ジャンル:遊戯王ARC-V お題:春の誰か 制限時間:1時間 読者:175 人 文字数:1036字 お気に入り:0人
[削除]

春のある日、特別な一日

遊矢は皺一つない制服に腕を通す。まだピンと張りの強いそれは今日から中学生としての生活が始まる象徴だ。
鏡で自分の姿を確認する。これからまだまだ背が高くなるのだから大きめの物を購入したせいか、手の先まで袖口がきていた。
「うーん、割と余っているな……まあこれから成長するし!」
つい一ヶ月前まで小学生だったのに、こうして学校の基準で決められた既製品を着るだけで一歩大人に近づいた気がする。
鏡に向かってにーっと笑ってみる。鏡の中のぶかぶかの制服を来た自分が笑いかけた。
その場でくるりと一回転してみる。鏡の向こうの自分も華麗にターンを決めた。

「柚子や権現坂が見たらどう言うかな」
自分の大切な幼馴染達も今頃同じように制服に身を包み、鏡に向かいはしゃいでいるのだろうか?
「権現坂は制服似合っていそうだな!と言うよりあいつランドセルが似合わなかったよな……」
模範、規律をそのまま人間にしたような他のどの同級生よりも大人びた彼の顔が思い出された。
「柚子はこまかーく自分の制服姿チェックしていそうだな。塾長がめちゃくちゃ写真撮っているかも」
舞網第二中学校の制服は白と赤を基調としたものだ。きっと柚子によく似合っているだろうな、と制服姿の彼女を遊矢は想像し目尻を下げた。
そして自分の一人娘に愛と熱血を注ぎまくっている、暑苦しいくらいエネルギーに満ちあふれた男の顔が浮かぶ。

「……父さんにも、俺の制服姿見て貰いたかったな」
父の遊勝は今も行方不明だ。遊矢の小学校の卒業式にも、ついに姿を現すことはなかった。
小学校の校門の前で撮った卒業記念写真は母の洋子とのツーショットだった。
写真は時として何よりも被写体の心境をあらわにすると言う。卒業証書を持った遊矢は笑ってはいるが、どこか悲しげだった。

ふと窓の外を見る。良く晴れて雲一つない。中学生としての生活をスタートさせるのにこれ以上ないほどの天気だった。
「遊矢ー、ご飯できているから早く降りてきな!入学式に遅刻するよ!」
母の声が下の階から響く。
「今行くよー、母さん!」
ご飯の言葉とほのかに漂う出来立てのパンケーキの香りを嗅ぎとり、遊矢は急に空腹感が強くなってきたのを感じた。
一刻も早く腹の虫を静め、制服姿の幼馴染達とともに舞網第二中学校に向かおう。そう考えた遊矢はひとまずリビングに向かうことにした。

