ジャンル:黒子のバスケ パラレル お題:打算的な運命 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:838字 お気に入り:0人

島貴族にて2 ※未完

彼は辺りを見回しながら、案内された席まで進んだ。
慣れてないんだろうな
彼を誘ったのは勢いだ。実は冗談でもあった。目の前にあった島貴族。もう入ろうとしていたのだ。その勢いは止まない。目の前で携帯電話が割れようとも。
彼の手から落ちた携帯のモニタは割れてしまっていた。ガラスの割れる音はしなかった。角から落ちた。それを拾い上げたとき、必然的に画面を見ることになった。それは彼が開いていた見ていたものがまだ、細かい罅の向こうがわに映し出されていた。液晶は案外、丈夫なのだなと思ったのは、すぐ忘れた。目が釘付けになった。
二人とも席につく。彼は進んで下座についた(二人席に上座も下座もない気がするが)。よさそうなスーツ、よさそうなネクタイ。ただし、私はそれがどんなブランドのスーツか、ネクタイか、わからない。わかってほしいなら、もうちょっとわかりやすくブランドのロゴをみせてほしい。あの某イタリアブランドの、塩ビで出来たバッグや財布のように。
使いますか?
私は立ち上がり、壁に掛かっていたハンガーを渡した。私の職場のドレスコードはビジネスカジュアル。今日などは羽織っていたのはパーカーだ。チノパンにシャツにパーカー。皺にならないことこの上ない。
ありがとう
彼は受け取り、その場で上着を脱いだ。
天然木を組み合わせて作られたテーブル、椅子、壁。店員の掛け声、叫び声、客の話し声が辺りでしていた。大人数用の部屋では大学生の集団らしき声も聞こえてきた。
彼はテーブルに無造作に置かれていたメニューを眺めだした。二枚あったそれの片方を私も眺めた。店員がおしぼりと水を持ってくる。
お決まりですか
店員は汗をかいていた。調理場は一年中暑い場所、接客店員も店内を動き回るのだから、一年中暑いのかもしれない。レストランより多く、この居酒屋は動くことになるだろうから。
彼は裏までメニューをひっくり返して眺めていた。私の方が先に決まっていそうだったので、注文を言った。
プレモルト






同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

かみむら@Promptの即興 二次小説


ユーザーアイコン
島貴族にて2 ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ パラレル お題:打算的な運命 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:838字 お気に入り:0人
彼は辺りを見回しながら、案内された席まで進んだ。慣れてないんだろうな彼を誘ったのは勢いだ。実は冗談でもあった。目の前にあった島貴族。もう入ろうとしていたのだ。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:許せない極刑 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:628字 お気に入り:0人
会場は第二会議室目が合った男は、それを聞いて首をかしげた。健康診断でない?男はわずかに微笑んで首を振った。いや、俺は協力会社の人間だからそれは失礼ある程度の企業 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
まつがねの ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:汚れた境界 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:723字 お気に入り:0人
だーいちゃん、と後ろから声を掛けられた。屋上への階段を登り終えて、ちょうど扉を開くところ、そこでスマホが震えたので足を止めた。声を掛けられたからではなく、スマホ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ 黛葉 お題:すごいうどん 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:772字 お気に入り:0人
お代わり、と五回目の声が聞こえた。わんこ蕎麦じゃないんだからそう言ったのは実渕だった。蕎麦って腹にたまんねーな!そう言って根武谷はガハハと笑った。(こいつ、蕎麦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:意外な社会 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:807字 お気に入り:0人
緑間はこちらを見つめ、自信の無い口調で言った。いけまさん、ですか?赤司からだろうか。それとも小野からだろうか。こちらの名前を知っているようだった。はい。そうです 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ある日の14 ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:走る罪人 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:670字 お気に入り:0人
何もわかっていないと言われているようなものだった。それでも、俺は真太郎を招き入れるために、玄関へ向かった。下働きの者たちが彼を眺め、声を掛けるわけでもなく、ちら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
押しかけっ子 ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ 子ども世代 お題:黒尽くめの百合 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:692字 お気に入り:0人
こればっかりは親に感謝、ということなのだろう。何を着ても美人は美人。それこそ布一枚だって、それは変わりない。ミュシャの絵の女性たちもあきらかに布しかまとっていな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ごほうび ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ 緑赤 お題:美しい土 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:788字 お気に入り:0人
明らかに嫌々という様子で赤司は玄関を出て行った。今日帰ってくるか明日帰ってくるか、わからない。今日帰ってこないなら、自分で食べればいい。緑間は台所の入口にぶら下 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
オリジナル ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:少女の妻 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:689字 お気に入り:0人
カレンダーの予定表を眺める。町田の譲渡会が明日、墨田の譲渡会が明後日。朝から入らなくてもいいけれど、撤収は参加することになっていた。一週間前に更新した子猫の里親 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:反逆の終身刑 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:809字 お気に入り:0人
表示された番号読み上げろって言ってるだろ?そんなの出てないって!電話での会話はもどかしい。その画面を見ればすぐわかるというのに、言葉だけでは伝わらない。まさに百 〈続きを読む〉