ジャンル:ワールドトリガー お題:楽観的なボーイズ 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:1744字 お気に入り:0人
[削除]

大人になったら

 「ゴム、買わんでいいの?」
 あんたは露骨に嫌そうな顔をして、俺の読んでいるファッション誌の隣の、タウン誌を手に取った。近場の飯屋をぱらぱらとめくって、クーポンの期限が切れるまでに行けるかどうかをあんまり期待もしないでいるんだろう。コンビニの雑誌売り場は最低限の品ぞろえで欲望を満たそうとして、最近では古い映画なんかも格安で取り扱って、眠れないやつらを宥めようとしてくれている。深夜のコンビニの明かりが真っ直ぐ斜め下に落ちて行って、外の景色が一メートルくらい照らされていた。駐車場の車止めが見えなくて、店ごと漂流していてもきっと分からない。切り離されているかもしれない。
「飯屋、どうせ行けねえんじゃねえ?」
「うーん、まあ、そうね」
「バイクの免許取りてえんだよな」
「へえ、いいんじゃねえの」
「そしたら隊長も乗せてやっからさ、飯屋どっか行こうぜ」
「はは、生意気言いやがって」
「もうちょっと金貯めねえとなー」
 同期の、穂刈あたりはバイクが好きだろうし、もうとっくに乗り回している北添あたりは詳しいんだろう。
「お前あれだぞ、バイクの免許つったら、筆記試験あんだぞ」
「いやどうにかなるっしょ」
「なるかあ?」
「ならんかったら、俺A級なんかやれてねえだろ」
 それもそうかあって、あんた、あんたもっとしっかりしてくれよ。レジを打ってくれた店員はさっさとバックヤードに戻って、俺たちは店を出た。コーラとスナック菓子と、明日の朝飯の入ったビニール袋、あんたはゴムを買わなかった。少し後ろをついてくる。あんたの家にこれから戻るって言うのに。首を竦めながら、マフラーくらい持ってくればよかったと呟いた。行けると思ったんだけどな。
「バイク、ほんとに免許取んのか」
「だって楽しいだろ」
「何が」
「オトナになるのが」
「はは」
 そんなもんで大人になれるんだったら安い、ってあんたは言いたいんだろうし俺だってそこまで楽観主義じゃねえよ。
「隊長も、俺が大人になったら楽しいと思うぜ」
「はいはい」
「感じ悪いな」
 あんただけ突然、こうやって勝手に、俺を置いて大人に戻ってしまう瞬間がある。ちょっと大台乗ったからって調子乗ってんじゃねえよ。ちょっと三十いくつになったからって。都合のいいときだけ、ちょっと年を取っただけのコドモで恋人で、ということをふと我に返って大人に戻る。やめろ、あんただけ夢から覚めるな。俺にはどこまで行ってもこの身体は、この年齢は逃げようのない現実なのに。あんたがそうやって勝手に大人に戻って、俺が逃げたくなることくらい分かれよ。「コンビニに行く」っていうのはそういうことだよ、逃がしてくれよ。だのに、あんたはちょっと後ろをついてくる。俺もなんか飲みてえから、煙草切れたから(この前カートンで買ってただろ)、心配だから……。こっちなんか見てないですよってちょっと視線を外してぶらぶらとついてきてるだけのくせに、気配だけはしっかりと俺を捕捉している。あんたのキリングゾーンに入っているのが分かる。うざってえな、めんどくせえな。何なんだよあんた、そういうとこだよ。俺だって、こういうときに、あんたのそういうところを見るたび、触るたびに、俺たちの間に横たわる十一年をめんどくさく思ってんだよ。だから一刻も早くこの現実を変えなきゃならねえ。あんたをずっとコドモでいさせるか、俺が大人になるかだ。だから、手始めにバイクだ。そうだろ、俺は、俺のこの身体には狭すぎるし、俺の身体は、俺はこの街じゃ狭すぎる。空は飛んだりしねえけど、どこだって行ける。あんたが、あんたたちが守りたいというそれは分かるけど枷にしちゃ重すぎる。俺は本当はどこだって行けることを確かめなきゃならない。それから、あんたのとこにちゃんと戻ってやるから。
「バイクの免許取ったらさあ、隊長後ろに乗っけてやるよ」
「さっきも聞いたって」
「うん、メシ行こう」
「いいけど、取れたらな」
「取るって」
「バイク買ったらな」
「金貯めるって」
「はいはい」
「メシ屋いいとこ、近場で探しといてよ。隊長が行きたいとこでいいからさ」
「はいはい」
 全部たらればの話だろって?俺が大人になったら、あんただって楽しいぜ。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:のどう ジャンル:ワールドトリガー お題:緑の社会 制限時間:30分 読者:267 人 文字数:809字 お気に入り:0人
ここで誰かが産まれるのを、安らかに死ぬのを極力手伝っているだろう、少なくとも、侵略者の襲撃からは。「息をしやすいまちを造っているに過ぎないんだ」歩きながら、迅が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤松@WT妄想垢 ジャンル:ワールドトリガー お題:計算ずくめの液体 制限時間:30分 読者:422 人 文字数:752字 お気に入り:0人
「飲んでください」 疲れがとれますから、と出された飲み物の真意を知った上で、飲み干す自分も相手と同じくらいたちが悪いと冬島は思った。※「ごめんね、ハルちゃん」く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
くじの結果※ ※未完
作者:赤松@WT妄想垢 ジャンル:ワールドトリガー お題:最強の犯人 制限時間:30分 読者:402 人 文字数:387字 お気に入り:0人
「うっわぁよりにもよって残った二人が……」「ようやく面白くなってきた」 冬島と太刀川はそれぞれ目の前に与えられた課題に対し呟いた。前者はため息をつきながら、後者 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤松@WT妄想垢 ジャンル:ワールドトリガー お題:コーヒーと母性 制限時間:30分 読者:369 人 文字数:612字 お気に入り:0人
砂糖を多めでと言われたから、ああ本当に限界なんだなと思ってしまった。「甘ったるいです」右手の書類を離さないまま、左手に持ったマグカップを傾けた東は眉を寄せる。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蚊取り線香 ジャンル:ワールドトリガー お題:知らぬ間の風邪 制限時間:30分 読者:587 人 文字数:1026字 お気に入り:0人
「……何故、こんなことをした?」東は静かに尋ねた。向かいに座るのは一人の少年。「すいませんって、反省しましたって、俺も三輪も」「何故、と俺は聞いているんだ」東は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
新評価 ※未完
作者:-10 ジャンル:ワールドトリガー お題:春の秀才 制限時間:30分 読者:317 人 文字数:454字 お気に入り:0人
