ジャンル:人狼ジャッジメント お題:明るい子犬 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:1214字 お気に入り:0人
[削除]

吠えない駄犬




【ロデマイ】

犬は嫌いだよ。二の腕を緩くさすってそう言う。雪の吹き付ける外から伝わる冷気のせいか、彼の嫌いだという犬が目の前にいるからか。きゅううと鳩尾の奥が縮こまる感覚がする。くぅん。思わず鳴き声のようなものが出てきそうになって、慌てて首を振った。犬嫌いの彼は、それを怪訝そうに見つめている。

ロディ。俺のご主人様。番犬がこれと決めた飼い主。

番犬は毎夜、人狼から飼い主を護る。忠実に。主人が自らが飼い主であるということを知らずとも。その気になれば主人を嚙み殺すことも容易いが、生憎マイクはその選択肢をとるつもりはなかった。
多分、これ以上嫌われたくないのだと思う。それが死に際の一瞬だけだったとしても、嫌悪、恐怖、忌避。そういった眼差しを向けられたくはなかった。三日世話になれば、その恩を一生忘れない、とは東国の言葉だったろうか。犬は絆されやすいのだ。とても。

「犬が嫌い……って、噛まれたりしたのか?」

「そういう訳じゃないけど。煩いだろ、あいつら。吠えるし、襲いかかってくるし」

「襲いかかって来るのは相当じゃないか?何したんだよ」

「なんにもしてないよ。あっちが勝手に来るんだ」

嫌いなものの話をさせられているからか、ひどく不機嫌そうだ。頭のてっぺんからつま先まで、視線を滑らせる。今は神経質そうにしているだけの、ただの青年、といった印象しか受けない。完全な犬では無く、番犬という役割を付与されただけの身だから、分からないのだろうか。

「ふーん。災難だな。まぁ、こんな雪山じゃあ野良犬すらいないから、そこは良かったな」

「あのさぁ、人狼に殺されるか、こっちが先に殺すかって時に、良かったも何もないでしょ」

「それもそうか。悪い」

「はぁ……」

これ見よがしに、大きなため息を吐かれる。マイクとて、自分のものよりずっと鋭く大きい牙に引き裂かれ食われるのが怖くないわけではない。護れるのは主人だけで、自らは襲われてしまえばそれでおしまいだ。

「でも、なんとかなるだろ。お前のことは俺が護るし」

「なにそれ。狩人か何かなの、君」

「さあな」

ロディが人狼であったなら、きっとこの発言は自分にとって致命的な失言になるのだろう。なるようになるさ。主人にしようと決めた時から、死ぬまで忠実でいようと決意した時から、正体について考えるのはやめてしまった。

「俺はけっこう、犬好きだよ」

「びっくりするくらいマイペースだよね。君って。ここでその話掘り返す?」

俺はけっこう、今が好きだよ。ご主人様は犬が嫌いで、外は猛烈に寒くて、誰が人狼でいつ死ぬかわからないけど。けっこう、好きだよ。主人が生きてるなら、牙のない犬はそれだけで満足なのだ。
全てが終わった後でも、自分が死んだ後にでも、『いいこだったね』と言ってもらえれば。頭を撫でて欲しいというのはちょっと主人にはハードルが高いから。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:森島 ジャンル:人狼ジャッジメント お題:黒尽くめの仕事 制限時間:1時間 読者:35 人 文字数:1319字 お気に入り:0人
逆村ロデマイ夜の色に溶けこめる黒のコートと、血で目を眩ませない為の深緑のフード。それらはまだ、クローゼットの奥底に仕舞われたままだ。暗殺者というものは基本、誰か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:森島 ジャンル:人狼ジャッジメント お題:来年の食事 制限時間:1時間 読者:43 人 文字数:1959字 お気に入り:0人
【ロデマイ】来年の話をするとオニが笑うという。オニ、とは極東の国にいるとされる悪魔の一種で、冥府に住んでいることもあるらしい。なぜ来年の話をすればそのオニが笑う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:森島 ジャンル:人狼ジャッジメント お題:斬新な抜け毛 必須要素: 制限時間:1時間 読者:56 人 文字数:1282字 お気に入り:0人
「お前さあ」半分呆れ、半分怒り、といった風に言うつもりが、思ったより怒りの方を前面に出した声が出てきてしまう。 言われた本人は、けろりどころかケラケラ笑ってなあ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:穏やかな男 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1536字 お気に入り:0人
****「おっ邪魔しま~す。」――変な癖で、ついつい人様の車に乗ると言ってしまうんだよなぁ~。と、眠気とその場の雰囲気で少し飲んだ微酔いで、心地の良い疲労感でふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ヒプノシスマイク お題:免れた夜風 必須要素: 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:1525字 お気に入り:0人
高校を出てから住み始めた家は横浜にあって、だから全然ゴミの日を覚えられないで二年か三年くらい、多分そう、三年近くは経っている。ゴミを溜めているなんてことはなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:平和と祖父 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:929字 お気に入り:0人
埼玉以北には行かないと誓った日もあった。 厚い雲に覆われて日が届かない地にいる。おろしたてのダウンをかき抱いて、セイコーマートから走る。はやく温かいホテルのロ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:アルパカの四肢切断 必須要素:ジャケット 制限時間:2時間 読者:8 人 文字数:1657字 お気に入り:0人
型落ちの薄型テレビでは夕方のニュースが流れている。民放だ、たわいも無い内容で本当にくだらない。アルパカふれあい牧場の取材カメラと差し出されたマイクに、ふっくらと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うつたか お題:空前絶後の失望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:618字 お気に入り:0人
「高崎ぃ!」バタバタと、宇都宮が騒がしく在来の部屋に駆け込んでくる。「どうしたんだよ、そんな急いで」珍しく焦る様子の宇都宮に視線が集まる中、高崎はなだめるように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:BanG Dream! お題:それいけ昼下がり 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:992字 お気に入り:0人
「だからさ、こう、耳をぴょこぴょこってさせたの」「わかんねえよ! なんでそれが祝ってることになるんだ……」 時刻にして、昼を少し回った頃。いいかげんおたえへのツ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:黄色い償い 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:960字 お気に入り:1人
315プロダクション所属プロデューサーの俺が、葛之葉雨彦が事務所前の掃除をしているのだ、という話を事務所待機中の紅井朱雀に話したのは偶然だった。そういや朱雀、前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:KーPOP お題:人妻の屍 必須要素: 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:352字 お気に入り:0人
気がつくと、隣に女が寝ていた。いや、正確には死んでいた。口元に泡を吹かせていた。僕は怖くなった。身に覚えがない。すぐ横に酒があった。数本の酒が乱雑に置かれていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン(夢) お題:調和した俺 制限時間:4時間 読者:19 人 文字数:1256字 お気に入り:0人
ちょう わ てう- [0] 【調和】( 名 ) スルものごとの間に釣り合いがとれていること。ものごととものごとが互いに和合していること。 「 -がとれる」 「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル: お題:臆病な武器 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:39字 お気に入り:0人
時計のために引き取った子供、ルドガーは少しぼんやりとした子供であるようだった。 〈続きを読む〉