ジャンル:遊戯王ARC-V お題:それいけヒロイン 制限時間:1時間 読者:98 人 文字数:1674字 お気に入り:0人

幸せは甘い味

※統合後の柚子視点。スイパラ的な所に行く柚子(+三人)の話。遊矢も少しだけ出てくる。

(柚子、頼みがあるの。ちょっとだけで良いから体を貸して)
(あの……柚子。瑠璃と同じお願いなんだけど、少しだけ私と意識を交代してもらえないかな?)
(私もだ柚子!あんなものを見せられたらじっとせずにはいられない!)
瑠璃、リン、そしてセレナからのお願いがあったのはテレビで放送されていたあるコマーシャルを見てからだった。
それは舞網に全国的に有名なスイーツ食べ放題の店が新規オープンするという内容のもの。

そんなわけで私は今、遊矢を誘って例のお店に来ている。
別にデートってわけじゃないけどね。遊矢もこういう甘いもの大好きだし。一人でこういうお店に行くのも……正確には一人じゃないんだけど。
妙に遊矢がソワソワしているのは、きっと同級生がいないか確かめているのよ、うん。

(柚子、あのチョコレートムース美味しそうよ!あれもとりましょ)
(ど、どうしよう……ケーキってこんなに種類があるの?とりあえずあの果物が一杯乗っているのを……)
(くっ、この中から精選していくなど私にはできない!端から端まで全部とっていこう)

瑠璃はこういうお店に行き慣れているのか割とスムーズに選んでいく。
逆にリンは色とりどりの甘い世界に魅了されっぱなしで、普段の彼女からは想像できないくらいの慌てよう。
セレナ……甘いものは別腹というけれど、さすがの私でもそんなに食べることはできないわよ!

お皿には瑠璃が選んだチョコレートムース、リンがチョイスしたフルーツタルト、そしてセレナには後でまた取りに行くからと言い聞かせシフォンケーキを選抜してもらった。

遊矢と話してみて分かったけど、どうも私が見たり聞いたり、触れたりととにかく「感覚」は私の中の三人にもしっかり伝わっているみたい。もちろん味覚も例外じゃない。
だけどどうやって伝わっているのかじっくり聞いてみたら「モニターに柚子の見ているものが映し出されて、肌に直接変化はないけど刺激がある」という、所々間接的な感覚共有方法らしい。
食べ物は口のなかで今私が味わっているものがそのまま伝わってくるけど、五感それぞれにズレがあるから「何とも言えない違和感」はどうしてもでちゃう……とこっそり瑠璃は教えてくれた。

それを聞いて、私は三人にものすごく申し訳ない気持ちになった。
だからこのスイーツ食べ放題のお店で、甘い幸せを直接見て、触れて、そして味わって欲しかった。

「さぁ食べましょ。まずは瑠璃からね」
そして私は瑠璃と意識を交代させる。この深い水の底に沈んでいく感じは中々慣れない。
どこかから光が漏れ出ているような不思議な空間。
目の前にはチョコレートムースが一すくいスプーンにとられる様子が映し出される。そしてじわじわと口の中一杯に感じるチョコレートのとろける甘味、ココアパウダーのほろ苦さ。ちょっと大人向けのチョコレートムースの味。

(ああ、美味しい……)
チョコレートムースを瑠璃はとても気に入ったようだった。

そして意識はリンに交代したようだった。映し出されるキラキラ輝くフルーツタルト。
イチゴの甘酸っぱさ、ブルーベリーの酸味とプチンとした歯触り、下に敷かれたカスタードクリームのまったりとしたコクと滑らかさ、土台のタルトのバターの風味……

(こんな、こんなに美味しいものがこの世にあったのね……)
リンは始めてのタルトの味に感動しているみたい。本当に良かった。

(よし、次は私だ)
セレナのシフォンケーキが映し出された。
ふわふわと夢のように柔らかく、そのまま口のなかで溶けてなくなっちゃいそう。バニラの香りが口のなかを、鼻をすーっと通っていく。シンプルで奥深い味。

(次は紅茶の味のものがほしいな……)
次に食べるものをもう考え始めているセレナ。本当に嬉しそうね。

(そう言えば、柚子は何を食べたいんだ?私が取ってきてやろう)

