ジャンル:血界戦線 お題:急な窓 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:1290字 お気に入り:0人
[削除]

Rが呪われたおかげで幸せになれたSの話

レオナルド・ウォッチは衝撃とがれきの煙の中で目覚めた。
「おはようございます」
彼は常識的な礼儀正しい人間だったので、自宅の壁であったところをぶち破り、窓を作成した得体のしれない上司にもきちんと挨拶をした。寝起きの頭に驚愕の事実を叩き込まれ、混乱していたともいう。
「おはよう、少年」
部下の家に窓を作成したとは思えないさわやかな声で、スカーフェイスを輝かせ、かの上司は挨拶を返した。
早朝4時52分。レオナルド・ウォッチの月25000ゼーロの部屋には、急な窓が開いていた。

衝撃から解放された時には、目の前には満面の笑みの上司が座していた。どこから突っ込めばいいのかもわからないし、そもそも目の前の上司が怖すぎて何を言えばいいのかもわからない。なんでこの人こんな微笑んでるの!?

「あの、スティーブンさん」
「なに?」
なに?ではない。今の時刻わかってんのか!と喉元まで声がでかかったが、なんとか頭の中の冷静なレオナルドが総動員して怒れるレオナルド抑え込むことができた。
「ライブラ的に何か事件とか特別な事情があって僕の家にいらっしゃったのですかね…」
「いいや?完全に僕個人の事情だなあ」
「個人における部下の部屋に窓を新しく作成しないといけない事情って何です!?」
我慢しきれなかった。突っ込みをいれてから、スティーブンさんの顔を見ると、おかしなことを言っているのは自分のような気が
した。

スティーブンは考えた。ライブラの副官として考えて考えて考えて、結局自分が窓を作りに行きたいという欲求に抗うことができなかった。こんな厄介なことにならなければ、ザップあたりに行かせればよかったのに。結局自分が耐えられなかったのだ。

「レオナルド」
スティーブンが静かな声で名前を呼んだ。レオナルドは自然と背筋を伸ばす。
「お前は今、どこにいるかわかっていないんだろう」
「え」

レオナルドは思わず周囲を見渡した。ここは自分の部屋だろう?
そこで気が付いた。外の景色が全く見えない。スティーブンが開けた新しい窓の外も真っ白だ。どういうことだ?

「ここでずっとまどろみの中にいるか、僕のことを好きになってしまうとしてもこの部屋から出るか、二つに一つだ」

スティーブンが真剣な顔で、理解しがたい言葉を吐く。
混乱したままレオナルドは口を開こうとした瞬間、スティーブンは唐突に笑い出した。春風の笑みで。怖い。
「ああもうまどろっこしい、いいんだよなこれはチャンスなんだよな、この年になってこんな迂闊な恋をした男に神様とやらがくれたチャンスなんだよな」
スティーブンが瞳孔の開ききった瞳でこちらを見つめる。こえええよ!!

「レオナルド、出るぞ」「お前は俺に恋をするんだ、ざまあみろ!」
言うなりスティーブンはレオナルドの二の腕をつかみ、新しい窓に向かって飛び出した。


何が起きてもおかしくないHL、レオナルドは何らかの呪いにかかっていたらしい。
今、レオナルドの横には満面の笑みのスティーブンが立っている。頬が熱い、なんだこれは。

