ジャンル:血界戦線 お題:急な窓 制限時間:30分 読者:70 人 文字数:1290字 お気に入り:0人
[削除]

Rが呪われたおかげで幸せになれたSの話

レオナルド・ウォッチは衝撃とがれきの煙の中で目覚めた。
「おはようございます」
彼は常識的な礼儀正しい人間だったので、自宅の壁であったところをぶち破り、窓を作成した得体のしれない上司にもきちんと挨拶をした。寝起きの頭に驚愕の事実を叩き込まれ、混乱していたともいう。
「おはよう、少年」
部下の家に窓を作成したとは思えないさわやかな声で、スカーフェイスを輝かせ、かの上司は挨拶を返した。
早朝4時52分。レオナルド・ウォッチの月25000ゼーロの部屋には、急な窓が開いていた。

衝撃から解放された時には、目の前には満面の笑みの上司が座していた。どこから突っ込めばいいのかもわからないし、そもそも目の前の上司が怖すぎて何を言えばいいのかもわからない。なんでこの人こんな微笑んでるの!?

「あの、スティーブンさん」
「なに?」
なに?ではない。今の時刻わかってんのか!と喉元まで声がでかかったが、なんとか頭の中の冷静なレオナルドが総動員して怒れるレオナルド抑え込むことができた。
「ライブラ的に何か事件とか特別な事情があって僕の家にいらっしゃったのですかね…」
「いいや?完全に僕個人の事情だなあ」
「個人における部下の部屋に窓を新しく作成しないといけない事情って何です!?」
我慢しきれなかった。突っ込みをいれてから、スティーブンさんの顔を見ると、おかしなことを言っているのは自分のような気が
した。

スティーブンは考えた。ライブラの副官として考えて考えて考えて、結局自分が窓を作りに行きたいという欲求に抗うことができなかった。こんな厄介なことにならなければ、ザップあたりに行かせればよかったのに。結局自分が耐えられなかったのだ。

「レオナルド」
スティーブンが静かな声で名前を呼んだ。レオナルドは自然と背筋を伸ばす。
「お前は今、どこにいるかわかっていないんだろう」
「え」

レオナルドは思わず周囲を見渡した。ここは自分の部屋だろう?
そこで気が付いた。外の景色が全く見えない。スティーブンが開けた新しい窓の外も真っ白だ。どういうことだ?

「ここでずっとまどろみの中にいるか、僕のことを好きになってしまうとしてもこの部屋から出るか、二つに一つだ」

スティーブンが真剣な顔で、理解しがたい言葉を吐く。
混乱したままレオナルドは口を開こうとした瞬間、スティーブンは唐突に笑い出した。春風の笑みで。怖い。
「ああもうまどろっこしい、いいんだよなこれはチャンスなんだよな、この年になってこんな迂闊な恋をした男に神様とやらがくれたチャンスなんだよな」
スティーブンが瞳孔の開ききった瞳でこちらを見つめる。こえええよ!!

「レオナルド、出るぞ」「お前は俺に恋をするんだ、ざまあみろ!」
言うなりスティーブンはレオナルドの二の腕をつかみ、新しい窓に向かって飛び出した。


何が起きてもおかしくないHL、レオナルドは何らかの呪いにかかっていたらしい。
今、レオナルドの横には満面の笑みのスティーブンが立っている。頬が熱い、なんだこれは。

