ジャンル:ポケットモンスターBW お題:大好きなぬくもり 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1019字 お気に入り:0人

【ゲー主♀】付けが回ってきた?

すっかり温くなったジュースの缶を両手で握りしめ俯き項垂れる子供を見下ろす内に此方の溜飲が下がるというもの。
叱られた子供よろしく肩を竦め時折上目遣いで様子を窺う様など珍しいの他ならない。膨れ上がり燃え盛る感情に任せ根掘り葉掘り聞きだしてみれば漸く事の真相の一端を掴めた。
如何やら特殊な記憶喪失に近しいものにこの子供は陥っている。ある特定の人物及びにそれに関わる全てを忘れ去っているようだ。実際この屋敷においても都合のいいように改変されているのが何よりの証拠。
「(外の世界から隔離されたこの屋敷を随分前向きな解釈で位置づけたものだ)」
ポケモンリーグ、いやイッシュ自体から離された身でありながらなんと愚かで可愛げのあることを言う。イッシュリーグのチャンピョンは既に貴女ではない者がいるというのになんと哀れで純粋なのか。
「(しかしながら私に関わる一切の記憶を失っていることは兎角都合が悪いことではありませんねえ)」
親しい者達の記憶や思い出、土地などを忘れず覚えている。そこから神が意地悪でもしているように一部の記憶がすっぽり抜け落ちている。
つまり、子供にとって目の前にいる老獪ははじめて会う人物。それが一体誰なのかどのような人物かも知らないまっさらな状態。
逃すにしてはこの機会は余りにも魅惑的で魅力的すぎる。
「トウコ」
小さな肩が跳ね上がる。怯えているのは見ても明らか。ならば可能な限り警戒心を解かなければなるまい。
「先程は大きな声を上げ追い詰めるような話し方をしてしまい申し訳ございません。ですが、それだけショックだったのです。心を取り乱し程に貴女が私を忘れてしまったことがショックで仕方なかった」
「どういう、こと、ですか?」
伊達に演説を行ってはいない。相手が初対面の者であれば話術で如何にでもなる。
「何故ならば私達は互いを愛し合う夫婦だからなのです」




「なんか嘘っぽい」
「(ウッ)」
さすがトウコ。記憶を無くせど持ち合わせている野生の勘で感じ取ったか。胡乱気な視線から思わず目を反らしそうになる。
「胡散臭い大人の話を信用するなってチェレン言ってたし」
「ですが!」
これ以上遠ざかれてなるものか。半ば勢いに任せ温くなった缶を持つ両手ごと掴み引き寄せた。物理的に両者の距離が縮まり、そのまま抱き寄せる。
「それでも私達が夫婦であることには変わりありません」
心なしか捕らえた小さな鼓動が速まった気がします。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

チクチク目打ちの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:猫の殺し 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:519字 お気に入り:0人
どうして設定した通りにならない。どうして思い通りにならない。この世界は私が作ったものなのになんでも思い通りに作り替えられない。勝手に動いて邪魔してどうしてどうし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:隠された彼女 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:609字 お気に入り:0人
とくに動物の類が苦手というわけではない。見た目も中身も猫に懐かれれば満更でもなかっただろう。ただ見た目が、見た目の方が裕太にとっては大問題だった。ソファに座った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:素朴な駄作 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1034字 お気に入り:0人
「にゃあ」それはとても可愛げが無さ過ぎて逆に可愛く思えると見せかけてやはりそうでもない成熟した男の声色だった。キャリバーの口から発せられた猫の鳴き声でよく表現さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:純粋な正義 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:1373字 お気に入り:0人
記憶喪失になってから身に着いた習慣は常々侮れない。六花と内海と一緒に六花の母親が経営している喫茶店にとりとめない話をしながら店内に入った瞬間、裕太は何か違和感を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:殺された性格 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:1661字 お気に入り:0人
日が暮れ夕食時に怪獣が現れたお陰で店に集まるのが大分遅い時間帯になってしまった。閉店時間が差し迫っているにもかかわらず店内は明るく裕太達が戻ってくるまで全員待っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:燃える彼女 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:931字 お気に入り:0人
その時、燦々と降り注ぐ太陽を反射させ扇状に広がる海水を頭からかぶった。「あんまり人魚を見くびってほしくないものね」頭からずぶ濡れになった元凶がおちょくるように空 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:最弱の小説合宿 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:964字 お気に入り:0人
微かなさざ波の音が段々とはっきり聞こえ始め意識が浮上する。目を開けようとした刹那、あまりにもの明るさに眩暈が起き目元を手のひらで多い庇を作った。軽く瞬きをくり返 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:思い出のもこもこ 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:638字 お気に入り:0人
柔らかで優しい月の光、星の光を容易く遮り覆う分厚い雲から降り注ぐ大粒の雨冷たく、不規則で暴力的な閃光と轟音を轟かす雷すら蠢く暗闇化した海が飲み込みうねる。巨大な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ポケットモンスターBW お題:犯人はヒーロー 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:937字 お気に入り:0人
市販のチョコレート。買ったままの状態であからさまな追加包装も何もしていないただの板チョコ。「あげる」手作り感から程遠い特別でも何でもないお店によく置いてある板チ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ゆめにっき お題:苦し紛れの超能力 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:521字 お気に入り:0人
時たま馬鹿馬鹿しいことを考える。彼女の持つ効果は効果を得られる相手の力、もしくは分身に近しい存在であり一か所に留まることしか出来ないこの世界の住人たちにとって唯 〈続きを読む〉