ジャンル:スタンドマイヒーローズ お題:かたい笑顔 制限時間:30分 読者:81 人 文字数:996字 お気に入り:0人
[削除]

flight ※未完

もう何度目かのデートがお預けになって、さらには出張のおまけ付きと言えば、さすがに書類をぶん投げたくもなる。文句の言い過ぎでミサキちゃんにも呆れられた。

「出張、ですか」

久しぶりに顔を合わせたと思ったらそんなことを告げなくてはならないなんて、運命の女神というやつはよほど彼女に嫉妬しているらしい。でも彼女は微笑んで「せめてお見送りに行かせてください」と言う。その笑顔の後ろで、どんだけ寂しい思いをさせているのか。見送りに来てくれるのは嬉しい。少しでも一緒にいたい。その分、後ろ髪を引かれる思いも強くなる。それでも彼女の精一杯の心遣いを無駄にはできないから、俺はそのことに笑顔で了承する。

出張の当日、賑わうフロアに彼女の姿を見つけて素直に嬉しいと思う。とびきり可愛くて、とびきり優しい俺の恋人。どれだけ寂しくても涙ひとつ見せない気丈さの裏を考えるたびに、連れ去ってしまいたくなるほど愛しい人。

「玲ちゃん、ごめんね~」
「いいんですよ。渡部さんに会いたかったんですから」

そのひと言だけでどれだけ疲れが吹っ飛ぶか、君は知らない。

「うん、嬉しいことを言ってくれるね。出張やめちゃおっかな」
「何言ってるんですか。またそんなことを」
「あはは、冗談。行ってくるよ」
「はい。行ってらっしゃい」
「…1週間で帰ってくるから」

そう告げたあとの彼女の顔は、どこか少し引きつっていて。
ああ、また泣かせてしまうのか。俺が見たいのは、そんなかたい笑顔じゃないのに。

搭乗を知らせるアナウンスが流れる。

…行かなきゃ、でも。

「玲ちゃん」

余裕のないキスなんてかっこ悪いと思うのに、体が言うことを聞いてはくれない。

「待ってて、なんて言えないけど」

銀糸を紡ぐ唇をなぞる。

「どこに居ても、俺は玲ちゃんのこと」

そう言いかけた唇に、そっと彼女の唇が触れた。

「…愛してます、悟さん」

ああ。そうか。

俺はどこまでも愛されてる。こんなに思われて、大切にされて、それなのにまだ彼女がほしいなんて甘えたこと言って。かっこ悪いけど、やっぱりどうしようもなく、俺は彼女に恋してる。

「行ってきます」

その挨拶には必ず『その後』がある。その言葉を彼女に堂々と伝えられるように、もっといい男になってくるから。
もう一度優しくキスをして、俺は振り返ることなく搭乗ゲートに向かった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:僕の嫌いなぬるぬる 制限時間:2時間 読者:9 人 文字数:584字 お気に入り:0人
なにこれ目の前の気持ち悪いぬるぬるした生き物に俺は恐しさと驚いていた。いきなり柊家の研究室に呼ばれたかと思えば、何だよこれ。「驚いたか?」背後に気配がして咄嗟に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:小説の借金 制限時間:1時間 読者:30 人 文字数:2793字 お気に入り:0人
夕暮れ時の残照に赤く浮かび上がる幻想郷。人里に響き渡っていた子供たちの笑い声が遠ざかっていく。仕切りに客寄せをしていた露店も帰り支度を始める。その片隅、貸本屋『 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:重い犯人 必須要素:ドン引きするような描写 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:2257字 お気に入り:0人
******――なにかモノ足りない……。甘いものもしょっぱいものも、食べてみたけど、矢張り何かがモノ足りない。今日は、午前中に台本読みがあったけど、別に台本の台 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
K
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:東京の行動 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:787字 お気に入り:0人
「いたぞ!」「追え!」やばい。見つかった。今俺は何者かに追われている。その何者かは知らないがきっとアポトキシン4869の謎を解明している組織だろう。さっき組織の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:煙草と広告 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1275字 お気に入り:0人
「快斗 煙草臭い」これは彼の悪い口癖だ。高校卒業後、俺はマジックを本格的に習うためロサンゼルスへと旅立った。それが正解だったのか2年間の修行の後俺はロサンゼルス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:彼と沈黙 制限時間:4時間 読者:10 人 文字数:684字 お気に入り:0人
今日はひな祭りだ。目の前の豪華なちらし寿司に目を光らせる。「な、なぁ暮人。何で俺を呼んで・・?」なんて声を掛けても彼は無言でちらし寿司を食べている。さすが柊家。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
恐ろしい潮風 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:RPS お題:恐ろしい潮風 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1076字 お気に入り:0人
「ヒョン?」まだ夜も明けきっていない時間に、隣室で何かをぶつけた音がした。さっきまで撮りだめていた写真たちの整理をしていたオレは、その音に閉じようとする瞼と意識 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:それいけユートピア 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:3628字 お気に入り:0人
ホワイトデーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!有難うございましたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:歌い手 お題:マイナーな転職 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:881字 お気に入り:0人
私、美里(みり)は、今日勤めていた会社を辞めた。理由は簡単、転職をしようと思ったから。私は、3年前から『ミリメートル』という名前で歌い手を始めた。初投稿は『【歌 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:人狼ジャッジメント お題:煙草と囚人 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:369字 お気に入り:0人
「それだけか?」淡々と底冷えした声が反響する。ゆっくりと吐かれる煙は目の前の蜂蜜に。目に染み、臭いに嫌悪を覚えるも顔をしかめる事はなかった。「…それだけ」「お高 〈続きを読む〉