ジャンル:遊戯王ARC-V お題:絵描きの雑草 制限時間:1時間 読者:118 人 文字数:1656字 お気に入り:0人

榊家の男子の秘密・その2(現パロ)

※現パロ次元再び。「榊家の男子の秘密」の続編。

榊ユーゴは世にも稀な四つ子の次男として生まれ、ごく普通の中学二年生としての生活を送っていた。
彼には他の兄弟達に秘密にしていることがあった。
ネット上で「絵師」として活動し、時折イラスト&投稿サイトにイラストをアップしていることであった。
現在ハマり中の「氷結魔法少女・アイスベル」の二次創作をネットにアップし、そこそこの人気を得ていた。

「おっ、usersタグが早速ついてんじゃん!」
学校から帰ったユーゴは大急ぎで部屋にこもり、自分専用のノートパソコンでサイトを確認した。

「氷結魔法少女・アイスベル」は人気アニメということもあり、投稿されるイラストも同じ時期のアニメに比べてもかなり多い。
そんな群雄割拠のなか、何人がイラストをブックマークしたことを知らせる「usersタグ」はありがたい存在だった。

アップしたばかりの新作はかなり力をいれた、ユーゴとしても「傑作」といっても差し支えのないものだった。
なんせ最新話はアイスベルのライバルにして謎多き魔法少女「ブルーム・プリマ」との初共闘回だった。
見終わった後の燃えたぎる情熱をぶつける為、期末テスト勉強以来の徹夜で完成させた血と涙の結晶なのだ。
その日の授業中は爆睡、教師にカンカンに叱られクラスメイトには笑われるという代償を払う必要はあったが。

ひょっとしたら初ランクインするかも。その光景を想像しユーゴは顔をだらしなく緩ませた。
その時件のイラストにコメントが来たことを知らせる通知音が鳴る。
「コメントも来たな!どれどれ~?」

『ロイドさん(ユーゴのハンドルネーム)新作とっても良かったです!アイスベルはもちろん、ブルーム・プリマの凛々しい表情が最高にエンタメでした!毎回楽しみにしています』
それはユーゴの熱心なファンの一人「星のゴーグル」からの熱いコメントだった。

「もしかするとusersタグもコイツからか…?へへへ……やべぇ、嬉しすぎて軽く死ねる」
「星のゴーグル」はずいぶんブルーム・プリマを気に入っているらしく、彼のマイページに飛ぶと自分のイラストの他、他のユーザーのブルーム・プリマのイラストや漫画をありったけブックマークしていた。

「オレの推しはアイスベルだけど、もう少しブルーム・プリマの方も書いてみっか」
そうしたら構図はどうしようか、いっそ漫画にも挑戦してみるかと考えていたとき、部屋のドアを数回ノックする音が響いた。

見られたらまずい。ユーゴはさっとパソコンを閉じ、部屋にノックの主の末弟…遊矢を入れた。
「ユーゴ、今日貸した体操着返して」
「いけね、忘れてた……」
ユーゴは弟に借りっぱなしだった体操着を返す。もー、忘れ物が多いの直しなよ!とお説教をしっかりと頂きながら。

自分が絵描き、しかもアニメの二次創作のと知られたら他の兄弟達はどんな反応をするだろうか。
なんとなくだが、皆いい顔はしない気がするなぁ…とユーゴは気分が沈んだ。
しかしすぐに思い直す。自分を応援してくれるファンの為にも、また新しい作品を完成させないと。
ユーゴは再び机に向かった。

体操着を洗濯機に入れた後、遊矢はスマホであるサイトを確認する。
それはユーゴも、他の兄弟達も利用する例のイラスト&小説投稿サイトだった。
遊矢はマイページからフォロー欄に飛ぶ。そこに並ぶ名前は「night」「ロイド」「植物園」…兄達のハンドルネームであった。

遊矢には誰にも、同じ時間に生を受けた兄達にも言っていない秘密があった。
それは兄達が日々創作しているイラストや小説の大のファン、ハンドルネーム「星のゴーグル」の正体ということ。
「……ユーゴ、俺の推しのブルーム・プリマを描いてくれるかな?」
もちろんユーゴの最新作にusersタグをつけたのも遊矢である。

