ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:昼間の体験 制限時間:1時間 読者:37 人 文字数:984字 お気に入り:0人
[削除]

子猫がくれた夢の予言

これは、あるところの子孫とその守り刀の話である。最近主の様子がどうにもおかしいと話しているもの達がいた。その人らの名は、薬研藤四郎、後藤藤四郎、厚藤四郎、信濃藤四郎の4振りである。皆粟田口吉光が作った守り刀だ。そして主の名は桃。戦国の時代のすごい大名の子孫だった。この五人は桃が生まれたときからずっと一緒にいた。だが、最近桃は昼の間どこかに出掛けている。ずっと守ってきた信濃達は桃がいないことにひどく心配していた。ある日また桃は出掛けにいった。そこまではよかったのだ。だが、桃は夜になっても帰ってこない。薬研が心配して、探しにいこうとしたときに桃は帰ってきた。さすがに心配になって、厚達は桃に怒った。
「大将、どこに行っていたんだ!こんな時間まで、いくら大将でも子供が歩いていい時間ではないんだぞ!!」と言われ桃はキョトンとしていた。そしてしばらくの沈黙があった。それを破ったのは桃だった。
『えっと、心配かけてごめんなさい。でも私部活に行っていただけだよ?あ!でも明日はないから家にいるから大丈夫です!』
と言われ四人は安心した。
次の日外は秋晴れだ。暖かくとても風が心地いい。そんな中桃は縁側にいると迷い混んだのか、小さい子猫が桃に向かって歩いてきた。だがその様子は少し元気ではなかった。この姿に心打たれた桃は、四人に飼ってもいいか聞くことにした。四人は少し驚いていたが、それぞれこう言った。
 信濃「俺はさんせー!」後藤「俺もいいと思う。」薬研「大将がしっかりお世話するならいいぞ。」厚「まぁ皆で世話すればいいんじゃねーか。」と皆快くオッケーしてくれた。『皆、ありがとうございます!』そうして、桃の家族に子猫が加わった。それから、一ヶ月たったある日。アリスが何かを見つけたようでついてこいと言われているようだった。五人はついていく。茂みを向けた先には美しい池があった。五人は驚いていると、どこからか声がして、こう言った。
[主殿、あなたはいつか審神者となり、私達を導いてくだされ。]その言葉に不思議に思ったが、何故か記憶が途切れた。
目を覚ますと自分の家で寝ていた。
『不思議な夢を見た。アリス、あなたは不思議な子だね。』気がつけば皆集まっていた。四人も同じ夢を見たらしい。この夢は昼間の一時を彩る体験だったのだ。
まだ審神者になっていない桃と四人の守り刀の話。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:逆スーモイケメン(仮)Hey!You!!(「・ω・)「(光伽月) ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:12月の少数派 制限時間:1時間 読者:97 人 文字数:904字 お気に入り:0人
朝早く起きてしまった。布団を畳み、広間へと行こうと扉を開ければ目の前に広がるのは一面の真っ白な雪。いつもより冷え込むと思えばやはり雪のせいだったか。「主、起こし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:九珠/kz ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:君と内側 制限時間:1時間 読者:163 人 文字数:1676字 お気に入り:0人
俺にとって、彼女は唯一無二だった。だけど、彼女にとってはそうではないことを俺は知っていた。「鶴丸」 柔らかい声で彼の名前を呼ぶ彼女は、彼に対する親愛の情を明ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:塵@のんびり ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:軽い教室 制限時間:1時間 読者:330 人 文字数:2984字 お気に入り:1人
目をとじてひらくと、教室だった。 均等に並べられた50数個の椅子とつくえ、前にも後ろにもある黒板。 その教卓の前に、見下ろすように立っていた。 誰もいない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:西園寺燐@萌爆弾魔 ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:希望の尿 制限時間:1時間 読者:300 人 文字数:1479字 お気に入り:0人
本日も本丸は快晴。しかし、相変わらず…本丸の資材庫は枯渇していた。「……くそっ、時の政府め」翡翠の本丸は特殊な事情を抱えている為、政府からの資材配給がこない。小 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふわふわスフレケーキ ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:ダイナミックな衝撃 制限時間:1時間 読者:298 人 文字数:1007字 お気に入り:0人
ああ、困った。実に困る。先日の"アレ"から頭はそれでいっぱいで、昨日なんか手合わせで相手の攻撃をほとんどくらってしまうし、昼餉のみぃとそぉすぱすたで着物を汚して 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:藍河@とうらぶ ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:死にぞこないの運命 制限時間:1時間 読者:432 人 文字数:1418字 お気に入り:0人
なんだか今日はすれ違ってばかりいる気がする。 山姥切国広、この本丸の主である審神者の少女の初期刀。 先ほどから少女は彼のことを探して本丸周辺を歩き回っていた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ななし/闇ミツハ/全方位褒められたい ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:やば、屍 制限時間:1時間 読者:364 人 文字数:1979字 お気に入り:0人
#刀さに版深夜の審神者60分一本勝負 #さにわんらい 参加作品テーマ:キャンディ「バレンタインは結局私はろくに何もしなかったよ? どして、金平糖をくれるの??」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ななし/闇ミツハ/全方位褒められたい ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:苦し紛れのエデン 制限時間:1時間 読者:479 人 文字数:1501字 お気に入り:0人
