ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:昨日食べた話 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:2193字 お気に入り:0人
[削除]

【腐】無題。 ※未完









よるる誕生日おめでとう!!~の、夫婦の日(二人)に祝福あれ!
健やかに穏やかな一年でありますように、祈りを込めて(合掌。

***
七夕の日には、照明を落として独り部屋で、お茶を飲むのが七夕の『見送り』になっていた。
『見送り』なのは、正確には七夕を越した時間帯だからという、意味でだけど。
この時間が、自分にはいつの間にか大切になっていて、
願いの数だけ夜空に星が瞬いてるのだから、その『願い星』を月に模したカップに映して飲み込めが、『誰か』の願いが叶えばなんて……、
と、この時期になると何時もとかわらない明るい雰囲気に、少し寂しさを滲ませている気がする彼の、日頃から多くは望まない彼の願いが届けばという、少し……いや、ちょっとばかりの、独り善がりなおまじない。
Procellarumと書かれたボトルから、自分のマグカップに注ぎいれる間から、湯気がのぼる。
「今日は、隼さんが自らいれた紅茶をわけてくれたから、魔王様の特別おまけ付き。、、ふふっ、これで本当に願いが叶ったりして。」
――なんてね。
と、心の中で付け足して、
眼を閉じて、『どうか彼の願いが届きますよ様に。』と、思い浮かべていると。
――コンっ、
と、軽い音がして、思わず眼をあけてしまった。
「……??」
今の音はなんだろう??と、思いつつも、手元にあるカップに注がれているミルクティーには、別段にかわりはない。
不思議に首をかしげるも、なんともなしに一口呑み込んだ。
***
「夜が起きない。」

Procellarumメンバーが揃い、今日の予定&ちょっとしたミーティングに、中々起きてこない夜を陽が呼びに行ったひと言だった。
「いくら揺すっても、身体を起こしても、起きない。具合い悪い訳じゃないよな……。」

「皆はちょっと待ってて、僕と海が視てこようか。、少しいいかな。」
「??あぁ。」
「……」
「、昨日、寝る前に夜と話した時は普通だったのに。」
「具合い悪そうには、見えなかったよね。陽は夜さんにあって、なんか気になった事はあった??」
「、いや、普通だった。、今も、ただ寝てるだけにしかみえない……。」
***
「昨日は、寝る前にお茶を飲むって言う、夜に出会してね。偶々ご機嫌だった僕が、お手製の紅茶を分けてあげたんだ。」
「……なにかやらかしたか。」
「やからすだなんて、人聞きが悪いねぇ。それは、ほら、絶頂にご機嫌だったから、すこ~しは、ビビディバビディブゥ~が、混じちゃったかもしれないけど。『普通』に飲む分には、至って『普通』の紅茶だったよ。」
「所々、聞捨てならない発言をお見受けするが、お前の普通は、普通じゃないからなぁ……。んで、夜のは様子は??」
「う~ん、少し楽しそうな雰囲気だったけど、普通だったかな??それに、紅茶を飲むのに、『なにするの??』なんて、聞かないしねぇ??」
「まぁな。」
――テーブルの上には、空のマグカップとボトルが置いてあった。
人間が夜中に睡眠を貪っているだけの様に、夜はベットの上で、布団を掛けて眠っていた。
「……夜。起きろ、朝だぞ~夜~。」

名前を呼掛けながら、身体をゆするも、矢張り起きない。
その後で、隼がまじまじと視ながら、視覚出来ないモノを視ようと、眼を細める。
「……ふむ。、これは難しいね。」
「なにか解ったか。」
「――いや全く。僕は全知全能じゃないよ??」
「魔王様でも??」
「――光栄だね。」
「いや、今は誉めてないから。」
「普段は、誉め称えてるの??嬉しいね。」
「今は、じゃれてる場合じゃないんだが……。」
「、そうだねぇ…うん。ちょ~とばかり、困った事になってるねぇ。」
「やっぱりお前か。」
「ンッン~。原因は僕だけど、それを昇華したのは、夜自信だよ。」
「魔王様原語録。翻訳。」
「ほら、昨日は七夕だったじゃない??夜にあげたのは、ミルクティーでね??ギリシャ神話で、天の川はMilkywayと言うのだけど、それを掛けてみましたっ!」
――キラッ!とか、語尾に効果音と共に、星が付いてきた。
「……んで。」
頭痛を感じて、無意識に眼を覆う。
「え~無反応つまんな~ンンッ……『星に願いを』、という、心意気をこめてみました。」
「心意気、な。」
「うん。心意気。」
「で、原因は??」
「僕??」
「だよな。」
「、ごめんね??」
「反省するなら、夜を元に戻してから、夜に謝ってくれ。」
「……そうだね、それなんだけど、ねぇ……夜の願いが解らないと……手を出しようがないんだよね。、こんなに、紡錘がこんがらがるなんて、僕も思わなかった……想定してなかったんだけど……。」
「、夜の願いを叶えないと、駄目なのか??」
「僕のまじないは、『星に願いを』
――だから、夜の願いが解るのが一番だろうけど、この状況を打開出来る様な呪(まじな)いは、かけた覚えがないんだよね。一応実質無害だから。」

「実質無害、どこら辺が??」
「安定だけど??」
「――真面目に、夜を起こす方法考えろ。取り敢えず、今日は夜に仕事の予定は無いが。、本当に寝てるだけなら、いいんだが……。」
「意識がここに無いだけで、夜は夢の中にいるみたいなんたけど……その、『誰』かの、夢の中――ってのか、問題だね……。」










同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:武将隊 お題:もしかして犬 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:720字 お気に入り:0人
名を呼べば素直に返事をして、確と後ろを着いてくる。 もしかして、いやもしかしなくても、此奴は犬では無かろうか。 褒めれば大きく尻尾振って、叱ればしゅんと耳を垂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:大人の祖父 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:404字 お気に入り:0人
「君と違って、ジョースターさんはまるで大きな子供みたいだな」少しだけ皮肉を込めて、それでいて柔らかくお前は微笑む。「あぁ、じじいは昔っからこうさ」好奇心旺盛で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛、それは音 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:375字 お気に入り:0人
ご自愛ください。という定型句にエロティックな意味を見出してしまう程度にはリリカ・プリズムリバーは若かった。思春期だった。自分を愛するとは陰核を愛することに他なら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
untitled ※未完
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:思い出の蟻 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:316字 お気に入り:0人
蟻の巣穴に水を流し込む。残酷といえば残酷な遊びだが、それが面白く思える年頃というのは確かにある。当時の俺は、まさにそういう年頃だった。――そうか。きみはそうやっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:楽観的な土 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:227字 お気に入り:0人
ひでりのときはなみだをながし。さむさのなつはおろおろあるき。そんな神さまでは、ありたくなかったのだけれど。涸れた田んぼと、枯れた稲たちの前で。私は村のひとたちに 〈続きを読む〉