ジャンル:ダイヤのA お題:猫の水たまり 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:492字 お気に入り:0人
[削除]

俺の弟がくそ可愛い話

※御沢(?)、兄弟パロ。
御幸、中学生。沢村、保育園生。
御幸のブラコン。


 おい見ろよ! と大声で言われ栄純が指した物を見るとただの何のへんてつもない水溜まりだった。
 けど本人的には違うようで、猫! 猫の形してる!! と大騒ぎ。一体どうやったらそんな風に見えるのか、と言いたくなるが、弟が可愛いのでそんな事は言わない。
 ワザと泣かせても面白いんだが、後が少し面倒くさかったりする。可愛いんだけどな。


「お、本当だー。猫の形してんな。
よく見つけたなぁー」

 と、褒めてくしゃくしゃと頭を撫でてやると、ほら可愛い。
 へへん、と自慢気に鼻を擦る。

 たく、どんだけ可愛かったら気がする済むんだ、と言いたくなる。可愛い。
 けどそれを本人に言うと心外だ! というように小さい足で地団駄を踏む。可愛い。


 今日も今日とて相も変わらずに弟の栄純が可愛い。
 俺の心臓は持ちそうにないが、きっとこれからももっと可愛くなるのだから、俺はおちおち死んでられない。

 来年の小学校が楽しみだ。


「一也! おい見ろよ!!
雲がウサギの形してる!!」
「おー、ほんとだー」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
隠者 ※未完
作者:灰トマ ジャンル:ダイヤのA お題:あいつと星 制限時間:15分 読者:515 人 文字数:218字 お気に入り:0人
いい月だね。 ふと空を見上げて見つけた月に、あのときのあいつを思い出した。なんとなくだ。 あのときは月なんて見えなかったけれど、それは雲が厚くかかっていたせい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:高碕 ジャンル:ダイヤのA お題:真実の平和 制限時間:15分 読者:713 人 文字数:533字 お気に入り:0人
きゅ、っと瞼を細め、口の端をあげる、その様をうっとりと見つめていると、御幸が降谷を振り返った。そんな彼に「なにみてんだよ」と唇だけで笑いかけられて、降谷はそこか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:高碕 ジャンル:ダイヤのA お題:暴かれた略奪 制限時間:15分 読者:712 人 文字数:699字 お気に入り:0人
降谷の顔が目の前にある。ちかいな、なんて思っていると、降谷はやや不思議そうに首をかたむけた。「逃げないんですか、」 問いかけてきたくせに、まったく逃がす気はな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:高碕 ジャンル:ダイヤのA お題:ぐふふ、失望 制限時間:15分 読者:574 人 文字数:716字 お気に入り:0人
「あの、御幸センパイ、」 教室へ向かう途中、戸惑いが混ざった声で名前を呼ばれた。 聞き覚えがありすぎるそれに振り返ると、そこには想像していたとおりの人物がたって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:高碕 ジャンル:ダイヤのA お題:真紅の怒りをまといし食器 制限時間:15分 読者:1463 人 文字数:707字 お気に入り:0人
財布を片手に自動販売機で何を買おうか悩んでいると後ろから「邪魔だ」と声をかけられた。振り返らなくてもそれが誰のものかわかってしまって、沢村は一瞬だけ躊躇する。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:高碕 ジャンル:ダイヤのA お題:うへへ、保険 制限時間:15分 読者:588 人 文字数:1005字 お気に入り:0人
さわやかな日曜日の朝。空は晴れ渡り、風も気持ちが良かった。ふわりと風が吹くと木々が揺れて、緑の香りを運んでくれる。こんな日は外出をするに限る。それが特別な相手と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:高碕 ジャンル:ダイヤのA お題:忘れたい誰か 制限時間:15分 読者:728 人 文字数:872字 お気に入り:0人
熱してから一度冷ましたフライパンに油をひく。それから再度火にかけながら、手早く卵を割り入れる。パチパチと音をたてるそれにしょうゆをかけると、香ばしい香りがしてく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:高碕 ジャンル:ダイヤのA お題:名付けるならばそれは血液 制限時間:15分 読者:538 人 文字数:558字 お気に入り:0人
「手に、ふれてもいいですか、」なぜこんなにも緊張しているのだろうとおもう。訊ねた声は掠れていた。御幸は怪訝そうに眉根をきゅっと寄せている。何を言われたかわからな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作:沢御 ※未完
作者:高碕 ジャンル:ダイヤのA お題:嘘の孤島 制限時間:15分 読者:996 人 文字数:641字 お気に入り:0人
向かい合って座っているというのに、二人の間には長いこと沈黙が横たわっていた。沢村は静かな空間にいることが落ち着かない様子で、そわそわしていた。御幸の方を何度もち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
