ジャンル:刀剣乱舞 お題:壊れかけの狐 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:466字 お気に入り:0人

ディープゲーマーお供の狐

コチコチ…コツ、カチカチカチ…

お供の狐は一匹でいる時、とても静かだ。

鳴狐と共にいる時は己がやるべき使命のように、鳴狐の気持ちを汲みときに言葉を添えてときにただ寄り添って。
腹話術と言われるほどいつも鳴狐と一緒にいるが、そうでない時もある。
例えば内番中など、それは己一人だけの時間だ。
もちろん手伝う時もあるが、大概にして欲されるのは人の手だ。猫の手に代表される肉球を求められることは、ほとんどない。
そうして出来た余暇をお供の狐は何に当てるかと言うと、ネットゲームだった。

ガタタッ、タタタタタッ、タタンッ

しかもかなり手馴れた数々のオンラインゲームを踏破し、コントローラーは握れずともショートカットキーを駆使しまくり、オリジナルコマンドを作り上げ、カンストは当たり前なレベル。
それを空いた時間だけでこなすのだから、この狐相当やりよる。
こうして、私のレベルアップを手伝ってもらいながら言うのもアレだが、相当ヤバい脳ミソしてると思う。

『どういたしました?手が止まっておいでですよ』

ネット経由で語りかけられた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:さの ジャンル:刀剣乱舞 お題:ダイナミックなダンス 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:370字 お気に入り:0人
「そこ! テンポが遅いぞ!!」激が飛ぶそこは、本丸の中で、道場と見間違うほどの多きな部屋だが、実際はダンススタジオだ。何故、ダンススタジオがあるかというと、現在 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さの ジャンル:刀剣乱舞 お題:かたい雪 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:121字 お気に入り:0人
「よーし」和泉守兼定がパンパンと叩いているのは、雪を固めた壁だ。「これで、思いっきり、雪合戦ができますね!」その横ではしゃぐのは、堀川国広だ。テレビで見た、競技 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:とんでもない月 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:281字 お気に入り:0人
「すごく大きなお月様ですね!」大喜びして、小さな手を伸ばしたのは秋田藤四郎だった。この本丸の主は月が大変好きだという理由で、過去の観測データが残っているある月の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:純白の帰り道 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:749字 お気に入り:0人
「うー、さむっ」寒い寒い、と手をこすり合わせれば、それだけ着ているのに何を言っているんだ、という顔の国広と目があう。「あんたはあったかそうだよね……」簡単な遠征 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 お題:彼女の百合 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:313字 お気に入り:0人
整然とした机の上。その正面奥に透明な花瓶に生けられた白い百合の花が慎ましやかにたたずんでいた。へし切長谷部は自身の机の上のその花を眺めていた。普段彼は険しい顔を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 お題:孤独な恨み 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:389字 お気に入り:0人
なぜ奴ばかりが評価される?俺が、俺こそが山姥切を名乗るにふさわしいのに。奴の方が先に来たから?俺が先に来ていたら状況はまったく逆になっていた?ここでは俺が山姥切 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:パッションの精霊@ねこまふ ジャンル:刀剣乱舞 お題:紅茶と広告 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:667字 お気に入り:0人
「お茶が飲みたいな」と鶯丸が呟いた。いや、呟きというか確実に前田藤四郎が通るのを狙って言ったのだろう。「あの、僕は前田ですよ?」「ああ、知っている」頻繁に鶯丸の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さの ジャンル:刀剣乱舞 お題:アルパカのセリフ 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:345字 お気に入り:0人
「えーっ、次のお題は『アルパカのセリフ』だ!」本日の宴会の司会を務める鶴丸は、くじ引きの過去から一枚引き、折りたたまれた用紙に記載された内容を読み上げた。「すま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:捨てられた本 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:705字 お気に入り:0人
うちの本丸の中には、小さいが書物の保管庫がある。刀剣男士や審神者の私物であったり、政府から送られてきた必読のものであったり、様々な時代のものが一部屋に収められて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 お題:それいけぺろぺろ 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:337字 お気に入り:0人
一期一振と万屋にやってきた包丁藤四郎はあるものの前で立ち止まったまま、目を輝かせていた。円状の大きな飴の中心にはぐるぐると渦巻き模様、そしてその飴を支える竹の棒 〈続きを読む〉

やすひと。の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:穏やかな博物館 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:632字 お気に入り:0人
とある審神者が生まれたきっかけ。小さな博物館にはこれまた小さな土産物の売店がある。博物館にちなんだ品はもとより周辺地域に関連する品物も並んでおり、座って談笑でき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:茶色い命日 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:367字 お気に入り:0人
「土まみれは…当たり前ってな…」「黙りなさい!ック、あなたがまみれているのは土でなく血で、っすからァ!!」迫り来る敵との鍔迫り合いから宗三左文字は力任せに押し返 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:生きている私 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:584字 お気に入り:0人
俺はオーディションに来た。現世に審神者をやらんかと誘うのを仕事とする部隊を結成する為だ。時間遡行軍に対する為に刀剣男士を権限させる力を持つ審神者なるものは未だ足 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:過去の使命 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:355字 お気に入り:0人
崖の上から見下ろす影は逆光で誰のものか分からなかった。ただじっとこちらを見下ろして俺たちが戦っている様を眺めている。ゴウッと強い風が吹いて、敵の一瞬の隙が出来た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:有名な戦争 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:610字 お気に入り:0人
僕が一番危険だと思ってるのは夜道の迷子。現世の夜は街灯があちこちあるから視界が見えなくて迷うと言うことはないんだけど、自身の持つドジのポテンシャルは舐めてはいけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:鋭い消費者金融 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:526字 お気に入り:0人
「君たちの行動は逐一、亜種が過ぎる」「「「すみません…」」」膝をついて頭を下げる薬研くん、三日月さん、鳴狐さん。「乱がごまかしてくれたからいいようなものを、ここ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:生きている私 制限時間:30分 読者:57 人 文字数:1876字 お気に入り:0人
俺は崇められている。俺が瞼をあげるよりも前に深くこうべを垂れる女人の姿が御簾の向こうに見えた。「お待ち申し上げておりました三日月宗近様。あなた様がいらしたことで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:破天荒な戦争 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:402字 お気に入り:0人
ザクザクと敵が切れる音だけが聞こえればなんと気持ちいい戦いだろう。実際は鈍い打撃音、空を切る斬撃、無理矢理絞って下ろす腕、グラグラ茹だるような血流の音。綺麗な音 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:俺の少数派 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:546字 お気に入り:0人
世に数ある本丸があるように、その中で顕現された薬研藤四郎という刀剣男士は数多くあるだろう。一振り教と分類される審神者があれば、好きな男士ばかりを顕現している豪快 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:うへへ、ピアノ 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:439字 お気に入り:0人
「うへー、ピアノ弾けんのかよ」愛染国俊があっけにとられたのは明石国行のことだ。いつも日がな一日暇があればくてっと眠りこけている奴が、姿勢さえまともに起こしてない 〈続きを読む〉