ジャンル:遊戯王ARC-V お題:春の誰か 制限時間:1時間 読者:46 人 文字数:1036字 お気に入り:0人
[削除]

春のある日、特別な一日

遊矢は皺一つない制服に腕を通す。まだピンと張りの強いそれは今日から中学生としての生活が始まる象徴だ。
鏡で自分の姿を確認する。これからまだまだ背が高くなるのだから大きめの物を購入したせいか、手の先まで袖口がきていた。
「うーん、割と余っているな……まあこれから成長するし!」
つい一ヶ月前まで小学生だったのに、こうして学校の基準で決められた既製品を着るだけで一歩大人に近づいた気がする。
鏡に向かってにーっと笑ってみる。鏡の中のぶかぶかの制服を来た自分が笑いかけた。
その場でくるりと一回転してみる。鏡の向こうの自分も華麗にターンを決めた。

「柚子や権現坂が見たらどう言うかな」
自分の大切な幼馴染達も今頃同じように制服に身を包み、鏡に向かいはしゃいでいるのだろうか?
「権現坂は制服似合っていそうだな!と言うよりあいつランドセルが似合わなかったよな……」
模範、規律をそのまま人間にしたような他のどの同級生よりも大人びた彼の顔が思い出された。
「柚子はこまかーく自分の制服姿チェックしていそうだな。塾長がめちゃくちゃ写真撮っているかも」
舞網第二中学校の制服は白と赤を基調としたものだ。きっと柚子によく似合っているだろうな、と制服姿の彼女を遊矢は想像し目尻を下げた。
そして自分の一人娘に愛と熱血を注ぎまくっている、暑苦しいくらいエネルギーに満ちあふれた男の顔が浮かぶ。

「……父さんにも、俺の制服姿見て貰いたかったな」
父の遊勝は今も行方不明だ。遊矢の小学校の卒業式にも、ついに姿を現すことはなかった。
小学校の校門の前で撮った卒業記念写真は母の洋子とのツーショットだった。
写真は時として何よりも被写体の心境をあらわにすると言う。卒業証書を持った遊矢は笑ってはいるが、どこか悲しげだった。

ふと窓の外を見る。良く晴れて雲一つない。中学生としての生活をスタートさせるのにこれ以上ないほどの天気だった。
「遊矢ー、ご飯できているから早く降りてきな!入学式に遅刻するよ!」
母の声が下の階から響く。
「今行くよー、母さん!」
ご飯の言葉とほのかに漂う出来立てのパンケーキの香りを嗅ぎとり、遊矢は急に空腹感が強くなってきたのを感じた。
一刻も早く腹の虫を静め、制服姿の幼馴染達とともに舞網第二中学校に向かおう。そう考えた遊矢はひとまずリビングに向かうことにした。