「ざまあみろ!これで僕と君はおんなじだ」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:血界戦線 お題:出来損ないの小説家 制限時間:30分 読者:141 人 文字数:1644字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー)【ライブラのとある日】その日、レオナルド・ウォッチがライブラの執務室に入るとソファーでエルセリーザ・ディライトが仰向けに寝そべりながら小説 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:世界の墓場から ジャンル:血界戦線 お題:小説家たちのサッカー 制限時間:30分 読者:449 人 文字数:2386字 お気に入り:0人
僕が文筆家を目指したのはなんてことはない、僕にとって多くのものをことばにするという行為が息をするのと同じだったからだ。こういうと難しいけれど、つまり僕は日記を書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りっしんべん ジャンル:血界戦線 お題:情熱的な経歴 制限時間:30分 読者:480 人 文字数:1040字 お気に入り:0人
「ハロー、ミスターステファン」 呼ばれたスティーブンは振り返り、そして振り返ったことを後悔した。「えー、と。どうも、ミスター……」「ダニーで構いませんよ。ステフ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:世界の墓場から ジャンル:血界戦線 お題:煙草と祖母 制限時間:30分 読者:468 人 文字数:2154字 お気に入り:0人
ニコチンとタールが僕の妹の両足を奪った訳ではない。そうだと分かっている、と言い切りたいところだけれど、ミシェーラの足がなんで生まれつき動かなかったのかは、単純に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りっしんべん ジャンル:血界戦線 お題:東京血 制限時間:30分 読者:485 人 文字数:1241字 お気に入り:0人
それは極東の島国より来た。 血界の眷属と呼ぶにはあまりに人をかけ離れ、しかしグールたちとも違う。 かの異界人の名を、ただ一言――鬼と呼んだ。「止まれ……ッ!」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こけら。 ジャンル:血界戦線 お題:あいつと話 制限時間:30分 読者:418 人 文字数:971字 お気に入り:0人
自分には、後ろめたいものが山ほどにある。そして、クラウスはそれをよく分かっている。分かった上で、何も訊かずにいてくれている。そう思っていた。いや、正確には、そう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こめの!後はなんだァ! ジャンル:血界戦線 お題:苦しみの汁 制限時間:30分 読者:474 人 文字数:708字 お気に入り:0人
「時にクラウス、君はコーヒーを嗜むことはしないのか」常日頃からギルベルト氏の紅茶に舌鼓を打つ姿は見慣れているが、彼がティーカップでなくコーヒーマグを持っている所 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:世界の墓場から ジャンル:血界戦線 お題:肌寒い芸術 制限時間:30分 読者:553 人 文字数:1743字 お気に入り:0人
七歳の冬に洗礼を受けた。そういう気まりだったから。腰まで水に浸かって、そして頭からもかけられる。それが何を意味するのかは分からなかった。生まれなおすこと、羊水か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りっしんべん ジャンル:血界戦線 お題:複雑な体 制限時間:30分 読者:873 人 文字数:1356字 お気に入り:0人
「うっ……わぁ」 ダニエル・ロウが食べかけの特製サンドウィッチから、ソースが垂れることすらも忘れて見入ったのは、視線の先から歩いてくる見知ったモデル体型の男だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りっしんべん ジャンル:血界戦線 お題:きちんとした第三極 制限時間:30分 読者:675 人 文字数:1150字 お気に入り:0人
今日のスティーブンは珍しく緊張していた。いつもよりコーヒーを2杯も多く飲んでは、その緊張をごまかしている。 なにせ、今日は我らが愛すべきライブラのリーダー、ク 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:武将隊 お題:もしかして犬 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:720字 お気に入り:0人
名を呼べば素直に返事をして、確と後ろを着いてくる。 もしかして、いやもしかしなくても、此奴は犬では無かろうか。 褒めれば大きく尻尾振って、叱ればしゅんと耳を垂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:大人の祖父 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:404字 お気に入り:0人
「君と違って、ジョースターさんはまるで大きな子供みたいだな」少しだけ皮肉を込めて、それでいて柔らかくお前は微笑む。「あぁ、じじいは昔っからこうさ」好奇心旺盛で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛、それは音 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:375字 お気に入り:0人
ご自愛ください。という定型句にエロティックな意味を見出してしまう程度にはリリカ・プリズムリバーは若かった。思春期だった。自分を愛するとは陰核を愛することに他なら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
untitled ※未完
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:思い出の蟻 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:316字 お気に入り:0人
蟻の巣穴に水を流し込む。残酷といえば残酷な遊びだが、それが面白く思える年頃というのは確かにある。当時の俺は、まさにそういう年頃だった。――そうか。きみはそうやっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:楽観的な土 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:227字 お気に入り:0人
ひでりのときはなみだをながし。さむさのなつはおろおろあるき。そんな神さまでは、ありたくなかったのだけれど。涸れた田んぼと、枯れた稲たちの前で。私は村のひとたちに 〈続きを読む〉