り:0人
「寝耳に水」「あっつ!!!!!!!」明石は唐突に押し付けられた熱い物体を耳にのせられ驚いた。「あっちょっと国行暴れないでよ」「や、暴れたなくとも驚きますやん;」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:反逆の帰り道 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:506字 お気に入り:0人
演練会場は蛍丸の剣舞に魅了されていた。それが、その本丸の終焉を飾るためのものだと気づけた者は少ない。煌びやかな5振りのレア刀たちがまるで踊るように倒れ、顕現が解 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:逆スーモイケメン(仮)Hey!You!!(「・ω・)「(光伽月) ジャンル:刀剣乱舞 お題:走る壁 制限時間:15分 読者:117 人 文字数:528字 お気に入り:0人
僕は前へ前へと進む。行き先はたったひとつ。昔から僕の相棒であり、仲間であり、大事な彼の元へと。此処まで焦ったのはいつぶりだろうか。過ぎ去る他の刀剣達には、吃驚し 〈続きを読む〉

あさな@創作中作品のつぶやきの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:あさな@創作中作品のつぶやき ジャンル:刀剣乱舞 お題:漆黒の闇に包まれし恨み 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:799字 お気に入り:0人
武器なのだから――同田貫正国の口癖である。 刀剣男士は刀から生じた付喪神なのだから、誰しもがその思いを持ってはいるだろう。それをあえて口に出す者は多くはない。 〈続きを読む〉