ジャンル:ギャグマンガ日和 お題:安全な妻 制限時間:4時間 読者:131 人 文字数:1068字 お気に入り:0人
[削除]

愛故の罪



この時代に生まれた事、心底呪っている。子供を増やせ増やせと。
徳川の貴重な跡継ぎがどうとかこうとかと。
腹が立つ。何なんだ。何も知らぬ癖して。別に私は好きでこの立場に
生まれて来たわけじゃないのに。
私は…、私が好きなのは。

「そんな格好でこんな所にいたら、風邪を引いてしまいますよ。家康様。」
聞き慣れた声が撫でるように優しく耳に入った。ああ、この声。この匂い。
だいすきな、私の家臣。何よりも愛している。私にとってすごく、大切な存在。
何にも変えがたいんだ。
「ああ、半蔵か。」
振り向けばいつも側にお前がいたね。いつも私を護ってくれて。
お前が私の妻だったら、どんなに良かったことか!
愛の無い結婚なんて私には要らない。愛で出来た結婚…子供…家庭が欲しい。
我が儘かな。でも、人間なんだから。そのくらいは望んだって構わないと思ってる。
「ええ。はやく着るもの着て、ゆっくりお休みになって下さいね。」
去ろうと振れる茶髪につい、言葉をかけてしまう。少しでも一緒にいたいんだ。
「半蔵、」
「? 何です?」
「あのね、愛しているよ、お前を…」
おどろいたような表情で言葉を詰まらせる半蔵。ああ愛しい。何より愛しい。
そうして、半蔵も。辺りを憚るような小声で、絞り出すように言う。
「………ええ、存じております。拙者も家康様に永遠の愛を誓いましょう。」
お前を愛しているんだ。半蔵よ。お前をいつも想っている。
心の底から好きな人と結ばれる事の出来ないこの辛さ。
どこに吐きに行けばいいの?


真っ赤な花がぱっと咲く。
初めて不穏な夕焼けと言うものをを見た。
築山。そなたに微塵の愛が無い訳ではないのだ。しかし。
所詮は戦略的な結婚。本物の愛を見出だすには難しかった。そなたは私を良くは
思っていないだろうな。そなたは私に言った。「はやく織田を討たないのか」と。
討てない。討てる訳がないんだ。徳川のため、討ってはいけないんだ。
きっと…いや、必ず築山は私を憎み恨み死んで行く。赦してくれとは言わない。
ああ、この手で、愛しくもない妻を殺す。




ふと頭に浮かんだ言葉、安全な妻。我ながら面白い言葉だと思う。
女というのは怖い。恐ろしい。
だからこそなのかも知れない。あの男を好きになってしまったのは。
しかし。そうは言っても築山を殺したのは半蔵のためではない。
だからと言って、全くもってそうでも無いかと言われてしまうと、それもそれで
どうなのだろうかとも思ってしまう。心が大きく揺れる。
人間に安全性などあるだろうか。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:よさの ジャンル:ギャグマンガ日和 お題:謎の誰か 制限時間:4時間 読者:766 人 文字数:1574字 お気に入り:0人
「そういえば芭蕉さん、最近芭蕉庵にある池に誰か……出るって聞きましたけど」「だだだだだ誰か?! 一体誰が出るのさ私の家に!」普段通りに居間で寛いでいた曽良から告 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よさの ジャンル:ギャグマンガ日和 お題:僕と春 制限時間:4時間 読者:699 人 文字数:2230字 お気に入り:0人
春爛漫、というには今だ寒さの残る頃。それでも咲き始めた桜を見上げ、曽良はひとつ息を吐く。白く色を纏った吐息を見て、後方を歩いていた芭蕉があれ、と声を上げる。「曽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よさの ジャンル:ギャグマンガ日和 お題:名前も知らない凡人 制限時間:4時間 読者:732 人 文字数:2401字 お気に入り:0人
部活が終わった後、すっかり暗くなった慣れた道を歩いていると、街灯の消えかかった公園で数人の話し声が聞こえ、曽良は訝しげに様子だけ伺おうと木の陰から話し声のする方 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よさの ジャンル:ギャグマンガ日和 お題:黒い光景 必須要素:クレジットカード 制限時間:4時間 読者:843 人 文字数:2004字 お気に入り:0人
目を開けているはずなのに、目の前に広がる光景は黒一色。どんなに辺りを見回しても何も見えずに、本当に自分が目を開けているのか、そんな不安に駆られ目元に手をやると目 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:裏切りの笑い声 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:1729字 お気に入り:0人
はらりと解かれた風呂敷から、取り出された笹の包み。 かさかさと音をたててた中から出てきたのは、餡子の塊がふたつ。 茶をすすりながら、二人でつまみあげる。 甘い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:私が愛した社会 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:856字 お気に入り:0人
――みて。 主は、指をむけた。 それはひどく美しい光景だった。 人が見れば、それはただの見晴らしのいい丘から見下ろした街並みだ。 特別な遺産もなければ、世界一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ユウダチ ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:冷たい小雨 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:472字 お気に入り:0人
さっきまでは、本当に暑かったんだ。8月初旬。夏の真っ只中であり、降水確率は0%手のひらで輪を作り空にかざして覗き込むが、括られた輪の中には白い雲はなかった。本丸 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:やわらかい平和 必須要素:クリスマス 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:817字 お気に入り:0人
鼻唄を唄いながら、モミの木に飾りつけをしていく。ふわふわの白い綿や、キラキラの紐や、つやつやの玉や。おおよそ、こんな人を幾人も殺めてきた手で触るものではないであ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:第五人格 お題:興奮したハゲ 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:751字 お気に入り:0人
こつこつこつ靴を鳴らしながら夜道を歩く薄暗い、小さな道こつこつこつ同じ音が鳴る今のは自分ではない。後ろから聞こえた音。普通の通行人だろうとそのまま進むこつこつこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:壊れかけの帰り道 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:3154字 お気に入り:0人
頬を撫でる、生ぬるい風。 足下はまっくらでなにも見えない。 手にもつのは、あのひとがくれたたった一つの提灯だけ。 すぐにゆらいで消えてしまいそうな灯をかかげ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:部屋とYシャツと高給取り 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1888字 お気に入り:0人
人生で、特に高望みということをしていた覚えはない。 こんなもんだろうと自分の力に見切りをつけて、平坦に、平凡にやってきたつもりだった。 なのに、どうしてこうな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:たった一つの第三極 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:2775字 お気に入り:0人
二極化、というのはどんな世界でもわかりやすい。 赤と白、または北と南、どちらかが正義あるいは悪。 ところが現実というのはそこまではっきりしている事などなく、覗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:ワイルドな船 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:454字 お気に入り:0人
はぁ、と熱い息が頬にかかり、その小さな躯の限界を知らせる。世間一般、深夜と呼ばれる時間。本当なら、鍛練に使う船の上、夏の暑さに犯された頭は、穏やかに呼吸を乱すひ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:地獄床 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:2046字 お気に入り:0人
宗三くん、と言えば彼はなんですか、とけだるげに返してきた。ベッドサイドでずりおちた肩の着物を手でなおす仕草は、いつか色っぽいなとしみじみと感じたあのころを思い 〈続きを読む〉