降御:習作 ※未完
作者:高碕 ジャンル:ダイヤのA お題:たった一つの処刑人 制限時間:15分 読者:517 人 文字数:583字 お気に入り:0人
指先がひえている。はぁ、と吐息をかけながら手のひら、ゆびさきをこすり合わせた。けれど、ひんやりとした指先はすこしもぬくもらない。かじかんだ指先では、うまくボール 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ダイヤのA お題:天才の情事 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:534字 お気に入り:0人
天才とは一体全体誰が決めるのであろうか。 俺はたまにふと、そう思う時がある。雑誌や何かのテロップでよく天才捕手、と書かれていたりするのだが事実、俺は天才ではな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:あいつと息子 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:1309字 お気に入り:0人
※ユーリ視点。統合後。僕は物心ついたときからずっとひとりだった。僕の周りにいたのはプロフェッサー、そしてデュエルの相手と言う名目の「生け贄」。なんであいつらには 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
語らい ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:可愛い恋 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:319字 お気に入り:0人
付喪神として意識を持ち始めた頃の俺は、周りの物事全てが珍しく輝いて見えた。あれは何、これは何と周りの付喪神に聞いて回った。周りの者たちは何でも聞く俺が面倒にな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:穏やかな男 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1536字 お気に入り:0人
****「おっ邪魔しま~す。」――変な癖で、ついつい人様の車に乗ると言ってしまうんだよなぁ~。と、眠気とその場の雰囲気で少し飲んだ微酔いで、心地の良い疲労感でふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ヒプノシスマイク お題:免れた夜風 必須要素: 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1525字 お気に入り:0人
高校を出てから住み始めた家は横浜にあって、だから全然ゴミの日を覚えられないで二年か三年くらい、多分そう、三年近くは経っている。ゴミを溜めているなんてことはなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:平和と祖父 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:929字 お気に入り:0人
埼玉以北には行かないと誓った日もあった。 厚い雲に覆われて日が届かない地にいる。おろしたてのダウンをかき抱いて、セイコーマートから走る。はやく温かいホテルのロ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:アルパカの四肢切断 必須要素:ジャケット 制限時間:2時間 読者:11 人 文字数:1657字 お気に入り:0人
型落ちの薄型テレビでは夕方のニュースが流れている。民放だ、たわいも無い内容で本当にくだらない。アルパカふれあい牧場の取材カメラと差し出されたマイクに、ふっくらと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うつたか お題:空前絶後の失望 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:618字 お気に入り:0人
「高崎ぃ!」バタバタと、宇都宮が騒がしく在来の部屋に駆け込んでくる。「どうしたんだよ、そんな急いで」珍しく焦る様子の宇都宮に視線が集まる中、高崎はなだめるように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:BanG Dream! お題:それいけ昼下がり 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:992字 お気に入り:0人
「だからさ、こう、耳をぴょこぴょこってさせたの」「わかんねえよ! なんでそれが祝ってることになるんだ……」 時刻にして、昼を少し回った頃。いいかげんおたえへのツ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:黄色い償い 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:960字 お気に入り:1人
315プロダクション所属プロデューサーの俺が、葛之葉雨彦が事務所前の掃除をしているのだ、という話を事務所待機中の紅井朱雀に話したのは偶然だった。そういや朱雀、前 〈続きを読む〉