さにわんらい11/22『君のインナー』R-15創作審神者(女審神者)在中 姥さに狐面をつけた女審神者に顕現されて暫く経った。その間、少なくない数の刀が狐面の手に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アミムラァ ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:当たり前の月 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:555字 お気に入り:0人
ぽっかり空いてしまった。 この月では、ないのよ。 私が言った言葉に、兄は『また何か言いだした』といった困ったような、しかし邪険に扱うでもない優しげな表情で、私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ななし/闇ミツハ/全方位褒められたい ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:私が愛した喜び 制限時間:15分 読者:103 人 文字数:564字 お気に入り:0人
庭の梅が薫り始めたからと、目を細めた歌仙兼定は一輪挿しを持ってきた。水仙が咲いたからと、蜂須賀虎徹は庭へ連れ出さんと手を掴んだ。鬼やらいじゃなと、柊の枝を手に陸 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
語らい ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:可愛い恋 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:319字 お気に入り:0人
付喪神として意識を持ち始めた頃の俺は、周りの物事全てが珍しく輝いて見えた。あれは何、これは何と周りの付喪神に聞いて回った。周りの者たちは何でも聞く俺が面倒にな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:穏やかな男 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1536字 お気に入り:0人
****「おっ邪魔しま~す。」――変な癖で、ついつい人様の車に乗ると言ってしまうんだよなぁ~。と、眠気とその場の雰囲気で少し飲んだ微酔いで、心地の良い疲労感でふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ヒプノシスマイク お題:免れた夜風 必須要素: 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:1525字 お気に入り:0人
高校を出てから住み始めた家は横浜にあって、だから全然ゴミの日を覚えられないで二年か三年くらい、多分そう、三年近くは経っている。ゴミを溜めているなんてことはなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:平和と祖父 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:929字 お気に入り:0人
埼玉以北には行かないと誓った日もあった。 厚い雲に覆われて日が届かない地にいる。おろしたてのダウンをかき抱いて、セイコーマートから走る。はやく温かいホテルのロ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:アルパカの四肢切断 必須要素:ジャケット 制限時間:2時間 読者:8 人 文字数:1657字 お気に入り:0人
型落ちの薄型テレビでは夕方のニュースが流れている。民放だ、たわいも無い内容で本当にくだらない。アルパカふれあい牧場の取材カメラと差し出されたマイクに、ふっくらと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うつたか お題:空前絶後の失望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:618字 お気に入り:0人
「高崎ぃ!」バタバタと、宇都宮が騒がしく在来の部屋に駆け込んでくる。「どうしたんだよ、そんな急いで」珍しく焦る様子の宇都宮に視線が集まる中、高崎はなだめるように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:BanG Dream! お題:それいけ昼下がり 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:992字 お気に入り:0人
「だからさ、こう、耳をぴょこぴょこってさせたの」「わかんねえよ! なんでそれが祝ってることになるんだ……」 時刻にして、昼を少し回った頃。いいかげんおたえへのツ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:黄色い償い 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:960字 お気に入り:1人
315プロダクション所属プロデューサーの俺が、葛之葉雨彦が事務所前の掃除をしているのだ、という話を事務所待機中の紅井朱雀に話したのは偶然だった。そういや朱雀、前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:KーPOP お題:人妻の屍 必須要素: 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:352字 お気に入り:0人
気がつくと、隣に女が寝ていた。いや、正確には死んでいた。口元に泡を吹かせていた。僕は怖くなった。身に覚えがない。すぐ横に酒があった。数本の酒が乱雑に置かれていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン(夢) お題:調和した俺 制限時間:4時間 読者:20 人 文字数:1256字 お気に入り:0人
ちょう わ てう- [0] 【調和】( 名 ) スルものごとの間に釣り合いがとれていること。ものごととものごとが互いに和合していること。 「 -がとれる」 「 〈続きを読む〉