ジャンル:人狼ジャッジメント お題:汚れたデマ 制限時間:1時間 読者:73 人 文字数:1405字 お気に入り:0人
[削除]

夜の落下地点 ※未完

エリマイ


「が、ァっ……ゔ」

ぼたぼたぼた。首からとめどなく溢れる血は、先程与えられた傷が致命傷であることをこれでもかというほどに知らせている。だというのに。

「げほ、げほっ……ゔあ゛、なん、で」

血の混じった咳を繰り返し、首筋……動脈のあたりへ手をやる。ぬるぬるとした感触と傷口へ不用意に触れた痛みが走る。水分を吸ってひたひた肌にまとわりつく布の感触が気持ち悪い。とっくに致死量の血液が流れ出ていることは自明なのだ。なのに、視界は眩むこともなくしっかりと自分を襲った人狼を捉えていて、断続的な痛みが続いているとはいえど意識もはっきりしている。

「マイク……貴方が、呪われし者だったのですか」

混乱しているマイクをよそに、獣の造形を色濃く残した人影が無感動に言葉を落とす。

「のろ、われし……?」

自分でもそうとは知らずに爆弾を抱え続ける者。市民でありながら人狼へ転じる危険を持つ、無自覚な裏切り者。それが、自分であると。

「っいやだ」

人狼としての第一声は、それだった。

「嫌だ、絶対に言わない。俺は裏切り者なんかじゃない」

呪われし者が市民から人狼へと変貌を遂げた時、まず何を望まれるかを、全く想像できないほど愚かではない。市民たちの太陽。生命といっても差し支えないほどに大切なお方。闇に身を落とした人外たちは、誰がそうであるか知ることが出来ない。だから裏切り者を血眼で探す。

「ええ、貴方は裏切り者ではありません。元からこちら側の者だっただけ。諜報者とでも思えば良い」

「俺は市民だ。お前らと同じじゃない。女王様の御名は、絶対に言わない」

「……ハァ……」

あからさまなため息をつく人狼、エリックを殺意のこもった目で睨む。身を落とすくらいなら、魂だけは市民のままで、潔く死んでやる、と。

「頭に血を昇らせすぎです。いくら人狼になったとはいえ死にますよ」

「死んだっていいさ、俺は延命なんて望んで……っ!」

気付けば、手首を引かれ男の腕の中にいた。先程もそうだ、こんな夜更けに何の用かと、警戒心を露わにして一挙一動に目を配っていたのに、いつの間にか彼はマイクの頭を抑え晒された首筋に噛み付いたのだった。

「はな、せっ」

「暴れるな、煩わしい」

「っひ」

底冷えする声にぴしりと体が固まる。心臓がばくばくと早鐘を打つ。今すぐ腕を振りほどきたいのに、それ以上のわけのわからない恐怖が体を強く縛り付けていた。

「これだから子犬は嫌いなのですよ」

子犬、が自分を指していることは容易に察せられた。蛇に睨まれた蛙とはこの事か。馬鹿にするなと反論することもままならない。
しばらくすると、ふっと威圧感が和らぎ、拘束されていた体が解放される。応急処置なのであろう、首には先ほどまでエリックが身につけていたネクタイが巻かれていた。首輪のようだと一瞬考え、嫌な想像に顔をしかめる。

