ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:魅惑の計画 必須要素:コーラン 制限時間:30分 読者:114 人 文字数:1777字 お気に入り:1人

デート

「頼もう」

これから道場破りでもするような挨拶とともに現れたのは、大包平であった。
審神者は端末をいじっていた手を休めて、長身の男を。
大包平は大荷物だ。雑誌だの地図だの鉛筆だの、とにかくいろんなものをその逞しい腕に抱えていた。
一体何事かと審神者が目を丸くしていると、

「いいか、よく聞け」

大包平は審神者の向かいに座ると同時に、大真面目な口調で言った。なにやら大切な話であるらしい。
自然審神者も居住まいを正し、大包平に向き合うこととなった。
大包平は持ってきた地図と雑誌とを広げて畳の上に置く。ひとまず地図を、指示した。

「集合時間は9:20分、厳守だ。9:30発の電車に乗って2駅で下り電車に乗り換え、待ち時間が7分だ。そうして5駅乗り継いで10時には目的地に到着する計算だ。電子マネーのチャージは怠るな、1分1秒が命取りだ。俺は持っていないがこのために万屋で購入した。チャージの時間がないなら俺が一緒に入れておく。いいな?」
「……うん?」
「返事は」
「はい」

審神者はぽかんとしながらも、大包平の勢いに押されてついつい返事してしまう。
それを確認すると、大包平は再び口を開いた。

「10時、開園と同時に入るぞ。入園チケットは二人まとめて買う。共通の財布でも作っておくとよいか。俺が出してもいいが、お前はそういうのはきっちりしておきたい方だろうからあえてそうする。異論はないな?」
「え……。あ……」
「はっきりしろ」
「はあ……はい」
「中は、この順番で行く。いくつか雑誌やネット上の記事を検索したが、このルートが最短かつもっとも濃厚に楽しめるということだ」
「……へえ」
「この、」

大包平がガイドマップの中の一点を指す。

「ソフトクリームがうまいと評判だ。お前は甘いものが好きだろう」
「うん」

大包平は何も言わず、しかしかすかにガッツポーズをとった。
もはや審神者は疑問をさしはさむことは、しない。

「ソフトクリームはワッフル付きがおすすめらしいが、なにせこの店のは量が多い。成人女性の平均的歩行速度で展示物を見、売店によるとなると、おそらく11時頃だ。昼が近いからここでは軽く食べておくべきだな。残念だろうがカップにするほうがいい。いいな?」
「わかった」

……

この調子で30分ほど大包平による独壇場が続いた。
皆まで聞いてしまった後、審神者は控えめに手を挙げて尋ねる。

「ひとつ聞きたいのが、これは、どういう、あれかな?」

どう考えても――デートコース、それも自分と大包平のそれを想定したもののようだが。
しかし大包平とはそういう関係でもないし、一体なにがどうなってこんな展開になっているのか、彼女にはさっぱり訳が分からなかった。
大真面目に問うた審神者に、大包平は一転、表情を変えた。

「っこの鳥頭が!」

第一声は罵倒。しかもあまり言われたことのないタイプのそれだった。

「お前が! 大包平と、この俺と! デートしたいと言ったんだろうが!」
「え、いつ?!」
「この前の宴の席でだ! 忘れたとは言わせん。その場には鶯丸もいた、あいつに聞けば証言してくれるだろう。お前がどうしてもというから俺は、」

いろんな雑誌を参考に、このデートプランを考えた、ということらしい。
参考にした雑誌にどこまでのことが書いてあったか、どのように参考にしたかは定かではない。――しかし、あまりにも「らしい」デートプランに、審神者は思わず笑ってしまった。

「っひとが真面目に考えたものを笑うとは、」
「違うって。ガチにガチすぎてちょっと面白かっただけ。むしろ、一度も行ったことのない場所なのに、よくもこれだけ考えられたね。さすがは大包平というか」
「……フン! 当然だろう。この俺が考えたのだからな」
「うん。だから楽しみにしている」
「はっ、そうだ、せいぜい楽しみにしているがいい! 仕事は前倒しにしておけよ、さもなくば泣きを見ても知らんからな!」