榊家には秘密がある。
同じ屋根の下、四つ子達がネット上の仮の名前である一つのサイトに集っているという頭が混乱する秘密だった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:あいつと息子 制限時間:1時間 読者:82 人 文字数:1309字 お気に入り:0人
※ユーリ視点。統合後。僕は物心ついたときからずっとひとりだった。僕の周りにいたのはプロフェッサー、そしてデュエルの相手と言う名目の「生け贄」。なんであいつらには 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:春の誰か 制限時間:1時間 読者:157 人 文字数:1036字 お気に入り:0人
遊矢は皺一つない制服に腕を通す。まだピンと張りの強いそれは今日から中学生としての生活が始まる象徴だ。鏡で自分の姿を確認する。これからまだまだ背が高くなるのだから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:犬の団欒 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:419字 お気に入り:0人
※遊矢とアン。「アン、おいで」鼻を鳴らしつつ遊矢にすり寄るアン。遊矢は生え替わりの時期を終えたばかりの硬い毛並みを撫でる。ちょっとちくちくするな、そう苦笑しつつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:アブノーマルなダンジョン 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:2344字 お気に入り:0人
※隼←ユト、かつ隼→ユト。両片思い。最初は、あの人の笑顔を見れるだけで心が暖かいもので満たされた。名前を呼ばれ一言二言でも言葉を交わせれば、一日中幸せな気分で過 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:穢されたいたずら 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:1051字 お気に入り:0人
穢されたのは隼→ユト。R15程度心地よい気だるさに包まれ、隼は意識を覚醒させていく。糊がきいていたはずの自室のベッドシーツはすっかり乱れ皺だらけになってしまった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:同性愛の失敗 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:445字 お気に入り:0人
※隼→ユトの失恋もの注意。「お前が好きだ」言ってしまった。とうとう告白してしまった。自分自身でもなぜこんなことを言ってしまったのかわからない。ただ、隣で歩く彼を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:1000の瞳 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:488字 お気に入り:0人
※ユーリの過去。夢の話。人間達の瞳が向けられる。怒りに、悲しみに、戸惑いに満ちた数えきれないほどの感情の矛先をそのまま映し出して。やめて、お願いだからそんな目で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:あいつの過ち 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:924字 お気に入り:0人
過ちはいつからはじまったのだろうか。ひょっとしたら初めて出会った時からすでに一歩踏み外していたのかもしれない。――ありえない。同じ男、しかも妹が心寄せているとわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:薄汚いパソコン 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:443字 お気に入り:0人
※ユーゴとリン。過去話。ユーゴがDホイールの調整に使うパソコンは、彼とリンが一から作り上げたものだ。モニターやキーワードは闇市で購入、細かい部品は少しずつ貯めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:破天荒な女祭り! 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:907字 お気に入り:0人
※柚子と文化祭。統合後。ここは舞網第二中学校。多くの学生が勉学にスポーツに励み、同年齢の少年少女達と交流を深める特別な場所。しかし今日はいつもと少し…いや、かな 〈続きを読む〉

伊菜メイ子の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:僕と宴 制限時間:1時間 読者:37 人 文字数:1857字 お気に入り:0人
※「泣くことも、笑うことも」の続編。ゆりゆと気味。統合後。殺伐。僕は楽しそうに笑っている人が好き。だって、楽しそうにしてるほどその後デュエルでぐちゃぐちゃに敗北 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:愛と欲望の笑顔 制限時間:30分 読者:57 人 文字数:1215字 お気に入り:0人
※ユートとユーリ。統合後。暗め。「君は笑うのが下手くそだねぇ、ユート」ふと、ユーリに顔を覗きこまれそのまま鼻で嗤われた。手をそっと頬に沿わせる。どこか強張ったよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:どこかの朝日 制限時間:1時間 読者:51 人 文字数:1927字 お気に入り:0人
※ユーリとデニスと朝。過去話。カーテンが風に吹かれ静かに揺らめき、汚れのない朝の光が少年の顔を照らす。丁寧に作り込まれた人形のように整った顔、微かに揺れる睫毛は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:大人の私 制限時間:1時間 読者:60 人 文字数:1502字 お気に入り:0人
※柚子と遊矢と思春期。大人になるってなんだろう。男子は外でサッカーをしている時、私達女子は黒いカーテンで閉めきられた視聴覚室にこっそり集合していた。そこでいつも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:何かの深夜 制限時間:1時間 読者:58 人 文字数:1766字 お気に入り:0人
※リンと瑠璃と夜明け前の話。統合後「あー……もう、変な時間に起きちゃった」まだ夜も明けない時間、リンは前触れもなく目覚めた。手元の置いてある時計に手を伸ばし確認 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:反逆の夏 制限時間:1時間 読者:64 人 文字数:1690字 お気に入り:0人
※統合後の遊矢と夏とプールの話。「暑い……あつい、あ゛つ゛い゛」時は八月上旬、夏真っ盛りである。ここ最近の異常気象のせいもあり、常にコンクリートの道には陽炎が上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:腐った広告 制限時間:1時間 読者:131 人 文字数:1594字 お気に入り:0人
※シンクロ次元。リン視点。暗い。ゴミがそこらに散らかっている掃き溜めの街、そしてゴミと同じくらいの存在価値しか与えられなかった私達に住むことを許された故郷、コモ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:君と姉妹 制限時間:1時間 読者:108 人 文字数:1609字 お気に入り:0人
※統合しなかったIF。同じ顔がこの世に二人、いつ見ても不思議な光景だ。もっとも自分も例外ではないが、と俺は瑠璃とシンクロ次元からこっちに遊びに来た少女…リンを見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:疲れた大雪 制限時間:1時間 読者:122 人 文字数:1421字 お気に入り:0人
※ユーゴとリンと雪かきの話「ユーゴ、いつまでも寝てないで起きなさい!」「なんだよぉリン……まだこんな時間じゃねぇか」そう言い寝ぼけ眼でユーゴは時計を見る。日付が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:苦し紛れの天井 制限時間:1時間 読者:156 人 文字数:1496字 お気に入り:0人
※エクシーズ次元の平和な話。ユト瑠璃。ユートは今、人生で最大のピンチに陥っていた。瑠璃と二人きりで会っていたことが親友であり、彼女の兄の隼にバレてしまったからだ 〈続きを読む〉