ジャンル:ギャグマンガ日和 お題:安全な妻 制限時間:4時間 読者:46 人 文字数:1068字 お気に入り:0人
[削除]

愛故の罪



この時代に生まれた事、心底呪っている。子供を増やせ増やせと。
徳川の貴重な跡継ぎがどうとかこうとかと。
腹が立つ。何なんだ。何も知らぬ癖して。別に私は好きでこの立場に
生まれて来たわけじゃないのに。
私は…、私が好きなのは。

「そんな格好でこんな所にいたら、風邪を引いてしまいますよ。家康様。」
聞き慣れた声が撫でるように優しく耳に入った。ああ、この声。この匂い。
だいすきな、私の家臣。何よりも愛している。私にとってすごく、大切な存在。
何にも変えがたいんだ。
「ああ、半蔵か。」
振り向けばいつも側にお前がいたね。いつも私を護ってくれて。
お前が私の妻だったら、どんなに良かったことか!
愛の無い結婚なんて私には要らない。愛で出来た結婚…子供…家庭が欲しい。
我が儘かな。でも、人間なんだから。そのくらいは望んだって構わないと思ってる。
「ええ。はやく着るもの着て、ゆっくりお休みになって下さいね。」
去ろうと振れる茶髪につい、言葉をかけてしまう。少しでも一緒にいたいんだ。
「半蔵、」
「? 何です?」
「あのね、愛しているよ、お前を…」
おどろいたような表情で言葉を詰まらせる半蔵。ああ愛しい。何より愛しい。
そうして、半蔵も。辺りを憚るような小声で、絞り出すように言う。
「………ええ、存じております。拙者も家康様に永遠の愛を誓いましょう。」
お前を愛しているんだ。半蔵よ。お前をいつも想っている。
心の底から好きな人と結ばれる事の出来ないこの辛さ。
どこに吐きに行けばいいの?


真っ赤な花がぱっと咲く。
初めて不穏な夕焼けと言うものをを見た。
築山。そなたに微塵の愛が無い訳ではないのだ。しかし。
所詮は戦略的な結婚。本物の愛を見出だすには難しかった。そなたは私を良くは
思っていないだろうな。そなたは私に言った。「はやく織田を討たないのか」と。
討てない。討てる訳がないんだ。徳川のため、討ってはいけないんだ。
きっと…いや、必ず築山は私を憎み恨み死んで行く。赦してくれとは言わない。
ああ、この手で、愛しくもない妻を殺す。




ふと頭に浮かんだ言葉、安全な妻。我ながら面白い言葉だと思う。
女というのは怖い。恐ろしい。
だからこそなのかも知れない。あの男を好きになってしまったのは。
しかし。そうは言っても築山を殺したのは半蔵のためではない。
だからと言って、全くもってそうでも無いかと言われてしまうと、それもそれで
どうなのだろうかとも思ってしまう。心が大きく揺れる。
人間に安全性などあるだろうか。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:よさの ジャンル:ギャグマンガ日和 お題:謎の誰か 制限時間:4時間 読者:722 人 文字数:1574字 お気に入り:0人
「そういえば芭蕉さん、最近芭蕉庵にある池に誰か……出るって聞きましたけど」「だだだだだ誰か?! 一体誰が出るのさ私の家に!」普段通りに居間で寛いでいた曽良から告 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よさの ジャンル:ギャグマンガ日和 お題:僕と春 制限時間:4時間 読者:663 人 文字数:2230字 お気に入り:0人
春爛漫、というには今だ寒さの残る頃。それでも咲き始めた桜を見上げ、曽良はひとつ息を吐く。白く色を纏った吐息を見て、後方を歩いていた芭蕉があれ、と声を上げる。「曽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よさの ジャンル:ギャグマンガ日和 お題:名前も知らない凡人 制限時間:4時間 読者:684 人 文字数:2401字 お気に入り:0人
部活が終わった後、すっかり暗くなった慣れた道を歩いていると、街灯の消えかかった公園で数人の話し声が聞こえ、曽良は訝しげに様子だけ伺おうと木の陰から話し声のする方 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よさの ジャンル:ギャグマンガ日和 お題:黒い光景 必須要素:クレジットカード 制限時間:4時間 読者:804 人 文字数:2004字 お気に入り:0人
目を開けているはずなのに、目の前に広がる光景は黒一色。どんなに辺りを見回しても何も見えずに、本当に自分が目を開けているのか、そんな不安に駆られ目元に手をやると目 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
病人の食卓 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ドロ刑 お題:不本意な食堂 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:893字 お気に入り:0人
体調を崩した。斑目勉はベッドに突っ伏しながら、自身の頭を苛む鈍痛を堪えた。原因は簡単だ、職務故の日頃の不摂生が祟ったとも、蓄積された疲れが一気に押し寄せたとも言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼灯の冷徹 鬼白 お題:栄光の傘 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:963字 お気に入り:0人
貴人が行く。お供のさしかける大きな日よけ傘の下、真白の錦の着物に、鮮やかなうちかけ、金の刺繍が、びっしりと精細に込められた 白い帽子の下には白い顔、唇にさしか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:栄光の靴 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:396字 お気に入り:0人
太くて角ばった指が器用に蝶々結びを作った。彼の手は魔法みたいだ。ほどけた靴紐を踏んづけて転んだせいで、俺は泥まみれだ。擦りむいた手のひらがヒリヒリと痛くって、涙 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/grand order お題:真実の眠り 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:355字 お気に入り:0人
「死んだときのことを覚えていますか?」あの橙の髪の毛の人間がそう私に問いかけてきたのは、確か竜の魔女を倒した直後、だっただろうか。女神として、たおやかに、しゃな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:創作論破 お題:死にぞこないの体験 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:427字 お気に入り:0人
轟音、飛び散る赤。隣にいた人が消えた。足元には水たまりができていた。人々がざわめく、悲鳴が聞こえる。救急車、警察と叫ぶ声が聞こえる。視線を下に落とすと厚さ10c 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー【腐】 お題:100の狙撃手 制限時間:2時間 読者:10 人 文字数:1210字 お気に入り:0人
「…ん?ここはどこだ?あ、あれは玉狛の…」「あ、出穂ちゃんの師匠の…当真先輩」「おー雨取だ!どうだ?出穂とは仲良くしてやってるか?」 「出穂ちゃんとは相変わらず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:龍が如く お題:理想的な魔王 必須要素:ペペロンチーノ 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:424字 お気に入り:0人
「ペペロンチーノって唐辛子って意味なんやで」 昼飯時。神室町ヒルズに出来る予定のカフェダイナーの主人が挨拶代わりにと出前してきたスパゲティのペペロンチーノを食べ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:モ腐サイコ100 お題:意外な春 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:693字 お気に入り:0人
「あ、雪だ」不意に兄さんが呟いた。僕は、「え?ほんと?」と窓の側にいる兄さんに近づいた。なるほど確かに外には雪がしんしんと静かに降っていて、家の前のコンクリート 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:愛すべき計算 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:510字 お気に入り:0人
手元が器用そうな様子を出しているのに、すぐに手伝ってくれという刀がいる。その内容は些細なものが殆どである。例えば羊羹を食べたいが丁度良い大きさに切るのが難しいか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:初めての伝説 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:245字 お気に入り:0人
民話は人の口から口へと語り継がれてきたものだ。そんな民話には、伝説というジャンルがある。例えば、天の羽衣伝説である。ある語りだと、天女が地上に降りて松の木に羽衣 〈続きを読む〉