ジャンル:刀剣乱舞 お題:漆黒の闇に包まれし恨み 制限時間:15分 読者:154 人 文字数:799字 お気に入り:0人

願い

 武器なのだから――同田貫正国の口癖である。
 刀剣男士は刀から生じた付喪神なのだから、誰しもがその思いを持ってはいるだろう。それをあえて口に出す者は多くはない。同田貫はもっともストレートに言葉にする。あまりにも素直な表現は、飾らない彼らしく、一本気さと不器用さと頑なさを表しているのだろう。
「戦えねぇんじゃ、意味ねぇだろうが」
 重傷を負って帰ってきた時、荒々しく言い放ったのは記憶に新しい。
 ボス戦手前での撤退。
 それも自分が深手を負っていたせいとあれば、苛立つのもわからないではない。彼は戦場で折れるのなら本望と常から言っているのだから。
 無論、私は反発した。
「無駄死にさせる気はない」
 もう少し言い方はあったと思う。でも、同田貫が苛ついている以上に、私は苛ついていたのだ。
 自分の刀剣を、一振りも折りたくはない。
 そのために、日々情報を集め、軍議を重ね、作戦を練っているのだ。
「無駄なんかじゃねぇ」
 案の定、彼は吐き捨てて、手入れ部屋に籠った。
 戸襖が乱暴に閉められ、冷えた音が響いた。
 彼には彼の無念がある。
 けれど私は無念を抱きたくない。
 彼は「武器」だが、私には彼は「刀剣男士」なのだ。この差は、未だ埋められていない。
 どうすればいいのだろう。
 どうすれば彼が刀として味わった不遇が晴れるのだろう――そう考えて乾いた笑いが漏れた。
 そんなものは無理なのだ。数百年という時の中で、持ち続けてきた闇を、昨日今日で簡単に取り払えると思う方が浅ましい。私の思いは彼には届かない。届かなくても、私は彼の思いに寄り添うつもりもない。
 永遠に平行線で、永久にわかりあえず、私はきっと彼に恨まれるのだろう。
 武器の何たるかもわからない、と憎まれるのだろう。
 そう思えば崩れ落ちそうになるが、けれど、それでも――――――それでも私は彼に生きて傍にいて欲しいのだ。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 お題:彼女の百合 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:313字 お気に入り:0人
整然とした机の上。その正面奥に透明な花瓶に生けられた白い百合の花が慎ましやかにたたずんでいた。へし切長谷部は自身の机の上のその花を眺めていた。普段彼は険しい顔を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 お題:孤独な恨み 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:389字 お気に入り:0人
なぜ奴ばかりが評価される?俺が、俺こそが山姥切を名乗るにふさわしいのに。奴の方が先に来たから?俺が先に来ていたら状況はまったく逆になっていた?ここでは俺が山姥切 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:パッションの精霊@ねこまふ ジャンル:刀剣乱舞 お題:紅茶と広告 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:667字 お気に入り:0人
「お茶が飲みたいな」と鶯丸が呟いた。いや、呟きというか確実に前田藤四郎が通るのを狙って言ったのだろう。「あの、僕は前田ですよ?」「ああ、知っている」頻繁に鶯丸の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さの ジャンル:刀剣乱舞 お題:アルパカのセリフ 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:345字 お気に入り:0人
「えーっ、次のお題は『アルパカのセリフ』だ!」本日の宴会の司会を務める鶴丸は、くじ引きの過去から一枚引き、折りたたまれた用紙に記載された内容を読み上げた。「すま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:捨てられた本 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:705字 お気に入り:0人
うちの本丸の中には、小さいが書物の保管庫がある。刀剣男士や審神者の私物であったり、政府から送られてきた必読のものであったり、様々な時代のものが一部屋に収められて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 お題:それいけぺろぺろ 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:337字 お気に入り:0人
一期一振と万屋にやってきた包丁藤四郎はあるものの前で立ち止まったまま、目を輝かせていた。円状の大きな飴の中心にはぐるぐると渦巻き模様、そしてその飴を支える竹の棒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:とびだせ笑顔 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:677字 お気に入り:0人
「あるじさま。なんだか、むつかしいのですか」私の顔を覗き込むあどけない姿は、今日の近侍の今剣だ。真紅のおおきな瞳でじっと見つめられると、一瞬何を悩んでいたのか忘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:裏切りの小説合宿 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:712字 お気に入り:0人
「だからなんなのよーーー!もぉーー」こんのすけが定期的に運んでくる、政府からの諸連絡帳を開いて、未読の記事を目にした途端、割と大きな声を出してしまった。小説を書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さの ジャンル:刀剣乱舞 お題:ナウいボーイズ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:350字 お気に入り:0人
「これどうよ」「えーっ、それならこっちの方がよくない?」「僕はこっちの方が良いと思うよ?」「君たちなんで、俺の目の前で議論しているのかな?」山姥切長義の目の前で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:つらい小説トレーニング 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:635字 お気に入り:0人
「はぁ‥‥。」いくつかの本丸を定期巡回しているこんのすけが、今回持ってきた政府からの業務連絡。毎度毎度、とんでもない量の提出物を求めてくるとはいえ、今回ばかりは 〈続きを読む〉

あさな@創作中作品のつぶやきの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:あさな@創作中作品のつぶやき ジャンル:刀剣乱舞 お題:漆黒の闇に包まれし恨み 制限時間:15分 読者:154 人 文字数:799字 お気に入り:0人
武器なのだから――同田貫正国の口癖である。 刀剣男士は刀から生じた付喪神なのだから、誰しもがその思いを持ってはいるだろう。それをあえて口に出す者は多くはない。 〈続きを読む〉