ジャンル:おそ松さん お題:戦争と秘部 必須要素:志賀直哉 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:594字 お気に入り:0人
[削除]

死ぬまでの走馬灯とやら ※未完

※流血表現あり、死ネタあり

 先程射たれた所が痛む。
 見ると、血が出すぎている。
 
 あーこれは死ぬかも…、と思いながら一応血を止めようと手に力を込める。けどやっぱり痛くて、いてぇ…、と声をあげる。
 でも聞いてる人は誰も居ない。

 もう皆死んじゃったから。

 親も、兄弟も、友達も…皆居なくなっちゃったから。
 最後に残った奴、俺だけかよ…。

 傷口よりも今は心が痛かった。

「はは、…こんなところで、おさらばかよ」

 結局、日本は負けた。
 あんだけ総力を尽くしていたのに、だ。

 誰だよ、勝つとか言った奴…。めっちゃ負けてんじゃん。
 過ぎた事なのでこんな事を言ってもどうしようもないのだが。

「最後はやっぱ、ヤりたかったなー、…死ぬんだったらさー」

 童貞のまま死ぬとか格好つかなすぎじゃね? まぁ、弟たちも童貞のまま死んでいったのだが。

「あーもう、疲れすぎていっぱい未練が思いつくわぁ…」

 前後の辻褄が合わないほどに。
 走馬灯が流れるように、思い浮かんでは消えた。

「…なぁ、…もう俺…ダメかもしんねぇわ…」

 あんだけ弟たちに啖呵切っておきながら、今更言える言葉でもない気がするのだが。

『何言ってんだ! 俺はカリスマレジェンドのおそ松兄さんだぞ?
死ぬわけねぇーじゃん!!』


 ごめん、ごめんな……みんな……。


 悪い___。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:海流(かいる) ジャンル:おそ松さん お題:セクシーな狐 制限時間:15分 読者:128 人 文字数:571字 お気に入り:0人
「おおっエロ本はっけーん! なっ、これよくね?」 おそ松が拾い上げたのは、今時駅にも落ちていないようなボロボロのエロ本だ。はじめに目に入るのは、たわわに実る乳房 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:穴虫 ジャンル:おそ松さん お題:気持ちいいにおい 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:603字 お気に入り:0人
初夏の晴天。平日の昼間に良い年した青い男と黄色い男が、自宅の屋根でくつろいでいる。そばには取り込まれたばかりの洗濯物。母親に「暇なら手伝いなさいクソニート」と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よん@25話チョロおそありがとう ジャンル:おそ松さん お題:気持ちいいにおい 制限時間:15分 読者:113 人 文字数:398字 お気に入り:1人
チョロ松は家の前に立つと、微かに薫る匂いに近づいた。どうしようもなく、浮き立つような匂いである。はて、と思うが具体的に何と言われてもてんで出てこない。複雑に混 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
兄>弟=魚 ※未完
作者:穴虫 ジャンル:おそ松さん お題:愛、それは兄 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:785字 お気に入り:0人
釣り堀である。いつもの何の変哲もない、今日はデリバリーコントもデリバリーされなさそうな、そんな穏やかな日和の中、おそ松とカラ松が並んで糸を垂らしていた。「ぶっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:穴虫 ジャンル:おそ松さん お題:アブノーマルな駄作 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:389字 お気に入り:0人
酒だ。酒を持ってこい。おそ松が酒浸りのクズのようなことを叫びながらちゃぶ台に突っ伏している。チョロ松は真っ黒なテレビに映った己相手にメンチを切っている。カラ松 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よん@25話チョロおそありがとう ジャンル:おそ松さん お題:汚い惑星 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:610字 お気に入り:0人
惑星間奉仕活動従事の真っ最中である。不法投棄惑星G-031に降り立ったおそ松とチョロ松はスーパーカーボネティックヒバサミとメタポリエステルゴミブクロを手に船外 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よん@25話チョロおそありがとう ジャンル:おそ松さん お題:許されざる小説家たち 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:533字 お気に入り:0人
主人公はとても凄いと思います。何故なら僕にはできないからです。おそ松の率直な気持ちである。率直というのはつまり、夏休みの最後の日にこんな感想文など書いていられる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
食パン ※未完
作者:お墓 ジャンル:おそ松さん お題:腐った耳 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:346字 お気に入り:0人
「ねぇ」「……」「ちょっと」「……」「ねぇって」「……」またか。全くもって面倒。いつもこうだ。目の前で溶けたようにだらしなく寝そべっている赤い背中の、この……な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:汚れたむきだし 制限時間:15分 読者:122 人 文字数:331字 お気に入り:1人