いけない、私の分を取ってくるのを忘れてた。何を食べようか……

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:あいつと息子 制限時間:1時間 読者:43 人 文字数:1309字 お気に入り:0人
※ユーリ視点。統合後。僕は物心ついたときからずっとひとりだった。僕の周りにいたのはプロフェッサー、そしてデュエルの相手と言う名目の「生け贄」。なんであいつらには 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:春の誰か 制限時間:1時間 読者:94 人 文字数:1036字 お気に入り:0人
遊矢は皺一つない制服に腕を通す。まだピンと張りの強いそれは今日から中学生としての生活が始まる象徴だ。鏡で自分の姿を確認する。これからまだまだ背が高くなるのだから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:フハハハハ!それは国 制限時間:30分 読者:78 人 文字数:770字 お気に入り:0人
※ユーゴ視点。統合後の話。一人の人間の中。それは一つの国のようでもあった。「すごいよこれ、ちょっとこれ見てよユーゴ」そう言いユーリは俺の前に一つの植木鉢を差し出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王ARC-V お題:ドイツ式の秋雨 制限時間:15分 読者:376 人 文字数:368字 お気に入り:0人
秋雨ガン無視です クロウとかにすればよかったか「パパがお土産に買ってきたんだが、俺様が出向いてやってんだ、当然食うよな?」珍しい来客は開口一番そう言った。横柄な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王ARC-V お題:スポーツの夏 制限時間:30分 読者:409 人 文字数:1221字 お気に入り:0人
※遊矢がユートとユーゴ統合済み。S次元から帰還してつかの間のバカンス、というイメージ。俺にとっての、というかこのスタンダード次元での一番のスポーツは、言うまでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:空前絶後の失望 制限時間:15分 読者:503 人 文字数:1057字 お気に入り:0人
「待って、待って……!」 ごう、と耳元を風が過ぎていく。目も開けていられないような強風が顔を打つ。そんな中、翠色のを持つ少女がひとり、先を行く少年の背を追いかけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ARC-V お題:たった一つのハゲ 制限時間:15分 読者:400 人 文字数:990字 お気に入り:0人
「……」「何をしている」「いやー、これはちょっと可哀想かなと思って」 そう言って沢渡が示したのは一羽のヒナだった。零児は今気づいたとばかりに視線を向けると、まだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王ARC-V お題:真実の笑い声 制限時間:30分 読者:713 人 文字数:1240字 お気に入り:0人
納得した頃にはもう彼は跡形もないほどに侵食されていて、騙されたことに対する怒りなどは特段湧いてくる気配がなかった。そんな些細なこと、興味がなかった。それに赤馬零 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ARC-V お題:かっこ悪いつるつる 制限時間:15分 読者:587 人 文字数:1067字 お気に入り:0人
「うわっ!?」 どさっ、と重量感のある音と共に、廊下でしりもちをついたのは遊矢である。音に振り向いた赤馬は、その惨状を見て顔をしかめた。「君は何をしているんだ? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ARC-V お題:俺の流刑地 制限時間:15分 読者:511 人 文字数:1306字 お気に入り:0人
「あんたが何を考えてるのかは分からないけど、異次元に行くんでしょ?」「そうだ」「あんたも一緒に行くの?」「ああ」「一緒に戦う?」「そうなる」「そっか」 端末を操 〈続きを読む〉

伊菜メイ子の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:腐った広告 制限時間:1時間 読者:69 人 文字数:1594字 お気に入り:0人
※シンクロ次元。リン視点。暗い。ゴミがそこらに散らかっている掃き溜めの街、そしてゴミと同じくらいの存在価値しか与えられなかった私達に住むことを許された故郷、コモ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:君と姉妹 制限時間:1時間 読者:60 人 文字数:1609字 お気に入り:0人
※統合しなかったIF。同じ顔がこの世に二人、いつ見ても不思議な光景だ。もっとも自分も例外ではないが、と俺は瑠璃とシンクロ次元からこっちに遊びに来た少女…リンを見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:疲れた大雪 制限時間:1時間 読者:52 人 文字数:1421字 お気に入り:0人
※ユーゴとリンと雪かきの話「ユーゴ、いつまでも寝てないで起きなさい!」「なんだよぉリン……まだこんな時間じゃねぇか」そう言い寝ぼけ眼でユーゴは時計を見る。日付が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:苦し紛れの天井 制限時間:1時間 読者:86 人 文字数:1496字 お気に入り:0人
※エクシーズ次元の平和な話。ユト瑠璃。ユートは今、人生で最大のピンチに陥っていた。瑠璃と二人きりで会っていたことが親友であり、彼女の兄の隼にバレてしまったからだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:大人のもこもこ 制限時間:1時間 読者:77 人 文字数:1250字 お気に入り:0人
彼女はふわふわもこもこ※最終回から数年後の誰かと誰かの話。彼女はふわふわもこもことしたものが大好きだ。冬と言えば、もこもことした暖かいものが機能面でもビジュアル 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:大好きな蕎麦 制限時間:1時間 読者:66 人 文字数:1534字 お気に入り:0人
遊矢は普段、蕎麦は食べない。自身の希望でパンケーキを朝食のメインにしたり、米飯に味噌汁、焼き魚にお浸しなどのお米の国に生まれたならばこれだろうと言わんばかりのコ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:黒尽くめの殺人 制限時間:1時間 読者:89 人 文字数:1432字 お気に入り:0人
※エクシーズ次元過去話。ユート視点。ハートランド……いや、俺達エクシーズ次元の住民は一方的な蹂躙を受けていた。来る日も来る日も、雨も録に凌げない建物の残骸に身を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:2つの風 制限時間:1時間 読者:89 人 文字数:1368字 お気に入り:0人
リンの独白。過去の捏造設定あり。冬はシンクロ次元の季節。私の周りにはいつも風が吹き抜けている。一つは汚れのない白を基調にした、シティの全てのデュエリストの頂点に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:死にかけの警察官 制限時間:1時間 読者:90 人 文字数:1563字 お気に入り:0人
※ユーリの独白。ずっとユーリのターン。僕は警察官みたいだ。だってアカデミアやプロフェッサーに逆らう人達を次々にデュエルで、言葉でじわじわと追い詰め、最後は一枚の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:情熱的な母 制限時間:1時間 読者:76 人 文字数:1603字 お気に入り:0人
※洋子さん視点。スタンダード次元過去話。遊矢の母、榊洋子は昔からエネルギッシュな女性だった。「舞網クイーンズ」の総長として夜を駆け抜け、ふとした切っ掛けで謎めい 〈続きを読む〉