ジャンル:ダイヤのA お題:生きている愛 制限時間:30分 読者:74 人 文字数:735字 お気に入り:0人
[削除]

グダグダ会話、

※御沢
未来のお話。ほぼ会話文。


「好きだよ、お前が」

 そう言われたのが何年前であろうか。いや、もう何十年前か。

 俺ももうすぐ三十路の後半だ。
 そろそろ引退時か、と思っている。

 家のドアノブを捻り、中に入ると俺の靴とは明らかに異なる趣味の靴が置いてある。
 まぁ、当たり前の光景なのだが。

 リビングの部屋に光はない。
 寝てるのか? と思い寝室に行くが居ない。
 そうなりゃ、と思い浴室の方に向かうと、トイレの電気が着いているのであぁ、と理解する。
 コンコン、とノックをすると反対側からもノック音が返ってくる。
 
 そこにただいまー! と言うと、おうお帰り、もうちっと遅いのかと思った、と来る。
 まぁ、今雨が降っているのでそのせいだろうと思う。

 車で帰ってきた、と言うと誰の? と少しムッとした声。
 はは、妬いてやんの。

 こういう事を思ってしまうので恋人に少し性格が似た気がする。

「んー? あータクシー」
「あータクシーかー」
「そー」

 この長さは大の方かと思う。

「あ、そういやさ」
「うん?」

 物って百年経ったら付喪神になるらしい。
 おう、そうがどうした。
 ならさ、

 俺等の愛も百年経ったら生き物になるかな?

 いやーそれはねぇだろー。
 そっかー。
 おう。
 けどよ、なったら来世でも実るかもな?


 相変わらず、キザな男だと改めて思った。

 あ、トイレットペーパーの巻いてる音がする。
 もうすぐ出るようだ。

 出たら、手に持っているコレをさっさと渡そうか、、、。


 あ、けど手、今きたねぇんだった!!

 さて、何時渡そうかこの赤い薔薇の束16本。


 愛しています、何時までも、

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:加築せらの@ももまん(食用) ジャンル:ダイヤのA お題:混沌のガールズ 制限時間:30分 読者:908 人 文字数:563字 お気に入り:0人
【くらりょ】お前年下の彼女出来たんだな、と駅で会った昔の仲間に言われた時、言葉を濁したのがいけなかった。心当たりがないことなら、すっぱり否定すりゃ良かったんだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ユイ ジャンル:ダイヤのA お題:混沌のガールズ 制限時間:30分 読者:3848 人 文字数:2226字 お気に入り:0人
まあ、あれだ、こんなに似合うとは思わなかったのだ。 可愛いだろうとは思っていた。それはそうだろう。女子の平均と大差無い小柄な体躯、細身でどちらかと言えば中性的 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茉優@裏 ジャンル:ダイヤのA お題:消えた夢 制限時間:30分 読者:614 人 文字数:240字 お気に入り:0人
兄弟一緒に甲子園にいく、最初で最後の夢が消えた。 信じられなかった。いや、信じたくなかった。 試合の翌日、悔し涙を流す兄を、先輩たちを見て自分は誰にも見られない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:高碕 ジャンル:ダイヤのA お題:蓋然性のある道のり 制限時間:30分 読者:1193 人 文字数:1171字 お気に入り:0人
「御幸センパイは僕の運命のひとだとおもうんです」口の中があまったるい。プロテインが切れていて牛乳を飲もうとおもったら、それすら売り切れていて、なぜか今いちご牛乳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:高碕 ジャンル:ダイヤのA お題:大人の冒険 制限時間:30分 読者:645 人 文字数:1193字 お気に入り:0人
夜の校舎は昼とはまったく別物のようだった。しぃん、と静まり返って真っ黒な廊下の先は見えない。かつ、かつ、と歩く靴音もひどく大きい気がして、どきどきと心臓が騒いだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:高碕 ジャンル:ダイヤのA お題:美しい道 制限時間:30分 読者:611 人 文字数:1475字 お気に入り:0人
がちゃり、と扉をひらいた。その音がやけに大きく聞こえた。部屋の中にいたのは御幸ひとりで、他には誰もいなかった。珍しい。この部屋はいつも誰かしらの先輩が訪れては御 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:高碕 ジャンル:ダイヤのA お題:混沌の天国 制限時間:30分 読者:672 人 文字数:1894字 お気に入り:0人
簡素なつくりの小瓶は、落としたら壊れてしまいそうに見える。それをそのまま御幸に告げると、彼は苦笑した。「そんな簡単に壊れたりしねぇよ」「そうなんですか?」「まぁ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【御降】恋 ※未完
作者:管理人 ジャンル:ダイヤのA お題:恋のドロドロ 制限時間:30分 読者:1827 人 文字数:718字 お気に入り:1人
もっと甘くてふわふわと柔らかいものだと思っていたそれは今自分の体に確かな重みを持ってのしかかっている。そして、その方面では受け身をとってばかりだった自分が、しか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:霜月はじめ ジャンル:ダイヤのA お題:夜の保険 制限時間:30分 読者:3730 人 文字数:1276字 お気に入り:0人
毎日毎日蒸し暑いけれど、夜になればまだ比較的涼しい。最近のあたしは、風呂上がりに外でアイスキャンディを食べるのが日課になっていた。お風呂上がり、熱くほてった体を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
隠者 ※未完
作者:灰トマ ジャンル:ダイヤのA お題:あいつと星 制限時間:15分 読者:533 人 文字数:218字 お気に入り:0人
いい月だね。 ふと空を見上げて見つけた月に、あのときのあいつを思い出した。なんとなくだ。 あのときは月なんて見えなかったけれど、それは雲が厚くかかっていたせい 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛、それは音 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:375字 お気に入り:0人
ご自愛ください。という定型句にエロティックな意味を見出してしまう程度にはリリカ・プリズムリバーは若かった。思春期だった。自分を愛するとは陰核を愛することに他なら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
untitled ※未完
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:思い出の蟻 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:316字 お気に入り:0人
蟻の巣穴に水を流し込む。残酷といえば残酷な遊びだが、それが面白く思える年頃というのは確かにある。当時の俺は、まさにそういう年頃だった。――そうか。きみはそうやっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:楽観的な土 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:227字 お気に入り:0人
ひでりのときはなみだをながし。さむさのなつはおろおろあるき。そんな神さまでは、ありたくなかったのだけれど。涸れた田んぼと、枯れた稲たちの前で。私は村のひとたちに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:名付けるならばそれは眠り 必須要素:じゃがいも 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:838字 お気に入り:0人
ああ、なんということだろう。「空認?」「違う違う、ソラニン。じゃがいもの芽に含まれる、毒のことだ。なんだ、天才ときいていたがそんなことも知らなかったのか?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:無意識の排泄 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:518字 お気に入り:0人
う○こなんかするはずじゃなかった。古明地こいしは思った。それはおならのはずだった。音の出ない、いわゆる透かしっ屁というやつ。そのはずだった。いかなる直腸のいたず 〈続きを読む〉