まだ寒さが抜けきらない春のある一日。それは一人の少年にとっては替えのきかない記念すべき一日でもあった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:僕と宴 制限時間:1時間 読者:56 人 文字数:1857字 お気に入り:0人
※「泣くことも、笑うことも」の続編。ゆりゆと気味。統合後。殺伐。僕は楽しそうに笑っている人が好き。だって、楽しそうにしてるほどその後デュエルでぐちゃぐちゃに敗北 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:どこかの朝日 制限時間:1時間 読者:65 人 文字数:1927字 お気に入り:0人
※ユーリとデニスと朝。過去話。カーテンが風に吹かれ静かに揺らめき、汚れのない朝の光が少年の顔を照らす。丁寧に作り込まれた人形のように整った顔、微かに揺れる睫毛は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:大人の私 制限時間:1時間 読者:71 人 文字数:1502字 お気に入り:0人
※柚子と遊矢と思春期。大人になるってなんだろう。男子は外でサッカーをしている時、私達女子は黒いカーテンで閉めきられた視聴覚室にこっそり集合していた。そこでいつも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:何かの深夜 制限時間:1時間 読者:71 人 文字数:1766字 お気に入り:0人
※リンと瑠璃と夜明け前の話。統合後「あー……もう、変な時間に起きちゃった」まだ夜も明けない時間、リンは前触れもなく目覚めた。手元の置いてある時計に手を伸ばし確認 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:反逆の夏 制限時間:1時間 読者:78 人 文字数:1690字 お気に入り:0人
※統合後の遊矢と夏とプールの話。「暑い……あつい、あ゛つ゛い゛」時は八月上旬、夏真っ盛りである。ここ最近の異常気象のせいもあり、常にコンクリートの道には陽炎が上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:腐った広告 制限時間:1時間 読者:143 人 文字数:1594字 お気に入り:0人
※シンクロ次元。リン視点。暗い。ゴミがそこらに散らかっている掃き溜めの街、そしてゴミと同じくらいの存在価値しか与えられなかった私達に住むことを許された故郷、コモ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:君と姉妹 制限時間:1時間 読者:120 人 文字数:1609字 お気に入り:0人
※統合しなかったIF。同じ顔がこの世に二人、いつ見ても不思議な光景だ。もっとも自分も例外ではないが、と俺は瑠璃とシンクロ次元からこっちに遊びに来た少女…リンを見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:疲れた大雪 制限時間:1時間 読者:135 人 文字数:1421字 お気に入り:0人
※ユーゴとリンと雪かきの話「ユーゴ、いつまでも寝てないで起きなさい!」「なんだよぉリン……まだこんな時間じゃねぇか」そう言い寝ぼけ眼でユーゴは時計を見る。日付が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:苦し紛れの天井 制限時間:1時間 読者:176 人 文字数:1496字 お気に入り:0人
※エクシーズ次元の平和な話。ユト瑠璃。ユートは今、人生で最大のピンチに陥っていた。瑠璃と二人きりで会っていたことが親友であり、彼女の兄の隼にバレてしまったからだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:大人のもこもこ 制限時間:1時間 読者:140 人 文字数:1250字 お気に入り:0人
彼女はふわふわもこもこ※最終回から数年後の誰かと誰かの話。彼女はふわふわもこもことしたものが大好きだ。冬と言えば、もこもことした暖かいものが機能面でもビジュアル 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:私が愛した社会 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:856字 お気に入り:0人
――みて。 主は、指をむけた。 それはひどく美しい光景だった。 人が見れば、それはただの見晴らしのいい丘から見下ろした街並みだ。 特別な遺産もなければ、世界一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ユウダチ ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:冷たい小雨 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:472字 お気に入り:0人
さっきまでは、本当に暑かったんだ。8月初旬。夏の真っ只中であり、降水確率は0%手のひらで輪を作り空にかざして覗き込むが、括られた輪の中には白い雲はなかった。本丸 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:やわらかい平和 必須要素:クリスマス 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:817字 お気に入り:0人
鼻唄を唄いながら、モミの木に飾りつけをしていく。ふわふわの白い綿や、キラキラの紐や、つやつやの玉や。おおよそ、こんな人を幾人も殺めてきた手で触るものではないであ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:第五人格 お題:興奮したハゲ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:751字 お気に入り:0人
こつこつこつ靴を鳴らしながら夜道を歩く薄暗い、小さな道こつこつこつ同じ音が鳴る今のは自分ではない。後ろから聞こえた音。普通の通行人だろうとそのまま進むこつこつこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:壊れかけの帰り道 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:3154字 お気に入り:0人
頬を撫でる、生ぬるい風。 足下はまっくらでなにも見えない。 手にもつのは、あのひとがくれたたった一つの提灯だけ。 すぐにゆらいで消えてしまいそうな灯をかかげ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:部屋とYシャツと高給取り 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1888字 お気に入り:0人
人生で、特に高望みということをしていた覚えはない。 こんなもんだろうと自分の力に見切りをつけて、平坦に、平凡にやってきたつもりだった。 なのに、どうしてこうな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:たった一つの第三極 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:2775字 お気に入り:0人
二極化、というのはどんな世界でもわかりやすい。 赤と白、または北と南、どちらかが正義あるいは悪。 ところが現実というのはそこまではっきりしている事などなく、覗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:ワイルドな船 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:454字 お気に入り:0人
はぁ、と熱い息が頬にかかり、その小さな躯の限界を知らせる。世間一般、深夜と呼ばれる時間。本当なら、鍛練に使う船の上、夏の暑さに犯された頭は、穏やかに呼吸を乱すひ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:地獄床 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:2046字 お気に入り:0人
宗三くん、と言えば彼はなんですか、とけだるげに返してきた。ベッドサイドでずりおちた肩の着物を手でなおす仕草は、いつか色っぽいなとしみじみと感じたあのころを思い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:僕の好きな大学 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1616字 お気に入り:0人
忍術学園という学園をご存じだろうか。知らないのも無理はない。何せ山奥で、まるで誰かに見つけられることを拒むように聳える校舎なのだから。さて、この学園は名前通り忍 〈続きを読む〉