――とかいいつつ、泣きを見たら手伝ってくれるんだろうなぁ、なんて。
希望的観測を抱きながら、審神者は大包平に手を振った。




※大包平が参考にしたデートに関する書籍が、コーランかよみたいな、そういうあれということを補足した時点で、この小説は終わりです

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:冷静と情熱の間にあるのは行動 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1137字 お気に入り:0人
某本丸の書庫にて、山姥切国広は本を読んでいた。兵法に関する本である。書庫には彼のみ。一切の物音を排除した静まり返った知識の園で何かにとりつかれたかのような熱に浮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:許せない汁 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1162字 お気に入り:0人
これは某本丸の昼前のことであった。審神者は台所に立って目の前のそれを前に腕組みをしていた。目の前には大きな鍋。リクエストを受けて豚汁を作ったのだが、どうにも納得 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:消えた奈落 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:756字 お気に入り:0人
奈落、という言葉は地獄という意味に等しい。それを知ったのはいつの頃だったでしょうか。もうかなり昔のことだったように思われます。こんなことを考えるのは、今読んでい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:同性愛の冒険 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:797字 お気に入り:0人
某本丸にて。今日の畑当番は陸奥守吉行と和泉守兼定だった。陸奥守は太陽の下でぐんぐんと育つ緑の根元に水をやっていた。和泉守は育った作物の収穫をしている。ふと陸奥守 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:運命の情事 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1671字 お気に入り:1人
いつかは抱かれたいとは思っていた。 けどそれは空想のなかでしかなくて、殻を破ってはいけない物語だったのだ。 通じ合うことはひどく恐ろしく、あなたのなかで、わた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:闇の女祭り! 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:1625字 お気に入り:0人
「そろったわね」 居酒屋の個室、最後の娘が席を埋めるとずらりとジョッキの生ビールから酎ハイまでが出そろう。 可憐な女たちがぞろりと顔をつきあわせたが、その顔は仕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:明るい屍 必須要素:複雑なストーリー展開 制限時間:30分 読者:72 人 文字数:845字 お気に入り:0人
そこに残っていたのは少女の体だった。その周りには様々な花が散りばめられている。菊と、カスミソウと、マーガレットと、そして何より彼女の名前の花が一番多かった。花 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:隠された床 制限時間:30分 読者:102 人 文字数:1042字 お気に入り:0人
この部屋には、秘密がある。ここは歴史修正主義者と戦うために準備された本丸の中、審神者としての執務室である。寝室としても使っている私の私室はまた別のところにあるか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:九珠/kz ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:遅い空想 制限時間:30分 読者:219 人 文字数:1637字 お気に入り:0人
刀が、折れた。そして身体を失って消えていく彼らの最期に、私の手は届かない。 ゴウゴウと炎は燃え盛り、ああ……私はもうすぐ死ぬんだなって。自分の死に対してはどこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しあわせろり ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:男同士の作家デビュー 制限時間:30分 読者:683 人 文字数:2065字 お気に入り:0人
何が楽しくて、官能小説家がサシで飲まなければいけないのか。 詰まってもうネタが出ない、とごねたら編集が、じゃあ同期の作家さんと食事でもしませんか、と誘ってきた 〈続きを読む〉

フライT野の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:フライT野 ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:魅惑の計画 必須要素:コーラン 制限時間:30分 読者:114 人 文字数:1777字 お気に入り:1人
「頼もう」これから道場破りでもするような挨拶とともに現れたのは、大包平であった。審神者は端末をいじっていた手を休めて、長身の男を。大包平は大荷物だ。雑誌だの地図 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:フライT野 ジャンル:刀剣乱舞 刀さに 女審神者 お題:寒い魔物 制限時間:2時間 読者:314 人 文字数:2304字 お気に入り:0人
「冬は嫌い」 寒いのが苦手なのだと彼の主は言う。 蜻蛉切は寒そうに背を丸める主の姿を見つめて、そうですかと答えた。 *** 一月半ば。 いよいよ寒さは洒落になら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
こわいもの ※未完
作者:フライT野 ジャンル:刀剣乱舞 刀さに 女審神者 お題:恐ろしいライオン 必須要素:鬼コーチ 制限時間:30分 読者:207 人 文字数:1306字 お気に入り:0人
愛染国俊のTシャツの柄は、なにも愛染明王ばかりではない。 中々に奇抜なセンスのものばかり揃っていて、時にぎょっとするようなものも多々あった。たまに、洗濯が追い 〈続きを読む〉