ジャンル:人狼ジャッジメント お題:明るい子犬 制限時間:1時間 読者:78 人 文字数:1214字 お気に入り:0人
[削除]

吠えない駄犬




【ロデマイ】

犬は嫌いだよ。二の腕を緩くさすってそう言う。雪の吹き付ける外から伝わる冷気のせいか、彼の嫌いだという犬が目の前にいるからか。きゅううと鳩尾の奥が縮こまる感覚がする。くぅん。思わず鳴き声のようなものが出てきそうになって、慌てて首を振った。犬嫌いの彼は、それを怪訝そうに見つめている。

ロディ。俺のご主人様。番犬がこれと決めた飼い主。

番犬は毎夜、人狼から飼い主を護る。忠実に。主人が自らが飼い主であるということを知らずとも。その気になれば主人を嚙み殺すことも容易いが、生憎マイクはその選択肢をとるつもりはなかった。
多分、これ以上嫌われたくないのだと思う。それが死に際の一瞬だけだったとしても、嫌悪、恐怖、忌避。そういった眼差しを向けられたくはなかった。三日世話になれば、その恩を一生忘れない、とは東国の言葉だったろうか。犬は絆されやすいのだ。とても。

「犬が嫌い……って、噛まれたりしたのか?」

「そういう訳じゃないけど。煩いだろ、あいつら。吠えるし、襲いかかってくるし」

「襲いかかって来るのは相当じゃないか?何したんだよ」

「なんにもしてないよ。あっちが勝手に来るんだ」

嫌いなものの話をさせられているからか、ひどく不機嫌そうだ。頭のてっぺんからつま先まで、視線を滑らせる。今は神経質そうにしているだけの、ただの青年、といった印象しか受けない。完全な犬では無く、番犬という役割を付与されただけの身だから、分からないのだろうか。

「ふーん。災難だな。まぁ、こんな雪山じゃあ野良犬すらいないから、そこは良かったな」

「あのさぁ、人狼に殺されるか、こっちが先に殺すかって時に、良かったも何もないでしょ」

「それもそうか。悪い」

「はぁ……」

これ見よがしに、大きなため息を吐かれる。マイクとて、自分のものよりずっと鋭く大きい牙に引き裂かれ食われるのが怖くないわけではない。護れるのは主人だけで、自らは襲われてしまえばそれでおしまいだ。

「でも、なんとかなるだろ。お前のことは俺が護るし」

「なにそれ。狩人か何かなの、君」

「さあな」

ロディが人狼であったなら、きっとこの発言は自分にとって致命的な失言になるのだろう。なるようになるさ。主人にしようと決めた時から、死ぬまで忠実でいようと決意した時から、正体について考えるのはやめてしまった。

「俺はけっこう、犬好きだよ」

「びっくりするくらいマイペースだよね。君って。ここでその話掘り返す?」

俺はけっこう、今が好きだよ。ご主人様は犬が嫌いで、外は猛烈に寒くて、誰が人狼でいつ死ぬかわからないけど。けっこう、好きだよ。主人が生きてるなら、牙のない犬はそれだけで満足なのだ。
全てが終わった後でも、自分が死んだ後にでも、『いいこだったね』と言ってもらえれば。頭を撫でて欲しいというのはちょっと主人にはハードルが高いから。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:森島 ジャンル:人狼ジャッジメント お題:黒尽くめの仕事 制限時間:1時間 読者:59 人 文字数:1319字 お気に入り:0人
逆村ロデマイ夜の色に溶けこめる黒のコートと、血で目を眩ませない為の深緑のフード。それらはまだ、クローゼットの奥底に仕舞われたままだ。暗殺者というものは基本、誰か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:森島 ジャンル:人狼ジャッジメント お題:来年の食事 制限時間:1時間 読者:73 人 文字数:1959字 お気に入り:0人
【ロデマイ】来年の話をするとオニが笑うという。オニ、とは極東の国にいるとされる悪魔の一種で、冥府に住んでいることもあるらしい。なぜ来年の話をすればそのオニが笑う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空き地 ジャンル:人狼ジャッジメント お題:官能的な闇 制限時間:30分 読者:72 人 文字数:1258字 お気に入り:0人
彼を色で例えるのならば、闇、そのものだと思う ただ単にきっちり揃えられた黒髪に、素肌をほぼ露出しない黒スーツ。……肌を覗いた、ほぼ全身黒といった服装のせいなの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:森島 ジャンル:人狼ジャッジメント お題:斬新な抜け毛 必須要素: 制限時間:1時間 読者:82 人 文字数:1282字 お気に入り:0人
「お前さあ」半分呆れ、半分怒り、といった風に言うつもりが、思ったより怒りの方を前面に出した声が出てきてしまう。 言われた本人は、けろりどころかケラケラ笑ってなあ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:静かな笑顔 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:365字 お気に入り:0人
「マスター、少し良いか?」深夜マイルームを尋ねてきたのは、退廃的な雰囲気を纏う黒衣のサーヴァント(いやこの人に限ってみれば僕の方こそ僕であるほうが相応しいのかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Zero お題:猫の大地 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:275字 お気に入り:0人
『抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よーーーー』黒衣の魔術師の高らかな詠唱の終わりと共に眩い閃光が古城の一室に満ちる。魔術師が瞑った目を開いたのは、儀式の主たる目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:武将隊 お題:もしかして犬 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:720字 お気に入り:0人
名を呼べば素直に返事をして、確と後ろを着いてくる。 もしかして、いやもしかしなくても、此奴は犬では無かろうか。 褒めれば大きく尻尾振って、叱ればしゅんと耳を垂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:大人の祖父 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:404字 お気に入り:0人
「君と違って、ジョースターさんはまるで大きな子供みたいだな」少しだけ皮肉を込めて、それでいて柔らかくお前は微笑む。「あぁ、じじいは昔っからこうさ」好奇心旺盛で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛、それは音 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:375字 お気に入り:0人
ご自愛ください。という定型句にエロティックな意味を見出してしまう程度にはリリカ・プリズムリバーは若かった。思春期だった。自分を愛するとは陰核を愛することに他なら 〈続きを読む〉