ジャンル:FGO お題:昔の接吻 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:515字 お気に入り:0人
[削除]

巌窟王とマスターの話

「・・・何をしている。マスター。」

この声かけが、果たして唯一のマスターである青年にどれ程の絶望を与えたことか。
自身の枕を両手に、その中心部に今まさ口付けしようとしていた場面で、表情、行動、概念、己の時間を全て停止することになった立夏は、
壊れたおもちゃのような軋んだ音を立てながら、来訪者を見る。
「が、が、巌窟王!!?なな、なななな・・いや!これは!!!決して!!マシュのための予行練習とかでははな、なななくて!勘違いで!!」
慌てふためきつつも、全ての自白と自爆を詰め込んだこの台詞に、自身の先の声かけが究極のヤボであったことを察した巌窟王も、
自然と「・・・すまん」と声が出た。その言葉に、更に顔から火が吹くように転げまわっていた立夏だったが、やがてむくりと床から
起き上がると、羞恥半分、願い半分を表情にジトリと滲ませ、巌窟王を見上げてこう聞いた。
「・・・巌窟王なら、きっとキスなんて大したことないんじゃないの?ちょっと後学の為にもその辺りの話を聞かせてくれない?
ダヴィンチちゃんやホームズにはどうしても聞きづらくてさ。」

さて、珍しく平和な質問にどう返そうか。巌窟王は苦笑を浮かべて昔日に珍しく思いを馳せた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:FGO お題:鈍い奈落 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:793字 お気に入り:0人
あぁ痛いなちくしょう。なんだってほんと、オレなんかが世界を背負っちまったんだろうな。平凡が服着て歩いてるような現代日本の中流家庭の次男でさ、こんな血とか煙とか剣 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:FGO お題:群馬の極刑 制限時間:15分 読者:114 人 文字数:810字 お気に入り:0人
拝啓、お元気でしょうか。この手紙を読む頃、貴方はどうしているでしょうか。この手紙を受け取ってしまったということは、つまり、私はもう生きてはいないということでしょ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:黒宮 ジャンル:FGO お題:名前も知らない悪 制限時間:15分 読者:254 人 文字数:764字 お気に入り:0人
※悪堕ちと微グロ有土方さんが居なくなった。付き合いが短い訳でもない。それなりに付き合いは長くなってきた方だし、最近はレイシフトにも付き合ってもらっていた。それな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:黒宮 ジャンル:FGO お題:同性愛の帰り道 制限時間:15分 読者:221 人 文字数:1002字 お気に入り:0人
いけないことをしている自覚があった。それは俺自身を責め続ける。それが決して苦ではないから俺にはやめられないのだった。カルデアの廊下は今日も閑散としている。外は大 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
英雄の亡骸 ※未完
作者:抗菌薬 ジャンル:FGO お題:難しい同性愛 制限時間:15分 読者:231 人 文字数:552字 お気に入り:0人
「何人までなら殺人鬼で、何人からなら英雄だと思う?」「いったい、何の話かね?」 髭面の槍兵はわかっているくせにとでも言いたげに目を細めた。「もちろん、数の話さ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:藤下峠 ジャンル:FGO お題:天才の寒空 制限時間:1時間 読者:206 人 文字数:3096字 お気に入り:0人
それを、恋だ! と思ったのが何故かと問われると、うまく説明はできない。かれこれ十数年という短い年月を生きてきて、恋愛というものはこれだ、と初めて思ったのだった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:FGO お題:昼間の傘 制限時間:1時間 読者:508 人 文字数:5359字 お気に入り:0人
先輩のことが大好きです、と告げた。その言葉は嘘ではなかったし、本心以外の何物でもなかった。 そのとき確かに、マシュ・キリエライトは、己がマスターである彼女のこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:FGO お題:イタリア式の列車 制限時間:30分 読者:246 人 文字数:2850字 お気に入り:0人
「ん、んぐっ…‥くるしっ……」「がーんばって、デオン。その調子、その調子」 けほけほとデオンが咳き込み、もう一度ムニエルのそれを喉奥まで導いた。アストルフォはム 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:FGO お題:最後の勇者 制限時間:30分 読者:291 人 文字数:3152字 お気に入り:0人
さてそこに恋も愛もないのだとしてもムニエルには一切何の関係もないのであった。 ムニエルに託されていたのは肉欲・性欲・愛欲ばかりで、このカルデアに殺生院キアラが 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:穢された水 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:607字 お気に入り:0人
「日向クン」名前を呼んでも返事がない名前を呼べば振り向いて眩しい笑顔で返事をしてくれる日向クンはいない絶望的だ。この世の中も、なにもかもキミがいないならどうでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:青い血液 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:371字 お気に入り:0人
それは、突然訪れた。前置きも、脈絡もなく、本当に唐突に。 風の噂で聞いたことがある。なんらかの影響で普通ではない特徴を持って顕現してしまう刀がいるらしい。例え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:穏やかな笑顔 制限時間:2時間 読者:3 人 文字数:3082字 お気に入り:0人
オリキャラが一名います。ユミル・フリッツについての話ですが、彼女に関しては捏造度が非常に高いです。あくまでも二次創作としてお読み頂ければ幸いです。 『誰か』は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:穏やかな笑顔 制限時間:2時間 読者:4 人 文字数:1262字 お気に入り:0人
「ねぇ、予備学科」学校帰りの途中で待ち伏せされていたこいつは人の顔を見ては予備学科、無能、凡人なんて言葉で罵倒してくる。「なんだよ」わざとっぽくうざそうにしてみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:最後の夜風 制限時間:4時間 読者:7 人 文字数:861字 お気に入り:0人
『お前が欲しい。』いつかその言葉を、心を、自分に向けて欲しいと。そう願ってしまったのはいつ頃からだろうか。=========================柄に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:マイナーな理由 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:341字 お気に入り:0人
財前光は見つめ続ける。白石蔵ノ介と遠山金太郎の人生を一人の登場人物として見守り続ける。なぜならば、わかっているからだ。彼だけは唯一、双方の人生をそれなり適当に、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:真・三國無双 お題:初めての人 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:211字 お気に入り:0人
「満寵殿は防衛に精通しているとお聞きしておりまが…」「え?防衛に興味があるのかい?防衛とは…で、罠が…さらに…」またやっている、と鍛錬を終えて料理屋に向かってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 お題:恋の職業 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:619字 お気に入り:0人
「いーちまーい、にーまい、さーんまいよーんまい、ごーまい、ふぅん、これだけか」広いベッドの上で金札をパラパラとばら蒔く「なーんか、ツマラナイなぁあ、同級生でも襲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:夜のピアノ 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1002字 お気に入り:0人
暗い真夜中の夜忘れ物を取りに、と本校に足を運んだ時だった予備校の方から美しい音色が聞こえてきたのだ「予備校から、なんて。行きたくも無いけど」と自分に言い訳をして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゴールデンカムイ 金カム お題:女同士の春 必須要素:復讐劇 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:291字 お気に入り:0人
女は恐ろしい。それは人間も獣も同じ。殊に子を産まない雌のヒグマは質が悪い。暦の上ではとっくに春が来ているというのに、二瓶鉄造は深い雪に隠れるようにして獲物を狙っ 〈続きを読む〉