ジャンル:幻想水滸伝 お題:意外な嵐 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:409字 お気に入り:0人

意外な嵐



「まるで人形みたい」
きっかけは多分その言葉だった。
俺たちがしているのは戦争で、余裕のない荒んだ人々が好き勝手言うのはいつものことだ。子供である俺たちは特に目立つのか色々言われることが多い。一番多いのは子供の遊びじゃないんだぞ、あたりだろうか。そんなこと百も承知している。
言われていい気分がするものではないし初めのうちは気にしていたが、いちいち反応するのもバカらしいのでここ最近では無視することにしている。本当に何かあるなら目安箱でも使うだろう。
そんな俺と違ってルックは初めから歯牙にかけた様子もなく何を言われても我関せずだった。だけどそう、おそらくは「人形」というのが地雷なのだろう。褒め言葉としての人形のように整った顔、という言葉にも不快感を顕にしていた。全てにおいて無関心を貫いていたあいつの怒りは、意外なことにまるで苛烈な嵐のようだった。
そんなふうに怒ることもできるのか、と少し安心したのは内緒だ。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:香湖 ジャンル:幻想水滸伝 お題:宗教上の理由で秀才 制限時間:15分 読者:1116 人 文字数:427字 お気に入り:0人
ビクトール、うるさい。少しだまれそういって少し暗いひとみのまま、口をよせあった。ビクトールはその日を「フリックの男の子の日がきた!!」とよんでいた。月に一日程度 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あおりんご ジャンル:幻想水滸伝 お題:意外なドア 制限時間:15分 読者:680 人 文字数:941字 お気に入り:0人
それはたった一回、偶然起こった奇跡だった。その日、解放軍のリーダーはある謎の少女を連れて歩いていた。そのとき、新同盟軍リーダーは、新しく加わった瞬間移動の得意な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タスク@幕末rock待機 ジャンル:幻想水滸伝 お題:人妻の海 制限時間:15分 読者:722 人 文字数:358字 お気に入り:0人
彼女は、まるで海のような女性だ、と評される。 彼女、アイリーンの夫はトラン共和国初代大統領を務めるレパントである。 人望に厚く、豪放磊落、そして公明正大と絵に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タスク@幕末rock待機 ジャンル:幻想水滸伝 お題:ラストは嵐 制限時間:15分 読者:756 人 文字数:752字 お気に入り:0人
黎明は、酷く美しかった。 不吉とも言えるほど、美しかった。 レイエール・マクドールはその生涯で最も美しかった黎明を忘れない。 国を、親族を、――母を裏切った末 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タスク@幕末rock待機 ジャンル:幻想水滸伝 お題:誰かは海風 制限時間:15分 読者:778 人 文字数:880字 お気に入り:0人
トラン湖のほとりにたつ古塔。そこの左塔の入り口から湖を見下ろして、彼は呟いた。 「海が見たい」 「……は?」 「………若?」 門番のごとく立っているアレンとグ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
成長期とまり ※未完
作者:ぽつタイプライター ジャンル:幻想水滸伝 お題:早すぎた英霊 制限時間:1時間 読者:297 人 文字数:575字 お気に入り:0人
※エンド後「ちょっと着てみてもらえますか?」「いいよ」 いいよというのは、「いいですよ」の意味ではありません。「いらないよ」の方です。ため息の一つも許されるので 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:幻想水滸伝 お題:日本式の男の子 制限時間:1時間 読者:314 人 文字数:2082字 お気に入り:0人
初代 ※現パロ ※幼少期 ※マクドール一家で運動会「っしゃーーー! ぼっちゃーーーん! 見てましたかー! 1番ですよーーー!」 真っ先にゴールしたパーンが声を張 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:幻想水滸伝 お題:未熟な夕日 制限時間:1時間 読者:415 人 文字数:2050字 お気に入り:0人
右からの攻撃を外へと躱し乍ら、もう一歩踏み込んで刀を逆手にして、ぐっと腹を目がけ打ち込む。致命傷を与えるには、そのまま腹から引き抜いた刃を、首目がけて振り下ろす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:幻想水滸伝 お題:淡い故郷 制限時間:30分 読者:381 人 文字数:1284字 お気に入り:0人
どこまでも広がる輝く緑色。若々しい萌黄に、深みを帯び始めた翡翠。しっかりと厚みのある濃緑それらの葉が幾重にも重なって、そこはほどよく光を包み込む場所だった。子供 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:月読 ジャンル:幻想水滸伝 お題:名前も知らない悪役 制限時間:30分 読者:572 人 文字数:831字 お気に入り:0人
坊ちゃん=カルラ・マクドール シュリより鬱系な坊ちゃん夜営中にふらりと陣幕から姿を消した主を探していた忍から、内密の報告を受けて駆けつけたときには、もう全てが終 〈続きを読む〉

からすの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:からす ジャンル:幻想水滸伝 お題:意外な嵐 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:409字 お気に入り:0人
「まるで人形みたい」きっかけは多分その言葉だった。俺たちがしているのは戦争で、余裕のない荒んだ人々が好き勝手言うのはいつものことだ。子供である俺たちは特に目立つ 〈続きを読む〉