まだ寒さが抜けきらない春のある一日。それは一人の少年にとっては替えのきかない記念すべき一日でもあった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:苦し紛れの天井 制限時間:1時間 読者:31 人 文字数:1496字 お気に入り:0人
※エクシーズ次元の平和な話。ユト瑠璃。ユートは今、人生で最大のピンチに陥っていた。瑠璃と二人きりで会っていたことが親友であり、彼女の兄の隼にバレてしまったからだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:大人のもこもこ 制限時間:1時間 読者:30 人 文字数:1250字 お気に入り:0人
彼女はふわふわもこもこ※最終回から数年後の誰かと誰かの話。彼女はふわふわもこもことしたものが大好きだ。冬と言えば、もこもことした暖かいものが機能面でもビジュアル 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:大好きな蕎麦 制限時間:1時間 読者:23 人 文字数:1534字 お気に入り:0人
遊矢は普段、蕎麦は食べない。自身の希望でパンケーキを朝食のメインにしたり、米飯に味噌汁、焼き魚にお浸しなどのお米の国に生まれたならばこれだろうと言わんばかりのコ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:黒尽くめの殺人 制限時間:1時間 読者:37 人 文字数:1432字 お気に入り:0人
※エクシーズ次元過去話。ユート視点。ハートランド……いや、俺達エクシーズ次元の住民は一方的な蹂躙を受けていた。来る日も来る日も、雨も録に凌げない建物の残骸に身を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:2つの風 制限時間:1時間 読者:46 人 文字数:1368字 お気に入り:0人
リンの独白。過去の捏造設定あり。冬はシンクロ次元の季節。私の周りにはいつも風が吹き抜けている。一つは汚れのない白を基調にした、シティの全てのデュエリストの頂点に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:死にかけの警察官 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:1563字 お気に入り:0人
※ユーリの独白。ずっとユーリのターン。僕は警察官みたいだ。だってアカデミアやプロフェッサーに逆らう人達を次々にデュエルで、言葉でじわじわと追い詰め、最後は一枚の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:情熱的な母 制限時間:1時間 読者:36 人 文字数:1603字 お気に入り:0人
※洋子さん視点。スタンダード次元過去話。遊矢の母、榊洋子は昔からエネルギッシュな女性だった。「舞網クイーンズ」の総長として夜を駆け抜け、ふとした切っ掛けで謎めい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:絵描きの雑草 制限時間:1時間 読者:43 人 文字数:1656字 お気に入り:0人
※現パロ次元再び。「榊家の男子の秘密」の続編。榊ユーゴは世にも稀な四つ子の次男として生まれ、ごく普通の中学二年生としての生活を送っていた。彼には他の兄弟達に秘密 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:男同士の勇者 制限時間:1時間 読者:39 人 文字数:1380字 お気に入り:0人
※統合後の世界。遊矢とユーゴがゲームやりながらだべっている話。久々に引っ張り出した据え置きゲーム機を中古ショップに売ってしまおうか遊矢が考え込んでいた所、ユーゴ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:去年の排泄 制限時間:1時間 読者:53 人 文字数:1438字 お気に入り:0人
※年明けと遊矢の話。一月一日。元旦。遊矢はリビングに置かれたコタツの中で目を覚ました。毎年恒例の歌番組を見終わった後の記憶がないことから、すぐに寝入ってしまった 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
8月の境界 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ハリー・ポッター お題:8月の境界 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:1196字 お気に入り:0人
*夢小説*「さむい…」季節は夏だというのに、私は寒さに身震いをして目を開けた。ここはどこだったか。きょろりと視線を動かせば、見慣れない部屋。簡素な洋箪笥、一人用 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ダイヤのA お題:天才の情事 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:534字 お気に入り:0人
天才とは一体全体誰が決めるのであろうか。 俺はたまにふと、そう思う時がある。雑誌や何かのテロップでよく天才捕手、と書かれていたりするのだが事実、俺は天才ではな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:あいつと息子 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:1309字 お気に入り:0人
※ユーリ視点。統合後。僕は物心ついたときからずっとひとりだった。僕の周りにいたのはプロフェッサー、そしてデュエルの相手と言う名目の「生け贄」。なんであいつらには 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
語らい ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:可愛い恋 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:319字 お気に入り:0人
付喪神として意識を持ち始めた頃の俺は、周りの物事全てが珍しく輝いて見えた。あれは何、これは何と周りの付喪神に聞いて回った。周りの者たちは何でも聞く俺が面倒にな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:穏やかな男 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1536字 お気に入り:0人
****「おっ邪魔しま~す。」――変な癖で、ついつい人様の車に乗ると言ってしまうんだよなぁ~。と、眠気とその場の雰囲気で少し飲んだ微酔いで、心地の良い疲労感でふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ヒプノシスマイク お題:免れた夜風 必須要素: 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1525字 お気に入り:0人
高校を出てから住み始めた家は横浜にあって、だから全然ゴミの日を覚えられないで二年か三年くらい、多分そう、三年近くは経っている。ゴミを溜めているなんてことはなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:平和と祖父 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:929字 お気に入り:0人
埼玉以北には行かないと誓った日もあった。 厚い雲に覆われて日が届かない地にいる。おろしたてのダウンをかき抱いて、セイコーマートから走る。はやく温かいホテルのロ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:アルパカの四肢切断 必須要素:ジャケット 制限時間:2時間 読者:11 人 文字数:1657字 お気に入り:0人
型落ちの薄型テレビでは夕方のニュースが流れている。民放だ、たわいも無い内容で本当にくだらない。アルパカふれあい牧場の取材カメラと差し出されたマイクに、ふっくらと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うつたか お題:空前絶後の失望 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:618字 お気に入り:0人
「高崎ぃ!」バタバタと、宇都宮が騒がしく在来の部屋に駆け込んでくる。「どうしたんだよ、そんな急いで」珍しく焦る様子の宇都宮に視線が集まる中、高崎はなだめるように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:BanG Dream! お題:それいけ昼下がり 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:992字 お気に入り:0人
「だからさ、こう、耳をぴょこぴょこってさせたの」「わかんねえよ! なんでそれが祝ってることになるんだ……」 時刻にして、昼を少し回った頃。いいかげんおたえへのツ 〈続きを読む〉