「ざまあみろ!これで僕と君はおんなじだ」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:血界戦線 お題:出来損ないの小説家 制限時間:30分 読者:96 人 文字数:1644字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー)【ライブラのとある日】その日、レオナルド・ウォッチがライブラの執務室に入るとソファーでエルセリーザ・ディライトが仰向けに寝そべりながら小説 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:世界の墓場から ジャンル:血界戦線 お題:小説家たちのサッカー 制限時間:30分 読者:423 人 文字数:2386字 お気に入り:0人
僕が文筆家を目指したのはなんてことはない、僕にとって多くのものをことばにするという行為が息をするのと同じだったからだ。こういうと難しいけれど、つまり僕は日記を書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りっしんべん ジャンル:血界戦線 お題:情熱的な経歴 制限時間:30分 読者:440 人 文字数:1040字 お気に入り:0人
「ハロー、ミスターステファン」 呼ばれたスティーブンは振り返り、そして振り返ったことを後悔した。「えー、と。どうも、ミスター……」「ダニーで構いませんよ。ステフ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:世界の墓場から ジャンル:血界戦線 お題:煙草と祖母 制限時間:30分 読者:421 人 文字数:2154字 お気に入り:0人
ニコチンとタールが僕の妹の両足を奪った訳ではない。そうだと分かっている、と言い切りたいところだけれど、ミシェーラの足がなんで生まれつき動かなかったのかは、単純に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りっしんべん ジャンル:血界戦線 お題:東京血 制限時間:30分 読者:434 人 文字数:1241字 お気に入り:0人
それは極東の島国より来た。 血界の眷属と呼ぶにはあまりに人をかけ離れ、しかしグールたちとも違う。 かの異界人の名を、ただ一言――鬼と呼んだ。「止まれ……ッ!」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こけら。 ジャンル:血界戦線 お題:あいつと話 制限時間:30分 読者:373 人 文字数:971字 お気に入り:0人
自分には、後ろめたいものが山ほどにある。そして、クラウスはそれをよく分かっている。分かった上で、何も訊かずにいてくれている。そう思っていた。いや、正確には、そう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こめの ジャンル:血界戦線 お題:苦しみの汁 制限時間:30分 読者:427 人 文字数:708字 お気に入り:0人
「時にクラウス、君はコーヒーを嗜むことはしないのか」常日頃からギルベルト氏の紅茶に舌鼓を打つ姿は見慣れているが、彼がティーカップでなくコーヒーマグを持っている所 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:世界の墓場から ジャンル:血界戦線 お題:肌寒い芸術 制限時間:30分 読者:499 人 文字数:1743字 お気に入り:0人
七歳の冬に洗礼を受けた。そういう気まりだったから。腰まで水に浸かって、そして頭からもかけられる。それが何を意味するのかは分からなかった。生まれなおすこと、羊水か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りっしんべん ジャンル:血界戦線 お題:複雑な体 制限時間:30分 読者:819 人 文字数:1356字 お気に入り:0人
「うっ……わぁ」 ダニエル・ロウが食べかけの特製サンドウィッチから、ソースが垂れることすらも忘れて見入ったのは、視線の先から歩いてくる見知ったモデル体型の男だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りっしんべん ジャンル:血界戦線 お題:きちんとした第三極 制限時間:30分 読者:628 人 文字数:1150字 お気に入り:0人
今日のスティーブンは珍しく緊張していた。いつもよりコーヒーを2杯も多く飲んでは、その緊張をごまかしている。 なにせ、今日は我らが愛すべきライブラのリーダー、ク 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Projest お題:楽観的な夢 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:564字 お気に入り:0人
ボクは…北極にいた…そう…そのはずなんだよ…なのに…目の前には神社。誰もいない神社。なんで…なんで…「あら。初めて見る妖怪ね。害悪妖怪なら退治するけど…そのよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Projest お題:見憶えのある小説の書き方 必須要素:高校受験 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:391字 お気に入り:0人
え~ちょっと言いたいことがあります。 お題:見覚えのある小説の書き方 って何? うん本当にわからないのでちょっと無視させていただきます。 あーヤバイこれだけ4 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方projest お題:強い朝日 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:284字 お気に入り:0人
「-----ん?」気づいた時は、博麗神社にいた。「あれ?なんで霊夢の家ー痛っ!」ああ。そういえば昨日の夜霊夢と酒を飲んでたんだっけな?「おい。霊夢。起きるんだぜ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:暗黒の儀式 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:913字 お気に入り:0人
※何でも許せる方向け※暴力的な描写があります 恋人の瞳を見つめ、そして一つキスをする。 これは儀式だ。「今日も可愛いよ。あいしてる」「……」 答えはない。それは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:あんすた。【腐】 お題:幼い、と彼は言った 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:3584字 お気に入り:0人
*****【欠片ずっこ】「ちあきは、『あんぱんまん』にはなれなかった『せいぎのみかた』なんです。」「あんぱん??まん??あの、幼稚向けの??」「ーーはい。『おこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ボーカロイド お題:団地妻の奈落 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:771字 お気に入り:0人
ある日のことのようだった。私が初音ミクに似ている人を見つけた。おーい!ミクちゃん!ミクはいないのよ。私はがっかりした。どうせ、初音ミクはネットアイドルの仕事で忙 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:ぐちゃぐちゃの夢 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1183字 お気に入り:0人
はっきりしている。どうしても思い出したくなくても思い出す夢。私の住んでいた町が真っ赤な炎で覆い隠していた。そこには、大好きな家族や友達、町の人々が逃げ遅れている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バトルスピリッツ烈火魂 お題:彼が愛した潮風 必須要素:しゃっくり 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1706字 お気に入り:0人
今日は最終日なんだか寂しいけど満月が麗しい時だってわかってるから。ここが、幻想の満月かー。って吐息混じりで言っているのが烈火幸村。月の世界では、先人達が空に昇る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:僕が愛した人 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:701字 お気に入り:0人
俺っちは、わかったんだ。大将のことをずっと好きだって。いつも周りには、違う刀剣男士がいるのにその奴らに嫉妬しているから気が狂いそうだぜ。今日もウチの弟たちがいた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バトルスピリッツ烈火魂 お題:裏切りの笑顔 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1706字 お気に入り:0人
今日は何の日か知っているはず!そうそう、国際宇宙ステーション希望が全国を駆け回るんだって。東京ゲームショウをまた輪廻のように繰り返すかもって、ニュースの人が言っ 〈続きを読む〉