「紹介する同胞ももう居ません。今夜はそのまま眠りなさい。私の部屋はわかるでしょう?人狼の生き方が知りたいのなら、深夜においでなさい」

「誰が……っ」

言うだけ言って、その場を去るエリックへ、後ろから奇襲をかける気はどうにも起こらなかった。明日、敬愛する女王様の前で全てを吐露しよう。それで終わりだ。そう自分に言い聞かせ、一面真っ赤に染まった床を掃除しようと、マイクは雑巾を探し始めた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:森島 ジャンル:人狼ジャッジメント お題:黒尽くめの仕事 制限時間:1時間 読者:71 人 文字数:1319字 お気に入り:0人
逆村ロデマイ夜の色に溶けこめる黒のコートと、血で目を眩ませない為の深緑のフード。それらはまだ、クローゼットの奥底に仕舞われたままだ。暗殺者というものは基本、誰か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:森島 ジャンル:人狼ジャッジメント お題:来年の食事 制限時間:1時間 読者:86 人 文字数:1959字 お気に入り:0人
【ロデマイ】来年の話をするとオニが笑うという。オニ、とは極東の国にいるとされる悪魔の一種で、冥府に住んでいることもあるらしい。なぜ来年の話をすればそのオニが笑う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空き地 ジャンル:人狼ジャッジメント お題:官能的な闇 制限時間:30分 読者:82 人 文字数:1258字 お気に入り:0人
彼を色で例えるのならば、闇、そのものだと思う ただ単にきっちり揃えられた黒髪に、素肌をほぼ露出しない黒スーツ。……肌を覗いた、ほぼ全身黒といった服装のせいなの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:森島 ジャンル:人狼ジャッジメント お題:斬新な抜け毛 必須要素: 制限時間:1時間 読者:100 人 文字数:1282字 お気に入り:0人
「お前さあ」半分呆れ、半分怒り、といった風に言うつもりが、思ったより怒りの方を前面に出した声が出てきてしまう。 言われた本人は、けろりどころかケラケラ笑ってなあ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:彼の許し 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:821字 お気に入り:0人
「ご、ごめんなさい」「それで許されると思ってるの?」「うぐ・・・」頭の上を見上げると不機嫌な狛枝がいるそう、俺は怒らせたのだ。それも些細な事で。あれは二時間前。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:天才の犬 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:816字 お気に入り:0人
俺の家の犬は天才だ。いや、犬好きな人間なら全てそう口にするだろう。でも俺の犬は違う。本当に天才なのだ。名前は凪斗。ふわふわとした手並みにポメラニアンだか何だか分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:謎のカップル 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:583字 お気に入り:0人
「お二人は付き合ってなさってるんですか?」ニュースや、色々な番組で見るこの言葉。普通は人のプライバシーに首を突っ込むなんて嫌にならないだろうか。いや、俺が可笑し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:DQ11(腐)  お題:日本お尻 制限時間:2時間 読者:18 人 文字数:1836字 お気に入り:0人
あ、またか。そう思いながらバッグから携帯を取り出す。僕は、自宅からだいぶ遠い私立高校に通っている。だから、七時十五分発の電車に乗って行かなければならない。といっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:意外な秀才 必須要素:穢れたる地上に舞い降りし漆黒の堕天使 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:381字 お気に入り:0人
「我は、穢れたる地上に舞い降りし漆黒の堕天使 ……」「何言ってんの?」「遂に頭が…いや、元からおかしかったですわね…」一見して優秀そうな出で立ちの彼が、所謂"中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おおきく振りかぶって お題:苦しみのしきたり 必須要素:ひょっとこ 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1497字 お気に入り:0人
「あのさ、試合中にリラックスする方法、考えたいんだけど」本日の部活動を終え、汗だくの練習着を脱ぎながら阿部はそう言った。それは唐突な言葉であったが、特定個人に対 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼滅の刃 お題:名前も知らない事件 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:761字 お気に入り:0人
自分が選抜を通り、鬼殺隊の剣士として任務にあたるようになって早くも数か月が経っていた。相変わらず鬼は怖いと思っているし。殺されるかもしれないと毎度、考えているが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:僕の嫌いなぬるぬる 制限時間:2時間 読者:15 人 文字数:584字 お気に入り:0人
なにこれ目の前の気持ち悪いぬるぬるした生き物に俺は恐しさと驚いていた。いきなり柊家の研究室に呼ばれたかと思えば、何だよこれ。「驚いたか?」背後に気配がして咄嗟に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:小説の借金 制限時間:1時間 読者:40 人 文字数:2793字 お気に入り:0人
夕暮れ時の残照に赤く浮かび上がる幻想郷。人里に響き渡っていた子供たちの笑い声が遠ざかっていく。仕切りに客寄せをしていた露店も帰り支度を始める。その片隅、貸本屋『 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
K
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:東京の行動 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:787字 お気に入り:0人
「いたぞ!」「追え!」やばい。見つかった。今俺は何者かに追われている。その何者かは知らないがきっとアポトキシン4869の謎を解明している組織だろう。さっき組織の 〈続きを読む〉