ジャンル:新ゲッターロボ お題:傷だらけの耳 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:977字 お気に入り:0人

野良猫

 二メートル近い身長とそれに見合った横幅があるまるでくまのような体格がよい男とその仲間達が男を囲んでいた。
 狭い路地裏で逃げ場はない、叫んでも誰も助けに来ないような場所である。

「いいから金出せよ兄ちゃん」
「わりぃ俺かね持ってねえ。持ってるようには見えねえだろ」
「じゃあ! 殴らせろ!」
「最初からそっちが目的だろ……はあ……」
「ああん?」

 熊のような男が青筋を立て拳を振り上げる。
 男はとんと軽く肩を叩くていどで拳を止める。
 喧嘩なれしている、熊のような男は相手が武術を修めていることを察知する。
 対応策を取る前に目の前に靴底が迫っていた。

「おら!」

 路地裏で男、流竜馬がガラの悪い男を蹴り飛ばす。
 あまりの強靭な脚力で数人まとめて吹き飛ばし、一撃で失神させる。

「あれだけ、イキってた割にはあっけねえな」

 伸びている男を尻目に路地裏の更に奥、闇の中に竜馬は去っていった。
 その竜馬の足に何かが当たる。

「なんだ? 野良猫か?」

 その猫は小汚い、体中傷だらけで、しっぽは途中で切れており、耳は一部欠けていた。
 その野良猫の首を軽くつまんで持ち上げる。

「なんだ? 餌なんて持ってねえぞ!」

 そのままゴミ箱の上に猫を下ろして立ち去る。
 「にゃあ!」と猫はまた竜馬めがけて飛びつく。

「やろう!」

 竜馬はこの猫を振り切ろうとまた掴んで猫を投げる。
 猫はふわりと彼に着地し、竜馬めがけてまた飛びついていく。
 顔をひかかれまた傷がつく

「にゃあ!」
「こんくそ!」

 本気の猫の反射神経は人間を軽く凌駕する。
 とある格闘家が言うには「人間が刀持たないと勝負にならない」というぐらいスペック差がある。
 だが、竜馬は人間を超えた反応で防御する。
 しかし、猫を殺す気がないため防戦一方で傷が増えていく。

「くっそ……うん?」

 拳で顔を拭うとてに茶色の何かがついてた。
 昼、つけで食った定食の鰹節のようである。

「こいつが欲しかったのか」

 ぱっぱと体と衣服についてた鰹節を払うを猫はそっちにまっしぐら。
 傷ついた耳をぴょこぴょこ回してた。

「野良猫か……おれもにたようなものか」

 ぴょこぴょこ動く耳を見てつぶやく
 流竜馬がゲッターチームに入る三ヶ月ほど前の出来事である。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

ハリモグモグの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ ジャンル:ウルトラマン お題:かっこ悪い鳥 制限時間:15分 読者:126 人 文字数:987字 お気に入り:0人
ウルトラマンは宇宙を守るために戦い続けている。 怪獣、宇宙人、ロボットなどと戦い続けてもう長い年月になる。 そんなウルトラマンに連絡が入る。 たまたま、太陽系 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ ジャンル:おそ松さん お題:早すぎた地獄 制限時間:15分 読者:147 人 文字数:1013字 お気に入り:0人
いつものようにテーブルを囲むニートたち。 テーブルの上にはお菓子が広げられて雑談していた。「しかし、最終回で地獄ってのは俺らの年齢的に早すぎねえ?」「次のコー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ ジャンル:新ゲッターロボ お題:傷だらけの耳 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:977字 お気に入り:0人
二メートル近い身長とそれに見合った横幅があるまるでくまのような体格がよい男とその仲間達が男を囲んでいた。 狭い路地裏で逃げ場はない、叫んでも誰も助けに来ないよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ ジャンル:ラブライブ! お題:憧れの仕事 制限時間:15分 読者:122 人 文字数:955字 お気に入り:0人
矢澤にこは小さい頃からアイドルに憧れていた。 いつの頃からはわからないが今も憧れ続けている。 高校生になった後もスクールアイドル活動を行い、挫折や再起などもあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ ジャンル:仮面ライダー エグゼイド お題:悲観的な狼 制限時間:30分 読者:94 人 文字数:1738字 お気に入り:0人
彼花屋大我は過去は名医であった。 日本はおろか、世界でも治療できる者が一握りに限られている治療もこなすことができ、 彼を求めて遠くから患者が来るほどであった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ ジャンル:真ゲッターロボ 世界最後の日 お題:昼の手 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:875字 お気に入り:0人
一度世界は滅びた。 世界が滅びた後も早乙女博士の真ドラゴンを巡るインベーダーとの戦いは苛烈を極めた。 その戦いも終結して、一年が経とうとしていた。 復興は進ん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ ジャンル:魔法少女育成計画 お題:隠された神様 必須要素:山田 制限時間:1時間 読者:103 人 文字数:3444字 お気に入り:0人
人気のない山奥。 古来より人間は多くのものを祀っていた。それは人間だけではなく動物、現象も例外ではなかった。災害を恐れた人間たちが、その災害を神として祀り上げ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ ジャンル:仮面ライダーアマゾンズ お題:死にかけの行動 必須要素:ウイスキー 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:942字 お気に入り:0人
ベチャベチャコツコツとトンネルに足音が響く。「うわああ!!」 ダンボールの家、食料、酒それらを置き去りにして、ホームレスが悲鳴を上げて逃げて駆け出す。 その背 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ ジャンル:うしおととら お題:とてつもない友人 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:925字 お気に入り:0人
「とら~!!」 布団を蹴飛ばして、蒼月潮が起き上がる。 そして、周りを見渡し目をこすって意識を覚醒させる。「夢か!」 蒼月潮は獣の槍という武器を使って人間に害を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ ジャンル:ゲッターロボ お題:男のギャグ 必須要素:靴下 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:1116字 お気に入り:0人
「俺は何者なんだ!?」「竜馬……」 叫ぶ男とそれを見る者たちがいる。 叫ぶ男は流竜馬という男である。 人類の敵、恐竜帝国との戦いで記憶を喪失してしまったのだ。 〈続きを読む〉