肌に触れる冷えた空気に目を覚ましす。布団の隙間から入り込んでくる風は、空いた窓から吹き込んできているようだった。ちらりと時計を見やれば、時刻は2時を示していた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はちこくん ジャンル:おそ松さん お題:苦し紛れの絵画 制限時間:15分 読者:154 人 文字数:472字 お気に入り:1人
一松が蛇口をひねると、肉塊が流れ出てきた。げえっと飛びのいた一松の目の前で、ばたばたと音を立ててシンクに跳ねる赤黒い流動体。これからも今までも水しか通すことが 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Projest お題:楽観的な夢 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:564字 お気に入り:0人
ボクは…北極にいた…そう…そのはずなんだよ…なのに…目の前には神社。誰もいない神社。なんで…なんで…「あら。初めて見る妖怪ね。害悪妖怪なら退治するけど…そのよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Projest お題:見憶えのある小説の書き方 必須要素:高校受験 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:391字 お気に入り:0人
え~ちょっと言いたいことがあります。 お題:見覚えのある小説の書き方 って何? うん本当にわからないのでちょっと無視させていただきます。 あーヤバイこれだけ4 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方projest お題:強い朝日 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:284字 お気に入り:0人
「-----ん?」気づいた時は、博麗神社にいた。「あれ?なんで霊夢の家ー痛っ!」ああ。そういえば昨日の夜霊夢と酒を飲んでたんだっけな?「おい。霊夢。起きるんだぜ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:暗黒の儀式 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:913字 お気に入り:0人
※何でも許せる方向け※暴力的な描写があります 恋人の瞳を見つめ、そして一つキスをする。 これは儀式だ。「今日も可愛いよ。あいしてる」「……」 答えはない。それは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:あんすた。【腐】 お題:幼い、と彼は言った 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:3584字 お気に入り:0人
*****【欠片ずっこ】「ちあきは、『あんぱんまん』にはなれなかった『せいぎのみかた』なんです。」「あんぱん??まん??あの、幼稚向けの??」「ーーはい。『おこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ボーカロイド お題:団地妻の奈落 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:771字 お気に入り:0人
ある日のことのようだった。私が初音ミクに似ている人を見つけた。おーい!ミクちゃん!ミクはいないのよ。私はがっかりした。どうせ、初音ミクはネットアイドルの仕事で忙 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:ぐちゃぐちゃの夢 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1183字 お気に入り:0人
はっきりしている。どうしても思い出したくなくても思い出す夢。私の住んでいた町が真っ赤な炎で覆い隠していた。そこには、大好きな家族や友達、町の人々が逃げ遅れている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バトルスピリッツ烈火魂 お題:彼が愛した潮風 必須要素:しゃっくり 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1706字 お気に入り:0人
今日は最終日なんだか寂しいけど満月が麗しい時だってわかってるから。ここが、幻想の満月かー。って吐息混じりで言っているのが烈火幸村。月の世界では、先人達が空に昇る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:僕が愛した人 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:701字 お気に入り:0人
俺っちは、わかったんだ。大将のことをずっと好きだって。いつも周りには、違う刀剣男士がいるのにその奴らに嫉妬しているから気が狂いそうだぜ。今日もウチの弟たちがいた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バトルスピリッツ烈火魂 お題:裏切りの笑顔 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1706字 お気に入り:0人
今日は何の日か知っているはず!そうそう、国際宇宙ステーション希望が全国を駆け回るんだって。東京ゲームショウをまた輪廻のように繰り返すかもって、ニュースの人が言っ 〈続きを読む〉