天才子役と困った大人。

「公認会計士ぃ?」
素っ頓狂な声が事務所に響き渡る。
まだ陽の上りきらぬ頃、私──周防桃子は弁当をつまむ割り箸片手に怪訝極まりない顔でお兄ちゃん……つまりプロデューサーを見つめていた。

「そうだ、監督直々の指名だぞ! やったな桃子!」

 事情がよく呑み込めていない担当アイドルを置いてけぼりにして1人で盛り上がるお兄ちゃん。
そのただならぬ様子には流石に感じるものがあり、背筋を正して話を聞く体勢を取る。

「……で、桃子に公認会計士の役をやらせるっていったいどういうドラマなわけ?」
「ああ! 実は原作を追ってて楽しみにしてたんだがまさかドラマ化に際してうちからキャストが」
「いいから」

 図書室でもないのに暴走特急と化したいい大人を一言で制し、続きを催促する。
だが桃子の胸には既に嫌な予感が過ぎっていた。
なにせ、765プロだ。
24歳だろうが13歳だろうが構わずランドセルを背負わせ、チャイルドスモックはとりあえず全員着るような事務所なのだ。
そしてその予感は現実のものとして飛来する。

「20XX年、未知のウイルスによって人類の成長が11歳ほどで止まってしまったという世界観のもと描かれる大人のサバイバル恋愛ドラマでな」
「……え?」
「桃子が演じるキャラクターは表の顔は公認会計士、裏では法では裁けぬ悪を裁く正義の」
「却下」

 いくらなんでも闇鍋が過ぎる。
心底信じられない、といった顔でこちらを見てくるが無視して昼食の続きを腹に収める事にした。
今日の銀シャケは弁当にしては脂がのっている、おいしい。

「た、食べてる場合じゃない!
これは超大作SFラブロマンスで、つまりは大きな仕事なんだぞ!?」
「大人のサバイバル恋愛ドラマじゃなかったの?」

必死に食い下がるお兄ちゃんを食べながら制する。
やよいさんが居れば叱られるだろうが、今は2人きりなので問題ない。

「そうか……無理強いはできない……
残念だよ……桃子の完璧な演技があればきっといいドラマになるのにな……」
「む……」

 しょんぼり、と聞こえてきそうなほど落胆するお兄ちゃん。
露骨に罪悪感やらそのほか諸々を煽る口ぶりは策略だとわかっていても心揺さぶられるものがあった。

「それに監督も前のドラマの時すごく褒めてくれて、今回の話が持ち上がった時是非使いたいって言ってくれたんだ……」
「……」
「まあ、出来ないっていうなら仕方ないよな……」
「わかった」
「監督には俺から話を……え?」
「公認会計士でもなんでもやってやる、って言ってるの!」

 最早ヤケだ。
これだけ言われて出来ません、では天才子役の名が廃る。
なによりお兄ちゃんの本気で落ち込む姿はやっぱり心が痛む。

「も、桃子ぉ……!」
「あーもう! やるって言ってるんだから泣かないでよ!
お兄ちゃんは立派な大人でしょ!?」

 本当に困ったプロデューサーに担当されてしまったものだ。
これからも、桃子でなければこんなプロデューサーとは付き合っていけないだろう……多分、きっと、おそらく。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:りおん ジャンル:アイドルマスターミリオンライブ! お題:未来の小説トレーニング 制限時間:30分 読者:227 人 文字数:1054字 お気に入り:0人
「むむむ……んー、むむむー……!」事務所に顔を出した瞬間、ノートパソコンを開いてうんうん唸っている未来が目に入った。頭の上から湯気が出ていそうな顔だ。……間違い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターミリオンライブ! お題:小説の中の道のり 制限時間:15分 読者:120 人 文字数:564字 お気に入り:0人
今思えば、同じ事務所の百合子ちゃん辺りが同じような事をしてそうだけれども、アイドルになる前の私は、読んでいる小説の主人公がやった行動を真似するのが好きだった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:くろかこ*11月まで多忙 ジャンル:アイドルマスターミリオンライブ! お題:恐ろしいギャグ 制限時間:15分 読者:149 人 文字数:1166字 お気に入り:0人
ナースという言葉には昔むかし、子守の役割を担う女性という意味があってメイドの頭につけたという。 だから、風花さんメイド服着ても大丈夫!むしろ似合うよ!!と、力 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りおん ジャンル:アイドルマスターミリオンライブ! お題:めっちゃ雑草 制限時間:15分 読者:255 人 文字数:602字 お気に入り:0人
「シアターの」「裏庭の」「草抜き……?」またプロデューサーは変な思い付きを。未来と奈緒さんも表情が曇っている。「そうだ。暖かくなってきて、だいぶ草が生えてきたか 〈続きを読む〉

密林仮面戦士 J・スキンディの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:密林仮面戦士 J・スキンディ ジャンル:アイドルマスターミリオンライブ! お題:不本意な公認会計士 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1274字 お気に入り:0人
「公認会計士ぃ?」素っ頓狂な声が事務所に響き渡る。まだ陽の上りきらぬ頃、私──周防桃子は弁当をつまむ割り箸片手に怪訝極まりない顔でお兄ちゃん……つまりプロデュー 〈続きを読む〉