ジャンル:ワールドトリガー お題:昨日の冒険 制限時間:30分 読者:138 人 文字数:1675字 お気に入り:0人
[削除]

寄り道

 「ただいま」の一言をうまく言えないまま数年を過ごしている気がする。だから、行ってきますも上手く言えないで、支部を出て鍵を掛けた。みんなもう出掛けてしまって、他に誰もいなかったから。駅に行って本屋に入って、コーヒースタンドに入って、時間をやり過ごす。駅のベンチに腰かけて、駅員さんに声を掛けられて立ち上がって、どこへ行ったらいいか分からないんで道を教えてくれませんか、を尋ねる相手を探した。そんなのどこにもいないから、だからベンチに座っていたのに。だから立ち上がっても立ち尽くすばっかりで、迅悠一はまさに迷子の天才だった。寄り道をしよう、と頭の上から何かに狙撃される。そうだ、駅の本屋だってコーヒースタンドだって寄り道みたいなものだった。バスを乗り継いで、街の中でもひと際人の気配の少ないバス停で下りて、そこから先は歩く。歩くのも面倒でトリオン体に換装して、それからひとっ飛び。あ、いや途中でグラスホッパー使ったからふたっ飛びかな……。本部に寄り道をする。開発室を覗いて、試したいシミュレーションでもないか尋ねたら、まだそんなものもないからねと苦笑いをされた。何かあったら声をかけるから、またよろしく、と手を振られて、それは「あっち行け」ってことじゃないから……分かってる、分かってるって……。
「午後から太刀川が顔出すっつってたぞ」
 目の下にくっきりと青黒い隈を作った冬島さんは、脂っぽい髪へかゆそうに指を入れていた。
「あいつ大学の単位いいのかね?」
「はは、だめでしょ」
「あいつ卒業できんのかなあ、まあするだろうけどさ……」
 お前暇なら俺の報告書手伝ってくれや、もー全然終わんなくってさあ、と冬島さんがぼやいて、語尾は欠伸と一緒に眠たげにとけていった。
「手伝いたいのは山々なんだけど、俺じゃ力になれそうにないな」
 だよなあ、と頷いて、「お前暇ならコーヒー買ってきて」とお金を渡した。お前にも出来る仕事だよと渡されて、平和っていいもんだなあと思う。こんな、今日もどこかで誰か殺されてるかもしれないのに、俺、コーヒー買って来いよって子ども扱いされてお使いを頼まれてる。いいよと頷いてコーヒーを買って、その間は何にも考えなくていいから、不安が掻き消えていく。
「冬島さん、すごい隈ですね」
「お前だって顔色悪いよ」
「トリオン体なのに?」
「そういうのはあれだろ、気分みたいなもんだろ」
 ほら、もういいから、食堂で飯食ってきな。次の寄り道を教えられて、身体は簡単にその通りにしていた。
 世の中、腹が減ってると大体悪い方に物事を考える、とインターネットが教えてくれた通り、食堂でカレーを食べたらだいぶ気持ちが落ち着いた。ほとんど残っていないカレー皿(大盛り)の一口を食べたら追い出されたりするのかもしれないと思って、いまいち最後の一口に手が付けられない。珍しい顔がいる、と気安い言葉で、冬島さんの言葉通りになった。太刀川慶だった。
「大学の単位、いいの?」
「最低限は出てるからいいんだよ」
 何だよお前まで、と頬をむくれさせて、太刀川さんはうどんをすすった。ボーダー本部の食堂も例にもれず、どこの食堂でもうどんは安い。大盛りでも三百円。そこにときどき「フンパツ」と称して(絶対意味わかってないし漢字書けない)コロッケだとかお揚げだとかを乗せるのを好んでいた。一つ年上なのにこの人いつまでも子どもみたいでほんと俺まで不安になっちゃうんですけど。
「お前今日何時までいんの」
「え、やだよ」
「何も言ってねえだろ、俺は夜までいるけど」
 ラーメン奢ってやるから付き合えよ。俺だって太刀川さんに何も聞いてないけど。
「夜までかあ」
「いいだろ、お前今日なんか暇そうな顔してる」
「してないって」
「ラーメン奢るから」
「うーん……」
「決まり」
「何それ」
「だってお前、用事あるときは悩まないだろ」
「ラーメンなあ」
「チャーシューつける」
「仕方ない」
 ほらな、と予知を覆したときみたいな顔をして太刀川さんはうどんをもう一口すすった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ニューイヤーメルティ ジャンル:ワールドトリガー お題:遠いサッカー 制限時間:30分 読者:66 人 文字数:456字 お気に入り:0人
渋谷にはもうたくさんのサポーターが集まっています!青いユニフォームを着た若いレポーターが蒸気した顔で陽々と伝える画面。やっと重い腰を上げるきっかけができた、と息 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のどう ジャンル:ワールドトリガー お題:緑の社会 制限時間:30分 読者:318 人 文字数:809字 お気に入り:0人
ここで誰かが産まれるのを、安らかに死ぬのを極力手伝っているだろう、少なくとも、侵略者の襲撃からは。「息をしやすいまちを造っているに過ぎないんだ」歩きながら、迅が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤松@WT妄想垢 ジャンル:ワールドトリガー お題:計算ずくめの液体 制限時間:30分 読者:459 人 文字数:752字 お気に入り:0人
「飲んでください」 疲れがとれますから、と出された飲み物の真意を知った上で、飲み干す自分も相手と同じくらいたちが悪いと冬島は思った。※「ごめんね、ハルちゃん」く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
くじの結果※ ※未完
作者:赤松@WT妄想垢 ジャンル:ワールドトリガー お題:最強の犯人 制限時間:30分 読者:442 人 文字数:387字 お気に入り:0人
