ジャンル:カルジュナ お題:かたいオチ 制限時間:15分 読者:144 人 文字数:1572字 お気に入り:0人

【カルジュナ?】N.Yへ行きたいか!

「ニューーーーヨーーークヘ、行きたいか~~~~!」
「「「ウォォオオオオ!!!」」」

赤白青の三色帽子をかぶり、ギターをマイクに見立てて叫んでいるのは信長。その隣で紙吹雪を撒く城ワンピースの王妃と、残暑にウォータースプラッシュの騎士王。脇を固める水着要員を両手で制止しつつ、信長は椅子の上に乗りながら振り上げたこぶしで信長コールを誘導している。
一言で言って、狂乱。それに尽きる。

「…何をなさっているのですか?あれは」

そして今しがた食堂にやってきたアルジュナは、その異様な雰囲気を指差して隣のキャスターであるギルガメッシュに問いかけた。その衣装は、深いインディゴブルーのシャツにスラックスにゴールドの石板。ルルハワでの衣装がよほど気に入ったのだろうか、とアルジュナは思う。何故なら、そのような質問をしても一蹴しなかったばかりか、アルジュナの方を見て口を開いたのだ。これが常日頃のギルガメッシュならば「世俗に疎い疎いと思っていたが、貴様も耄碌した爺もかくや。もしや聖杯知識に頼ってアップデートを行わぬサーヴァントがこれほど失笑に耐えぬものであるとは」などと返してくるだろうことは、アルジュナにはすぐに想像できた。

「この間まで夏休みルルハワ気分だったろう」
「はい」

そこで信長が再び拳を振り上げる。

「見たくない現実に戻るくらいなら!作っちゃいなYO、延長戦!エンジョイビートで、カモンベイビー!」

天を指差し、高らかに叫ぶ信長。アルジュナが見渡す限りで、お祭り騒ぎが好きなクー・フーリンたちやローマやエジプト出身のサーヴァントたち。それに生粋のお祭り好きの日本サーヴァントと、当のアメリカ合衆国が取り上げられて嬉しいサーヴァント。そこに古来からのサーヴァントたちまで加わり、まさにるつぼ。

「ついでに出資者は我だ」
「なにか弱味でも握られているんですか?」

咄嗟につっこみを入れてしまったが、ギルガメッシュは気にしていないようだった。それよりも、信長が取り出してきた箱に向けて顎を上げる。アルジュナが箱を注視すると、それも赤白青の三色で作られており、「あたり入り!」とデカデカと書かれている。

「あのクジに夏休み延長の許可が入っている。あれに当たったサーヴァントが、もう一人を選んでマスターについていく、というルールだ」
「もう一人?」
「当たった者のみにするより面白い地獄絵図が見れる」

でしょうね、とアルジュナは頷きかけた。
つまりはマスターの護衛として二名のサーヴァントが選ばれる、ということなのだろうが。聞けば、マシュは既にメンバーに入っているようで、スリーマンセルで護衛にあたる前提なのだろう。ニューヨークというものを、聖杯のみの知識でしか知らないアルジュナは、何故ニューヨーク行きをそんなにも皆が求めているのかは分からないが。乗れるものには何でも乗っておけ、ということなのだろうか。

「ほれ、見ろ」

次々とサーヴァントが箱に手を入れ、はずれと書かれたくじを引いている。本当にあたりが入っているのかと不満の声が上がり始めるのにも、そう時間はかからない。

「貴様は引かんのか」
「……そうですね、必要ないでしょう」
「ふむ」

ギルガメッシュに答えたと同時、アルジュナの視線の先に見知った姿が見える。カルナが(これはアルジュナから見た様子であるが)意気揚々と箱に手を入れる。
カルナの幸運ランクを知っている皆は、どうせあたらんだろうと高をくくっていたようだった。
アルジュナが、じ、とその手を見る。焼けた皮膚。黄金の鎧。
抜かれたカルナの手には、「あたり」と書かれたくじが、しっかりと握られている。
瞬間、爆発的な騒ぎに包まれた食堂で、アルジュナは隣のギルガメッシュを見た。

「必要なかったでしょう」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:高い扉 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1868字 お気に入り:0人
「というわけで家出してきました」「お帰りやがってください」「なんでです!?」キャリーケースを引き連れてアパートメントの階段を上ってきたアルジュナを認め、開口一番 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:冬のジジィ 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:1819字 お気に入り:0人
この上なくスムーズに着陸し、おざなりな見送りを受けた後、空港近くのホテルへと向かう。ホテルのドアを潜るまではあくまで職務中のため、手を繋ぎたくても繋げないのが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:情熱的な小説 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1333字 お気に入り:0人
自動操縦へと切り替わり、あとは互い違いに確認を行いながら適宜微細な修正を行っていくだけだ。アルジュナはシートベルトを外し、コーヒーを淹れるために席を立った。空の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ラストは想い 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:1584字 お気に入り:0人
微弱な振動を感じる。この離陸直前の振動を、カルナはもっとも好ましく思っていた。旋回し、水平を保つ頃には既に町など眼下のミニチュアだ。左翼がしなり、繋ぎとなってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:これはペンですか?違うわ、それは人体 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1265字 お気に入り:0人
わたくし、子狐を一匹、飼っておりました。それはたいそう賢く、また人づきあいもよく愛嬌もあり、私がふいと目を離したと思えば、やれ羊の毛を刈う手伝いをしてきただの、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:生きている黒板 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1534字 お気に入り:0人
「何してるんです?」「…………何も」アルジュナが俺の部屋にやってきた。ガッタンゴットンと荒々しくひっくり返して掃除をしたばかりの俺の部屋にやってきた。両隣が空き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:謝罪探偵すまないさん お題:オチは風 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:1286字 お気に入り:0人
「探偵さんはさがしものもとくいですか?」アルジュナがそう言いながら探偵事務所を訪ねてきたのがついさっき。探偵さんはアルジュナにあたたかいココアを出して飲むように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:小説の会話 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:1434字 お気に入り:0人
「いや、」俺が言いよどんでいると、アルジュナは少し俯き、眉を下げた。こんな時にどういう反応をすればいいのかと迷っているようでもあったし、裁きを待つ罪人のようでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:有名な喜び 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:1238字 お気に入り:0人
俺がアルジュナと出会ったのは、ある意味で偶然を重ねた上での必然だった。サーヴァント時代の記憶を有していると気付いたのは、物心も着く前だった。むしろ生まれ落ちた瞬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:FGO お題:鈍い奈落 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:793字 お気に入り:0人
あぁ痛いなちくしょう。なんだってほんと、オレなんかが世界を背負っちまったんだろうな。平凡が服着て歩いてるような現代日本の中流家庭の次男でさ、こんな血とか煙とか剣 〈続きを読む〉