ジャンル:hrak(腐) お題:君と暴力 必須要素:会話劇 制限時間:1時間 読者:102 人 文字数:1082字 お気に入り:0人
[削除]

尊敬に値する人

※ホー炎を目指したかった、はず



 隣からケタケタと笑い袋のような声がする。
 自由自在に飛べるようになりましょうよ、とか、やっぱエンデヴァーさん凄いですね、とか馬鹿にしているのか、はやしたてているのか、わからないような言葉と一緒に聞こえてくる。
 
 実に不愉快で堪らない。


「あ、今エンデヴァーさん不愉快だ、とか思いましたね?」
「それがどうした」
「はっは、認めちゃうところも流石です」
「馬鹿にするのもいい加減にしろ」


 まさか! そんなことないですよ! と茶番劇のような何かが繰り返される。これで通算何回目だと思っている。
 会話劇にしてもやりすぎだろう。

 しかしこの男、ホークスは口を閉めても自分でこじ開けるタチのようで、もう逸そ縫い会わせたい気分だ。
 多分、糸を全部抜くのであろうが。

 全く、面倒くさい人物に関わってしまったらしい。  


「それにしても、さっきの必殺技かっこよかったですよ」
「お前、今日はそれしか言えんのか」
「だって凄かったんですから、仕方ないでしよう!」


 ぐわぁってなって! と両手を大きく広げてダイナミックさをアピールしたいようで、同時に個性の羽根も一緒に動いているのを、本人は気づいているのであろうか。

 その必死さについ鼻で笑うと、本当に凄かったんですよ!! と余計に熱く語る。

 そろそろ本気で煩くなってきたコイツを黙らせる方法を考えなければ、帰るまでこの調子だ。と思っていると、けど、と接続詞が続く。


「けど、貴方は一人で解決しようとし過ぎです。
…頼りないかもしれませんが、…これでも一応No,2なので…えっと、頼って、もらえたら…うれしい、です…」


 ふむ、と考える。
 そう言えばコイツ、ホークスはNo,2ヒーローだったな、と思い返す。
 最近、一緒にいるせいか、それとも口煩い印象ばかり残っているせいか、もしかすれば、どっちもかもしれない。
 そんな思考を持ちつつ、何故貴様のような若造に助けを求めなければならん、と返す。


「ヒーローの本業は市民を救う事だ。
今回はヤケにその人数が多かった。それを真っ先に救うのは当然だろう」


 そう続けると、ホークスは豆鉄砲を喰らった鳩のように目を見開いて固まっている。
 それからへにゃり、と笑い、そうですね、と答えた。それと流石です、とも。


「俺、エンデヴァーさんのそういう所、好きです」
「何だ急に」
「あはは、いや何となく、ですね」


 そしてまたケタケタと笑った。

 何とも掴みにくい男だ、と思う。


同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:炎の蜃気楼 お題:ありきたりな四肢切断 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:310字 お気に入り:0人
怨霊を調伏しようとして、へまをしただめだ、猛烈な反発で、1人では抑えきれない?直江はまだか?千秋でもいい、もうもちこたえれそうにない、、。 瓦礫に足をとられ高耶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キラッとプリ☆チャン お題:12月の裏切り 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:138字 お気に入り:0人
Qw月と言えばクリスマスだと思う。私の名前は桃山みらい。中学二年生だ。今年のクリスマスはミラクル☆キラッツのメンバーと虹の咲さんと過ごす予定だ。今日はクリスマス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドックス 太中 お題:明日の町 必須要素:生理痛 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1211字 お気に入り:0人
橋の手摺から下を見下ろす。遥か下では、先程迄の豪雨で水かさも流れる激しさも増した川が流れている。微笑み、手摺に上る。そして、両腕を広げ、寒々とした夜風を細身の躰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハンター×ハンター お題:トカゲの事故 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:575字 お気に入り:0人
突然ぶつんと電源が抜けた様に画面が暗くなった。画面といっても脳内にある画面の事で、ぶつんと切れたのは電源ではなく、念能力の効果だ。小動物を自在に操り、一時的にカ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:苦い復讐 制限時間:4時間 読者:13 人 文字数:3546字 お気に入り:0人
アニメ56話を基にしました。クルーガーとクサヴァーが、ヒィズルの為に働く諜報員のような存在だったら・・・という妄想と捏造甚だしい拙作でございます。アニメ56話 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:くじら お題:戦争と木 必須要素:200字以内 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:199字 お気に入り:0人
幼い頃私の胸に植わった木は、いつの間にか憧れに変わり、枯らせぬまま御歳三十を迎えようとしている。 ただその世話をし続けた私は純粋な心持ばかりでは無い。より熱心に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
踊る ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:強い踊り 必須要素:佐々木 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1028字 お気に入り:0人
とんとんかたんとんとんかたん。目を閉じれば聞こえてくるそれは、鍛冶場の音だという。ある短刀は、人間の心臓の鼓動の音のようですね、と言った。産まれた時のその記憶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル: お題:漆黒の闇に包まれし流刑地 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:964字 お気に入り:0人
楽屋に備え付けのソファで武智は眠っている。その顔に疲労と焦燥を見てとって、田中は(まだ、そうなのか)と思った。M-1グランプリ──芸人であれば誰もが望んでやま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:炎の蜃気楼 お題:小説家の床 必須要素:えへへ 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:209字 お気に入り:0人
廊下と和室を仕切る襖を開けた途端、何も書かれていない原稿用紙が滑り落ちてきた。和室の床じゅう、手付かずの原稿用紙が散乱している。高耶は溜め息をこらえつつ、大股で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゴールデンカムイ お題:同性愛の潮風 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:616字 お気に入り:0人
鯉登は海が苦手だ。認めたくない辛い記憶が呼び起こされるからだ。なるべく海に近寄らないように生きてきたが、それでもこの度、敬愛する鶴見中尉からの命令で樺太へ渡るた 〈続きを読む〉