※犬飼夢(というより犬+モブ)注意※「犬飼ってさ、自分のこと天才だと思ったことある?」桜の花びらがたまに通りかかる窓際の席でミルクティーを混ぜながら問いかけた質 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しんどい ジャンル:ワールドトリガー お題:許せない船 制限時間:30分 読者:715 人 文字数:1680字 お気に入り:0人
ぼくは遠征艇が許せない。 当真先輩がぶつぶつぼやくように狭いのもあるし、冬島さんみたいに三半規管がぐらぐらするのもあるけれど、それ以外にも理由はある。 小さな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:メルティGO~減量の旅 ジャンル:ワールドトリガー お題:愛と憎しみの団欒 制限時間:30分 読者:414 人 文字数:786字 お気に入り:0人
何でもない、ただの飲み会だ。私はそう自分に言い聞かせながらジョッキに残ったビールを飲み干した。斜め向かいでは、かなり気分が良くなっている忍田本部長と城戸司令が談 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:灯千鶴@鏡花さんお待ちしてる ジャンル:ワールドトリガー お題:神の罰 制限時間:30分 読者:400 人 文字数:1034字 お気に入り:0人
遠征に行っていたという艇が戻ってくる。じきに星の命も尽きようというときに、と思うが、だからこそ、であろうか。国内にそれらしい候補が居ないから植民地と玄界を回って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みこと ジャンル:ワールドトリガー お題:戦争と修道女 制限時間:30分 読者:552 人 文字数:795字 お気に入り:0人
一緒に逃げよう。迅は気まぐれにそう誘いかけた。相手は、三輪秀次は答えた。「それはできない」と。いつ?なぜ?なにから?どこへ?どうやって?それらの疑問詞を三輪は使 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スタンドマイヒーローズ お題:誰かと奈落 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:1126字 お気に入り:0人
誰かと奈落に落ちるなら。そんな例え話を聞いたのは先日の外務省関連の飲み会だったろうか。奈落といえば仏教における地獄だ。地獄ということは大いなる罪悪を犯した者が、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:グランブルーファンタジー お題:今度のお天気雨 必須要素:ゴルゴンゾーラ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:535字 お気に入り:0人
「あらー」上空から降ってきた雨を見もしないで、仲間と逸れた特異点は、地面と水滴が響かせる雨音を聞きながら、葉が零してしとどになった髪を後ろに流して、しまったなと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スタンドマイヒーローズ お題:帝王の誤解 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1192字 お気に入り:0人
「ほ~ん。それで?マトリちゃんは何をご所望なの?」ぐいっと近寄られると、端正な顔立ちと射抜くような瞳にがんじがらめにされているように動けなくなる。「えっと、です 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:12月の勝利 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:784字 お気に入り:0人
昔ある脱出系バラエティ番組でこのような暗号を見たことがある。色のついたコードが何本かあり、暗号を解いて正解のコードを切れば外に出れるというものだった。『12月 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:地獄のにおい 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:610字 お気に入り:0人
あなたはドリアンという果物を知っていますか。ドリアンとは30cmほどの周りがとげとげした薄い緑色の果物です。面白いことにドリアンを飛行機には持ち込むことができ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:美しい軽犯罪 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:462字 お気に入り:0人
最近、学校帰りの道にある喫茶ポアロにイケメン店員がいると友達が耳元で騒いでうるさい。「ホントのホントにかっこいいの」と友達は鼻息を荒くして妄想モードに入る。まぁ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ギャグマンガ日和 お題:安全な妻 制限時間:4時間 読者:8 人 文字数:1068字 お気に入り:0人
この時代に生まれた事、心底呪っている。子供を増やせ増やせと。徳川の貴重な跡継ぎがどうとかこうとかと。腹が立つ。何なんだ。何も知らぬ癖して。別に私は好きでこの立場 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スタンドマイヒーローズ お題:愛と憎しみの螺旋 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1242字 お気に入り:0人
「私を内偵に行かせてください」関のデスクの前で、声を荒げた玲に捜査企画課の全員が振り返る。また無茶を、という視線。よくやるな、という視線。そういうものがあっても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
flight ※未完
作者:匿名さん ジャンル:スタンドマイヒーローズ お題:かたい笑顔 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:996字 お気に入り:0人
もう何度目かのデートがお預けになって、さらには出張のおまけ付きと言えば、さすがに書類をぶん投げたくもなる。文句の言い過ぎでミサキちゃんにも呆れられた。「出張、で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:恋の行動 制限時間:4時間 読者:11 人 文字数:286字 お気に入り:0人
恋、とは。今まで興味もなく、まさか自分がするとは思っていなかった。それは数日前。本当に、ちょっとしたきっかけだった。幼馴染の千佳に、恋をする日が来ようとは。でも 〈続きを読む〉