「うっわぁよりにもよって残った二人が……」「ようやく面白くなってきた」 冬島と太刀川はそれぞれ目の前に与えられた課題に対し呟いた。前者はため息をつきながら、後者 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤松@WT妄想垢 ジャンル:ワールドトリガー お題:コーヒーと母性 制限時間:30分 読者:405 人 文字数:612字 お気に入り:0人
砂糖を多めでと言われたから、ああ本当に限界なんだなと思ってしまった。「甘ったるいです」右手の書類を離さないまま、左手に持ったマグカップを傾けた東は眉を寄せる。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蚊取り線香 ジャンル:ワールドトリガー お題:知らぬ間の風邪 制限時間:30分 読者:650 人 文字数:1026字 お気に入り:0人
「……何故、こんなことをした?」東は静かに尋ねた。向かいに座るのは一人の少年。「すいませんって、反省しましたって、俺も三輪も」「何故、と俺は聞いているんだ」東は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
新評価 ※未完
作者:-10 ジャンル:ワールドトリガー お題:春の秀才 制限時間:30分 読者:345 人 文字数:454字 お気に入り:0人
※犬飼夢(というより犬+モブ)注意※「犬飼ってさ、自分のこと天才だと思ったことある?」桜の花びらがたまに通りかかる窓際の席でミルクティーを混ぜながら問いかけた質 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しんどい ジャンル:ワールドトリガー お題:許せない船 制限時間:30分 読者:814 人 文字数:1680字 お気に入り:0人
ぼくは遠征艇が許せない。 当真先輩がぶつぶつぼやくように狭いのもあるし、冬島さんみたいに三半規管がぐらぐらするのもあるけれど、それ以外にも理由はある。 小さな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ニューイヤーメルティ ジャンル:ワールドトリガー お題:愛と憎しみの団欒 制限時間:30分 読者:436 人 文字数:786字 お気に入り:0人
何でもない、ただの飲み会だ。私はそう自分に言い聞かせながらジョッキに残ったビールを飲み干した。斜め向かいでは、かなり気分が良くなっている忍田本部長と城戸司令が談 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:灯千鶴@鏡花さんお待ちしてる ジャンル:ワールドトリガー お題:神の罰 制限時間:30分 読者:448 人 文字数:1034字 お気に入り:0人
遠征に行っていたという艇が戻ってくる。じきに星の命も尽きようというときに、と思うが、だからこそ、であろうか。国内にそれらしい候補が居ないから植民地と玄界を回って 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:グランブルーファンタジー お題:間違った夕日 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:3009字 お気に入り:0人
「──夕日をお前に見せたかったんだ」オレンジの太陽の光を背にして、男がそう言った。男の纏う黒の鎧、表情は見えない。けれど己には──パーシヴァルには、男が決して険 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:静かな笑顔 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:365字 お気に入り:0人
「マスター、少し良いか?」深夜マイルームを尋ねてきたのは、退廃的な雰囲気を纏う黒衣のサーヴァント(いやこの人に限ってみれば僕の方こそ僕であるほうが相応しいのかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Zero お題:猫の大地 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:275字 お気に入り:0人
『抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よーーーー』黒衣の魔術師の高らかな詠唱の終わりと共に眩い閃光が古城の一室に満ちる。魔術師が瞑った目を開いたのは、儀式の主たる目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:武将隊 お題:もしかして犬 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:720字 お気に入り:0人
名を呼べば素直に返事をして、確と後ろを着いてくる。 もしかして、いやもしかしなくても、此奴は犬では無かろうか。 褒めれば大きく尻尾振って、叱ればしゅんと耳を垂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:大人の祖父 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:404字 お気に入り:0人
「君と違って、ジョースターさんはまるで大きな子供みたいだな」少しだけ皮肉を込めて、それでいて柔らかくお前は微笑む。「あぁ、じじいは昔っからこうさ」好奇心旺盛で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