ジャンル:カルジュナ お題:私の儀式 制限時間:15分 読者:110 人 文字数:1786字 お気に入り:0人

【カルジュナ】ラッキーストライク!3

「言い訳はあるかね」
「………無い」
カルナは両手を後ろ手に組み、足を肩幅に開いて質問の主を見ていた。
ジェロニモは他のメンバーと同じく、カルナへの「勉強」の先生であり、カルナが頭の上がらない人の一人である。
カルナがジャムに呆然とし、アルジュナを誘拐犯の好きにさせてしまったところを、フィンとディルムッドがそれぞれ車とタクシーで追いかけたのだが、途中で撒かれてしまったようで、現在の本拠地になった、ホテルのスイートルームに戻ってきた。
スイートルームには開けられたままのトランクがあり、そこからはアルジュナがこのバカンスのためにと持ってきた、カルナ用の日焼け止めが覗いていた。自分のものだけを持ってくれば良かったのに、とカルナは思った。ちがうことを考えている自覚はあった。思考が奔放と化し、現状から逃避している。アルジュナと二人きりのはずのスイートルームは、今や作戦会議室に様変わりしてしまった。
「ボスが拐われてから一時間三十九分。そろそろ向こうから何かしらの要求があってもおかしくないと思うんだけど」
「静かなのが不気味よね」
「……助けに行かないのか」
「何処へ?」
切って捨てられるように返答され、カルナは押し黙る。
バカンスだからと、アルジュナを縛るGPSつきのピアスを外させていたのもカルナであり、二人きりを強請ったのもカルナだった。それは言い換えれば、自分がそう願ったとしても、結果的にはそうならないだろう、と思っていたからだ。アルジュナのことだから他にも護衛を潜めているだろう、だとか、他の面々とて完全に二人きりにはさせないだろう、だとか。
けれどもそれは全てカルナがこの現状を甘く見ていたということだ。完全に二人きりであるならば、自分自身がアルジュナを守らねばならなかったというのに。
と、そこに不意に聞こえるビープ音。玩具のようなチープな呼び出し音が聞こえ、ジェロニモが視線だけでビリーを促した。部屋に引いてあるシックな電話機から、耳を劈くような電子音がしているというアンバランスさは、今の自分たちを表しているようにも見えた。
自分たちは生まれも育ちも年齢も国籍も信条も違う。だが、アルジュナというたった一人の下に集うということで初めて一団となる。烏合の衆ではなくなる。霧散した霧でも、有象無象の塵芥でも、掃いて捨てられる路傍の石でもなくなるのだ。
「ハロー!」
『やぁやぁ諸君! そろそろ私が必要かね!』
受話器を取ったビリーの耳に、聞き馴染みのある声。ビンゴ、と言いながら肩を竦めれば他のメンバーは通話相手が分かったようだった。
『困ったものさ。麗しい御婦人方とショッピングを楽しもうとしていたところ、なんと我らがボスが逢引きしていくのを見かけてしまってね!』
「ワァオ、駆け落ち? 若い恋人には飽きたみたい?」
『情熱的な女性だったように見受けられる。なんといってもあの四百四十CCと、改造マフラーの線の鋭さから察するに相当な馬乗りさ!』
「つまり?」
ビリーの問いに、通話口の向こうで一瞬だけ沈黙が走った。
フィン・マックールの思考が繋がった音。それは無音という、世界からの断絶だ。
『私が彼らを見たのがシラク―サの三十七号線ストリートから十七キロメートル地点。その時点で時速八十キロメートルのロートルバスと比較するにバイクの時速は百十八キロメートル。そこからハイウェイ入り口までを二分三十一秒で通過すると仮定し、その間に私の「小鳥たち」がハイウェイの出口に包囲網を敷いた』
さらさらと淀みなく紡がれるフィンの言葉を、キッドは左利き用の万年筆で速記していく。それをエレナが方眼紙と地図にトレースし、ロビンフッドがパソコンに位置情報を落とし込みながら監視カメラのアクセス権限を壊し始める。
目の前で、自分を置いてけぼりにしたまま進んでいく世界のスピードに、カルナは目を見開いたままに硬直する。自分もそこに入っていかなければならないのに、喉が張り付いてしまったかのように空気を通さない。
ガチャンッ! とビリーが受話器を置き、カルナを見る。
「さて、行こうか」
「……何処へ」
「何処って、おかしなことを聞くね、カルナ」
ジェロニモがビリーの言葉を続ける。
「地獄に決まっているだろう」
一斉に立ち上がったメンバーが、スイートルームを飛び出した。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:冬のジジィ 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:1819字 お気に入り:0人
この上なくスムーズに着陸し、おざなりな見送りを受けた後、空港近くのホテルへと向かう。ホテルのドアを潜るまではあくまで職務中のため、手を繋ぎたくても繋げないのが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:情熱的な小説 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:1333字 お気に入り:0人
自動操縦へと切り替わり、あとは互い違いに確認を行いながら適宜微細な修正を行っていくだけだ。アルジュナはシートベルトを外し、コーヒーを淹れるために席を立った。空の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ラストは想い 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:1584字 お気に入り:0人
微弱な振動を感じる。この離陸直前の振動を、カルナはもっとも好ましく思っていた。旋回し、水平を保つ頃には既に町など眼下のミニチュアだ。左翼がしなり、繋ぎとなってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:これはペンですか?違うわ、それは人体 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:1265字 お気に入り:0人
わたくし、子狐を一匹、飼っておりました。それはたいそう賢く、また人づきあいもよく愛嬌もあり、私がふいと目を離したと思えば、やれ羊の毛を刈う手伝いをしてきただの、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:生きている黒板 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:1534字 お気に入り:0人
「何してるんです?」「…………何も」アルジュナが俺の部屋にやってきた。ガッタンゴットンと荒々しくひっくり返して掃除をしたばかりの俺の部屋にやってきた。両隣が空き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:謝罪探偵すまないさん お題:オチは風 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:1286字 お気に入り:0人
「探偵さんはさがしものもとくいですか?」アルジュナがそう言いながら探偵事務所を訪ねてきたのがついさっき。探偵さんはアルジュナにあたたかいココアを出して飲むように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:小説の会話 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:1434字 お気に入り:0人
「いや、」俺が言いよどんでいると、アルジュナは少し俯き、眉を下げた。こんな時にどういう反応をすればいいのかと迷っているようでもあったし、裁きを待つ罪人のようでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:有名な喜び 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1238字 お気に入り:0人
俺がアルジュナと出会ったのは、ある意味で偶然を重ねた上での必然だった。サーヴァント時代の記憶を有していると気付いたのは、物心も着く前だった。むしろ生まれ落ちた瞬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:FGO お題:鈍い奈落 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:793字 お気に入り:0人
あぁ痛いなちくしょう。なんだってほんと、オレなんかが世界を背負っちまったんだろうな。平凡が服着て歩いてるような現代日本の中流家庭の次男でさ、こんな血とか煙とか剣 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:FGO お題:群馬の極刑 制限時間:15分 読者:115 人 文字数:810字 お気に入り:0人
拝啓、お元気でしょうか。この手紙を読む頃、貴方はどうしているでしょうか。この手紙を受け取ってしまったということは、つまり、私はもう生きてはいないということでしょ 〈続きを読む〉